「阪急杯」タグアーカイブ

阪急杯、中山記念(2018) 回顧


 
中山記念はサクラアンプルール本命、阪急杯はヒルノデイバロー本命で少しだけ馬券を買った。

サクラアンプルールは4着、ヒルノデイバローはブービーの17着w

サクラアンプルールの4着はともかく、ヒルノデイバローの17着はいただけない。無理な狙いにも程があろうというものだ。やや出負け気味だったというのはあるが、それにしても負け過ぎだろう。いったい何を考えて予想をしていたのか。我ながら意味が分からない。
 

普通に考えたら中心はモズアスコットかレッドファルクス。負担重量と位置取りを考えるとモズアスコットに軍配が上がるが開幕週で外枠はどうなのか。
一方レッドファルクスは後方からの追い込み一辺倒。これも開幕週では勝ち切るまでは想像しにくい。
3番人気のカラクレナイが阪神の芝1400mは2戦2勝、父ローエングリンの母カーリングというのもちょうどオリンピックで日本が銅メダルを取ったところで盛り上がってるし、なかなかいいんじゃないかとも思った。しかしこちらも外枠からでは後方からのレースになりそうでどうも軸には推しにくい。

ならば軸は思い切った人気薄からワイドで遊ぶのがおもしろいんじゃないか、そう考えた。

候補に考えたのはニシノフラッシュ、ミッキーラブソング、ムーンクレスト、ヒルノデイバローの4頭。
枠順と脚質でいいと思うのはニシノラッシュだが準オープンからの昇級初戦で別定GⅢではちょっと厳しい。ミッキーラブソングは位置取りが心配、
残った4枠の2頭、ムーンクレストとヒルノデイバローのどちらにするかという段階で前々走のスワンS2着が光った。
この時と同じようにうまく先行できれば逃げ残りが期待できないか。ありがたいことに人気は9番人気、ワイド流しでもそこそこの期待値だ。

結果、ニシノ4着、ミッキー14着、ムーン13着、ヒルノ17着だからどうしたって的中しようがない予想だったのだが、このとき何故ダイアナヘイローも候補に取り上げられなかったのか。

近2走は2桁着順だが前走は道中ずっと引っ掛かっていたし、前々走はスプリンターズS。こういう逃げ先行タイプは負けるときは大敗は珍しくないのに、全然軸候補には考えることができなかった。

18頭立てということもあって、全出走馬を丁寧に見ることができていなかったのが原因に思える。雑な予想で的中できるほど競馬は簡単ではない。
 
 

中山記念はもう少し厳しい流れになると思ったのだが、終わってみれば4角1~3番手が1~3着。

決して緩い流れではなかったがいわゆる後続がなし崩しに脚を使わされるミドルペース。

こういう展開だとウインブライトは能力を十分に発揮できるし、中山の芝1800mというのはそういう展開になりやすいコースということなのだろう。

マルターズアポジーが逃げてテンの3Fが36.2で1000m通過が59.2。
公式ラップの2F~5F目の11.7 – 11.7 – 11.5 – 11.5という辺りは善臣先生絶好調じゃないかという運びに思える。
そんな流れで番手につけているのが横山ノリ。
松岡は4番手追走から3角過ぎから早めに押し上げてよく押し切ったなと感心するくらいだ。この馬のことはホントに手の内に入れているということだろう。

こんな流れで蛯名・サクラアンプルールはよく頑張ったように思う。4着も仕方なし。

スタートでマイネルハニーが出負けした時点で自分の予想は終わっていたということだ。これは納得のハズレ。もう一度予想してもサクラアンプルールから入るしだろうし、マイネルハニーがちゃんと出てくれていればもっと違った結果になったはず。

逃げ先行馬が出負けするところまで予想しないといけないんだからホントに競馬は難しい。
なんでこんなに難しいことをずっとやっているのかと思うが、それでも惹きつけられるんだから競馬は素晴らしい。
(完全に負け惜しみw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

春の中山阪神開催


 
今週から春の中山阪神開催。春というにはまだまだ寒いが。
開幕週を飾る重賞は中山記念と阪急杯。芝1800mと芝1400mという非根幹の如何にもステップレースという距離だ。

中山記念にはアエロリット、ヴィブロス、ペルシアンナイト。3頭のGⅠ馬が出走予定。
登録頭数は10頭と少なめだがGⅠ馬3頭ともに次へのステップレースだけに、格では落ちる馬たちにもつけいる隙はあるだろうか。

アエロリットはヴィクトリアマイル、ペルシアンナイトは安田記念、ヴィブロスはドバイターフがこの春の目標になるのだろう。
 
ヴィブロスはこのあと海外へ、アエロリットとペルシアンナイトは本番まではまだ少し時間がある。

どうしたってGⅠ馬は人気になるだろうし、それでいてここが目標というわけではない。仕上がりが万全という状態ではないはずのところに馬券的妙味はある。(と思うw
 
 

マルターズアポジーという何が何でも行く馬がいて、やはりできれば逃げたいマイネルハニーがいる。
アエロリットもハナか番手で行きたいタイプ。少頭数だが意外に締まった展開になって道中死んだふりしている人気薄が終い一手に賭けて馬券圏内に食い込んでくることはないだろうか。
少頭数でペースが上がれば後方からでも追い込みやすいだろうし。

