「金鯱賞」タグアーカイブ

今週のレース


もう3回目になるけどこの時期の金鯱賞というのはいまだに違和感がある。
ながらく宝塚記念の前哨戦だったが、有馬記念のステップレースに移動したかと思いきや5年で大阪杯の前哨戦に。

年とともにJRAの番組変更についていけなくなっている感。我ながら柔軟さに欠けるなと。
年齢を重ねていくことは若い頃よりも良いことが多いと思ってきたが、これは頭が老化してきているということなのかと、ふと。

【金鯱賞】

なかなかの好メンバー。朝日杯FS馬に皐月賞馬、エリザベス女王杯馬2頭とマイルCS馬とGⅠ馬5頭。それに4連勝で重賞制覇した良血エアウインザー。さらに重賞で好勝負できるようになったウオッカの仔タニノフランケル。2000m以下ではGⅠを含む重賞でも連対を外していないギベオンもいる。

このメンバーならタニノフランケルがハナを主張するだろうか。
ただその直後にダノンプレミアムやアルアインといったGⅠ馬が控える形になりそうで隊列はすんなり決まっても、あまり緩い流れにはならなさそうな気がする。
これなら中団あたりに控えそうなペルシアンナイトやリスグラシューあたりに展開は向きそうな流れじゃないだろうか、などと今のところは思っているがはたして。どんな枠順になるだろうか。

【フィリーズレビュー】

フィリーズレビューにはスクリーンヒーロー産駒オトナノジジョウの登録があるが、フィリーズレビューは10分の5の抽選だし、ダブル登録している中山のアネモネSは登録馬が全部1勝馬だからたぶんアネモネSのほうに回るんだろう。

フィリーズレビューはアウィルアウェイが人気の中心のようだが全体的にあまり差のないメンバーに思える。
netkeiba.comの予想オッズではメンバー中唯一の3勝馬メイショウケイメイよりもレッドアネモスやプールヴィルのほうが上位人気になっている。推して知るべしという感じだ。
アウィルアウェイの中心は変わらないかもしれないが、ヒモ荒れの可能性は高そうなメンバーと考えたほうがいいかもしれない。
これまでの4戦で[2.0.2.0]のジュランビルなんかは人気がなさそうだがおもしろい存在のような気がする。

【中山牝馬ステークス】

中山の芝1800mというと内の先行馬有利なコースだが中山牝馬Sは意外と差し馬が活躍している。

過去10年の結果では、
逃げ馬 勝率18.2%、連対率27.3、複勝率27.3%
先行馬 勝率5.9%、連対率14.7%、複勝率17.6%
差し馬 勝率9.7%、連対率17.7%、複勝率24.2%
追込馬 勝率0.0%、連対率3.9%、複勝率11.8%
となっており、極端な追い込み馬は狙いにくいが差し馬の2~3着は積極的に狙いたくなる傾向。

今回の登録メンバーを見てもランドネ、クロコスミア、ミッキーチャームといったなかなか強力な先行馬がいる。人気はないだろうが逃げたいカワキタエンカもいるし、流れは早くなりそう。
トップハンデだが復調気配のアドマイヤリード、条件戦での成績だが中山芝1800は[1.1.1.0]のアッフィラート、前走愛知杯を勝って同斤量のワンブレスアウェイなんかが狙い目だろうか。
じっくりと考えて展開面で利のありそうな馬を探したいところ。

【阪神SJ、オジュウチョウサン始動、そしてトラストは屈腱炎で休養へ】

土曜日にはオジュウチョウサンが今年の始動戦とした阪神スプリングジャンプもある。
断然人気になるだろうし、相手も勝負付けの済んだようなメンバーばかりで馬券的な妙味はあまり期待できそうもない。
注目は久しぶりの障害でオジュウチョウサンがどんな勝ち方をするかだろう。
あえて不安を探すなら平地のレースを3戦使われたことで障害レースの勘が悪くなっていたりしないかという点だがJGⅠ・5勝の実績が示すとおり飛越に不安のあるタイプでもないのは衆目の一致するところ。

