「JBC」タグアーカイブ

JBC


 
 
昨日も書いたが今週は日曜にJBCクラシック、スプリント、レディスクラシックのJpnⅠ3鞍にアルゼンチン共和国杯・GⅡ、土曜には京王杯2歳S・GⅡにファンタジーS・GⅢ、おまけに火曜日になれば豪メルボルンC・GⅠ。

もっと言えば馬券は買えないけど本家米国のブリーダーズカップもあるわけで。注目レース目白押し、もういつ寝るの、今でしょ!って言いたくなる(アホ

ちなみにJBCって何の略だか知ってますか?日本ボクシングコミッションのことじゃないですよ、競馬のJBC。

ジャパンブリーダーズカップの略だと思ってません?つい最近まで私はそう思ってました。
正しくはジャパンブリーディングファームズカップの略だそうです。

当初はジャパンブリーダーズカップという名称を使いたかったようですが、本家米国のブリーダーズカップ協会からクレームがきて、でもどうしても「JBC」という略称を使いたかったのでジャパンブリーディングファームズカップなどという何だかなという名称にしているそうです。Wikipediaに書いてました。
米国ブリーダーズカップ協会、けっこう度量が小さいのな。

ちなみに社団法人JBC協会はジャパンブリーダーズカップ協会の略。こっちはいいのかよ。。。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
で、当初はJBCスプリントとJBCクラシックの2競走で開催されたJBC、川崎競馬場で初めて開催されたときはスプリントの1200mという距離が取れず1600mで行われてJBCマイルとされた年もあったのに、JBCレディスクラシックが始まって2年目の年に川崎で行われたときはレディスクラシックを1600mで行ったのでスプリントは1400mで行うという謎。
んじゃ、最初の時も1400mでやればよかったんじゃないのか?と思うのは私だけだろうか。いや一応川崎には900mという設定もあるようだしこちらを使えば良かったんじゃないか?

しかも来年のJBCは浦和で開催されるが、今度はスプリントもレディスクラシックも共に1400mで行われる予定。これもなんだかよくわからない。なんでレディスクラシックの距離をクラシックに合わせずにスプリントに合わせるんだろうか。レディスクラシックじゃなくてレディススプリントになっちゃうじゃないか。
今年で18回目を数えるJBCだが、なんだかまだまだ興行として未熟な感じがするのは否めない。

米国のブリーダーズカップは今年は11月2日・3日の2日間で13鞍のGⅠと今年創設された1鞍の国際グレードなしのレースが行われる。
規模が日本とは全然違う。芝のレースもあるし2歳戦もあるし牝馬限定戦も幾つもあるしで、細かく分けられた各カテゴリーのチャンピオンを決めるお祭りという感じで楽しいんだろうなあ。

英国のロイヤルアスコット開催なんかも5日間に渡って多くの重賞レースを行うし、日本にもそんなもっと大規模なお祭りみたいな数日間があってもいいのに、、、と思ってしまう。

日本だと日本ダービーから地方競馬のダービーへと繋がるダービーウィークがちょっとそんな感じにできるんじゃないかと思うんだけど、この辺をもっとしっかりスケジュール整備しておもしろいものにしてくれれば、仕事が手につかない数日間なんてことになって楽しいと思うんだけどなあ。地方競馬のダービーウィークは数年前から告知もやって盛り上げようとしてる感じは伝わるけれど。

地方競馬はネット投票でずいぶん盛り返してるんだし、幾つかの競馬場のダービーを同日に行うとかして、もちろん競馬場でも他の競馬場での馬券を買えるようにして、相互にターフビジョンで実況中継をして、そんな日が日本ダービーの翌日から数日ある、なんていうのもいいんじゃないだろうか。どうよ?
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ま、それでも米国や英国のようなGⅠたくさんあるよ、重賞も山ほどやるよという数日などない日本で、今週のJRAの開催で重賞が6鞍もあるんだからこれはちょっと楽しみではある。馬券を買うかどうかはともかく。

土曜日に2歳重賞が2鞍、日曜日にダートJpnⅠが3鞍に芝の長距離重賞が1鞍。米ブリーダーズカップのミニ版くらいではある。

いつもより多くアレコレ悩む楽しみの時間があるのは嬉しいことだ。

とりあえずファンタジーSはやっぱりダノンファンタジーは外しにくいと思っている。でそういうのに限って人気して来なかったりするし。あー、悩ましいwww
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

JBC(2017) 予想


 
ダートの交流重賞はJRA馬を中心に考えればいいのでオッズ的に妙味も少ないことが多いと思っている。

なのであまり買うこともないしレースをリアルタイムで観ることもあまりない(結果はあとでチェックするけど)が、JBCは一日にJpn1が3鞍もあるのでやはり興味は惹かれる。
地方競馬はあまり知らない、普段から関心もそれほど高くない自分でもそう思うのだからJRAも同じような企画をしたら競馬に関心のない人も興味を示すんじゃないだろうか。
そこにキタサンブラックのような人気馬が出走となると俄然馬券売り上げも上がるような気がするんだが。
だからホープフルSは有馬記念の日に戻して、ついでに2歳牝馬のGIか1400mくらいの短距離GIもう一つ作ってしまえよと思ったりする。

