「愛知杯」タグアーカイブ

愛知杯、シルクロードS、根岸S(2019)予想

愛知杯

◎レイズアベール
〇ノームコア
▲レイホーロマンス
☆レッドジェノヴァ
△コルコバード、ランドネ、ウラヌスチャーム、エテルナミノル

◎から〇▲☆△への3連複1頭軸流しで。

シルクロードS

◎ダノンスマッシュ
〇ナインテイルズ
▲ダイメイプリンセス
☆ラブカンプー
△ラインスピリット、セイウンコウセイ、アンヴァル

◎から〇▲☆△への馬連流し。

根岸S

◎クインズサターン
〇サンライズノヴァ
▲ユラノト
☆メイショウウタゲ
△サトノファンタシー、モーニン、コパノキッキング

◎〇→◎〇▲☆→◎〇▲☆△の3連単フォーメーション。

こんな感じかなあ・・・

根岸Sは大外に入ってしまったマテラスカイの取捨にまだ悩んでいる。
ここでは印を打っていないが楽に逃げる形にもなることも考えられる。差し追い込みが圧倒的に強い根岸Sでどこまで粘れるのかという疑問はあるが、あっさり逃げ切りというのも考えられるし、それだけのポテンシャルは持っている馬だとも思う。
ただ今度はコパノキッキングがまともにスタートを切ったら番手からのレースという可能性も考えられる枠の並びだし、ある程度人気になるなら切るのはマテラスカイだろうという判断をしてるのだが。
いや逆にコパノキッキングを切るほうが正解かもしれない?

馬券を買う直前まで悩み続けそうだ。。。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

荒れてほしい愛知杯

土曜日の愛知杯は牝馬限定のハンデ戦、いつものように荒れる前提で考えてみたい。

なにしろ過去5回の結果を振り返ってみても3連系馬券はいずれも万馬券、少なくとも1頭は2桁人気馬が絡む、あるいは上位人気が総崩れというレースになっている。今年だけは例外、なんてことはないだろう。

とは言っても前走大敗からの巻き返しというのは意外に少ない。過去5回で馬券になった15頭の内で前走9着以下に負けていたのが3頭、他の12頭はすべて前走5着以内という成績。
前走が1000万条件なら1着、1600万条件なら1,2着、OPクラスなら5着以内から人気のない馬を探してみたい。

そうすると前走阪神の蛍池特別(1000万)を勝ち上がってきたレイズアベール、京都の1000万の平場を勝ち上がってきたモーヴサファイア、この2頭が浮上する。

この2頭を1列目において、手広く3連複フォーメーションで流すという作戦はどうだろうか。相手が6頭で2、3列目に挙げた2頭を加えて8頭ずつマークすれば3連複の買い目は36点。
このくらいで万馬券が取れるなら上等だろう(万馬券確定の前提w

【スポンサーリンク】


相手に選ぶのはウラヌスチャーム、エテルナミノル、ノームコア、ランドネ、レイホーロマンス、レッドジェノヴァあたりか。ただ前走のエリザベス女王杯以外は大きく崩れていないコルコバードも捨てがたい。
ただ相手7頭となるとさすがに多いのでどれか切りたいところだ。

切るとすれば上位人気3頭のうちのどれか、ということになるだろうが何故か4歳馬が分の悪いレースなのでそれを嫌うとなるとルメール・ノームコアか。さすがにそれは勇気がいるが。鞍上未定のウラヌスチャームが回避してくれれば悩まなくていいのだが、一週前追い切りもしっかりやってるし回避することはなさそう。
ノームコアかウラヌスチャームのどちらかを切るということになりそうだが、どちらを残すかはかなり悩みそうだ。

【スポンサーリンク】


東京の日曜重賞、根岸S。

いまだに根岸Sというとブロードアピールの怒涛の追い込みがどこかで取り上げられるが、確かにあれは凄かった。距離が1200mのときでダートであの位置から届くのかよというレースだったが、今年は前走出負けして万事休すと思われたがやはり驚異の追い込みを見せたコパノキッキングが人気を背負って登場する。
その前までは逃げることの多かった馬だけに今回果たしてどんなレースをするのか注目だが、まさかのブロードアピールの再現があるだろうか(でも今度はちゃんと出るんじゃないか?w)

