「ミュゼエイリアン」タグアーカイブ

今週は重賞2鞍にスクリーンヒーロー産駒が3頭


 
今週末はとても楽しみだ。

土曜日のダービー卿チャレンジトロフィーにはゴールドサーベラスとミュゼエイリアンが出走するし、深夜にはドバイがあるし、日曜日の大阪杯にはゴールドアクター。

久しぶりにワクワクしている。

ゴールドアクターもミュゼエイリアンもゴールドサーベラスも人気がないので単複で応援しててもオッズ的に楽しみがあるし、ドバイは日本馬が人気になるレースでどうやって外国馬を買うかが面白い。

やっぱり配当的に妙味がありそうなレースがあると思うと俄然やる気が湧いてくるというものだ。

先週は土曜日にPW東京競馬場のゲストルームで飲み放題付きレース観戦に行って、さんざん酔っぱらって馬券をやっていたのですっかりやられて、その勢い(?)で日曜日も大敗を喫した。

今週末はきっちりと取り返さねばならぬのだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
それにしてもゴールドアクターのnetkeiba.comでの予想オッズ、火曜日午前中の段階で11番人気75倍。グランプリホースも舐められたものだ。

確かに日経賞の惨敗をみるととても買えたものではないが(笑)、ウインブライトやヤマカツエースよりも人気がない。
まあ、ウインは阪神は初めてだが内回りはこれまでの戦績を見ても合っていそうだし、ヤマカツは昨年の3着馬だから仕方がないのか。

ゴールドアクター陣営のコメントも弱気一辺倒だし(どうしてそれで出走させるんだとさえ思うw)、これだけ人気を落とすのも仕方がないことだろう。

しかし、だからこそ、こういう時にこそ応援して好配当にありつきたいではないか。

前走、ミュゼエイリアンが7番人気で3年ぶりの勝利を収めたように、
前走、ゴールドサーベラスが昇級初戦を8番人気で差し切り勝ちしたように、
前走、ウインオスカーが10番人気で前々走大敗から巻き返したように。

人気のない時にこそやってくれるのがスクリーンヒーロー産駒だ。今まで人気でGⅠを勝ったことがある産駒はモーリスだけだ。
ゴールドアクターが有馬記念を勝った時も8番人気。あの時のようにあっと言わせるかもしれないじゃないか。
(そもそもスクリーンヒーロー産駒でGⅠ勝ったのはその2頭しかいないだろうというのは内緒でw)

そう信じてゴールドアクターの単勝を買おう。

もちろん、ダービー卿チャレンジトロフィーのゴールドサーベラスとミュゼエイリアンの単勝も。

ちなみにウインオスカーの次走は皐月賞デーの京葉Sになりそうな気配。

もしかしたら皐月賞デーにウインオスカー、ジェネラーレウーノと2頭の産駒が勝ち名乗りを挙げるかもしれない、そんなことを思うとますますワクワクしてきた。(その可能性はかなり低いだろうがw

GⅠシーズンに本格突入したのに先週はあまり気分も盛り上がっていなかったが、今週はかなり楽しくなってきた。

これからたっぷり春競馬を堪能しよう。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

ヴェロニカグレース、4走目は3着


 
ヴェロニカグレースの4回目のレース。

牡馬に混じって単勝1.8倍の1番人気に推された。前走2着に負けた時の勝ち馬が直後に共同通信杯を勝つオウケンムーンではこの人気も仕方がないか。

パドックの気配はいれ込んでいる様子もなくグッと気合が乗った感じで外を力強く回っていてよく見えた。


ピンボケw

これならやってくれるかなと思っていたが・・・

馬場入場の時も落ち着いていたし、期待は膨らんでくる。

道中は中団馬群の後ろで隊列のちょうど真ん中あたり、向こう正面で少し行きたがっている素振りは見られたものの折り合いはまあまあついていたと思う。

3~4角でじんわりと前との距離を詰めて直線入り口では手応えよく先頭に並ぶ。これなら直線で突き抜けるかとワクワクしながら見ていたが、そこから意外に伸びず。

外から来た2番人気のネプチュナイトに交わされる勢い、これは2着かと思ったが内で脚を溜めていたコスモインザハートが鋭く伸びてきて、コスモ→ネプチュに次ぐ3着。

負けるとしたらネプチュナイトで、3番人気のコスモインザハートには先着するだろうと思っていたが、まさかコスモが頭で来るとは。ショックだったなあ・・・柴田大知が嫌いになりそう(笑)

ちょっと頭に血が上って、3階の銀座ライオンでやけ酒w


 
↑このピザ、生地がもっちりしていて意外に旨かった
 

その後のレースも当たらず、気落ちしていたがミュゼエイリアンが出走する東風Sも近づいてきたので、酔った勢いでミュゼエイリアンの単複馬連総流しを購入。

これがなんとミュゼエイリアン、スタートはいまいちだったがハナを主張して逃げの体勢、直線でいったんは交わされたかに見えたタイセイサミットを驚異の2枚越しで差し返し。

この時はさすがに声が出たなあ。ミナリク大好きだ。

ミュゼエイリアンは3歳時の毎日杯以来、約3年ぶりの勝利。馬券になったのもセントライト記念以来だから約2年半ぶりか。これは嬉しかった。
ま、出走12頭中10頭が前走2桁着順というメンバーだったので威張れたものではないが(笑)

捨てる神あれば拾う神ありだなと思った一日だった。

しかし、、、やっぱりヴェロニカグレースが負けたのは残念だ。
この後はどうするのだろうか。続けて使うのか、またいったん放牧なのか。できれば春のうちに500万は卒業して、秋に備えてほしいものだが。

あ、金鯱賞、フィリーズレビューの重賞2鞍は少しだけ馬券も買ったが全然ダメだった。
金鯱賞、スワーヴリチャード本命だったのにな・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

気がつけばオーナーチェンジ

昨日、ミュゼエイリアンがラピスラズリSに登録してるのを知り、???となっていましたがいつの間にか馬主さんも変わってたんですね。
菊地祐司さんってあまり知らない馬主さんですが、ミュゼの馬を何頭か引き取っているようです。

これで落ち着いてくれるといいなあ。しかし、本当にスプリント戦使うのだろうか?
 

