「蛯名正義」タグアーカイブ

エリザベス女王杯(2018)予想


 
 
エリザベス女王杯の枠順を見たら4枠にモズカッチャン・Mデムーロ、カンタービレ・Cデムーロ。デムーロ兄弟が4枠に仲良く同居した。
ステレオタイプの馬友が「サイン!サイン!」と大騒ぎしそうだw
 

枠順の並びを見るとクロコスミアが5枠9番でちょうど真ん中、これなら2枠4番のプリメラアスールが逃げる形になるか。
距離が微妙な横山典ミスパンテールが大外の8枠17番に入ったので、この鞍上のことだしスタートが決まれば先手を主張することもありそう。

いずれにしても各馬折り合いに専念してのスローペースになりそうな感じはする。人気どころではノームコアが前に行くかと思っていたが、7枠13番ではよほどのロケットスタートでもしなければ先行争いには加わってこないか。
モスカッチャンは中団の後ろ、リスグラシューはそれを見ながら、カンタービレはそれらの前での競馬か。
中団はちょっとごちゃつきそうな雰囲気。

心情的には蛯名フロンテアクイーンが1枠2番に入ったし、好位の内で脚を溜めて直線抜け出して念願の重賞初制覇がGⅠ!というのが希望だがどうか。
これまで22回走って実に2着が9回というシルバーコレクターぶり、ここらで重賞のタイトルを獲らせてやりたいし、今年はすっかり影が薄くなってしまった蛯名正義、来年も騎手を続けることになったことだし彼に久しぶりの重賞勝ちを決めてほしいという思いもある。

本命はこの馬で行こうと思う。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
心情で本命は打っても単勝や1着固定の馬券にまでは手が出ない。馬連・3連複の馬券で買うことになるだろう。

相手はどこまで広げられるだろうか。

ノームコア、モズカッチャン、リスグラシューはさすがにはずせない。前走でサトノダイヤモンドと0.1差の競馬をしたレッドジェノヴァも然り。

スローに流れると踏むなら展開利を活かせそうなクロコスミア、プリメラアスール、カンタービレも押さえたい。

あとは大外のノリが怖いミスパンテールと初重賞がGⅠでは荷が重いかもしれないが昨年から連を外していないコルコバードくらいまでか。

相手9頭、さすがにこのくらいが精一杯だろう。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
しかし相手9頭だと3連複1頭軸だと36点か。ちょっとそこまでの多点買いは抵抗があるな。

ワイド9点流しだと期待値が足りない感じがするし、そうすると馬連9点流しか。で、結果フロンテアクイーン3着で的中ならず、となってしまうのが一番辛いな(笑)

黙って単1:複4くらいの配分で眺めることにするのが無難だろうか。

買い方は最後まで悩みそうだ。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

第40回エリザベス女王杯 回顧

[エリザベス女王杯] ブログ村キーワード

日曜日の午前中にエリザベス女王杯の予想記事を更新するつもりだったのにできませんでした。
ま、結果ハズレてるから余計な記事をアップしなくてよかったのか、、、◯| ̄|_

ちなみに本命はフーラブライドでした。6着とはいえ勝ち馬とは0.1秒差ですから勝ったも同然です(違う

勝ったマリアライトなんて敢然と無印ですから。
当日プレゼンターの釈由美子さんの誕生日が6月12日だったので6枠12番は気になるよなあと思いながら無印にしました。
センスの欠片もありません、ハイ。

しかし、ヌーヴォレコルトはやっぱり強かった。
大外枠からあれだけロスの多い競馬をしてあそこまで追い詰めるのですから現役牝馬の中での実力は1枚上だと思います。

しかしあの枠順を引いてしまうのは運が無いというかなんというか。
特にファンというわけではないですが何とかもう一つG1取らせてあげたいなあと思わせるレースぶりだったと思います。

勝ったマリアライトはここに来ての充実ぶりもありますが、鞍上も言っていましたが待って末脚勝負をしても勝ち目はないので早めに仕掛けたという好判断が光ります。

蛯名騎手はこれで史上二人目の牝馬G1コンプリートだとか。騎乗スタイル大きく変えてみたり常にチャンレジしていく姿勢が実を結んでいるということなのでしょう。

今の追い方には批判もあるようですし、私も個人的には見栄えの良い騎乗スタイルだとは思えず疑問を感じていますが、より良いものを求めて試行錯誤する姿勢は評価したいなあと。

