「根岸S」タグアーカイブ

根岸Sは当たったが

愛知杯もシルクロードSもはずしたけど、根岸Sが的中した(結局3連複を購入)喜びもつかの間、嵐の活動休止宣言が流れてきて驚いて記者会見の様子を見た日曜の夜。

娘がファンだったのでコンサートのDVDも観たことがあるが、ほんとカッコいいんだよなあ。「そりゃ、売れるわ、これは」と凄く納得したことがある。なんなら一度コンサートに行ってみたいぞと思うくらい。
残りの2年、彼らならきっとファンに素晴らしい時間を提供してくれるんだろう。

と、競馬に関係のない話、失礼 m(__)m

根岸Sは前のエントリーで記載した通りの印で、買い方は◎1頭軸3連複流しにした。3連単は買い切らなかった。ま、結果、それで52倍が当たったのだから正解だったが。今年初めての重賞的中だ。嬉しい。

しかし。

コパノキッキングがまさか勝ち切るとは思わなかった。このレベルで1400mは厳しそう、よくて2,3着かと考えていたのだが。押さえておいて良かった。

なんでも次走・フェブラリーSは藤田菜七子で行くとのこと。O.マーフィーがマイルは長いと断言しているだけに、単勝は売れるかもしれないが連系馬券はそれほど人気にもならないだろう。
藤田菜七子の初GⅠ、気楽に乗っていい結果を出してほしいものだ。

実はシルクロードSのほうが悶絶していた。

最終的に打った印は
◎ダノンスマッシュ
〇ナインテイルズ
▲ダイメイプリンセス
☆ラブカンプー
△ラインスピリット、セイウンコウセイ、アンヴァル、ティーハーフ

だが直前にはエスティータートにも印△を打っていた。
買い方は◎からの3連複1頭軸流しだったのでそうすると28点。う~ん、如何にも買い目が多すぎると判断してエスティータートを切った。
エスティータートを切ったのは鞍上が浜中だったから。このところずっとあまり調子が良さそうではなかったし、元々あまり好きな騎手ではないからw

するとダノンスマッシュの2着に突っ込んでくるのですね。3着にティーハーフが来て3連複が730倍とは・・・

ホント、浜中とは相性が悪い。無理に買い目を絞らなきゃ良かったとがっくりとうなだれたのは言うまでもない。

それでもすぐに気持ちを切り替えて、今週末のレースに目を向けるのが我々競馬ファンw

今週は何と言っても「嵐 活動休止」がテーマだろうと特別レースの登録馬を眺めている。

東京新聞杯は鞍上・大野のゴールドサーベラスか(スクリーンヒーロー産駒だ、しかも大穴!)、嵐だけにストーミーシーか、ファンの泣き声を連想させるロジクライか。

きさらぎ賞は枠順がもしガラス、ンスオブプラーナ、メイョウテンゲンが並んだりしたら臭いな、だとかそんなことばかり考えている。

アホみたいだが、楽しいw


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

愛知杯、シルクロードS、根岸S(2019)予想

愛知杯

◎レイズアベール
〇ノームコア
▲レイホーロマンス
☆レッドジェノヴァ
△コルコバード、ランドネ、ウラヌスチャーム、エテルナミノル

◎から〇▲☆△への3連複1頭軸流しで。

シルクロードS

◎ダノンスマッシュ
〇ナインテイルズ
▲ダイメイプリンセス
☆ラブカンプー
△ラインスピリット、セイウンコウセイ、アンヴァル

◎から〇▲☆△への馬連流し。

根岸S

◎クインズサターン
〇サンライズノヴァ
▲ユラノト
☆メイショウウタゲ
△サトノファンタシー、モーニン、コパノキッキング

◎〇→◎〇▲☆→◎〇▲☆△の3連単フォーメーション。

こんな感じかなあ・・・

根岸Sは大外に入ってしまったマテラスカイの取捨にまだ悩んでいる。
ここでは印を打っていないが楽に逃げる形にもなることも考えられる。差し追い込みが圧倒的に強い根岸Sでどこまで粘れるのかという疑問はあるが、あっさり逃げ切りというのも考えられるし、それだけのポテンシャルは持っている馬だとも思う。
ただ今度はコパノキッキングがまともにスタートを切ったら番手からのレースという可能性も考えられる枠の並びだし、ある程度人気になるなら切るのはマテラスカイだろうという判断をしてるのだが。
いや逆にコパノキッキングを切るほうが正解かもしれない?

