「CBC賞」タグアーカイブ

夏競馬、福島中京、穴はどれ?

Tweet

 
帝王賞はレーン騎乗のオメガパフュームが優勝。
JRAの短期免許が切れたと思ったら地方競馬の短期免許を取得して(その手があったかって感じw)、ついでにもう一つG1級レースをさらっていくとかレーンはホントにやるな。
これで4月末からの2カ月で重賞7勝、うちG1級が3勝。きっとまた短期免許で日本に来てくれるだろう。日本競馬、美味しすぎると思ってるはず。
まだ若いし、ミルコが初めて日本に短期免許で来た時以上のインパクトだった。

今年はレーンとかマーフィーとか若手の外国人騎手の活躍が目立つ。あれだけ鮮やかな騎乗を見せられたら、もっともっとその騎乗を見せてほしいし、短期の期間限定免許なんてケチな制度にとらわれないで自由に外国人騎手が乗りに来られるような制度だったらいいのにとも思う。
そうすれば勘違いしたそれほど上手くない外国人騎手も来るようになって、必ずしも外国人だから上手いというわけではないこともわかるだろうし。

ムーア、モレイラ、レーン、マーフィーといった上手い外国人騎手が日本のG1で一度に顔を揃えるようになったら面白いのになあ。

【夏競馬本番】

宝塚記念が終わり、帝王賞も終わった。今年も半分終了。
函館が既に2週を終えているが、今週から福島、中京が開幕していよいよ夏競馬本番。夏競馬の旅打ち、温泉を連想させるちょっとノンビリした雰囲気がけっこう好きだ。
昔、蒼井優、小池徹平、大泉洋、佐藤浩市がやっていた「CLUB KEIBA」というコンセプトのJRA・CMの夏競馬篇はなかなか楽しそうで良かったなあと思うのだ。

ま、それはともかくw

夏競馬開幕の重賞、ラジオNIKKEI賞とCBC賞。

ラジオNIKKEI賞などはラジオたんぱ賞時代に勝ったツインターボのような個性派が勝つレースという印象で、けっこう毎年見るのを楽しみにしているところはある。
あまり「ガッツリ馬券」という気分ではなく、なんとなく楽しみにレースを見るという気分でいられるのもこの時期の重賞のいいところじゃないかと個人的には思ったり。

CBC賞はサマースプリントシリーズ第2戦。なんとなくG2のイメージがあるのだが、確認してみるとG2だったのは1990年から2005年までの16年間だけ。その頃が個人的にはもっとも競馬に熱を入れて取り組んでいた時期、ということだろうか。いや今も一生懸命やってるけど(笑)
G2の頃にはエイシンワシントンやマサラッキ、トロットスター、サニングデールといったG1でも活躍するような勝ち馬も出ていたが、やはりG3となったせいか最近はここの勝ち馬もG1ではちょっと足りない、といった雰囲気はある。なので勝ち馬を予想するならG1では足りなそうなタイプに注目するのがいいだろうか。

両レースともハンデ戦だし、馬券的にも面白いものになってくれるはずという前提で予想はしたいところ。

【ラジオNIKKEI賞】

スクリーンヒーロー産駒のウインゼノビアが出走する。ハンデ53kg。牝馬だから2kgもらいと考えると牡馬の55kgの評価?重賞実績がない割に見込まれたなあという気がするが、決まってしまったものは仕方がない。
おそらく人気は下から数えたほうが早いくらいだろうから、ここはそっと単複を買って応援しようと思う。

穴馬として狙ってみたいのはマイネルサーパス。
2歳時、福島のきんもくせい特別でダノンチェイサーを差し切り勝ち。それ以降は朝日杯FS、プリンシパルS、ダービーを使って10着、9着、11着。今年はプリンシパルSからダービーへの中1週の疲れが残っていないかが心配だが、体調さえ戻っていれば福島の小回りは向いていそうだし、阪神外回り、東京と直線の長いコースで成績を落とした後だけにオッズ的にもおもしろい。
きんもくせい特別で4着に負かしたディキシーナイトが上位人気に支持されるメンバーならハンデ54kgで直線豪快に差し切りという可能性も皆無ではないと思う。

