「ラジオNIKKEI賞」タグアーカイブ

夏競馬、福島中京、穴はどれ?

Tweet

 
帝王賞はレーン騎乗のオメガパフュームが優勝。
JRAの短期免許が切れたと思ったら地方競馬の短期免許を取得して(その手があったかって感じw)、ついでにもう一つG1級レースをさらっていくとかレーンはホントにやるな。
これで4月末からの2カ月で重賞7勝、うちG1級が3勝。きっとまた短期免許で日本に来てくれるだろう。日本競馬、美味しすぎると思ってるはず。
まだ若いし、ミルコが初めて日本に短期免許で来た時以上のインパクトだった。

今年はレーンとかマーフィーとか若手の外国人騎手の活躍が目立つ。あれだけ鮮やかな騎乗を見せられたら、もっともっとその騎乗を見せてほしいし、短期の期間限定免許なんてケチな制度にとらわれないで自由に外国人騎手が乗りに来られるような制度だったらいいのにとも思う。
そうすれば勘違いしたそれほど上手くない外国人騎手も来るようになって、必ずしも外国人だから上手いというわけではないこともわかるだろうし。

ムーア、モレイラ、レーン、マーフィーといった上手い外国人騎手が日本のG1で一度に顔を揃えるようになったら面白いのになあ。

【夏競馬本番】

宝塚記念が終わり、帝王賞も終わった。今年も半分終了。
函館が既に2週を終えているが、今週から福島、中京が開幕していよいよ夏競馬本番。夏競馬の旅打ち、温泉を連想させるちょっとノンビリした雰囲気がけっこう好きだ。
昔、蒼井優、小池徹平、大泉洋、佐藤浩市がやっていた「CLUB KEIBA」というコンセプトのJRA・CMの夏競馬篇はなかなか楽しそうで良かったなあと思うのだ。

ま、それはともかくw

夏競馬開幕の重賞、ラジオNIKKEI賞とCBC賞。

ラジオNIKKEI賞などはラジオたんぱ賞時代に勝ったツインターボのような個性派が勝つレースという印象で、けっこう毎年見るのを楽しみにしているところはある。
あまり「ガッツリ馬券」という気分ではなく、なんとなく楽しみにレースを見るという気分でいられるのもこの時期の重賞のいいところじゃないかと個人的には思ったり。

CBC賞はサマースプリントシリーズ第2戦。なんとなくG2のイメージがあるのだが、確認してみるとG2だったのは1990年から2005年までの16年間だけ。その頃が個人的にはもっとも競馬に熱を入れて取り組んでいた時期、ということだろうか。いや今も一生懸命やってるけど(笑)
G2の頃にはエイシンワシントンやマサラッキ、トロットスター、サニングデールといったG1でも活躍するような勝ち馬も出ていたが、やはりG3となったせいか最近はここの勝ち馬もG1ではちょっと足りない、といった雰囲気はある。なので勝ち馬を予想するならG1では足りなそうなタイプに注目するのがいいだろうか。

両レースともハンデ戦だし、馬券的にも面白いものになってくれるはずという前提で予想はしたいところ。

【ラジオNIKKEI賞】

スクリーンヒーロー産駒のウインゼノビアが出走する。ハンデ53kg。牝馬だから2kgもらいと考えると牡馬の55kgの評価?重賞実績がない割に見込まれたなあという気がするが、決まってしまったものは仕方がない。
おそらく人気は下から数えたほうが早いくらいだろうから、ここはそっと単複を買って応援しようと思う。

穴馬として狙ってみたいのはマイネルサーパス。
2歳時、福島のきんもくせい特別でダノンチェイサーを差し切り勝ち。それ以降は朝日杯FS、プリンシパルS、ダービーを使って10着、9着、11着。今年はプリンシパルSからダービーへの中1週の疲れが残っていないかが心配だが、体調さえ戻っていれば福島の小回りは向いていそうだし、阪神外回り、東京と直線の長いコースで成績を落とした後だけにオッズ的にもおもしろい。
きんもくせい特別で4着に負かしたディキシーナイトが上位人気に支持されるメンバーならハンデ54kgで直線豪快に差し切りという可能性も皆無ではないと思う。