昔、ステージチャンプの主戦騎手だったので肩入れしている部分もありますが(笑)
マイルチャンピオンシップでも上位人気になりそうなイスラボニータで騎乗予定だと思いますし、ベテランの健在ぶりを引き続きアピールしてほしいものです。私の本命はモーリスだけど・・・

3着タッチングスピーチ。後方馬群の中で揉まれつつも直線では隙間を縫って鋭く伸びるレース。直線の長いコースは脚質的にもあってるんですね。
同じ3歳のルージュバックも同様によく追い上げて4着。この2頭の着差は順調に使っていた分だけタッチングスピーチが前にいたという感じで両馬ともやはり力はあるなと思わせる追い込みでした。
もう1頭の3歳馬クイーンズリングは距離ですかね。

ラキシスは一応ヒモに抑えてはいましたが11着惨敗。上位人気馬の中では一番買いたくないなと思っていた馬でした。
大阪杯、宝塚記念、札幌記念、京都大賞典と間は開けているものの春から休養らしい休養もなく使われてきて、前走で大きく馬体重を減らしていたのがちょっと嫌だなと思っていましたがやはり調子を落としているような気がします。
来年も現役を続けるのであればしっかり休養させて立て直さないとダメじゃないかなあと個人的な感想。

レースはウインリバティが離して逃げ、2番手のリラヴァティも3番手以下を大きく離す展開。
「おいおい、この2頭が残ったりしないだろうな」とちょっと思わせる緊張感のあるレースになって面白かった。行った行ったで決まった2009年のレースを思い出しました。

こういう大逃げとかあると見ていてホントに面白いですよね。騎手の皆さんには逃げる時は玉砕覚悟の大逃げを常に頭に置いてレースに臨んでほしいものです(勝手な言い分w

ところで今年のレースを見て、来年のエリザベス女王杯のために必ず覚えておこう、と思ったのが本命は3歳馬か4歳馬にすること!
やっぱり若い、今が旬です!という娘を中心にしないといけませんね。

なんでフーラブライド(6歳)を本命にしてしまったんだろうなあ。。。(熟女好きw)

ところでメイショウマンボはもう完全に終わってしまったんでしょうか。
後方のまま全然いいところなく17着。
去年の春・ビクトリアマイルまでは飯田明弘厩舎時代のお釣り?で好走していたものの、それ以降はまったく良いところがないですね。
厩舎力ってホントに重要なんだなあということを教えてくれるG1馬になってしまったようです。なんだかとても残念。

10月13日 東京12R

メインレースは的中はしたものの壮大なトリガミにwww

ま、トリガミ覚悟の馬券ではありましたがホントにそのとおりになると思いっきり絞って買えばよかったと思うのは性ですかねえ。。。

気を取り直して最終。

ここもトリガミの目が1点ありますがめげずに行きます。

12R

6頭馬連ボックス。

割りと差のないメンツ。
軸を決めることができませんでした。
ただ、そんな簡単に蛯名騎手の連勝もないでしょう。
今日は散々勝ってるじゃん!ということで一応抑えはしましたがあくまで抑え。

そんな気持ちで買った馬券です。

15点の買い目のうち半分以上の8点が万馬券になるパターンですから。

好配当を祈る!

10月13日 エルコンドルパサーメモリアル

さ~て本日のメイン。

エルコンドルパサーメモリアル。

エルコンドルパサーの凱旋門賞2着は興奮しました。
夜中に家でそのまま!そのまま!と馬券もないのに心底応援したことを思い出します。

的場均騎手がエルコンドルパサーとグラスワンダーのどちらを選ぶかでグラスワンダーを選んだのですがその時もきっとかなり苦悩したんじゃないですかね。

その後、主戦となった蛯名騎手は今年天皇賞で似たような気持ちになるんじゃないでしょうか。
イスラボニータが出るのにフェノーメノにしか乗れない、、、身体が2つ欲しいという感じじゃないでしょうか。
閑話休題
さて、私の馬券は。。。
エルコンドルパサーM
節操無く馬連フォーメーションの多点買い。
トリガミもけっこうある買い方です(笑)
それでも当てたい。。。けど、軸、この3頭で大丈夫なのか?

まったく自信ありません。

競馬の神が降りてくれることを祈ります。