ちょっと気になる穴馬がいる。
メイショウウタゲ。プリサイスエンド産駒。11番人気でこのレースを制したグロリアスノア、そして堂々1番人気でこのレースを制したカフジテイクと同じ父を持つ。

プリサイスエンド産駒でJRAのレースに出走してくる数がそれほど多くはないことを思うと、その産駒が同じレースで複数勝っているという点がちょっと気になる。
もしかしたら同産駒はこのレースにもの凄く適性が高いんじゃないかと。

もっともメイショウウタゲはカフジテイクよりも1年先輩の今年8歳馬というのが引っ掛かるが・・・

さすがに厳しいだろうか。
人気はおそらくグロリアスノアが勝った時とそれほど違わないくらいの存在だと思うのだが。
穴党としてはちょっとヒモに加えてみたいところだ。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

愛知杯(2018) 予想

絞り切れない。

中心はメイズウオブオナーかワンブレスアウェイかキンショーユキヒメか。

相手候補もマキシマムドパリ、ゲッカコウ、リカビトス、タニノアーバンシー。

他にもクイーンチャーム、ハッピーユニバンス、アンドリエッテ、レイホーロマンス。気になる存在がたくさん。

買うレースじゃない。しかし、だからこそ買いたくもなるわけでw

ワンブレスアウェイがもう少し中よりの枠だったら本命にしたいところだったが大外が嫌なのでメイズオブオナーを本命に。
対抗ワンブレスアウェイ。単穴にキンショーユキヒメ。

この3頭を1列目に置いた3連複フォーメーションで臨みたい。
2列目に上記3頭にプラスしてリカビトス、マキシマムドパリ。
3列目にゲッカコウ、クイーンチャーム、アンドリエッテを加えて買い目は計37点。

それでも朝の段階では合成オッズ4.47倍。一点だけトリガミの目があるがこれは目をつぶろう。

 
 
 

 
 
 
 
中山メインのジャニュアリーSも混戦模様。
 
ドラゴンゲート、ベストマッチョ、メイソンジュニア、エイシンバランサー、マッチレスヒーロー。
どれを軸にするか悩むタイプ多し。
 
京都メインの淀短距離Sも然り。ラインスピリット、ダイシンサンダー、スマートカルロス、クラウンアイリス、グレイトチャーター。
 
今日はなんとなく予想だけして純粋にレースを楽しむ姿勢がいいのかもしれないと思う一日だ。
 
のんびり予想ごっこだけしてお茶を濁そうか。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

愛知杯、難しいなあ・・・

あっという間に週末、1月の開催はいつにも増して駆け足で過ぎていく感じだ。

土曜日には愛知杯。

それ以前は12月の施行だったが2年前から1月施行に変更になっている。
牝馬限定のハンデ重賞だから荒れることが多いのは当然、我々のような穴党は張り切って取り組みたくなるレース。

今年は昨年の勝ち馬マキシマムドパリが昨年に引き続き人気になりそうだが、ハンデは昨年よりも3kg多くトップハンデの56kg、絶対的存在とは言えない。

ハンデ重賞を連覇となるとなかなかの偉業だと思う。過去の例で思いつくのは函館記念のエリモハリアーくらいしか思い出せないが他にもいただろうか。

日曜の日経新春杯もハンデ戦で昨年覇者のミッキーロケットが人気になりそうだが、こちらも昨年の55kgから2.5kg増のトップハンデ57.5kg。
今週は愛知杯、日経新春杯とけっこう荒れるかもしれないと期待に胸を膨らませてしまう。
 
 
中京芝2000mは坂の途中からのスタートなので前半ペースが上がりにくく、逃げ先行が好走しやすいコース、愛知杯もその傾向があるだろうかと過去5年を見てみるとそうでもないw
5年で馬券になった15頭中逃げ先行は7頭、差し追い込みは8頭で5分の成績だ。

馬場も前開催から中3週とそれほど時間は経っていないし、冬の時期ということもあり先行有利なパンパンの良馬場というわけにもいかないのだろう。

ならば展開がどうなるかをしっかり見極めるのが的中への道。
 
 

このメンバーなら先手を取るのはコパノマリーンになるだろうか。ただし近走で逃げたり先行しているのが他にもけっこういるし、人気のマキシマムドパリも近走は2~3番手の競馬、あまり緩い流れになるようなイメージは沸かない。