【CBC賞】

人気馬の中ではハンデ51kgの3歳牝馬アウィルアェイが圧倒的に有利な気がする。アレスバローズは当然有力馬の1頭ということになるがハンデ57.5kgは少々見込まれた感がある。

穴でおもしろそうだなと思っているのはグランドボヌール。中京コースは3戦3勝。条件クラスのものだけに重賞に入ってどうかということはあるが、ハンデ54kgはそれなりに評価されたもの。勝ち鞍が3勝クラスまで、オープンでは2桁着順に大敗とはいっても得意コースで一変の可能性は捨てきれない。

あとはやはり中京得意のセイウンコウセイ、トップハンデ58kgは厳しいと考えたくなるがシルクロードSでこの斤量で2着に踏ん張った実績はある。中京なら軽視はできない。

これら3頭を中心に他の上位人気馬をどう絡めるか、そんな馬券になるかなあと考えている。

【今週のスクリーンヒーロー産駒は16頭】

ラジオNIKKEI賞のウインゼノビアの他にも今週はスクリーンヒーロー産駒の出走が多い。その多くは未勝利戦ではあるが、土曜函館TVh杯のマイネルパラディや恵山特別のグランツリヒター、福島・南相馬特別のマイネルザウバアあたりにはがんばってほしいところだ。

他にスクリーンヒーロー産駒ではないが、土曜中京・知多特別のベストアクターもがんばってほしい1頭。ダイナアクトレス一族、ベストロケーションの初仔で5歳になるが途中長い休みを2度挟みまだ7戦しか消化していない。
前走の由比ガ浜特別でははスクリーンヒーロー産駒のレノーアとのワンツー、素材はもともと良いものがあるし、2勝クラスのここはすんなり上がってほしい

今週は応援したい血統がたくさんいるのでちょっと楽しみだ。ただ仕事上の行事があってじっくり競馬を見ることはできなさそうなのが残念だが。

合間合間に競馬をチェックして、馬場状態もしっかり確認しつつ重賞に臨みたいw

ラジオNIKKEI賞とCBC賞は当てたいなあ。。。

にほんブログ村 競馬ブログへ


中央競馬 ブログランキングへ
 

にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

CBC賞(2018) 予想


 
 
土曜日の競馬を見ると中京の芝は上がりの早い後傾ラップでも差し優勢の状態。1200mの距離で果たしてどうかだが先手を取りそうなアクティブミノルやトウショウピストには厳しい馬場に思える。

さほど先行争いが厳しくなるようなイメージのないメンバーだが、中心には差しタイプから選んでみたいところだ。

人気も割れていて朝の段階では1番人気のダイメイフジで単勝オッズ4.2倍、一桁台の馬は4頭だが10番人気のトウショウピストでも19.3倍だからかなりの混戦という評価。

こういう場合は下位人気馬が入っても意外とオッズがつかないということも多いし、無理に捻らず素直に考えるのが良さそうだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
1番人気だがダイメイフジを本命に。中団から確実に末脚を伸ばしてくるこの馬には今の馬場状態はピッタリだろう。前走1400mからの距離短縮というのも直線の坂を上ってから200mもの最後の脚比べとなる中京コースもあっている。

2番手に昨年2着のセカンドテーブル。ハンデも昨年と同じ56kgだが7番人気というのは盲点になっているんじゃないだろうか。

3番手にペイシャフェリシタ。休養明けだが前走の春雷Sではセカンドテーブルを差し切り勝っている。

この3頭を中心に馬券を組み立ててみたい。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ヒモ候補にはアサクサゲンキ、ワンスインナムーン、ナガラフラワー、ダイメイプリンセスをピックアップ。

1列目に本命~3番手の3頭を置いて、2,3列目にヒモも加えた7頭を塗る3連複フォーメーションで31点。
少々買い目は多いが上位人気3頭での決着以外はガミにはならなさそう。その買い目だけ買い足して3200円で遊んでみるというのはどうだろうか。

これだけ手広く買えば当たるだろうとレース前は考えるのだが、そうはいかないのが競馬でもあるのが悩ましいがw
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!