「WIN5」タグアーカイブ

今週のWIN5


先週のWIN5は久しぶりに的中者なしでキャリーオーバー。
いつ以来だっけ?と確認したら昨年の有馬記念の日以来で、そんなに久しぶりという感じでもなかったw

このところWIN5の発売金額はだいたい6億円半ばから7億円半ばといったところ。有馬記念の日はさすがにもっと売れていて8億5千万円売れていたが、これが的中者なしで5億99百万円のキャリーオーバーだった。
で、次の12月28日、ホープフルSのあった平日、世間一般的には御用納めの日、WIN5の発売金額は34億99百万円。
年末のお祭りムードも後押ししたかもしれないが、やっぱりキャリーオーバーがあると発売金額はグッと増える。

ちなみにその前のキャリーオーバーは2014年の11月24日、ダノンシャークがマイルチャンピオンシップを勝った日。
その翌日のWIN5(この時は3日間開催)が11億49百万円売れたから、今週も10億から15億円くらいの売り上げになるのだろうか。

先々週も阪急杯でスマートオーディンが勝った時には、これは絶対キャリーオーバーだろと思ったけど1票的中があったし、キャリーオーバーってなかなかないのね。
2014年に払戻金額の上限が2億円から6億円になったのもキャリーオーバーがなかなか発生しなくなった原因なのだろうけど。

そういう意味では今週は貴重なチャンスかも。でも、そう簡単には当たらないんだけどw

というわけでまだ枠順はもちろん出走馬も確定していないが、早々に今週のWIN5の予想をしてみよう。
WIN5を買うときは少なくとも1レース、できれば2レースは1頭に絞って少ない買い目で楽しむのが基本スタンスなので、今回もそのパターンで。

【阪神10R:甲南ステークス】

ダート2000m。根幹距離のレースなのにJRAでは意外と鞍数の少ない条件。というか阪神競馬場にしかダート2000mってなかったはず。。。

JRAのダートってローカルだと1700mばかりだし、中央場所も1200,1400,1800が中心。東京競馬場なんて1300,1400か2100だもんな。非根幹距離ばかりw
競馬場のサイズとか形状とかの問題なんだろうけど、もう少し根幹距離1600,2000のレース増やした方が良くないだろうか?

閑話休題

ここはジョーダンキングが人気になりそう。初戦の芝以外では地方転出時も含めてダートでオール連対。昇級初戦だがここも確実に上位に入ってきそう。ただ2着も多く取りこぼしは如何にもありそうなのでここはこれ1頭に絞るのは難しい。

狙いたいのはタガノグルナ。おそらく逃げを主張するのはこの1頭だけというメンバー。4走前に同コースで1000万条件を逃げ切り勝ちしているし、昇級してからの3戦はいい具合に負けている。人気を落とした逃げ馬は狙い頃だろう。

ジョーダンキング、タガノグルナの2頭で。

【中山10R:東風ステークス】

ここはスクリーンヒーロー産駒の2頭、ゴールドサーベラスとミュゼエイリアンがいる。
ミュゼエイリアンは昨年の覇者、ゴールドサーベラスもオープン昇級後の成績は悪いが中山マイルは得意のコース、オープン特別のここなら能力的に遜色はないと考えている。

人気どころのカツジ、アストラエンブレムは前走成績のパッとしないメンバーがそろったここでは外しにくいが、アストラエンブレムはもう2年以上勝ち星がないのであえて切るという手もありか。

ゴールドサーベラス、ミュゼエイリアン、カツジの3頭

【中京11R:金鯱賞】

ここは4連勝中のエアウインザー。
普通に馬連や3連複の馬券を買うなら軸は人気もいい感じで落としそうなペルシアンナイトにしたいところだが、単勝となると自信の本命とはしにくい。
エアウインザーは鉄砲成績も[2.0.1.0]と不安はないし、良血馬の本格化を信用したい。

