「富士ステークス」タグアーカイブ

富士S(2017) 予想


 
土曜日の東京メイン、富士ステークス

金曜日正午の段階で芝は重、土曜日も午前中から弱い雨が降り続く予報なので馬場が回復することはなさそうだ。

逃げ馬不在のメンバーで先行タイプは何頭かいるもののあまりペースが流れるようなイメージはない。
馬場が悪く時計が掛かるだろうという前提に立てば、やはり間違いなく先行して直線でも確実に脚を使えるタイプが軸には向くか。
 

この並びなら先行しそうなのはマイネルアウラートか。外からミュゼエイリアンも先行策を取りそうだがいずれもムりにハナを主張して先手争いという形にはなりそうもない。

そこまでの芝のレースでどのくらい内外の差があるかにもよるが、内の先行馬群で脚を溜めて直線でのキレ勝負でひと足早く抜け出してそのまま押し切る、そんなレースができそうなタイプに食指が動く。

軸候補は3頭。

6番エアスピネル、11番グランシルク、穴狙いに徹するなら7番マイネルアウラート。

安田記念で直線つまりまったく追えなかったイスラボニータが内枠に入ってくれれば前に行ける脚も持っているし有力な本命候補だったが、残念ながら大外15番。
これではちょっと本命には推しにくい。

枠の並びを考えるとここはやはり人気だろうがエアスピネルを軸にするのが順当か。
 
 
 

 
 
 
ならばヒモ穴に期待する馬券か。
 
ま、やっぱりグランシルク、イスラボニータ、5番ペルシアンナイト、1番サトノアレスなんかは押さえるとして、狙いたいのは前残りでマイネルアウラートは狙ってみたい。
 
ここ2走は2桁着順だがその前は重賞で掲示板確保、タイムもそれぞれ0.4差、0.1差と大きくは離されていない、ちょうど人気も落ちて楽に逃げられれば十分残り目はありそうだ。
 
 
そして内枠から2番レッドアンシェル。内枠の福永というのが前が詰まって何もできずというパターンにハマりそうだが、札幌の稍重の新馬戦で上がり最速で楽勝している。もしかしたら重馬場上手かもしれないという点に期待をかけてみたい。
 
そしてもう1頭は13番クルーガー。
前走は1年ぶりの出走で10着、今回はそこから再び半年の休養明けになるが調教がやけに良い雰囲気。
稍重の栗東坂路で外目をグイグイと伸びて 52.4-38.7-25.2-12.4 と加速ラップでまとめている。4F52.4という時計も十分早いしそれでラスト12.4はなかなか。きっちり馬体が絞れていれば狙っておもしろそうな存在だと思った。
 
人気馬を軸にする割には相手が手広くなってしまっているが願わくばヒモ荒れ期待の馬連流しで。
 
できるだけ買い目を絞った3連複Fもオッズ次第では買ってみてもいいかもしれない。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

今年の富士Sはかなりハイレベルではないか?


 
土曜日の富士ステークスの登録馬を見たんだが・・・

なんかめちゃくちゃ好メンバーじゃなかろうかではあるまいか。(かなざわいっせい風w)

イスラボニータ、サトノアレスのGI馬に加えてエアスピネル、グランシルク、ペルシアンナイト、ロードクエスト、、、
他にもガリバルディ、クルーガー、ジョーストリクトリ、ミュゼエイリアンと重賞勝ち馬が多数。

登録15頭中10頭が重賞勝ち馬じゃないか。重賞未勝利馬でもダイワリベラルやブラックムーン、マイネルアウラート、レッドアンシェルと好勝負しそうな馬が揃ってる。
GIIIとしてはかなりレベルの高いメンバーではあるまいかではなかろうか。(ふたたびかなざわいっせい風w)

こうなると15頭中唯一名前の挙がらなかったクラリティシチーの立場はどうなるんだって話ではあるが、クラリティシチーだって前々走のエプソムカップで0.2差4着だし、過去にはダービー卿CTやラジオNIKKEI賞で2着など重賞連対経験ありだし、そうそう馬鹿にしたもんじゃない。

