「天皇賞(春)」タグアーカイブ

天皇賞春(2018) 予想


 
年度初めの忙しさに追われて更新をサボっているいる間に桜花賞も皐月賞も終わってしまった。
気がついたら我が愛馬ヴェロニカグレースのオークスへの挑戦も残念な結果に終わり、なんとも盛り上がらない状態で春のGⅠシーズン後半戦に入る。

ちなみに桜花賞は的中したが皐月賞は完敗であった。
先週のフローラSも当然ハズシているし、気がつけば桜花賞以来的中がない。これはマズイ、なんとか天皇賞を的中せねばと思っているがまだろくに登録馬さえ確認していない。

ユタカが騎乗停止になって三浦皇成がクリンチャーに騎乗するということだけは知っているが・・・。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
というわけで、あらためて天皇賞の登録馬をチェック。

これシュヴァルグランがちょっと抜けた人気になるのだろうか。
で続くのがガンコ、レインボーライン、クリンチャー?あまりメンバーレベルが高いようには思えない。

ま、天皇賞春は内枠圧倒的に有利だから枠が決まるまでは全然予想なんてできないが、枠順次第ではカレンミロティックとかスマートレイアーでもなんとかなっちゃうんじゃないだろうかと思ってしまう。

アルバートやミッキーロケット、トーセンバジルも馬券圏内には全然来そうだし、馬券、悩むだろうなあ・・・

【スポンサーリンク】


全然絞れそうにないメンバーだから、これは逆に軸1頭に相手2頭くらいに絞ってワイド2点とかで割り切って買うのがいいかもしれない。

無理に3連複3連単なんかで高配当を狙おうとするとやたらと買い目が広がって、的中しても結局回収率はたいしことないというパターンになってしまいそうな気がするし。
 
 
 

と昨夜ここまで書いて中断していたらもう枠順が決まっている。時の経つのがホントに早くて面食らうな。

で、その枠順だが穴っぽいところで面白そうと思っていたスマートレイアーやトーセンバジルが共に8枠16番、15番。アルバートが7枠14番。残念だがこれらはもう切ってしまってもいいか。

1番人気が予想されるシュヴァルグランは6枠11番。この枠はどうなんだろう。もう少し内が欲しかったんじゃないだろうか。

三浦皇成に乗り替わったクリンチャーは4枠8番。まずまずの枠順だろうか。

注目の内枠は1枠1番ミッキーロケット、2番チェスナットコート、2枠3番シホウ、4番カレンミロティック。

10歳馬カレンミロティックの激走はあるだろうか。

この枠順なら狙いは2-6、チェスナットコートと3枠6番ガンコの馬連ワイドあたりか。

チェスナットコートとクリンチャーの2-8なんかも面白いかもしれない。

あれ?チェスナットコートが本命になってるぞ?蛯名のGⅠでの久しぶりの活躍を見たいものだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 
※記事トップの画像は本文とは関係ありません。
今月中旬の忙しい最中に社内旅行で連れていかれた金沢の金沢城。隣の兼六園にも行ったけど天気が悪くて寒かったな・・・

天皇賞・春(2017) 回顧

いやはやキタサンブラックの強いこと、強いこと。

自分の馬券はレースが始まって早々に当たるわけないなとわかったので、じっくりと強い馬たちの強いレースぶりを堪能することにした(↓こんな馬券買ってた。ただの負け惜しみだw

 

レースは松山ヤマカツライデンが玉砕覚悟のハイペースで引っ張った。
1000m通過が58.3という3200mのレースとは思えないものだったが、離れた2番手のキタサンも1分は切るペースだったのじゃないかと。

長距離をこんなペースで逃げるのが1頭いるだけで、レースはこんなにも厳しい見応えのあるものになるのか。

ディープインパクトのレコードを0.9上回る厳しいレースを演出してくれた松山騎手には大きな賛辞を贈りたい。
 
 

2F目からの1000mごとのラップを見ると 57.0 – 62.4 – 60.2 という流れ。

最初の1000mが流れたためか、中盤の1000mで62.4と緩んだ場面でも中団から後方の各馬は仕掛けることもできず、残り4F目くらいからペースが上がった場面も位置取りに大きな入れ替わりのないままゴールに向かう展開。

全般にいいペースで流れていたため、道中で中途半端に位置取りをあげると終い必ず止まってしまうだろうと各馬の鞍上に思わせたことが、ますますキタサンに有利な展開をもたらした。

これぞ、ついて来れるならついて来てみろ、という競馬。威風堂々とはまさにこのことだ。

キタサンブラックはこれで大阪杯、天皇賞春と連勝し、残りの宝塚記念を勝てばレース賞金とは別に2億円の褒賞金を貰える。

サトノダイヤモンドとて、強い4歳世代の代表として得意の距離に戻る宝塚記念では一矢報いたいと思っているだろう。

宝塚記念がとても楽しみになった。
 
 
 

 
 
 
 
キタサンブラック、順調に行ったら秋は凱旋門賞に向かうのだろう。
 
オーナーの北島三郎さんではないが、これだけ強い馬であれば秋は天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念でその勇姿を見たいという気がしないでもないw
 
 
 
個人的には、正直、どうしてそこまで凱旋門賞なのか、とは思っている。
 
今なら、米国のブリーダーズカップクラシックでアロゲートを倒してこそ名実ともに世界一の名馬だと誇れるのではないか。
キタサンブラックの脚質とスタミナ、勝負根性であればそれも不可能なことではないような気がするのだが。
 