穴党はそこに希望を見出すのだ(たいていは返り討ちに合うわけだがw

登録馬を眺めたところでは、サクラアンプルールなんかに頑張ってほしいなあ・・・と思う。
 
 
 

阪急杯にはスプリンターズSを連覇したレッドファルクスが登場。マイルチャンピオンシップ8着からの参戦だが、今回のメンバーでは貫録を見せつけるか。

前走準オープンを勝って昇級初戦で重賞挑戦だがニシノラッシュがおもしろいんじゃないだろうか。3歳の初めにはオープンのクロッカスSを勝ってNHKマイルCにも駒を進めている。
前走で0.2差の2着に下したエスティタートは先週土曜日の重賞・京都牝馬Sで3着。
全4勝のうち1400mで3勝、どちらかというと阪神よりは京都・東京のほうが向いてそうな戦歴だが、人気もないだろうしヒモに加えてみたいと思わせる。
 
もっとも他に手強い相手は何頭もw
 
阪神Cで1番人気(4着)だったモスアスコット、フィリーズレビュー勝ちのカラクレナイ、そしてもちろんスプリンターズS連覇のレッドファルクス。
 
これらが中心になってくるんだろう。
 

メンバー的には有力どころは差しタイプが多いのでアポロノシンザンやダイアナヘイローといった逃げ先行が楽に行ければおもしろいかもしれない。
その一角にニシノラッシュ、加わってこないか(完全に妄想、週末には忘れてるかもw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

阪急杯(2017) 予想

ミッキーアイルが引退、ダンスディレクターが故障、ビッグアーサーも脚部不安と有力馬が次々に戦線離脱して混とんとしてきたスプリント路線。

阪急杯を勝てば高松宮記念の有力馬に大きく浮上してくる、ということになるんでしょうか。

メンバーを見るとこれといった逃げ馬もいなくあまりペースは上がらなさそう。
開幕週とあって前に行けるタイプに有利な流れか。

となると人気でもシュウジには逆らえない。

嫌うなら前走阪神カップでもスタートいまいちで上がり最速ながら5着に敗れた2番人気のロサギガンティア。
人気馬からヒモ荒れを狙う馬券で。

◎シュウジ
〇トーキングドラム
▲ムーンクレスト
△ブラヴィッシモ、テイエムタイホー、ダイシンサンダー

◎からの1頭軸3連複流し10点で。

 
 
 

 
 
 
 
昨日のスクリーンヒーロー産駒は
中山3Rタイセイエピローグ4着、小倉8Rコスモラパン4着、アーリントンCのカロス11着。
 
カロスはまあ予想通りに逃げて予想通りに直線沈んでいくレース(笑)
タイセイエピローグとコスモラパンは・・・惜しかったなあ。特にタイセイエピローグは人気もなかったのでちょっと期待して買ってたのだけど。
 
 
今日は中山8Rにココロノキャンバス、阪神12Rにミスズスターの2頭。
 
ミスズスターは昇級初戦なのに単勝4番人気とそこそこ人気しててちょっと意外w
 
無事にいいレースをしてきてくれれば。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

阪急杯

ども、もう3日も経つのにフェブラリーSでのシルクフォーチュンの3~4コーナーでのマクリが忘れられないふぉんてんです。
思わず「エダテル!」と心のなかで叫んだ人は日本中に100人はいたと思います。
そういえば根岸Sでのシルクフォーチュンの追い込みだってブロードアピール並みに評価されてしかるべきかと。。。

今週の西のメインは阪急杯。高松宮記念を目指す馬たちが阪神の芝1400mに集結すべく登録馬はなんと33頭!中山記念より20頭も多いwフルゲート18頭ですから15頭除外ですね。

で、例によってどの馬が出られるかをチェックするのが面倒なので阪急杯の傾向だけチェックして出走馬確定を待ちますw

1着馬には高松宮記念の優先出走権が与えられるトライアルとしての位置づけにある阪急杯ですが中京の芝1200mと阪神の芝1400mでは求められる適正がけっこう違うような気がするんですけどね。
ですが昨年の勝ち馬コパノリチャードはここを勝って勢いそのままに高松宮記念も勝ってしまいましたし、一昨年の勝ち馬もロードカナロア。
ここを勝てる馬はそのまま高松宮記念も勝てる力を秘めている可能性大、かもしれません。

阪神コース

コースは2コーナーの引き込み線部分からのスタート。最初のコーナーまで450mほどの緩やかな下り。枠順による有利不利は比較的少ないと考えて良いが先行争いは激しくなりやすいコース形態。有力馬に先行タイプが多いか、差し追い込みタイプが多いかでペースはガラッと変わると考えて良さそう。
ただし内回りコースであること、また阪急杯は2ヶ月ぶりの開幕週であることを考えると基本的には内の好位で脚を溜められるタイプに展開は向きそうではあります。

3コーナーから4コーナーにかけて下りがキツくなるためペースは落ちにくく、また直線には急坂があるので外を回して捲るには相当展開に恵まれる必要があり、差しタイプならば内でじっくり脚を溜めて持続して脚を伸ばせるタイプじゃないと勝ち切るのは難しそう。

ということはやはり先行して持続して脚を伸ばせる馬を探せ!ってことですね。

昨年このレースと高松宮記念を連勝したコパノリチャードが順調であればやはり最有力ということになるでしょうか。ミッキーアイルとどちらがよりレースをしやすい枠に入るのかというところがポイントかもしれません。

[阪急杯] ブログ村キーワード