個人的にはここを軽く叩いて万全の態勢で中山グランドジャンプに行ってほしい、そして願わくばそこで障害の新しい期待の星トラストとの対戦と相成ってほしかったところだが、オジュウチョウサンはここから天皇賞春に向かうローテーションを組んでいる。そこを除外されるようなら中山グランドジャンプに向かうようだが。

しかし何より、そもそもトラストが屈腱炎発症で休養に入ったことが残念。これでオジュウチョウサンとの対戦が実現する機会はそうとう遠のいた。屈腱炎となると短くとも1年程度は休養することになるだろうし、今年9歳のオジュウチョウサンが来年も障害チャンピオンとして現役を続行するかもわからない。
スクリーンヒーロー産駒応援隊の自分としてはトラストが絶対王者オジュウチョウサンをJGⅠで負かす場面を見たいと願っていたが。

せめて阪神SJではタイセイドリームやドラゴンバローズあたりがオジュウチョウサンに迫る場面を見せてほしいものだ。
強い馬の強いレースを見るのは良いものだが、それも強いライバルがいてこそより盛り上がるもの。強力すぎる1強状態からは脱してほしいものだ。

【東風Sにスクリーンヒーロー産駒2頭】

日曜中山の東風S(L)にゴールドサーベラスとミュゼエイリアンのスクリーンヒーロー産駒2頭がスタンバイ。

ミュゼエイリアンは昨年の同レース勝ち馬、ゴールドサーベラスは全5勝中3勝を中山マイルで挙げているコース巧者。
人気はカツジ、アストラエンブレム、ダイワキャグニーといったところでミュゼ、ゴールドの2頭はほとんど人気がないようだが、スクリーンヒーロー産駒2世代目の意地を見せつけてほしいところ。
モーリスやゴールドアクターのいた1歳上の世代よりは地味な印象の2世代目だが、同世代のグァンチャーレが先月の京都・洛陽S(L)を勝ったばかり。晩成のスクリーンヒーロー産駒ならこの世代もまだやれることは証明してくれた。東風S出走の2頭にもがんばってもらってアッと言われる配当を演出してくれることを期待しよう。

【今年の4歳世代は本当に強いのか】

ところで年明け「強い4歳世代」といったキャッチをスポーツ紙などの競馬面でよく見た気がするが実際のところはどうなのだろう。
東風Sでミュゼエイリアン、ゴールドサーベラスの年長馬も楽しみだぞと考えていたところで気になって少し調べてみた。

先週までに行われた4歳以上の重賞・リステッドレースは24鞍。そのうち4歳馬が勝ったのは8鞍。3分の1で4歳馬が勝っている。
これだけを見ると今年の4歳馬はなかなか強いように見える。
では昨年の同時期ではどうだったのか。まだリステッドレースは指定されていなかったが、同じレースをリステッドレースとして数えると該当24鞍中4歳馬が勝ったのは9レースだった。
なんだたいして違わないじゃないか。というか今の時点では去年のほうが4歳馬の勝ちが一つ多い。自分の数え間違いがなければ。

ということで東風Sは出走予定の4歳馬、カツジ、ロックディスタウンに引っ張られることなくゴールドサーベラス、ミュゼエイリアンに果敢に重い印を打って臨みたいところだ。(もう妄想の域w


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

金鯱賞(2017) 予想

アネモネSにも登録のあったアルミューテンはめでたく?フィリーズRの抽選に通ってしまい、仁川Sに登録のあったヨヨギマックは出馬投票しなかったようなので、土曜日は金鯱賞だけ考えれば良いという状況になりました。

中山3Rも個人的にはちょっと狙ってみたい一鞍なんだけど、この日はレースをすぐには見られなさそうな発走時間。
基本、重賞レース以外はリアルタイムで見られないときは買わないというスタンスなので。

というわけで金鯱賞の予想。

中京は1月以来、中5週での開催。

1月の中京は1日目、2日目の雪で芝コースがずいぶんと荒れて先行馬には厳しい馬場になっていましたが果たしてどの程度回復しているでしょうか。

これを確認しないと少々手を出しにくいという気もしますが、これはちょっと当日は確認できそうもないのでそれなりに回復している前提で考えます。
JRAサイトの「馬場情報」にも概ね良好な状態、と書いてはいますしね。

