「天皇賞秋」タグアーカイブ

スピルバーグ

天皇賞にはスピルバーグが出走予定。
毎日王冠で本命にして、意外に人気がなかったけどしっかり3着。
末脚はなかなか目立っていたと思う。

今度もたぶん人気は全然ないと思うけど、けっこう狙い目じゃないかなあ。

毎日王冠

スピルバーグは5枠8番。

ほぼレースの決着はついたところに追い込んできたというパターンなので天皇賞では完全に圏外という評価が多くなると思う。

しかし逃げたサンレイレーザーがしぶとく逃げ粘る展開、上がり3ハロン34.3秒を道中後方4番手から直線だけで追い上げてきた脚はそれまでの3連勝を裏付ける成長を感じさせるもの。

さすがにG1馬がずらりと顔を揃えたメンバーに入ると軸にはしにくいが穴を開けるならこういうタイプかもしれないと密かに思っている。

今週の3重賞

今週はアルテミスS、スワンS、天皇賞秋と3重賞。

アルテミスSは今年で第3回を迎えてGⅢの格付けが着きました。南関東所属のロゾヴァドリナを含めて19頭の登録があります。
フルゲート18頭なので中央馬がどれか1頭除外ということになりますがほとんどが1勝馬ですからどれが除外になるのかわかりませんw

地方馬のロゾヴァドリナもオーナーは社台の吉田照哉氏ですし盛岡のジュニアグランプリで2着と芝コースをこなしていますから十分勝負になりそうな雰囲気。。
難解なレースになりそうですが出走馬が確定したら各馬の前走をしっかりチェックしたいものです。=「覚えている馬がいない」の意www

スワンSは言わずと知れたマイルチャンピオンシップの前哨戦ですがここを叩いて本番狙いの馬と、G1だとちょっと足りないけど1400mなら行けるぞというメイチの勝負掛かりの馬とがいるでしょうからその辺をしっかり見極めたいです。

個人的には好走しても人気にならないガルボなんかは相性が良くて好きなんですけど。連続して好走するタイプではないのでスプリンターズS16着惨敗後で人気にもならないでしょうし。
状態とか全然わかりませんが前走惨敗と言っても0.6秒差。距離延長なら追走も楽になるでしょうしそうそう見限ったものではないんじゃないかと。
まあ現時点では妄想に過ぎませんが(笑)

天皇賞秋はジェントルドンナ、フェノーメノ、イスラボニータ、エピファネイア、カレンブラックヒル、トーセンジョーダンと6頭のG1馬が顔を揃えますが、中心はイスラボニータ、フェノーメノの2頭におそらくはジャパンカップ狙いと思われるジェンティルドンナ、エピファネイアが能力でどこまで食い込めるか、といった感じでしょうか。

調教など状態をしっかりと把握したいところです。
正直なところ調教見てもあまりよくわからないんですけどね。
なんとなく雰囲気だけ見てるだけで(笑)

週刊競馬ブックでも買って馬体写真でも眺めてみましょうか。。。