つまりは軸を決めたら展開重視で思わぬ穴馬が拾えそうなレースではないか。これは楽しみである。なんなら土曜日に府中に行こうかと思ってしまうではないか。

・・・と思ったところで土曜日には家人に用事を頼まれているので競馬場に行くことは叶わないことは確定済みなのだが。
 

今週はずっと雨が続いていて、今日はちょっと晴れたが明日からまた週末まで雨になりそうなのでおそらく道悪でレースは行われるのであろう。

マイル戦だがこれといった逃げ馬もいなさそうだし、重上手でなおかつキレのある末脚を使える人気薄を探そうではないか。。。そんな馬がいるのかどうかわからんがw
 
 
 

 
 
 
先日、来年の開催日割りが発表になった。
 
来年2月の3連休、小倉に乗り込んで日曜日に初めての小倉競馬を楽しもうと思っていたのに変則3日間開催になり、日曜日の小倉はパークウインズになることが判明してしまった。
 
すでにLCCで航空券の手配をしており、キャンセルをしても代金は戻ってこないしフライト変更をしたらなんのために不便な成田から飛ぶLCCにしたのか意味が分からない料金になってしまうので非常にガッカリしている。
 
もう博多の夜を楽しく飲み歩きすることに目的がシフトしてしまった。
 
JRAよ、むやみやたらと3日間開催をするのはやめてくれないか。
 
そもそも雪で中止になる可能性もある時期に3日間開催を組むなどアホかと。
 
それに3日間開催などを組んで中央場所の開催を増やして、札幌や函館などほんの数年前にお金を掛けて大改修した競馬場で年に12日間しか開催しないとかバカかと。
 
まったく腹立たしいことこの上ない。
 
それと12月28日のホープフルSの開催も頭がどうかしている。
 
12月28日、しかも来年は金曜日だ。サラリーマンが競馬場に行けるわけがないだろう!
 
 
断固として異議を申したてたい。どこに申し立てればよいのかわからないが。
 
┐(´д`)┌ヤレヤレ
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

予想 第18回富士ステークス

今週の土曜日はけっこう予定が入っていて競馬は見られそうにないので富士ステークスだけ事前に投票して出掛けることになりそうです。

やっぱりグァンチャーレは登録だけでしたね。11月11日、京都のカシオペアSに向かうという記事を見ました。

というわけで枠順も出たので予想を。

この並びだとノリのクラリティスカイが行くかもしれませんねえ。

各陣営のコメントなどは一切見てないのでどんな戦略を描いているのかはまったくわからないのですが、過去のレースの位置取りと今回の鞍上の性格を考えるとノリがハナを切ってカレンブラックヒルの秋山が番手で折り合いをつけるパターン。
あまりスローだとロゴタイプのミルコが外から先手を取りに行くかもしれませんが、前に行きそうなのはその3頭くらいでしょうか。

事前に想像していたよりもゆったりとしたペースになりそうな感じのする枠順。
直線の長い東京ですから典型的な瞬発力勝負になりそうです。

となるとディープインパクト産駒かなと思うのですが。。。

ダノンプラチナもサトノアラジンもワールドエースも休み明け。

ダノンプラチナは皐月賞11着惨敗のあとの休み明けですし、サトノアラジンは520kgを超える大型馬、ワールドエースは春の海外遠征帰りとといずれもちょっと本命にはしにくいです。

悩ましいですね(笑)

開幕週とは一変して外差し馬場になった先週の状況を考えると、外枠からスムーズに進めて確実に終い上がり最速で追い込んできそうな馬に目がいきます。

8枠のグランシルクかフルーキー。

どちらにしようか。

両馬の前走を見てみるとグランシルクはちょっと出負けして馬群に揉まれながらのレースでストレスの多い運びながら直線もしっかり伸びてタイム差なしの4着。

対してフルーキーはスムーズに好位の内につけ、ペースの割には馬群もバラけていたので比較的楽なレース運びだったように思えます。

直線でごちゃついて不利を受けそうな場面もありましたがそこは持ち前の勝負根性で抜け出し坂上で後続を突き放す強い勝ち方。

甲乙つけ難い感じですが前走成績を見るとおそらく人気はフルーキーのほうが高いでしょうね。

ならば本命はグランシルクで。

相手筆頭にはもちろんフルーキーですが、荒れる富士ステークス。
手広くアルマワイオリやダノンプラチナ、シェルビーや富士ステークスでは何故か人気薄でも好走するシャイニープリンスに流して、上位人気になりそうなサトノアラジンやクラリティスカイは抑えに、カレンブラックヒルも追加しておきますか。

