「秋華賞」タグアーカイブ

アーモンドアイ~秋華賞(2018) 回顧


 
 
遅ればせながら、、、
アーモンドアイ、強かった。

いや、強いのはわかってたけど、4コーナー手前あたりではおいおいその位置で大丈夫か?やっぱり競馬に絶対はないのか?と思った人、全国に100万人はいたんじゃないだろうか。(いない

ルメールもタートピかなんかのインタビューで「トリッキーなコース、だからいい位置を取りたい」って言ってたからもう少し前で競馬するのかと思ってたが。

それでも楽々と勝つんだからやっぱり同期の牝馬には負けるはずがないという自信があったんだろうな。

自分の馬券もやはりアーモンドアイが負けるはずはないと信じた1着固定の3連単フォーメーション。
だが2列目に置いたのがサラキア、ラッキーライラック、プリモシーンの3頭。
2着に残したミッキーチャームは3列目にしか置いてなかった。2列目にプリモシーンかミッキーチャームかで迷っていたのだが、はずれの方を選んでしまった。無念。

それでもサラキアが一瞬いいところまで突っ込んできて、人気薄のラテュロスも内からいい脚で伸びてきたときには「これは!」とドキドキしたので楽しかった。

負け惜しみになってしまうかもしれないが、アーモンドアイがとんでもない末脚で鮮やかに三冠達成したのは見られたし、とてもいい秋華賞を見せてもらったと思う。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
レースは1000m通過が59.6。
結果逃げたミッキーチャームが2着しているし、単勝156倍のラテュロスが3コーナー5番手でそのまま5着に残しているように比較的前で運ぶ馬に有利な流れだったと思う。
勝ったアーモンドアイと3着カンタービレが差してきているので差し追い込みの競馬のようにも見えるが、決してそうではなかった。

それだけにアーモンドアイの傑出した能力が光る一戦だったともいえるだろう。

次走はジャパンカップを予定しているが、順調にレースを迎えてくれることを祈るばかりだ。
3歳牝馬は53kgで出走できる。たとえ相手がサトノダイヤモンドやシュヴァルグラン、スワーヴリチャード、レイデオロでも引けは取らないんじゃないだろうか。

アーモンドアイの母、フサイチパンドラも3歳時ジャパンカップに挑戦しているがその時は5着。
この時のフサイチパンドラはローズS、秋華賞、エリザベス女王杯と連戦して中1週でのジャパンカップ参戦、さすがにお釣りがなかったと思われるがそれでも掲示板を確保、ハナ差で負かしたメイショウサムソンは言わずと知れた2冠馬だ。

アーモンドアイはこの秋、秋華賞を一戦したのみ。その秋華賞も陣営曰く8分のデキ、まさしく秋華賞をひと叩きしてジャパンカップを目標にローテーションを組んでいるかのようだ。

これは期待するなというほうが無理だろう。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
過去3歳牝馬でジャパンカップを勝ったのはジェンティルドンナただ1頭。

ジェンティルドンナはやはり3歳牝馬3冠を制してのジャパンカップ挑戦だった。

アーモンドアイはそれと同じ足跡をたどろうとしている。もしアーモンドアイがジャパンカップをも勝つほどであれば、ジェンティルドンナと同じように来年以降もGⅠ勝利を重ねていくことになるだろう。敵は故障だけじゃないだろうか。

そうなれば当然、凱旋門賞挑戦という話にもなるだろう。

もちろん鞍上はフランス出身のルメールだ。ルメールが日本馬で凱旋門賞を初制覇、なんてことになったらフランスも日本もそうとう盛り上がるんじゃないだろうか。
スポーツ紙の見出しは当然、「ルメール、故郷に凱旋帰国!」となるだろう。

そんなことまで想像させてしまう秋華賞のアーモンドアイだった。
本当に楽しみな馬が登場したものだと思う。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

秋華賞(2017)回顧と東京ハイジャンプ


 
秋華賞は東京競馬場で観戦していた。

予想は◎ディアドラ、○モズカッチャン、▲アエロリット、☆リスグラシュー、△ボールヴァンドル、ラビットラン、ファンディーナ。

ただし馬券はディアドラから印を打った6頭に加えて、ブラックスビーチ、ハローユニコーン、レーヌミノル、リカビトス、ミリッサまで押さた馬連。

結果、◎→☆→○での決着。

手を広げ過ぎである。一応印に合わせて濃淡をつけたので回収率は250%ほどにはなったが自分の的中率を考えると負けたようなものだ。う~む。。。

しかし、本命と睨んだ馬がきっちりと勝ってくれたのは嬉しかった。

今年はまだイメージ先行なのか紫苑S組はそれほど高く評価されていたなかった感じはあるが、おそらく来年以降はもっと本番でも買われるようになるだろう。

そういう意味では今年は大きく取るチャンスだったのだが相手が絞り切れずにぼんやりとした馬券になってしまったのはとても残念だ。

キッチリ絞ってせめて相手6点に絞れていたらもっと大きな回収が取れたのに。反省点の多い秋華賞だった。

しかし。

やはりこいつだ!と睨んだディアドラが勝ってくれたのは本当に嬉しい。
そういう意味ではとても満足な秋華賞だった。

レースもルメール、武、デムーロがそれぞれが能力を最大限に引き出すレースを見せて、ただほんのちょっとした仕掛けのタイミング、コース取りの差が明暗を分けた実に見ごたえのあるレースだった。