【CBC賞】

人気馬の中ではハンデ51kgの3歳牝馬アウィルアェイが圧倒的に有利な気がする。アレスバローズは当然有力馬の1頭ということになるがハンデ57.5kgは少々見込まれた感がある。

穴でおもしろそうだなと思っているのはグランドボヌール。中京コースは3戦3勝。条件クラスのものだけに重賞に入ってどうかということはあるが、ハンデ54kgはそれなりに評価されたもの。勝ち鞍が3勝クラスまで、オープンでは2桁着順に大敗とはいっても得意コースで一変の可能性は捨てきれない。

あとはやはり中京得意のセイウンコウセイ、トップハンデ58kgは厳しいと考えたくなるがシルクロードSでこの斤量で2着に踏ん張った実績はある。中京なら軽視はできない。

これら3頭を中心に他の上位人気馬をどう絡めるか、そんな馬券になるかなあと考えている。

【今週のスクリーンヒーロー産駒は16頭】

ラジオNIKKEI賞のウインゼノビアの他にも今週はスクリーンヒーロー産駒の出走が多い。その多くは未勝利戦ではあるが、土曜函館TVh杯のマイネルパラディや恵山特別のグランツリヒター、福島・南相馬特別のマイネルザウバアあたりにはがんばってほしいところだ。

他にスクリーンヒーロー産駒ではないが、土曜中京・知多特別のベストアクターもがんばってほしい1頭。ダイナアクトレス一族、ベストロケーションの初仔で5歳になるが途中長い休みを2度挟みまだ7戦しか消化していない。
前走の由比ガ浜特別でははスクリーンヒーロー産駒のレノーアとのワンツー、素材はもともと良いものがあるし、2勝クラスのここはすんなり上がってほしい

今週は応援したい血統がたくさんいるのでちょっと楽しみだ。ただ仕事上の行事があってじっくり競馬を見ることはできなさそうなのが残念だが。

合間合間に競馬をチェックして、馬場状態もしっかり確認しつつ重賞に臨みたいw

ラジオNIKKEI賞とCBC賞は当てたいなあ。。。

にほんブログ村 競馬ブログへ


中央競馬 ブログランキングへ
 

にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ラジオNIKKEI賞(2018) 予想


 
 
前走で逃げて勝っているのがメイショウテッコンとキボウノダイチの2頭。
またシセイヒテンも古馬混合の東京のマイル戦で逃げて2着、ケイティクレバーも近2走こそ違うが3走前までは逃げて結果を出してきた。
開幕週の小回り福島ということもありペースは緩みなく進みそうなメンバー構成、先行有利の馬場状態だったとしても差し馬に目が行ってしまう展開を想像してしまう。

ハナを切るのはおそらくメイショウテッコン。
前走、白百合Sは1000m通過が59.0、テンの3Fを12.7-10.7-11.2の34.6で入っている。シセイヒテンの前走はテンの3Fが36.7、キボウノダイチのそれが36.5だし、枠順の並びを考えてもメイショウテッコンがハナを切る可能性は高いと考える。
前走そのペースで逃げて京都外回りの1800mを3馬身差で押し切っているのだからここも強気に逃げてくるのではないだろうか。

いきおい緩いペースにもならないだろう。
それならば開幕週ということを考えても中団前目の内で脚を溜められる馬に有利な流れ、3番キューグレーダーに向いた展開になるんじゃないだろうか。

ここまで4戦2勝2着2回、前走は1400mを10番手からの差し切りだが1600mの前走は4~5番手から、1800mの前々走は3番手からの好走だ。
2Fの距離延長となる今回は先行馬群の直後につけられそう。枠も内目だし距離ロスなく能力を発揮できると見る。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
対抗にメイショウテッコン。ハナを取りきれば開幕週の良馬場ならそのまま押し切るケースも考えられる。