これといった逃げ先行馬も見当たらず、前半は馬群一団のスローになりそうな面々。ちょうど先週の弥生賞みたいな感じになりそう。

隊列もあまり長くならなさそうで、これなら終いの切れ味勝負に秀でたタイプに有利な展開か。
できれば好位~中団くらいに構えて終い確実に上位の脚を使いたい。

コース適性も加味して本命◎は10番サトノノブレスで。

中京芝2000はすべて重賞で[1.1.2.0]
一斉に並んでのヨーイドンならもっと早い上がりを使えるのは他にもいるが、ジワジワ位置取りを上げてタフな中京の直線でしっかり伸び続けられる地力に期待。

対抗◯には中距離の切れ勝負なら牡馬に負けない1番ルージュバック。
3ヶ月半の休養明けだが鉄砲は[2.0.0.1]、調教の動きも絶好であればここは狙いすました一戦だろう。
ここを叩いて大阪杯というよりは、強敵の多いGIよりもここで確実に賞金を稼いでおきたい組。

単穴▲に中京巧者の12番パドルウィール。
中京芝は2000mを5回走って[1.1.1.2]ですべて掲示板に乗る相性の良さ。12月の金鯱賞もタイム差なしの2着でその時と同じ斤量での出走なら1kg増の勝ち馬よりも上位に取りたい。

以下、押さえに9番ステファノス、6番ヤマカツエース、2番プロディガルサンの上位人気馬3頭。
大穴候補に展開利の可能性で15番ロードヴァンドール、キングカメハメハのコース適正と地元オーナーを買って8番スズカデヴィアスを少し。

◎から印への馬連流しで。
 
 
 

 
 
 
土曜日はスクリーンヒーロー産駒が5頭出走するが、その中で馬券を買ってみようかと思うのはダブルディライトの出走する中山3Rダ1200mの未勝利戦。
 
夏の函館以来、8ヶ月ぶりとなるがどのくらい成長しているか。
 
休養前の前走は3着とはいえ勝ち馬からは0.6差と大きな差をつけられたもので、未勝利脱出には時間がかかりそうと思わせるものだった。
 
だが幸い枠順は大外16番と包まれることもなくレースはしやすそうなところ。
これまでの2戦は勝ち馬に差はつけられてはいたが4着、3着と上位には来ていたし、この時期の未勝利戦なら休養している間の成長でいきなり勝負にはならないだろうか。
中途半端に好走してしまったら次は人気になってしまうだろうし、狙うならここじゃないかと思っている。
 
出走メンバーを見ると2番グリターテソーロが連軸候補で、相手に11番デルマキミノナハ、7番バナナボート、6番ノットオンリー。
 
これらにダブルディライトがどこまで迫れるかといったところか。
 
出掛ける前にレースを見る時間があるようなら2番から16番の馬連を厚めに、11番,7番,6番への計4点を買ってみたいが・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

雑記 mar 09,2017

リアファルが追い切り後、歩様に乱れが出て金鯱賞回避。
ちょっと残念。
でも、昨日のGCで調教映像を見たけどあまり良さそうには見えなかったから、大事に至る前に回避になったのは良かったんじゃないかなと思う。

GCの「今日の調教」を作業しながら横目で見てたけど、金鯱賞出走馬の中ではステファノスとルージュバックの具合が偉く良さそうに見えた。
ま、自分の馬体や調教を見る力なんてまったく当てにはならないんだけど、良さそうだなと思ってしまったものは仕方がない。
ルージュバックは金鯱賞は切ろうと思ってたけど、切れなくなってしまった。
こうなったら人気のヤマカツエースでも切るかw 1番人気で来るようなタイプにも思えないし(テキトー

アルミューテンがフィリーズRとアネモネSにW登録してるけどどっちか抽選通らないか。
まかり間違って桜花賞の権利取りができたりしたら、春のクラシックがずいぶんと楽しみになるのだけれど、ちょっと無理だろうなあ。。。
フィリーズRよりもアネモネSのほうがコースは合ってそうな気がしているけど。