15→16.10.3.7.2.11.6.9 の馬連で行こうかと思います。

[富士ステークス] ブログ村キーワード

好メンバーになりそうな富士ステークス

富士ステークスはグァンチャーレの登録が気になります。

出走するのかな?
前走ポートランドアイランドSでは3番人気で10着惨敗ですからねえ。現状古馬混合の重賞では荷が重いような気がしますが。

それでも出走してくれば当然スクリーンヒーロー産駒応援隊としては買わざるをえないわけですが(笑)

ま、今日には出走馬が確定するのでそれを待ちます。

その富士ステークス。

G3としてはなかなかの好メンバーになりそうです。

カレンブラックヒル、クラリティスカイ、ダノンプラチナ、マイネルホウオウ、ロゴタイプといったG1馬の登録があります。

他にもグランシルク、アルマワイオリ、サトノアラジン、フルーキーと重賞未勝利ながら骨っぽいメンバーにヤマカツエース、ヤングマンパワー、ロサギガンティアという重賞勝ち馬(もちろんグァンチャーレもそうですがw)の名前があって、なかなかに面白そう。

先週の東京の芝コースは前週とは一転して外差しが決まる馬場になってますのでG1実績馬に先行タイプが多いことを考えると展開的にも面白そうです。

後方待機の人気薄の激走、期待したいなあ(笑)

どんな枠順になるでしょうかね。

願わくば内目にロゴタイプ、カレンブラッックヒル、クラリティスカイ、マイネルホウオウがずらっと並んで熾烈な先行争いが展開されることを望みます。

ま、鞍上がそんなことに巻き込まれるようなタイプには思えませんが(笑)

土曜日の天気はどうなんでしょうか。

フジビュースタンドから富士山、綺麗に見えるとイイなあ(当日競馬場に行けるわけじゃないけど)

[富士ステークス] ブログ村キーワード

富士ステークスの展望

ども、ふぉんてんです m(__)m

菊花賞は金曜日の前売りオッズで2番トーホウジャッカルに大口の投票があって1.4倍の1番人気。
面白いですね~。
最終的にはワンアンドオンリーが2倍前後の1番人気になると思いますが、金曜日の段階で伏兵と目される馬に200万円近くの大口投票があるというのは何かしらの根拠があるはずと考えてしまいます。

これを見るまでは軽視していましたがトーホウジャッカルにも注目せざるを得ません。ん~~~

さて、菊花賞はひとまず置いておいて。

富士ステークス。
サウジアラビアロイヤルカップという冠がついてますが、来年からはいちょうステークスがサウジアラビアロイヤルカップと名称を替えて2歳新設重賞となりますのでそれに何か関係した結果になるんじゃないだろうか、などと思っているのですが馬柱を見ても何も思いつきません(笑)

なので普通に展開から考えてみます。

おそらく人気はダノンシャーク。
それでも抜けた人気にはならずオッズでは混戦模様という感じがします。

ダノンシャークは比較的楽に先行できそうですが特に逃げを主張する馬がいないだけに周りの出方を見ながら各馬仕掛けが早くなってしまうパターンのように思えます。

前半のペースとしてはややスローが予想されながら案外こういう時は終いに掛けるタイプにハマる展開になることが多いんですよね。

東京コースで終い確実に早い脚を使ってきた実績のある馬に注目したいと思います。

本命は4番ロサギガンティア。
東京コースを使った前2走(NHKマイルカップ、毎日王冠)は後方からの競馬で4着、7着にとどまっていますがいずれも上がり最速で差を詰めてきていますし一団のスローで進む展開なら内から差してくることができると見ました。

対抗には8番ダノンヨーヨー。
8歳馬ですが前走の毎日王冠も上がり3Fはメンバー中3番手の脚を使っていますし、馬群が固まる展開なら十分に届くのではないかと。

単穴に3番インパルスヒーロー。
この馬も東京で終いに徹すれば確実に切れる上位の上がりを使える馬。
内々で脚を溜めて前が開けば十分勝ち負けになるのではないかと思います。オッズ的にも狙いたいタイプだと思います。

そして抑えに14番ダノンシャークを加えて4番ロサギガンティアから3番、8番、14番への馬連3点流しで考えています。

水曜、木曜の雨がどの程度影響があるかを見極めつつ馬券を買いたいと思います。