WIN5残りの2鞍が絞りにくいレースでもあることだし、このレースを1点に絞る。
エアウインザーの1頭で。

【阪神11R:フィリーズレビュー】

ここからの3歳牝馬戦2鞍が難しい。全然当たる気がしないが、買わなきゃ絶対当たらない。買わなきゃ絶対に負けないとも言えるがw

本命に推したいのはメイショウケイメイ。唯一の3勝馬だが妙に人気が無さそう。前走紅梅Sで負かしたレッドアネモス、プールヴィルのほうが人気になりそうなのは前々走の阪神JF11着という成績ゆえか、それとも鞍上フルキチのためか。
阪神JFは18番枠から終始大外を回して伸びあぐねたもの。距離も1F長かったかもしれない。
1400mに短縮となるのはプラスだろうし、それで前走負かした2頭よりも人気が無いのであればここは絶好の狙い目だろう。

アウィルアウェイもテンの3Fが38.0秒というドスローの前走京王杯2歳Sを引っ掛かりどおしでハナ差2着というのは能力を感じる。スムーズに運べばここで楽勝しても不思議はない。

もう1頭、キュールエサクラも有望。前走は先行集団をじっくり見ながら中団後方の外。折り合いピタリで直線は追うところなく抜け出してきた。大人びた走りはセンスの良さと能力の高さを感じさせる。他頭数になってうまく前を捌けるかという課題はあるが、まだそれほど人気にもならなさそうだし先物買いで狙ってみたい。

メイショウケイメイ、アウィルアウェイ、キュールエサクラの3頭。

【中山11R:アネモネステークス】

1勝馬が集まる超難解な一戦w
スクリーンヒーロー産駒オトナノジジョウもここに出走しそうだが、どの程度やれるだろうか。人気上位馬は差しタイプのようなのでハナを取ってあれよあれよの逃げ切り勝ち、なんて行くと嬉しいのだが。

同じ中山芝1600で勝ち上がってきたのがオトナノジジョウ、ユナカイト、ルガールカルム、レッドアステルの4頭。この中からピックアップしたい。
当然オトナノジジョウは入れるとしてw。
ルガールカルムの新馬勝ちとユナカイトの未勝利勝ちはどちらも同じようなレース運び。道中後方から3~4角で外を回して直線で突き抜ける、中山マイルでこの勝ち方は強い馬のそれ。どちらも鞍上がルメールというのもなるほどなと。
アーモンドアイの妹ユナカイトはPOG馬でもあるので応援したい気持ちもあるが、ここはデビュー戦のレースぶりでルガールカルムに軍配。鞍上が前走と同じ三浦皇成というのもプラスだろう。(ユナカイトはルメールから津村に乗り替わり)

オトナノジジョウ、ルガールカルムの2頭。
 
 

以上、2頭→3頭→1頭→3頭→2頭で36点。
これでなんとか当たってくれないだろうか。まあ、当たったところで配当金4億円などというのは臨むべくもないチョイスだが。

それでもスクリーンヒーロー産駒が活躍してくれたらけっこういい配当になるんじゃない?(笑)
 


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

WIN5、外国人vs日本人、カシアス


 
 
先週はWIN5を買ってみた。
たまに少しだけ買ってみたりするのだが今まで一度も当たったことはない。先週もやはりハズれた。
が、ちょっと楽しめたのだが、どうして当てられなかったのかなあ・・・と考え込んでしまった(笑)

自分の買った買い目はコレ↓

結果は、

札幌10R 13番 エンクエントロス 的中♪
新潟10R 14番 ワンスインナムーン 的中♪
小倉11R  5番 レトロロック 的中♪
札幌11R 11番 ナックビーナス ハズレ(ToT)
新潟11R  6番 ケイデンスコール 的中♪

う~ん、惜しかった。
キーンランドCのナックビーナスはいつも重賞ではもう一つ勝ち切らないタイプだったから、悩んだが2着までと踏んで穴っぽいところを狙ってみたのが裏目だった。近走の充実ぶりは本物だったし、鞍上モレイラの腕を信じてナックビーナスを指名していればWIN5初的中できたのに。
悔しいハズレだった。