中団よりも後ろから長い直線を活かしてキッチリと末脚を伸ばすタイプに注目したい。

昨年のマキシマムドパリはまさにそういう競馬をしたが、近3走は先行しており果たして今回はどんな運びをするだろうか。

 
 
 

 
 
 
 
いや、しかし、
 
後方からの差し追い込み馬が要注意、と各馬の鞍上が考えたら人気のないコパノマリーンがあれよあれよの逃げ切り、ということもないではないかもしれない。
 
なにせ鞍上は誰もマークしないであろう井上敏樹だ。。。
 
 
と思ったがミルコが乗るタニノアーバンシーも前に行く馬だった。ひょっとしたらこいつがハナに行く可能性も微レ存。
となると他のジョッキーもミルコに楽をさせるようなこともなさそうだし。
 
 
う~ん、、、迷走。
 
このレース、手を出さないが無難か。
 
しかし、荒れそうじゃないか、今年最初の万馬券を取るならこのレースじゃないのか、そんな気もするから困ってしまう。
 
 
もう少しじっくり悩むとするか・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

愛知杯、狙うなら人気薄の逃げ先行馬かなあ

今週から第1回中京開催も始まり3場開催。2017年も本格化といったところ。

その中京開催の初日を飾るのは牝馬限定のハンデ戦愛知杯。
メンバーを見ると前にも書きましたが重賞惨敗組vs条件戦好走組といった様相。
なんとも狙いの絞りにくいメンツで全頭BOXにでもしないと当たる気がしませんw

過去10回の単勝平均配当が1808円という如何にも牝馬限定ハンデ戦という荒れ具合のレースですし、もしかしたら全頭の単勝を買ってもペイしそうな気さえします。

牝馬は格より調子という格言もありますし(そんなのあったか?)、ここはコースの特徴を踏まえて展開が向いて、かつ好調な馬をピックアップするのが的中への道じゃないかと決めつけてみます。

[コース図]

上のコース図を見てもらってもわかるように2000mのスタートは直線坂が始まってすぐの地点。
坂を登ったあとも向こう正面中程までなだらか上りになっているので、前半早くはなりにくいコース形態。
残り1000mの手前から直線に入るまでは下りが続くのでここでピッチが上がるものの、直線では中山並の急坂が待ち構えているため前半スローになりやすいものの上がり時計も意外に掛かるタフなコース。

これから天気が崩れて馬場も悪化するであろうことを考えるとある程度前目の位置で競馬をできるタイプを上位に考えたい。

出走馬を見渡したところ先手を主張しそうなのはプリメラアスール。この枠順ならば無理なくハナを取れそう。
 
ハンデも52kgと手頃だし、スローだったとは言え前走GIで勝ち馬に0.5差5着しているだけに楽に逃げられるようなら頭までありそうな存在ではある。

京都外回りよりも長い直線があることから中団から進めそうな人気どころはじっくりと構えそうなので、人気薄の前残りには特に注意をしたい。

4枠の2頭ウインリバティとプリメラアスール、それに3連勝中の7枠12番クリノラホールは押さえておきたいところだと思う。

軸をどれにするかというのはなかなか決めがたいが、前走阪神の内回り2000mで好位から押し切ったクインズミラーグロあたりが良いのかなあ。。。

馬番で1,5,6,7,10,11,12,14の8頭を上手いこと組み合わせて買おうかと今のところは考えている。
馬連8頭BOXでももしかしたらイイのかもしれないとも思うけど(トリガミ覚悟w)。
 
 
 

 
 
 
土曜日のスクリーンヒーロー産駒は5頭。
 
ですが、そのうち3頭は中京での出走。
愛知杯について考えておいてなんですが、雪で中止の可能性もあるんですよね~。
 
中山は問題なく開催されるでしょうが、中京・京都は微妙な雰囲気。
どうか雪で中止、月曜日に代替開催とならないことを祈ります。
 
 
確か去年?一昨年だっけ?
2月の東京開催が立て続けに雪で中止になって代替開催になり、そのときは東京開催があった感じがしない年があったことを思い出します。
 
やっぱり月曜日や火曜日の開催になってしまうとあまりレースを見ることもできないですしねえ。
 
無事に開催されることを祈ります。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村