というか自己条件で確勝を期して桜花賞で抽選待ち狙うほうが先々のこと考えると良いような気もするんだけどな。

フィリーズRの調教はジューヌエコールが良さそうな感じだった。レーヌミノルも良さそうだったけど、オッズ的に馬券はジューヌから入ったほうが良いかな。

 
 
 

 
 
 
土曜日は金鯱賞だけ事前に投票して出掛けるつもりだったけど、仁川Sにヨヨギマックが登録してるし、もしかしたらアルミューテンがアネモネSに出走するかもしれないから3場のメインを全部投票して外出、となるのだろうか。
 
ヨヨギマックは昇級初戦の前走が3着だったからそれなりに売れるだろうか。でも勝ち馬からは0.9も離されてるからあまり当てにはならないと思うんだけど。
ただ勝ったミツバが強すぎという気もするんだけど。ここは取り扱いに悩む。
 
アネモネSは枠順によってはいい勝負になるかもしれない中山の芝1600だから枠順次第で買うか買わないかは決める。
先行してどこまで粘れるかという競馬になるだろうし、取捨は割りと判断しやすいはずだから。
 
 
 
夕べ、ず~っと一口馬主のクラブのサイトをあれこれと眺めてた。
 
シルクのまだ残ってる牝馬の1頭にとても興味があって、とりあえず資料請求だけしてしまった。
 
いよいよ出資してしまうような気がする。。。いいのか?
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

金鯱賞の予習

今週の土曜日は家族の用事で一日家を出るので競馬がまったくできないことに気がつきました。

というわけで、、、

早いですが土曜日の金鯱賞についてつらつらと、ぼんやりと考えておこうなどと思い立った火曜日です(早すぎだろw)

GI・大阪杯のトライアルとなったことでこの時期に移動した金鯱賞。ほんの3ヶ月ほど前にもあったので何だか違和感アリアリですが、そこは目をつぶりましょう。

その3ヶ月前の金鯱賞に勝ったヤマカツエースが出走、勝てば3ヶ月の間隔で同一重賞連覇という珍しい記録。

別定重量で他馬より1kg背負わされますが、前走のGI有馬記念でも4着と好走してるのでここは人気になりそう。

他にはステファノス、ルージュバック、プロディガルサンあたりが上位人気か。

他の登録馬の中では中京芝2000で[1.1.2.0]のサトノノブレス。

前走・有馬記念で13着と大敗してるので、ここで人気を落とすようなら狙い目。
中山は[0.1.0.3]。
オールカマーを2度、有馬記念を2度使っているが、着外の3回はすべて2桁着順、明らかに中山は苦手だろう。
これが馬券圏内を外したことのない中京に変わって、前走成績から人気を落とすようなら積極的に狙いたいところ。
 
 
 

 
 
 
人気のなさそうなところならパドルウィール。
 
中京は[1.1.1.2]で着外2回も4,5着と堅実に掲示板を確保。前々走の金鯱賞でも勝ち馬にはクビ差2着と好走しているが、前走の小倉大賞典で大敗しているだけにかなり妙味はありそう。
 
あとはリアファル。
前走AJCCは13着惨敗で人気も下がりそう。1年近い休養明けとなった前々走の金鯱賞(ややこしいな)が0.2差5着なら、鮮やかに復活を見せても不思議はない。
 
 
人気どころで嫌いたいのはルージュバック。
 
エプソムカップ、毎日王冠と左回りの府中で牡馬を相手に上がり最速で勝っているが、この馬はいまやワンターンの1800m専用機と見る。
というか、そうしないと人気どころを嫌えないw
 
実際、これまでの5勝中4勝は1800m。残り1つが東京の2000mだがこれはまだ相手も成長途上の2歳秋。能力の差で勝ち切ったと考えた・・・いけど、どうだろうか。。。ジシンナシ
 
 
上位人気が割れて十分に回収が見込めるなら無理に切る必要はないが、それでもせいぜい押さえまでの評価で。
 
軸馬から馬連流し5点前後にまとめたいところ。
今のところの軸候補はサトノノブレスだろうか。。。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

金鯱賞(2016) 予想 軸は鞍上シュミノーのサトノノブレスで

マルターズアポジーの次走が有馬記念だと聞いて俄然面白くなってきたと思っているふぉんてんですm(__)m

キタサンブラックに楽逃げさせなければ思わぬ波乱も。。。ゴールドアクターはどうする?