馬券を買う直前まで悩み続けそうだ。。。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

荒れてほしい愛知杯

土曜日の愛知杯は牝馬限定のハンデ戦、いつものように荒れる前提で考えてみたい。

なにしろ過去5回の結果を振り返ってみても3連系馬券はいずれも万馬券、少なくとも1頭は2桁人気馬が絡む、あるいは上位人気が総崩れというレースになっている。今年だけは例外、なんてことはないだろう。

とは言っても前走大敗からの巻き返しというのは意外に少ない。過去5回で馬券になった15頭の内で前走9着以下に負けていたのが3頭、他の12頭はすべて前走5着以内という成績。
前走が1000万条件なら1着、1600万条件なら1,2着、OPクラスなら5着以内から人気のない馬を探してみたい。

そうすると前走阪神の蛍池特別(1000万)を勝ち上がってきたレイズアベール、京都の1000万の平場を勝ち上がってきたモーヴサファイア、この2頭が浮上する。

この2頭を1列目において、手広く3連複フォーメーションで流すという作戦はどうだろうか。相手が6頭で2、3列目に挙げた2頭を加えて8頭ずつマークすれば3連複の買い目は36点。
このくらいで万馬券が取れるなら上等だろう(万馬券確定の前提w

【スポンサーリンク】


相手に選ぶのはウラヌスチャーム、エテルナミノル、ノームコア、ランドネ、レイホーロマンス、レッドジェノヴァあたりか。ただ前走のエリザベス女王杯以外は大きく崩れていないコルコバードも捨てがたい。
ただ相手7頭となるとさすがに多いのでどれか切りたいところだ。

切るとすれば上位人気3頭のうちのどれか、ということになるだろうが何故か4歳馬が分の悪いレースなのでそれを嫌うとなるとルメール・ノームコアか。さすがにそれは勇気がいるが。鞍上未定のウラヌスチャームが回避してくれれば悩まなくていいのだが、一週前追い切りもしっかりやってるし回避することはなさそう。
ノームコアかウラヌスチャームのどちらかを切るということになりそうだが、どちらを残すかはかなり悩みそうだ。

【スポンサーリンク】


東京の日曜重賞、根岸S。

いまだに根岸Sというとブロードアピールの怒涛の追い込みがどこかで取り上げられるが、確かにあれは凄かった。距離が1200mのときでダートであの位置から届くのかよというレースだったが、今年は前走出負けして万事休すと思われたがやはり驚異の追い込みを見せたコパノキッキングが人気を背負って登場する。
その前までは逃げることの多かった馬だけに今回果たしてどんなレースをするのか注目だが、まさかのブロードアピールの再現があるだろうか(でも今度はちゃんと出るんじゃないか?w)

ちょっと気になる穴馬がいる。
メイショウウタゲ。プリサイスエンド産駒。11番人気でこのレースを制したグロリアスノア、そして堂々1番人気でこのレースを制したカフジテイクと同じ父を持つ。

プリサイスエンド産駒でJRAのレースに出走してくる数がそれほど多くはないことを思うと、その産駒が同じレースで複数勝っているという点がちょっと気になる。
もしかしたら同産駒はこのレースにもの凄く適性が高いんじゃないかと。

