「京都大賞典」タグアーカイブ

京都大賞典(2018) 予想


 
 
毎日王冠も凱旋門賞も的中してしまった。いったいどうしたんだ。
しかし、それほど儲かってないところが哀しいがw

3日間開催最終日のメインは京都大賞典。

これは堅そうな気がする。馬券を買うならかなり絞らないと的中しても上手く回収が取れない、そんな雰囲気が濃厚だ。

本命は8番シュヴァルグラン。そして2番サトノダイヤモンドもさすがに無視できない。過去の実績を考えればこの2頭であっさり決まる可能性もある。
しかし、2頭の馬連で朝の段階でオッズは2.6倍ほど。さすがにこれでは1点買いでも手が出ない。

そして1点買いできるほどサトノダイヤモンドが信用できるかというとそれも難しい。いつも弱気なコメントの多い池江調教師だが、師が言っているように一度調子を崩したのを立て直すのは大変だというのは実際にその通りだろう。
宝塚記念の負け方を思うとこんなに人気が被っている状況では手を出しづらい。しかし無視もできない、そんな厄介な存在になっている。

対抗にはモレイラ鞍上の5番アルバートを指名するがこれとて2400mでは距離が足りないと思うタイプ、自信をもって推せるというほどではない。

3番手に11番ウインテンダネス、連勝中の勢いを評価するが強敵相手に57kgの斤量でどこまでやれるか。

そして4番手にサトノダイヤモンド。そんな評価をしている。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
押さえに9番スマートレイアー、7番プラチナムバレット、4番レッドジェノヴァを取りたいが3連系馬券の3着くらいまでのイメージ。

これとて人気薄が来たところでシュヴァル、サトノの2頭が絡めばあまり配当は期待できない。

結局、京都大賞典は馬券的には手が出ない、そんな結論になってしまう。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
これなら東京メインのグリーンチャンネルカップのほうが面白そうだ。本命は断然人気のサンライズノヴァで仕方がないと思っているが、相手は人気薄で固めたい。

11番ハットラブ、13番リョーノテソーロ、6番アードラー、15番ナムラミラクル。

サンライズノヴァからの馬連流しではあまり期待値が高くはならないので、3連系馬券でまとめたい。
断然人気から人気薄2頭への馬券でそこそこ回収は取れそう。

京都をケンして、東京を少しだけ投票して眺めたい、そんな一日だ。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

人気薄の逃げ馬でなんとかならないか 京都大賞典

今週の京都メインは京都大賞典。今年は11頭の登録と少しさびしい頭数。
ま、例年あまり頭数の揃わないレースではありますが、それでも今年はG1馬3頭が登録してきました。

ラブリーデイが人気の中心になりそう。

2400mという距離はどうなんでしょう?東京の2400m(メトロポリタンS)勝ってるから大丈夫ですかね?
勝手に2000mくらいがベストのようなイメージ持ってるのですがw。

池江調教師も「京都の2400mはちょっと長いかもしれないが、毎日王冠よりはいいと思ってね。東京2回、中山1回の輸送があるので」と言っているように明らかに狙いは天皇賞、JC、有馬記念。

関東への輸送で消耗することを避けたい、ここはあくまで本番前の一叩きという仕上げなら掲示板の下の方という可能性も十分にありそうな気がします。

それならば夏に札幌記念を使ったラキシスのほうが状態は上がってきているんじゃないかと。
大阪杯ではキズナを抑えて勝っているわけですし、京都コースはエリザベス女王杯を勝っているように得意コースのはず。
今のところ軸候補はコレかなあと思っています。

人気のなさそうなところではアンコイルドが京都は[2.1.1.0]と好相性。
2勝は1000万、1600万のものですが2着が2013年の京都大賞典、3着が2014年の京都記念なのでここでもヒモには入れておきたい1頭だと思います。

ニューダイナスティも重賞では壁を感じさせる成績ですが京都芝2400mでは[2.0.1.1]と好相性ですし、有力馬が中団で牽制しあっている間に先行してなだれ込むということもないかなあと妄想したり。

長距離戦なので人気薄の逃げ馬に期待したいですねえ。

ラブリーデイにはスプリンターズステークスのストレイトガールのように前哨戦では4着くらいでお茶を濁してもらって本番で人気落として激走してほしいな、と。

そんな勝手な願望を持って京都大賞典を見ることになると思います(笑)

[京都大賞典] ブログ村キーワード

京都大賞典 回顧

第49回京都大賞典

http://youtu.be/expfJB9oEZE

道中のラップ
12.6 – 12.2 – 11.5 – 12.0 – 12.4 – 11.9 –
12.0 – 12.5 – 12.0 – 11.7 – 11.6 – 11.8(JRA発表による)

前半6ハロンが72.6、後半6ハロンが71.6。
スローではありませんが極端に早くなることもなかったため、後半持続して伸びることを求められる長距離戦らしい展開になったと思います。

トゥザグローリーが逃げるとは思いませんでしたが福永騎手は極端なスローを嫌ったのか2番手以下を大きく離して逃げてくれたおかげで、タマモベストプレイも単騎スローで逃げているような形になりました。

概ね想像した通りの展開(笑)