ま、楽しみは先においといて(笑)
 
 
あっという間に金曜日

今週から短期免許で来日のV.シュミノー騎手に注目しつつ、まずは金鯱賞の予想を。

スズカデヴィアスはステイヤーズSではなくこちらに回ったんですね。
リアファルが5枠6番でスズカが7枠11番なのでリアファルが逃げる形になるのかなあ。

他の先行タイプではマイネルラクリマ、ヤマカツエースが共に8枠なのでこちらもハナにはこだわらなさそう。

中京芝2000mはスタートから上り坂だし緩いペースになるかな。

ただ最初の急坂を登った後も向こう正面中程までなだらかな上りが続くし、3~4コーナーを下った後には直線でまた急坂を登るので後半に渋太く伸び続けるスタミナが求められるコース。

course-tyuukyou

*画像はJRAサイト「中京競馬場>コース紹介」より

楽に先行できたとしてもそのまま押し切るにはそれなりに力が必要。今回出走の先行馬の中では、GIIクラスでそれだけの力を発揮できそうな存在となるとリアファルくらい。有馬記念以来の11ヶ月半ぶりというのがどうかだけど。
 

となると人気だろうけどサトノノブレスかヴォルシェーブのいずれかが本命、というのが自然な予想ということになるんだろうなあ・・・ツマランwww

もし、よくわからないシュミノーよりもデムーロ、ということでヴォルシェーブのほうが人気になるのならサトノノブレスから入りたい。

そうでなければケン、かなあw

馬券を買うとすると、相手はやはりヴォルシェーブ、リアファルの2頭を2列目に置いて他はどれも差が無いように思えるのでちょっと手広く3列目に並べて、人気薄が来てくれれば嬉しい、そんな3連単馬券。

オッズを見つつ2・3着マルチにするか、マルチなしで行くかを決める感じで。
 
 
 

 
 
 
今週のスクリーンヒーロー産駒は
 
土曜日
阪神1R2歳未勝利にカロス、中京8R3歳上500万にウインドオブホープ、中山9R葉牡丹賞にアルミューテン
 
日曜日
中京8R3歳上500万にコスモラパン
 
以上4頭が出走。
 
先週のゴールドアクターの落胆を拭い去ってくれる馬はいるだろうか。
 
 
カロスもそろそろ未勝利脱出を決めてほしいところ。
 
そしてアルミューテンが好走してくれたらテンション上がるんだけどなあw
 
葉牡丹賞といえば、遥か昔にダービー馬ウイニングチケットや皐月賞でトウカイテイオーの2着したシャコーグレードが勝ったレースとしてインプットされていて、自分の中では出世レースのイメージ。
 
ま、その後はNHKマイルC馬のタイキフォーチュンが勝ったくらいであまりGIで目立っている馬が出ているわけではないけれど・・・
 
 
でも、先週のジャパンカップに出走したトーセンバジルが勝ってたりして、古馬になって条件クラスの上の方でそこそこ走っている馬はいるので頑張ってほしいなあ。
 
あ、トーセンで思い出したけど天皇賞秋を勝ったトーセンジョーダンも確かこのレースを勝っていたはず。
 
でも、出世してるの牡馬ばっかりだなw
牝馬のアルミューテンではちょっと厳しいだろうか。
 
ミラアイトーンとかレイデオロとかコリエドールとか強そうだし、リーチザクラウン産駒のニシノアップルパイなんかも母父アンバーシャダイで応援したくなる血統だしなあ。
 
頑張れ、アルミューテン!負けるな、アルミューテン!(笑)
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村