「中山記念」タグアーカイブ

阪急杯、中山記念(2018) 回顧


 
中山記念はサクラアンプルール本命、阪急杯はヒルノデイバロー本命で少しだけ馬券を買った。

サクラアンプルールは4着、ヒルノデイバローはブービーの17着w

サクラアンプルールの4着はともかく、ヒルノデイバローの17着はいただけない。無理な狙いにも程があろうというものだ。やや出負け気味だったというのはあるが、それにしても負け過ぎだろう。いったい何を考えて予想をしていたのか。我ながら意味が分からない。
 

普通に考えたら中心はモズアスコットかレッドファルクス。負担重量と位置取りを考えるとモズアスコットに軍配が上がるが開幕週で外枠はどうなのか。
一方レッドファルクスは後方からの追い込み一辺倒。これも開幕週では勝ち切るまでは想像しにくい。
3番人気のカラクレナイが阪神の芝1400mは2戦2勝、父ローエングリンの母カーリングというのもちょうどオリンピックで日本が銅メダルを取ったところで盛り上がってるし、なかなかいいんじゃないかとも思った。しかしこちらも外枠からでは後方からのレースになりそうでどうも軸には推しにくい。

ならば軸は思い切った人気薄からワイドで遊ぶのがおもしろいんじゃないか、そう考えた。

候補に考えたのはニシノフラッシュ、ミッキーラブソング、ムーンクレスト、ヒルノデイバローの4頭。
枠順と脚質でいいと思うのはニシノラッシュだが準オープンからの昇級初戦で別定GⅢではちょっと厳しい。ミッキーラブソングは位置取りが心配、
残った4枠の2頭、ムーンクレストとヒルノデイバローのどちらにするかという段階で前々走のスワンS2着が光った。
この時と同じようにうまく先行できれば逃げ残りが期待できないか。ありがたいことに人気は9番人気、ワイド流しでもそこそこの期待値だ。

結果、ニシノ4着、ミッキー14着、ムーン13着、ヒルノ17着だからどうしたって的中しようがない予想だったのだが、このとき何故ダイアナヘイローも候補に取り上げられなかったのか。

近2走は2桁着順だが前走は道中ずっと引っ掛かっていたし、前々走はスプリンターズS。こういう逃げ先行タイプは負けるときは大敗は珍しくないのに、全然軸候補には考えることができなかった。

18頭立てということもあって、全出走馬を丁寧に見ることができていなかったのが原因に思える。雑な予想で的中できるほど競馬は簡単ではない。
 
 

中山記念はもう少し厳しい流れになると思ったのだが、終わってみれば4角1~3番手が1~3着。

決して緩い流れではなかったがいわゆる後続がなし崩しに脚を使わされるミドルペース。

こういう展開だとウインブライトは能力を十分に発揮できるし、中山の芝1800mというのはそういう展開になりやすいコースということなのだろう。

マルターズアポジーが逃げてテンの3Fが36.2で1000m通過が59.2。
公式ラップの2F~5F目の11.7 – 11.7 – 11.5 – 11.5という辺りは善臣先生絶好調じゃないかという運びに思える。
そんな流れで番手につけているのが横山ノリ。
松岡は4番手追走から3角過ぎから早めに押し上げてよく押し切ったなと感心するくらいだ。この馬のことはホントに手の内に入れているということだろう。

こんな流れで蛯名・サクラアンプルールはよく頑張ったように思う。4着も仕方なし。

スタートでマイネルハニーが出負けした時点で自分の予想は終わっていたということだ。これは納得のハズレ。もう一度予想してもサクラアンプルールから入るしだろうし、マイネルハニーがちゃんと出てくれていればもっと違った結果になったはず。

逃げ先行馬が出負けするところまで予想しないといけないんだからホントに競馬は難しい。
なんでこんなに難しいことをずっとやっているのかと思うが、それでも惹きつけられるんだから競馬は素晴らしい。
(完全に負け惜しみw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

春の中山阪神開催


 
今週から春の中山阪神開催。春というにはまだまだ寒いが。
開幕週を飾る重賞は中山記念と阪急杯。芝1800mと芝1400mという非根幹の如何にもステップレースという距離だ。

中山記念にはアエロリット、ヴィブロス、ペルシアンナイト。3頭のGⅠ馬が出走予定。
登録頭数は10頭と少なめだがGⅠ馬3頭ともに次へのステップレースだけに、格では落ちる馬たちにもつけいる隙はあるだろうか。

アエロリットはヴィクトリアマイル、ペルシアンナイトは安田記念、ヴィブロスはドバイターフがこの春の目標になるのだろう。
 
ヴィブロスはこのあと海外へ、アエロリットとペルシアンナイトは本番まではまだ少し時間がある。

どうしたってGⅠ馬は人気になるだろうし、それでいてここが目標というわけではない。仕上がりが万全という状態ではないはずのところに馬券的妙味はある。(と思うw
 
 