3番手には遅れてきた大物というムードもある2戦2勝のフィエールマン、以下シセイヒテン、マイハートビート、エイムアンドエンド、イェッツトまで。

馬券はキューグレーダーからの馬連流し、3連複1頭軸流しか。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
天気予報では土日の福島競馬場は曇り、曇り時々晴れという予報。

関東は早々に梅雨明け宣言が出たが、福島の天気もなんとか持ってほしいところ。
万が一雨が降って馬場状態が想定外のものになったりしたら、メイショウテッコンからキボウノダイチ、シセイヒテンあたりの行った行ったの馬券を考えることになるかもしれないがそんなことはなさそうだ。

福島、中京よりも梅雨がないはずの北海道・函館のほうが今週は天気が微妙。
この時期は北海道のほうが好天に恵まれる印象だったが、気候もじわじわと変わってきているんだなあと。
そういえば北海道に住む母が近ごろは北海道も夏前には梅雨のような天気が続くんだとボヤいていた。

競馬しながらそんなことに思いを馳せるとは・・・なんつってw
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

残念ダービー

けものフレンズを知らないのでJRAがコラボしているウマのフレンズというのを見ても何が何だかサッパリだw

時々こういう流行りモノとのコラボやってるけど、集客なんかに効果はあるのだろうか。
ちょっと前にはおそ松さんとかともコラボしてたよなあ・・・
 
 
 

水曜日の帝王賞は完敗。

意外と早く帰宅できてせっかくだからとちょっと買ってみたら、こいつはないと踏んだケイティブレイブに勝たれるんだからお話にならない。

昨年暮れの東京大賞典のラッキーをもう一度と考えたのが間違いだったw
そう簡単に二匹目のドジョウを捕まえられるものではないなと。

 
 

そんなことを言っている間にあっという間に週末で、福島開幕はラジオNIKKEI賞だ。
時のたつのは早いし、今年も早くも後半戦突入である。
 
 
 

 
 
 
大昔はこのラジオNIKKEI賞(日本短波賞、ラジオたんぱ賞)は残念ダービーとか言われていたが、若い人は知らないんだろうな。
確か日本短波賞と言われてた頃はダービー優勝馬は出走できないというルールだったはずで、ダービーを勝てなかった馬がここで賞金を稼ごうというレースという位置づけだった。
 
今はそんなシバリはないが、ダービー馬がここに出てくることはないだろうw
 
いや、勝ち馬どころかダービーに出走した馬も出てこないか。
 
 
昔は重賞レースが少なかったから、こういうところのレースもバンバン使われていたってことなんだろうな。
 
 
なんて思って出走メンバー見てたらダービー16着のマイネルスウフェーンがいたwww
 
 
さすがは人優先主義のマイネル軍団w
 
 
実はもしかしたらトラストもここに出てくるんじゃないかと思ってたが、さすがに休養に入ってるようだ。
トラストを応援している身としては何よりである。
 
 
今年の出走馬ではサトノクロニクル、セダブリランテスあたりが有力なのか。
 
牝馬のライジングリーズンなんかも気になる。
 
 
あとニシノアップルパイ、クリアザトラック、バルベーラなんてのも狙ってみたい気はするが、開幕週だしメンバーと脚質を見るとウインガナドル辺りから狙うのがいいのかなあと思ったり。。。
 
土日にゆっくり考えよう
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

CBC賞、痛恨の買い間違い。。。

[CBC賞(GIII)] ブログ村キーワード

昨日のCBC賞、よっしゃ3連複的中!と思ってよく見たら買い間違いしていた ふぉんてん です。

万馬券一つ逃した・・・orz

前の記事で書いたようにベルカントを軸に3連複を買ったつもりだったのですが、なぜかエイシンブルズアイ1頭軸になってました。

なぜなんだあ~~~~~

教訓:ビール飲みながら馬券を買うのはやめましょう。

めっちゃ暑かったでしょ?あまりの暑さに冷凍庫でキンキンに冷やしたジョッキにビールを注いで、枝豆をゆでて気持よく涼んでたのです。

きっとあれが失敗の元。

痛かったなあ・・・

せっかく穴馬として面白いと思ったラヴァーズポイントがきてくれたのに。。。

レースはまあ思った通り前残り。
レッドファルクスはよく追い込んできたなと思いますが、2,3着は先頭・2番手で行った2頭でしたからね。

それほど緩いペースにも思えませんでしたが前半33.8-後半33.4と少しだけ後継ラップ。
逃げたベルカントも2番手で行ったラヴァーズポイントも好スタートから、さほど脚を使わずに先手を取れたのが最後まで粘れた要因でしょう。