 
某Fテレビの馬鹿げた中継のせいも多分にあるが、まるで凱旋門賞至上主義のようなお祭り騒ぎには少々辟易している部分もある。
 
もちろん、凱旋門賞を日本馬が勝てばそれはとても誇らしいことだし、感動もするだろうが、既にキタサンブラックからはたくさんの感動を受け取っている。
 
これからも間近でその姿を見ていたい、というのも素直な想いの一つだ。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

天皇賞・春(2017) 予想

ベストアクター、優勝\(^o^)/

昨日、とにかく無事に、願わくばいいレースをという記事を書いたけどw、期待以上の結果を出してくれた。

道中は中団の内を追走し、直線半ばでしぶとく馬郡の中ほどを割って残り1Fあたりで先頭に立つとそこから力強く伸びた。

初戦でこういう勝ち方をしてくれると期待も膨らむ。
クラシックに間に合うタイミングではないし、初戦が1400mということを考えてもマイル前後を使っていくことになるのだろうが、来年の春くらいには安田記念を目指すような存在になってくれるといいなあ。
 
 
それはさておき天皇賞の予想

明日は東京競馬場で観戦するので今のうちに現時点での予想を。

とはいっても、信仰上ゴールドアクター中心になってしまうのだがw

どうしたってキタサンブラックかサトノダイヤモンドのいずれかが本命、という予想に落ち着きそうだが過去2強対決で2強でそのまま決まることもなかなかないのはスポーツ新聞などでも散々書かれているわけで。

ならば逆張り的に2頭の馬連1点にドカン!というのもアリな気はするが、穴党はそれではつまらないと思うから、やっぱり違うアプローチを探すわけだ。
 

逃げてどこまでと腹をくくれるヤマカツライデンが大外枠。
内枠に入った人気のキタサンブラックは自分のペースで先行するだろうから、ヤマカツは外からある程度勢いをつけて先頭に立つことになる。

スタミナを活かす競馬をしたいファタモルガーナ、ラブラドライトといった先行馬がいるし、キタサンブラックも前々で競馬をするであろうことを考えると案外厳しいペースになる可能性は高いのではないか。

サトノダイヤモンドも有馬記念での勝ち方を考えると前々の競馬をしそうな気がする。

ならば直線に賭ける人気薄が穴をあけるのではないか。

狙って面白そうなのはトーセンバジル、ワンアンドオンリー、アルバートの3頭と思っている。
 
 
 

 
 
 
自分の馬券の印は、、、
 
☆ゴールドアクター(これは買わないわけにはいかないのだw)
◎シャケトラ
〇キタサンブラック
▲サトノダイヤモンド
△アルバート、トーセンバジル、ワンアンドオンリー
 
 
だが、買うと決めてるのはゴールドアクターの単勝だけ。
 
ゴールドアクターからの馬連流しやシャケトラ、キタサン、サトノへの3連単マルチ、△の複勝なども考えてはいるがなかなか決められない。
 
 
ただ決めているのはキタサンとサトノの両方が馬券に入る組み合わせは3連系も含めて買わない。
 
この10年の天皇賞春の歴史を見ても、もっと昔からの2強対決を思い起こしてもそんな簡単には決まらないのが競馬だと思うから。
 
それに配当的にもそれではつまらないし(笑)
 
 
ホントに2強のワンツーで決まったら、イイもの見せてもらったと納得して買った馬券代はJRAに進呈しようw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

今年も天皇賞・春は混戦じゃないですか?

ども、昨日はなんとなく今週もG1の谷間だと思っていたふぉんてんです。
なんでだろ?日曜日には天皇賞があること認識してたのにな。

そんな天皇賞(どんな天皇賞だよw)ですが今年の登録馬は18頭とちょうどフルゲートと同じ頭数になりました。全馬出走するのかな?
注目はキズナの復活なるか、ゴールドシップは京都でも走れるのか、上がり馬アドマイヤデウスは一気に戴冠できるのか、フェノーメノ史上初の同一G1三連覇なるかといったところでしょうか。

他にも悲願なるかウインバリアシオン、菊花賞半馬身差2着のサウンズオブアースが昨年の菊花賞のレベルの高さを証明するか、何十年ぶりかの牝馬の勝利はあるのかデニムアンドルビーと伏兵も多数。

人気はキズナ、ゴールドシップ、アドマイヤデウスあたりですかね?

京都芝3200mはこの天皇賞春でしか使われないコースなのでデータが少なく、どの種牡馬が強いとかどんな脚質が向いているとは言い難いコース。
ただ長距離だけに各騎手の思惑や仕掛けどころによってレースの様相は如何様にも変わるので各馬の能力比較とともに騎手の性格や癖なども展開予想にはけっこう大事な要素。
なのでやっぱり相当難しいし、波乱が多いのもその辺が大きく関わっていると思います。

個人的には菊花賞馬なのに天皇賞では人気を裏切り続けているゴールドシップがちょっと楽しみなのですが今回はどうでしょう。3度めの正直なるか。
今回はさすがに少しは人気も下げるでしょうし実績を考えるとオッズ的にも妙味が出てくるんじゃないかと思ってるんですけどね。

実績で考えてオッズ妙味があるとしたらフェノーメノも今回はゴールドシップ以上に人気を落としそう(失礼w)
同一G1三連覇となれば史上初ですし、当時長距離戦では最強と思われていたメジロマックイーンでさえ達成できなかった偉業。ちょっと応援したい気持ちにもなります。
ライスシャワーのように一時不振に陥って得意の京都の3200mで復活したケースもありますし、連覇しているコースで能力をフルに発揮できないでしょうか。

各馬の状態チェックが重要な一戦になりそうな気がしますが、、、調教や馬体を見てもよくわからないんだなこれが(笑)

[天皇賞(春)] ブログ村キーワード