最後の新潟11Rは1頭しか指名しなかったがケイデンスコールはちょっと自信があったし、小倉11Rをクリアした時点でかなりイケそうな気がしていたのだが。
ホント、残念(笑)

しかし、これでまた今週もWIN5を買ってしまいそうだ。5レース中4レースを2頭、自信のあるところだけ1頭に絞れば買い目数は16点。

競馬場でおみくじ馬券を買うよりもちょっと楽しいと思う。おみくじ馬券、買ったことないけどwww
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
騎手の全国リーディングは先週終了時点で、1位はルメールの123勝、2位はデムーロの106勝で、続く3位の戸崎が74勝。
日本人騎手で最上位の戸崎でもトップとは49勝差、2位と32勝差もつけられている。

こうもまざまざと力量差を見せつけられると、日本人騎手が乗ってるだけで勝てる可能性が低くなるという気になってしまう。

しかも、全国リーディング25位のモレイラはわずか4週間の騎乗で31勝。7.75勝/週という成績。
今年は34週の開催が終了しているから、もし1月から乗っていたら既に263勝しているという計算になる。

もちろん8か月もの間、こんなにハイペースで勝ち星を積み上げ続けるのは難しいだろうからもっと勝率は落ちるのだろうが、それにしても武豊の212勝という年間最多勝記録など軽々と更新しそうなペースだ。

なにしろモレイラの凄いところは某銭ゲバ外国人騎手と違って賞金の安い平場のレースでもしっかりと結果を出しているところ。騎乗依頼をする調教師、馬主にとってこんなに頼りになる騎手は他にいないし、馬券ファンにとっても穴党には辛いかもしれないが本命党にはありがたい存在だろう。

モレイラは先週でいったん短期免許の期間が終了したがこのまま日本に滞在して、この秋も短期免許で騎乗する予定らしい。
表明している日本での通年免許を取得し、ぜひ来年からの通年騎乗も実現させてほしい。JRAもアンカツの時のように特別ルールを作ってでもモレイラの通年免許を認めてほしいものだ。

しかし、そうするとますます日本人騎手では勝てないという流れになってしまいそうだ。

リーディング上位の日本人騎手はもちろん、この4週間でモレイラにリーディング順位をゴボウ抜きされた全国26位以下の中堅・若手騎手にはいっそうの奮起を願うところだ。

そうしないと、しっかりと結果を出せる騎手、負けるにしても馬の力をちゃんと出し切ったと納得いく騎乗をしてくれる騎手、あるいはスペシャリティを持つ騎手(逃げなら〇〇とか、気性難の馬なら△△とか、ダート短距離なら××とか)じゃないと、もう競馬ファン・馬券ファンはついてこなくなるだろう。
キャラクターの面白さだけでいつまでもやっていけると思ったら大間違いだ。

そして少しでも勝つための工夫ができない騎手、進歩のない騎手には即刻退場を願いたい。騎乗機会が圧倒的に少ない障害専門騎手でもないのに、何年間にもわたって年5勝も挙げられないような騎手はとっとと免許返上しろと言いたい。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
昨年の函館2歳Sを勝ち、オーストラリアに移籍したカシアスが現地での馬名をKemono(ケモノ)に変更されたそうだ。

こういうケースってけっこうあるのだろうか?
今年になって日本からオーストラリアに移籍した競走馬の話題はずいぶんと目立つようになったが、馬名が変更されたという話は初めて聞いた。あちらに同じ名前の競走馬がいるのだろうか。確かカシアスというのはモハメド・アリの本名から取ったはずだから、海外に同じ名前の競走馬がいても不思議はないが。

しかし、ケモノという名前は如何にも日本馬です、といった感じ(笑)

英語を母国語としている人たちには Kemono という音がどういうふうに聞こえるのだろうか。

こちらでビースト(beast)という名前の馬がいたらちょっとカッコイイなと思ってしまうような感じだろうか。。。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!