その辺については数多あるブログでレース回顧されているので拙い自分の見方は割愛する。とにかくいい秋華賞だったなあと。
 
 
 

 
 
 
いいレースと言えば当日の東京ハイジャンプ。
 
 

 
 
現場にいたこともあり普段は買わない障害だが珍しく馬券も買った。
オジュウチョウサンの強さは認めるが、骨折休養明けだし、斤量も他馬より重い62kgだし、もしかしたら馬郡に沈むことも考えての3連複馬券を買ってみたが3着に粘ったタマモプラネットが買えずにハズレ。
 
しかし。
 
いいレースを見せてもらったし、オジュウチョウサンは本当に名馬だなあと思わせる圧勝。
あんなに大差をつけられていた3番手から4角で一気にスパートして、直線で大きく突き放すレースぶりはまさに王者のレース。
 
場内から自然に大きな拍手が起こったのは当然だ。
 
競馬好きならあんなレースを見せられたら、自分の馬券に関係なく拍手を送りたくなるだろう。
 
オルフェーヴルやオグリキャップの有馬記念でのラストラン、アイネスフウジンのダービー、ディープインパクトやナリタブライアンの菊花賞、ナリタブライアンとマヤノトップガンが叩き合った阪神大賞典、もっと古いところならトウショウボーイとテンポイントが終始デッドヒートを繰り広げた有馬記念。
 
それらの名レースに負けない印象深いレースだった。
 
あのレースを現場で見ることができたのはまた、一つ自分の競馬歴に自慢できる記憶が刻まれたなあと嬉しく思う。
 
 
こういうレースが見られるから、競馬はやめられない。競馬に出会えて本当に幸せだと思うし、そのキッカケを与えてくれた父親に感謝だ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

競争能力喪失と新日本プロレスと枠順確定と


 
バヌーシーで募集されていたニンフⅡ・2015が競争能力喪失で安楽死処分になってしまったとか。
おやおやと思ってクラブのサイト見にいったら馬体重が583kgもあって、きっとデビューに向けての仕上げも苦労してたんだろうなあと想像される。

何口売れたのかは知らないが、きっと初めて一口に出資したという人も多いだろう。もしかしたら初めての人が大半かもしれない。ガッカリしてるのだろうなあ。。。

せっかくの面白い試みなのにスタートから躓いてしまった感じで残念。他の馬が無事にデビューを迎えられると良いが。

ただ、入厩してしまうと募集終了となってしまうからできるだけ多く売りたいであろうクラブ側としてはなるべく入厩は遅いほうがいいのだろうし、既に出資している会員からすれば入厩はまだだろうか、いつデビューするのだろう?と待ち焦がれているだろうし、なんとも利益相反な状況。

なんだかなあという命名をされてしまったキタノコマンドール(ベネンシアドール2015)なんかは残口8,406口(10/13現在)でまだ募集中だし。

なまじ口数が多いからこんな状況になってるわけで。それでも1500口も売れてるんだよなあ。6400万円分。よく頑張ってる気がする。満口にはほど遠いけど。
ベネンシアドール2015の仕入れ値が幾らか知らないけど、これ預託料とか支払えるのかな?

良くも悪くもなにかと注目を集めるクラブだ。
 
 
 

 
 
 
JRAが今度は新日本プロレスとコラボしてるけど、JRAとのコラボ企画でこれは当たったなというのって何かあっただろうか。

けものフレンズ、おそ松さん、シン・ゴジラ、ぷよぷよ、コップのフチ子、戦国無双、進撃の巨人、、、あぁ、そういえば相撲とのコラボなんかもあったっけ。

これらのコラボ企画がきっかけで競馬を始めましたっていう人はどのくらいいるのだろうか。
競馬に触れるきっかけを広く提供するという意味ではよく頑張ってる気もするが効果のほどは如何ほどなのか。

誰か検証してもらえんだろうか。どうやって検証すればいいのか知らんけど。
 
 
 
 
週末となって秋華賞の枠順も確定。
 
アエロリットが最内の1枠1番。ふ~ん、そうですか。先行するだろうしこれは良い枠なんだろうな。
 
ローズSで鮮やかな追い込みを見せたラビットランがその隣の1枠2番。こちらは逆に脚質を考えると少々めんどくさい枠になった気がする。和田竜二、どうする?
 