マルターズアポジーという何が何でも行く馬がいて、やはりできれば逃げたいマイネルハニーがいる。
アエロリットもハナか番手で行きたいタイプ。少頭数だが意外に締まった展開になって道中死んだふりしている人気薄が終い一手に賭けて馬券圏内に食い込んでくることはないだろうか。
少頭数でペースが上がれば後方からでも追い込みやすいだろうし。

穴党はそこに希望を見出すのだ(たいていは返り討ちに合うわけだがw

登録馬を眺めたところでは、サクラアンプルールなんかに頑張ってほしいなあ・・・と思う。
 
 
 

阪急杯にはスプリンターズSを連覇したレッドファルクスが登場。マイルチャンピオンシップ8着からの参戦だが、今回のメンバーでは貫録を見せつけるか。

前走準オープンを勝って昇級初戦で重賞挑戦だがニシノラッシュがおもしろいんじゃないだろうか。3歳の初めにはオープンのクロッカスSを勝ってNHKマイルCにも駒を進めている。
前走で0.2差の2着に下したエスティタートは先週土曜日の重賞・京都牝馬Sで3着。
全4勝のうち1400mで3勝、どちらかというと阪神よりは京都・東京のほうが向いてそうな戦歴だが、人気もないだろうしヒモに加えてみたいと思わせる。
 
もっとも他に手強い相手は何頭もw
 
阪神Cで1番人気(4着)だったモスアスコット、フィリーズレビュー勝ちのカラクレナイ、そしてもちろんスプリンターズS連覇のレッドファルクス。
 
これらが中心になってくるんだろう。
 

メンバー的には有力どころは差しタイプが多いのでアポロノシンザンやダイアナヘイローといった逃げ先行が楽に行ければおもしろいかもしれない。
その一角にニシノラッシュ、加わってこないか(完全に妄想、週末には忘れてるかもw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

中山記念(2017) 回顧

昨日の中山記念

あれこれ考えた挙句にこのブログで予想を書いはずなのに、記事をアップしたあとにこんな思いに至るというw

そして結果は札幌記念を勝ったネオリアリズムが勝ち、安田記念を勝ったロゴタイプが3着。

いったいなんなんでしょう。

記事に予想を書いた以上、その予想にもとづいて3連単フォーメーションを買ったわけですが、思いついてしまったので2頭の馬連ワイドも少々購入。

んで、結果そちらに救われるという。

ラッキーと言えばラッキーですが、なんともはや。

ゴール前では自分の予想そっちのけで「ロゴ2着に残れ!」って思いましたけどね。馬連45倍くらいついてましたからw
もっとドカンと馬連ワイド各1点で勝負してたら熱かったろうなあ

レースは予想外にロゴタイプがハナに立つ展開。

さすが田辺w

12.6 – 12.2 – 12.6 – 12.9 – 11.1 – 11.6 – 11.6 – 11.3 – 11.7

ラップを見ても何この前半の流れ、如何にもトライアルという感じ。というか前半緩すぎ。で5ハロン目に一気にペースが上がってその後は最後まで11秒台。中団から後ろに構えた組はレースがしにくそうな流れ。

前半はあまりの遅さに業を煮やしたかマイネルミラノが向こう正面でハナに。ネオリアリズムも引っ掛かりながら上がっていくもなんとか2番手におさまる。

こんなに引っ掛かってたら終い脚なくすだろうと思いながら見てたけど、そんなこともなく。
デムーロが上手いのか、馬の本格化が我々の想像以上なのか。

いずれにしても大阪杯の参考にはならなさそうなトライアルだったし、アンビシャスは本番に向けてどこまで仕上げられるか。中距離路線では中心馬の1頭という見方は変わらないが。

ただドバイ連覇を狙うリアルスティールはこのレースぶりじゃ厳しそうだなあという印象しかない。

ヌーヴォレコルトはこれまでよく頑張ったし、そろそろ次の仕事に向かっても良いんじゃないかな。
 
 
 

 
 
 
 
阪神最終のミスズスター。
 
まさか昇級初戦であんな強い勝ち方するとは思わなかった。
なにこれ、本格化してきたの?スクリーンヒーロー産駒の成長力?
 
と我が目を疑った。武幸四郎の最後のレースなのに幸騎手まったく意に介せずw
 
昇級戦だしそれほど信用してなかったので馬連を少ししか買ってなかった。
単勝にガツン!と入れておけばよかったなあとメチャクチャ後悔。
 
今年の産駒の中での上がり馬はこの馬か。
ただこれまで距離は1400までしかこなしてないから目標のレースをどこに置くかが難しそう。
 
ダート路線のスクリーンヒーロー産駒は他にヨヨギマック、プロトコル、クライスマイルといるのでなかなか層が厚くなってきた。
 
もうすぐゴールドアクターも戻ってくるし、準オープン、オープンでの産駒の活躍も期待できそうで楽しみになってきた。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