あ~ぁ、読みバッチリだったのに。。。めちゃくちゃ悔しいです。
 
 
 

 
 
 
ラジオNIKKEI賞はジョルジュサンク、まさかの逃げ(笑)
 
まあ先行するとは思っていましたし、前につけるだろうとは思いましたけど。
 
向こう正面でミエノドリーマーがまくってきたところでリズムがおかしくなった感じはします。
 
しかし、ゼーヴィント。内を回しながら直線ではうまく抜けてきましたね。
 
戸崎、さすがだ。
 
タイプとしては小回りコースよりももっと広いコースでこそ能力発揮と思っていたので、それが福島でこんなレースをできるのだからこれは相当の器なのでしょう。
 
 
賞金も加算できたし菊花賞でも面白そうな1頭になるんじゃないでしょうか。
 
 
 
来週は買い間違いしませんように。。。
 
 
 

第65回ラジオNIKKEI賞(2016) 予想

[ラジオNIKKEI賞] ブログ村キーワード

この時期、条件戦は3歳馬と降級馬で馬券を組み立てれば良いと思ってるのに人気に惑わされて人気薄の降級馬を取り逃がしている感が強い ふぉんてん です m(__)m

さっき中京8レースで降級2頭のワンツーで思いっきり残念な外し方をしました(ToT)

さてラジオNIKKEI賞。

昔は残念ダービーなんて言われていたレースですが、今は明らかにクラシック路線を狙う馬とはちょっと違うタイプにこそチャンスがあるレースですね。

小回り福島の芝1800m。

内枠の先行馬が圧倒的に有利。大外に入ってこのレースを勝つにはよほど抜けた力がないと厳しいと思います。

今年のメンバーでは一番に力は上と思われるブラックスピネルが大外の16番。

面白い枠順になりました。

本命は2枠4番ジョルジュサンク。

安定して先行できる脚質にこの枠順は絶好でしょう。
白百合Sでは人気のブラックスピネルには負けたものの着差は0.3。
この枠順の差があれば十分に逆転可能と考えます。

逃げるのはロードヴァンドールが単騎逃げで内からキングハート、ジョルジュサンク、ミライヘノツバサといったあたりが先行、ブラックスピネルも先行脚質ですがこの枠順では中団に構えざるを得ないと思います。

それほどペースが早くなることもなく早くても平均程度の流れ。

好位からしぶとく脚を伸ばすタイプに向くレースになると考えます。

ジョルジュサンクの相手には1枠1番ゼーヴィント、3枠5番のストーミーシーを本線に3枠6番ダイワドレッサー、6枠12番ロードヴァンドール、4枠7番ミライヘノツバサ、7枠13番ピックミータッチ、8枠16番ブラックスピネル。

馬連7点で楽しもうと思います。
 
 

 
 
 
CBC賞はエイシンブルズアイがもっと抜けた人気になるのではないかと思ったらそれほどでもないですね。
 
これなら素直にエイシンブルズアイからでもいいんじゃないかとと思うのですが、短距離戦にしては逃げ馬不在のメンバー。
 
前に行く馬に有利な展開になると考えます。
 
本命は4枠5番ベルカント
 
5枠の2頭ラインスピリット、ラヴァーズポイントを本線に2枠2番エイシンブルズアイ、7枠11番レッドファルクス、3枠3番スノードラゴン、7枠10番シンデレラボーイまで。
 
馬連6点、3連複15点で。
 
 
5枠の2頭は人気薄なので馬券になると嬉しいなあという買い方です。
 
 
当たれ!