トゥザが3コーナーに入った段階でコレは貰っただろ、と思いました( ̄^ ̄)
願わくばタマモ→トゥザ→ラスパクで決まってくれれば良かったのに。ヨクバリw

無題

馬場は良まで回復していたのでトーセンラーにやられるか、と心配してましたが前に行った組も脚が溜まっていてラストインパクトの上がりは33.8。
ヒットザターゲットやトーセンラーも33.5、33.6ですから33秒台前半の上がりは使えない程度の平均ペースというのがラストインパクトには向いたのでしょう。

 

2番人気に推されたメイショウマンボは馬体重+16kgでの出走。
3コーナー過ぎから早めに動きましたが結局伸びるところなく10着惨敗。

やはり太め残りだったのか、牡馬相手では力が足りないのか、昨年の疲れが抜け切っていないのか。
判断に迷うところですがこの後また牡馬との混合戦に使ってくるようであれば軽視したいと思います。
今週は毎日王冠も京都大賞典も取れたし、月曜日最終の万馬券も取れたので上々の競馬になりました。

来週は秋華賞。またG1が始まります。

頑張りましょう♪

京都大賞典 予想

3日間開催の挙句、4日目に延期された京都大賞典。

馬場状態がどの程度なのかが全然わからないのでどういう前提にするかで予想もまったく変わってしまうレースですね。

一番人気が見込まれるトーセンラー。

京都巧者は皆が認めるところ。しかし重馬場が下手、というのも皆が認めるところ。
これかなり悩みますよね。
仕事をしていて途中のレースを見ることができない人は買っちゃいけません(笑)
近畿地方はかなり雨が降ってるようですし前提として重馬場が残ると考えます。
出走メンバーを見るとこれといった逃げ馬も見当たりません。
ならば外枠ですが確実に先行できそうな⑩タマモベストプレイに本命を打ちたいと思います。

怖いのは京都記念で意外な逃げを見せて逃げ切った⑧デスペラードですがここはノリが津村を行かせて番手に控えてトーセンラーの出方を待つパターンになるのではないかと。
末脚は牝馬らしいキレを見せる⑨メイショウマンボもいますし、牽制しあってそのままタマモベストプレイが逃げ切れる展開にならないかな~と希望的観測(笑)

トーセンラーは▲以下には落とせませんが、他にも隠れた京都巧者の⑪トゥザグローリー
や⑦ラストインパクトもそう差はないと思います。

印としては

◎⑩タマモベストプレイ
◯⑧デスペラード
▲②トーセンラー
△⑪トゥザグローリー
△⑦ラストインパクト

これ以外にも③フーラブライド、⑫ヒットザターゲット、①ヴィクトリースターなんかも気になるところです。

馬券は⑩タマモベストプレイから⑧②⑪⑦③⑫①への馬連流し、かなあ~~~
雨の影響がなければこのメンバーならトーセンラーから、というのが正解のようなきがするんですけどね。。。

馬主を辞める高須院長

ども、昨日高須クリニックの院長が申請した馬名が通らないから馬主辞める!とツイッターで騒いでた件が、実は共同出資者が申請してなかったという結末に思わず腹を抱えて笑ってしまった ふぉんてんです m(__)m

高須氏、けっこうカッとしやすいみたいですね。
ちょっとかわいそうだけどしっかり確認もしないでツイートしてしまった結果、赤っ恥をかいたのは自己責任ということで。

共同出資してた人から馬の代金を返してもらったそうですし、もう二度と馬主になることもないんでしょうね。

特に競馬が好きというわけではない人が早々に撤退するのは逆に良いことだったのではないかと思ったりします。

***************************

さて、台風19号の中心気圧が900hPaまで勢力拡大中とか。最大瞬間風速は85m/sとか。強烈ですね。。。
予想によると土曜日から日曜日にかけて沖縄に接近と言いますから月曜日の開催はかなり心配です。

月曜日には京都大賞典が予定されていますので雨が降ってしまうのは仕方がないとしてもなんとか無事に開催できるといいのですが。

京都大賞典の登録馬は13頭と少ないですがトーセンラー、メイショウマンボと2頭のG1馬や誰も予想してなかった逃げで京都記念を勝ったデスペラード、京都に良績のあるタマモベストプレイ、昨年の覇者ヒットザターゲットなどなかなか面白いメンバーが集まっています。

京都芝外回りは人気薄の逃げ馬が穴を開けやすいので展開読みの穴党としてはワクワクするレースが多いです。
特に今回もおそらく上位人気に支持されるであろうトーセンラーは追い込みですからね。
有力どころが牽制しあって仕掛けが遅れて逃げ残りというのは十分に考えられるパターン。
ただ本当に美味しいのはトライアルのここは逃げた馬が惨敗して、次のG1で更に人気を落として激走というのがよくあるパターンなんですけどね。

こんなレース↓(2009年エリザベス女王杯)


このレースはクイーンスプマンテとテイエムプリキュアの2頭で決まるわけですが、この2頭は前走の京都大賞典でやはり2頭で大逃げを打って惨敗していたわけですね。

なので本番のエリザベス女王杯でも2頭が逃げていても他馬はまったくマークしてなかったわけですね。
断然人気のブエナビスタが猛然と追い込んでも届かずの3着。
馬連は10万円を超える大波乱。

今年もそんなレース、どこかでないですかねぇ(笑)