今のところ本命候補と思っているディアドラは7枠14番。位置取りは中団の後ろになるだろうし、動きやすそうな良い枠なんじゃないだろうか。
 
ハナに行きたいカワキタエンカが4枠8番、そしてたぶん先行するんじゃないかと思っていたファンディーナが8枠16番。
ともにもう少し内枠のほうが良さそうだがこの枠からどう乗るだろうか。
 
 
脚質的に一番いい枠に入ったかなと思うのは2枠4番モズカッチャンだろうか。ローズSは7着と人気を裏切ったが、今度はもっと走りそうな気がする。
 
穴馬としておもしろいんじゃないかと思っていたポールヴァンドルは8枠17番。これは少々厳しいか。前走は後方から追い込んで3着だったが、それ以前は先行していただけに三浦皇成がどう乗るか。
 
 
日曜日の京都は一日雨の予報になっているし、馬場状態にも注意はしたほうが良さそう。馬券は直前まで悩みそうではある。
 
 
 
そして府中も金曜日は朝からずっと小雨が降っている。気温も低いし、これから馬場も悪くなっていきそうだ。
 
予想をするのは当日前半のレースと天気の様子をうかがいながらになるだろうか。
 
府中牝馬Sはやっぱりクイーンズリングから入ろうと思っているのだが・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

秋華賞はクラシックじゃない


 
クラシックレースとは、皐月賞、東京優駿(ダービー)、菊花賞、桜花賞、優駿牝馬(オークス)の5レースの総称。
JRAのサイトの競馬用語辞典の中にそう書かれている。以下を参照。
競馬用語辞典「クラシックレース」

が、なぜか秋華賞を3歳牝馬クラシック最終戦、といった表現をしているメディアがたまにある。

あまり競馬に詳しくないのか?

メディアの一翼を担おうというのならもう少し勉強しろ、ギャ〇ブルジャーナル。

競馬関係者へ「牝馬クラシックの最終章・秋華賞に参戦する-」などと聞いて、恥ずかしくないのか。。。
 
 
 

 
 
 
たったそれだけのことだがそのわずかなことで読んでる側としては適当に記事書いてるんだろうなという印象が一気に強まる。
 
気をつけないとなあ・・・
 
 
ま、それはさておき。
 
 
ペースは厳しくなると思うけど、アエロリットはやっぱり外せないのだろうか。
人気してる時に買いたいタイプではないんだが、鞍上ノリというのが引っ掛かる。
 
悩ましいねえ・・・
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

秋華賞、紫苑ステークス組から狙いたいが


 
秋華賞の登録馬を眺めている。

フルゲート18頭に25頭の登録。
現在、収得賞金1400万円のアロンザモナ、サロニカ、ブラックスビーチが抽選対象で1/3の席を争うことに。
1100万円以下のシーズララバイ、ミスパンテール、テーオービクトリー、ブライトムーン、マナローラは除外対象。

トライアルで優先出走権を取ったのはラビットラン、カワキタエンカ、リスグラシュー、ディアドラ、カリビアンゴールド、ポールヴァンドル。

あとは春の実績馬アエロリット、レーヌミノル、モズカッチャン、ファンディーナといったあたりが主力か。
 
 

京都の内回り2000mといえば内枠の先行馬が有利というのが定説だが、秋華賞に限って言えば何故か差し馬が過去10年で8勝、2着4回、3着7回と意外にも逃げ・先行を大きく凌駕している。

3歳牝馬最後の1冠、先行馬が有利な京都内回りという条件が鞍上の意識を前へ前へと行かせて予想外に早いペースになることが多い、ということだろうか。
また枠順もなぜか内枠と外枠に好走馬が集まっており、ちょうど良さげな中枠が意外に不振なのも特徴。この辺は覚えておきたい。

また荒れるイメージは強いが、勝ち馬に限ってみれば1~3番人気馬から出ていて、過去10年で4番人気以下が勝ったのは2008年のブラックエンブレム(11番人気)のみ。
基本的には軸は上位人気馬からピックアップして、ヒモ荒れを狙う馬券戦略がもっとも確率が高そうだ。

となると軸はアエロリットか、リスグラシューか、ディアドラか。

自分は今のところはディアドラに一番魅力を感じている。
紫苑S、中山の2000mを後方から外々を回ってきて差し切ったレースぶりは着差がハナ差とは言え、強いものだったと思う。
あとは相手のレベルがどうだったか、という一点だろう。

春の実績馬がローズSに集まったこともあり、評価はあまり高くはないが1:59.8というタイムも翌週のレインボーS(1600万)が2:01.4だったことを考えると悪くない。

同様にハナハナの3着だったポールヴァンドルも中団の後ろを追走し前がポッカリ開いたとはいえ馬群から伸びてきたのは評価したいところ。
先行して坂上で先頭に立ち2着したカリビアンゴールドよりはこちらを上に評価したい。

 
 
 

 
 
 
ローズS組から相手を探すなら勝ったラビットランよりもよりも先行してキレ負けしたほうに妙味がありそうな気がする。
 
そうなると休み明け+22kgでまったく精彩を欠いたファンディーナや同じく+14kgの馬体重だったモズカッチャンが良いのかもしれない。
 
そうはいってもやはり勝ったラビットランの勝ちっぷりはあまりにも鮮やかだったし、さすがに無印にはできないが(笑)
 
 
あとは枠順と予想される展開での上げ下げ。
 
アエロリットのような強い先行馬もいるだけに、早い流れで底力勝負が求められるような展開になってくれるとおもしろいのだが。
 
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!