・・・というか有馬記念のあとに一日ポツンと競馬やるのやめてくれ、マジで。
 

それはさておき
馬券を買うかどうかはまだわからないが、JBCの予想だけはしてみる。無責任極まりないなw
 
 

・JBCクラシック

JRA馬の後先だけ考えればいいので実質7頭立て。
さらにいかにルメールが乗ると言ってもオールブラッシュはこの相手では厳しそうに思えるし、ミツバもGI級で勝ち負けというレベルではないだろう。

ということは5頭立て。
馬連5頭ボックスを買っておけば絶対当たりそうな気がするがそれではトリガミだろうし、残った5頭でどういう馬券を買うか。予想というよりも券種を含めてどう馬券を組み立てるかのセンスが問われるレースだ。
 

アウォーディーは最内に入ってしまったので1枚割り引くとして、同じコースで行われるJpn1の東京大賞典勝ち馬アポロケンタッキーと帝王賞勝ち馬ケイティブレイブのどちらを上に取るか、その見極めができれば的中に近づけると考える。

アポロケンタッキーの東京大賞典の勝ち時計は2:05.8。帝王賞も同じ時計で走って5着。
一方ケイティブレイブはその帝王賞で2:04.4で勝っているわけだ。
となれば答えは明白。

本命ケイティブレイブ、対抗アポロケンタッキー、単穴サウンドトゥルー、押さえにアウォーディー、グレンツェント。

馬券はケイティブレイブ1着固定の3連単。
2着アポロケンタッキー、3着にサウンドトゥルー、アウォーディー、グレンツェントを置いて2,3着は入れ替えたパターンも塗る6点買いでどうだろうか。
 
 
 

 
 
 
・JBCスプリント
 
こちらはJRA馬は6頭。
初の1200m戦に挑んできたコパノリッキーの取捨がポイントになるだろう。
過去1400mでの勝ち鞍があるとはいえ3歳春でのもの。その年の秋にはオープン特別の霜月S(1400m)で1番人気を裏切って10着に負けている。
重賞レベルでは適性はマイルまでとみてここは無印にしたい。
 
ドリームバレンチノは10歳ながら近走も健闘しているが掲示板までが精一杯、ネロも近走成績をみると手を出しにくいし、ダートも3歳時に一度使われているが12着に負けている。
 
残るのはニシケンモノノフ、ノボバカラ、コーリンベリーの3頭。
 
コパノリッキーがある程度人気を背負ってくれるならこの3頭の3連単ボックスでいいか。
 
 
・JBCレディスクラシック
 
大本命と目されていたクイーンマンボが回避になって一転混戦模様。
 
実績からホワイトフーガ、勢いのあるアンジュデジールの2頭が人気になりそうだがここはちょっと捻ってプリンシアコメータから狙ってみたい。
 
休み明けの前走、牡馬相手の準オープンで0.2差4着ならここでもいい勝負になるのではないだろうか。
交流重賞は初めてだが1800mは距離ベストだし、鞍上武豊で一気の戴冠を狙ってきているとみたい。
 
1頭軸3連複Fで2列目にホワイトフーガ、アンジュデジール、3列目にはワンミリオンス、キンショーユキヒメ、タガノヴェローナと大井のララベルも加えた6頭を塗った9点で。
 
 
当たるといいなあ・・・
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

平成30年、JBC競争を京都競馬場で開催

いや~、びっくりしました。

来年、JBC競争を京都競馬場で行うとの発表。

JBCと言えば地方競馬場での持ち回りとばかり思っていましたが、考えてみれば生産者が日本の競走馬生産を支えるために大事なマーケットである地方競馬を盛り上げたいという趣旨で始まったもの。

単純に競走馬の供給先を支えるという意味であればJRAで行っても不思議ではないわけですね。

ふ~ん、なるほど。

ただ、これはカレンダー的な要因も大きく働いているように思います。

例年、JBCは11月3日の祝日に行われることが多かったですが、今年は11月3日が金曜日で3連休となることから3日間開催の予定になっています。

圧倒的な集客力を誇るJRAが、JBCの開催当日に通常の開催をぶつけてきたことは地方競馬の関係者にとって、特にJBC実行委員会にとっては脅威となったはず。

さらに来年のカレンダーを見ると11月3日は土曜日でJRAは通常に開催している日。

通常であればJBCに来場してくれるであろう人たちが2年連続でJRAに持っていかれる、それならばいっそのことJRAの競馬場でJBCを開催してしまえ!という発想になることはまったく不自然ではないと思います。

来年のJBCがこれまで以上に大きな盛り上がりを見せ、地方競馬のさらなる活性化、中小の生産者たちにとっての好影響を与えるイベントになることを祈ります。

できればメイセイオペラのようなJRAのGI馬たちにも勝つような地方馬が登場して、さらに大きな盛り上がりになるといいのですが。
 
 
 

 
 
 
大阪杯優勝馬に愛チャンピオンSの優先出走権付与といったニュースもありましたし、最近競馬に関する興味深いニュースが多く感じます。
 
名馬の訃報などもありますが、こうした新しい試みや海外競馬にも関心を持たせてくれるような話題は競馬ファンとしても楽しみが増えていいなと思います。
 
年を追うごとに競馬がどんどん面白くなる、そんな状況がずっと続くことを切に願います。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村