中山記念(2017) 予想

中山記念

先手を主張しそうなのは11番クリールカイザーと2番マイネルミラノ。
ともにハナにこだわるというイメージはないが、このメンバーでは前に行ってどこまで粘れるかというタイプなので後続を引きつけての逃げよりも、できれば離して逃げたい2頭。

人気薄なので後ろの組が牽制しあえばまさかの逃げ残りというパターンもなくはないが、ロゴタイプやリアルスティールはある程度は前目に位置するのでそうそう楽には行けなさそう。

前売り段階で一番人気になっているアンビシャスの末脚を警戒して、その前にいる有力馬が逃げる2頭をノーマークにしてしまえば前々の競馬になるかもしれないが。

その可能性は低いだろうな。。。

やはり人気だけど本命はアンビシャスで仕方がないか。

脚質から東京や京都阪神の外回りのほうが良さそうなイメージがあるが戦歴を見ると明らかに中山や阪神内回りを後方から追い込むのが得意なタイプ。

リアルスティールは強敵だと思うが1kgのアドバンテージもあるし、ここは押し切れるのではないか。
不安点を挙げるなら目標は間違いなく大阪杯のはずだからここがメイチの仕上げではないこと。
GI獲りのために余力は残しているはずだからそこに隙はあるはず。

なので頭固定では買いにくい。波乱の可能性の考えて3連単フォーメーションが馬券としては正解のような気がする。

印は
◎アンビシャス
〇ツクバアズマオー
▲リアルスティール
△ヌーヴォレコルト、サクラアンプルール
×ネオリアリズム
穴マイネルミラノ

◎〇→◎〇▲△→◎〇▲△×穴、この3連単フォーメーションで40点。ん~、微妙。
 
 
 

 
 
 
 
勝負としては1列目は〇ツクバアズマオー1頭にして20点に抑えてみたいところ。
 
アンビシャスやリアルスティールに勝たれたら「あぁ、やっぱりそうなっちゃうか」と諦めるというのもいいような気がする。
 
ヌーヴォレコルトとかロゴタイプに勝たれたりしたら「そうですか、参りましたm(__)m 」という感じでw
 
でも、ヌーヴォレコルトなんかが頭で来て波乱になったりしたら穴党としては完敗だなあ・・・
 
調教の雰囲気がやけに良さそうに思えたのでとても気になってる。
 
8枠じゃなかったらもっと重い印にしたんだけど。。。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

中山記念

[中山記念] ブログ村キーワード

中山記念、散々言われてますがホントに豪華ですねえ。

ドゥラメンテ、リアルスティール、イスラボニータ、ロゴタイプ。
他にもアンビシャス、フルーキー、ラストインパクトなど重賞勝ち馬多数。

格では二冠馬ドゥラメンテ断然ですが9ヶ月ぶりの骨折休養明け。
単に疲れを取るだけの休養とは違うので以前のような走りができるのか気になるところではあります。

しかし現状、日本競馬を引っ張っていく存在ですからいい競馬をしてほしいかな、と。

馬券的には人気になるでしょうから3着くらいになってくれると嬉しいですが(笑)

登録メンバーを見ると逃げ馬皆無、コンスタントに先行するのもマイネルラクリマ、ロゴタイプくらいで枠順次第でどの馬が逃げ先行に出ても驚けない、そんなメンバーです。

ドゥラメンテが逃げる、なんてこともあるかもしれない(笑)

そんな感じなのでスローは必至でしょう。
中4週の開催とはいえ開幕週なので楽にロスなく先行できそうな枠に入れた馬は多少能力的に見劣ると思ってもマークは必要になりそうです。
 
 
ちなみにルルーシュは阪急杯に回るとか。
藤沢厩舎今年4度目の重賞2頭出しでラビット役になるのかと思ってましたが。
 
 

とりあえず人気はあまり無さそうですが、一昨年・昨年の中山記念で3着2着と好走しているロゴタイプは買いたいなと思ったり。
鞍上がデムーロ兄弟ではないのが心配な点ですが。。。村田一誠を乗せてくれないかな。

 
 
今週はプロトコルが初の中山ダート1800m・総武ステークスに出走するわけですが、父スクリーンヒーローは3歳未勝利と3歳500万下で同コースを2勝しています。
 
その後、スプリングSで5着に負けて再び中山ダート1800mの伏竜Sに出走しています。
 
この時、人気はありませんでしたが内心ここは楽勝だろと思っていました。
 
で単勝をガツンと買ったのですが結果は2着w
馬連も持っていたので馬券的にやられたわけではありませんでしたがこの時のショックは今もよく覚えています。
 
その時のレース

 
 
クライスマイルもデビュー戦は3歳未勝利の中山ダ1800mで勝っていますので血統的には向いているんじゃないかと思うんですがどうでしょうね?
 
ちなみにそのくらいスマイルは昨年の総武ステークスでシンガリ負けしてますけど(笑)
 
 
是非、その雪辱をしてほしいものです(笑)