もっともメイショウウタゲはカフジテイクよりも1年先輩の今年8歳馬というのが引っ掛かるが・・・

さすがに厳しいだろうか。
人気はおそらくグロリアスノアが勝った時とそれほど違わないくらいの存在だと思うのだが。
穴党としてはちょっとヒモに加えてみたいところだ。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

根岸S(2018) 回顧

予想を事前にアップする間もなかったが、根岸Sはサンライズノヴァからアキトクレッセント、カフジテイク、キングズガード、サイタスリーレッド、ブルドッグボス、ノンコノユメへの馬連流しを買って的中、シルクロードSは思いっきり穴狙いのロードクエストとキングハートからの馬連流し2本立てで撃沈だった。

ちなみに日曜日は東京開催だったのでさっそく東京競馬場へと向かったが本当に寒かった。
「こんな寒い中に競馬場に来るファンこそ本当にコアなファンだよな」と友人が言っていたが、その理屈だとコアなファンってけっこうたくさんいるぞって話に・・・w
 

それはともかく。

ダートは午前中はまだ不良で、午後から重。
午前中もそれほどひどい不良馬場というふうには見えなかったが、先週はずっと気温が上がらなかったのでなかなか馬場の中で水分がなくならなかったのだろう。

根岸S以前のダートのレースで特に時計が早いという印象はなかったが根岸Sがレコード決着となったように時計の出やすい状態ではあったのだろう。

公式ラップはテンの3Fが33.9、1000m通過57.8。

テンの1Fを除いて最も遅かったのが5F目で12.1、サイタスリーレッド以外に逃げ馬らしい存在もなく、有力馬には後方から運ぶタイプが多かったので緩いペースになるかと思ったが短距離重賞らしいラップになった。
上り3Fが35.8とテンの3Fより1.9も掛かり、人気上位のサンライズノヴァ、カフジテイクにはおあつらえ向きの展開。

もしかしたら逃げ残りもあるんじゃないかと思っていたサイタスリーレッドが最下位に沈んだし、キングズガードは如何にも1400mベストというタイプでかなり有力じゃないかなどと考えていたのだが、これだけ時計が早くなると厳しかったか。馬券は的中したもののやはり競馬は難しいなあと感じた。

勝ったノンコノユメは最後に相手に拾った1頭。

正直なところ去勢後はさっぱりいいところがなかったし、近走わずかに復調の兆しがあるかもしれないと思わせる程度の存在。
軸に取ったサンライズノヴァにハマる展開なら、いい頃に戻りつつあるならノンコノユメももしかしたら追い込んでくるかもしれないと考えただけ。
まさか勝ち切るとは思わなかった。
少頭数でストレスなく4コーナーから追い出すことができたし、追わせるウチパクも手があったのだろう。

2着のサンライズノヴァは完全に勝ちパターンだと思ったが、最後の直線で競り合いになったときになんだか追いづらそうに見えた。
あれがなければ勝てたような気がするが、何か嫌気を差すようなことがあったのだろうか。本番のフェブラリーSでそういうところが出なければ有力な一頭じゃないかと思う。
 
 
 
 

 
 
 
 
3着カフジテイクは1,2着馬にははっきりと差がつけられた。
もう少しスタートダッシュ良くいい位置取りで運べなければこの先は厳しい。前年と同じローテーションでフェブラリーSに向かうが、一連の成績は前年以下であり本番ではそうとうの巻き返しがないと勝ち負けに持ち込むのは難しい印象だ。
 
 
 
フェブラリーSに向けては東海S組との比較ではやはりテイエムジンソクに軍配が上がってしまうか。
何より自分でペースを作れる強みがあるし、早め進出で3着以下を6馬身ちぎった2着のコスモカナディアンともどもそちらを上位に取りたい。
 
その間に根岸Sの1,2馬がどこまで割って入るか、そんなイメージになった。
 
 
 
と今は思っているが、これが本番を迎えると全然違う見解になってたりするから我ながら困るんだよなあ・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!