「ラッキーライラック」タグアーカイブ

桜花賞(2018) 枠順確定前の予想、想像?


 
桜花賞だ。
今年の桜は早くも見ごろを過ぎてしまったが、桜花賞を戴冠し咲き誇るのは果たしてどの馬か。

人気のラッキーライラック、石橋脩騎手が騎乗しているのでなんとなく関東馬のようなイメージを持ってしまっていたがその管理は松永幹夫厩舎だ。
断然人気の関東馬だとメジャーエンブレムやルージュバックを思い出してしまって嫌いたくなるが、ラッキーライラックは関西馬なので変に嫌わないほうが良いのだろう。
願わくばあまり内目の枠には入らないでほしいものだ。

異例のシンザン記念から直行というローテーションで臨むアーモンドアイが2番人気と思われる。
牡馬を相手に鮮やかに差し切り勝ちを決めてきたことが評価されてのもの。実際あのレースではこの馬想像以上に強いなと思ったものだ。

しかし、疑うならこちらの方のような気がする。
というのも、ルージュバックによく似たパターンのような気がするからだ。
関東馬、牡馬混合のきさらぎ賞を勝って桜花賞直行。違うのは今年は更に上を行く実績馬がいることと鞍上が戸崎ではなくルメールだというところ(この鞍上の違いがそうとう大きとは思うが、今年は特に。

実際アーモンドアイが勝ったシンザン記念の相手はツヅミモン、カシアス、ファストアプローチ、カフジバンガード。
それほど強力だったわけじゃない。
ルージュバックのきさらぎ賞の時も相手はポルトドートウィユ、アッシュゴールドといったところだった。

なんか似てないか?

嫌うならアーモンドアイのほうだろう。
強いのは認めてもこの時期の繊細な牝馬、関東から関西への輸送はやはりハンデキャップになるのではないか。
そういえば昔々、大好きだったダイナアクトレスも関西ではサッパリだった。

アーモンドアイの取り扱いも△くらいの評価にとどめる。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
穴党の自分ではあるが、今年の桜花賞は素直にラッキーライラックから入ると思う。

アーモンドアイの評価を下げて、マウレア、リリーノーブルをメインにあとはハーレムラインを押さえるくらい。
一応アーモンドアイも相手には入れるがこちらはあくまで押さえ。

枠順によっては多少の印の上げ下げはあるだろうが、あくまで中心はラッキーライラックで仕方がないと考えている。

断然の人気馬から入るからにはあまり手は広げられない。相手4頭の馬連で観戦しようと思っている。

昔、ビートブラックで穴馬券を取らせてくれた石橋脩に初の牝馬クラシックの栄冠をつかんでほしい。応援している。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ラッキーライラック、凱旋門賞挑戦か

JRA賞の授賞式があると有力馬の今後の路線などがいろいろとコメントされて面白い。

最優秀2歳牝馬のラッキーライラックに今秋の凱旋門賞挑戦というプランがあるという。
いきなりそんな話になっているのかと少々驚いた。
松永幹夫厩舎、鞍上石橋脩で凱旋門賞出走を連想するのはなかなか難しい。(失礼w

しかし生産・ノーザンファーム、馬主・サンデーレーシングと考えれば別に不思議でも何でもない。
むしろそんな馬がなぜ松永幹夫厩舎に入厩して、どういう経緯で石橋脩鞍上となったのかのほうが不思議なくらいだ。
本当は池江厩舎、主戦・川田将雅のほうがしっくりくるぞw(言い過ぎ

凱旋門賞を2年連続2着した父オルフェーヴルのリベンジを斤量面で有利と言われる3歳牝馬で挑戦するとなるとさぞ盛り上がることだろう。

日本の3歳牝馬が凱旋門賞に挑戦するのはハープスター以来か。
凱旋門賞の登録締め切りがGW明けだから、桜花賞に勝ったらそういう話も出てくるでしょうとのことだが、どうせなら桜花賞を勝とうが負けようが挑戦してほしいけどな。

しかし、そうなるとやっぱり凱旋門賞の鞍上は石橋脩ではなくなるんだろうな、サンデーRだし。
まさか今年の初戦から乗り替わりになってしまうだろうか。もう少しバシシューも支援してやってほしいものだぞ。
 
 

他に最優秀3歳牡馬レイデオロが京都記念からドバイシーマクラシックへ、最優秀3歳牝馬ソウルスターリングはヴィクトリアマイルの後、米国遠征という計画があるそうだ。

レイデオロ、ソウルスターリングの2頭を管理する藤沢和厩舎は最近はあまり目立っていないが、タイキシャトルでジャック・ル・マロワ賞を勝つなど日本では海外遠征について先駆者的存在。

ぜひ海外で日本馬の強さをアピールしてほしい。
 
 

ちょっと残念なニュースなのはオジュウチョウサン。

体調を崩して当初予定していた阪神スプリングジャンプは回避、中山グランドジャンプに直行するらしい。
中山大障害は厳しいレースだったから疲れもあるのだろう、万全の状態で戻ってきてほしいものだ。

ただ馬券的にはオジュウチョウサンがぶっつけでGⅠというほうがおもしろいのかもしれない。
ローテーションが狂ってもまた強さを見せつけるのか、はたまた大番狂わせがあるか。
皐月賞の前にこの春一番楽しみなレースなのでなんとしてもGⅠ5連勝を目指して出走してきてほしいものだ。
 
 
 
 

 
 
 
 
そして昨年の年度代表馬キタサンブラックの交配相手の名前が早くもあがってきた。
 
今年150~200頭ほどの種付けが見込まれるが、その中にはジェンティルドンナの母ドナブリーニが決定済みとのこと。
 
1口2250万円×60口、総額13億5千万円のシンジケートが組まれるだけあって、期待度も高いのか。
 
父ブラックタイド、母父サクラバクシンオーの競走馬がそれほど期待されて種牡馬入りするなど予想もできなかったが、競馬というのはつくづくわからないものだなあと感じるニュース。
 
 
しかし。
 
正直、種付け料500万円は少々高くないか?と思うし、良血だから走ったというより、心臓の強さに支えられて鍛えられて強くなったミホノブルボンとかオグリキャップのようなイメージがあって種牡馬としてはどうなんだろう、自身の良さがうまく産駒に伝わるだろうか、ちょっと疑問だなと感じてもいる。
 
 
まあ競走馬としては人気のあった馬だから最初のうちはそれなりに繁殖牝馬も集まるだろうが、要は社台グループがどこまで本気でこの種牡馬を成功させようと頑張れるかに掛かってるんだろうなと。
 
繋養されているのが社台スタリオンステーションなのが頼みの綱、といったところだと思う。
 
成功してほしいけどね。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!