土曜日の重賞チャレンジカップにはグァンチャーレの登録もありますが、こちらは登録だけかな?除外の可能性もありそうだし。。。
 
他にスクリーンヒーロー産駒はミスズスターが土曜中京の豊川特別と日曜中京の犬山特別に、マイネルパラディが日曜中京のこうやまき賞に登録。

でもミスズスターは豊川特別が41頭、犬山特別が57頭の登録だから除外の可能性高いw

裏開催の条件戦に除外ラッシュが相変わらず多いのは、狙ってるレースに確実に出走するため、優先権を取りたくて出走する気のないレースで除外を狙うのが多いせいなんだろうけど、週中でも今週のこのレースはどんなメンバーかなとチェックして事前にレースを想像して楽しみたいファンにはちょっと辛い(マニアック過ぎますか?

使う方も除外されるつもりで登録したのに出走できてしまった、なんてことがありそうで万全じゃない形でレースに臨むことにもなりそう。このへんはもう少し何とかならないのかなあと思う。

土曜中京の1000万条件の浜名湖特別(ダ1800m)なんかも登録41頭だから使いたいけど除外されたら平場に回る、なんていう陣営もいるんだろうなあ。
そうすると適当なのは同日の阪神8Rの平場ということになるけど、競馬場が別だから騎手の手配なんかも大変そう。

海外の競馬ではこういうことってないのだろうか?

ヨーロッパの競馬なんかだと重賞でも4頭立てとか5頭立てなんていうレースもあるし、もしかしたらこういう悩みは逆に羨ましいくらいなのかもしれないけど。
 

出走する馬が集まらなければ競馬も成立しないし、ある程度の頭数が集まるレースがないとファンも馬券をあまり買わないだろうし、そういう意味では除外ラッシュがあるJRAは恵まれてるのかもしれないなあ。
 
 
 

 
 
 
明日7日は香港のハッピーバレー競馬場でインターナショナルジョッキーズチャンピオンシップ。
 
日本からは戸崎圭太騎手とミルコ・デムーロ騎手が招待を受け参戦。
 
なんかイタリア生まれのジョッキーが日本から海外の騎手招待競争に参戦するって妙な感じw
 
他にはH.ボウマン騎手、M.バルザローナ騎手、P.スマレン騎手、G.レレナ騎手、R.ムーア騎手、F.ジェルー騎手、J.モレイラ騎手、Z.バートン騎手、D.ホワイト騎手、K.リョン騎手が出場。
 
バルザローナは今、日本の短期免許で騎乗中だけどフランスからの参戦、ということになるらしいw
これもなんだか面白い。
 
そしてムーアもつい先日まで日本で騎乗していたけど今度は香港に。
天皇賞秋を勝った時も勝利ジョッキーインタビューも早々に切り上げてメルボルンカップに騎乗するためにオーストラリアに飛んでたけど、世界のトップジョッキーというのはホントに世界中を飛び回っているんだなあとつくづく。
 
 
マイル、たくさん貯まりそうだなあw
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

ミュゼエイリアン、アルミューテン

↓ 昨日、ツイッターのTLに流れてきたコレ

まるで条件反射のようにポチってしまった ふぉんてん ですm(__)m

若い頃はいつも人気になるので馬券的にはあまり好きな騎手ではなかったけどw、ベテランになってからはかなり好きなジョッキーになっています。

もう47歳ですか。そんなに歳を取っているようにも見えないですけどね・・・
いつかは彼も引退する時は来るなんて想像もつきませんね。

でも、60歳位までは間違いなく乗ってそうw
 
 

さて、明日、土曜日の枠順も確定。

アイビーSのアルミューテンは5枠5番に、おそらく人気になるフランケル産駒のソウルスターリングは7枠7番に。

アルミューテンの鞍上は勝浦騎手から福永騎手にスイッチ。

9頭中5頭がここが2戦目というメンバーなので各馬の脚質も定かではありませんが、あまり早くはならなさそうな感じはします。

今度もアルミューテンは逃げることになるでしょうか。

福永だし、逃げずに好位追走を狙いそうな気がしますが。

アイビーSは2014年から距離が1800mになって復活したレースですが(2003年まで1400mで施行されていました)、復活後の2回はいずれも柴田大知騎手が勝っています。

今年は1枠1番マイネルベレーロに騎乗。
前走・中山芝1800mの未勝利戦を勝ってここに。

新馬3着、2走目2着ときて3走目での勝ち上がり。調子を上げてきての参戦なので侮れない相手に思えます。

柴田大知騎手は応援しているのでここも頑張ってほしいなと思いますが、アルミューテンには負けてほしくないしで、馬券はちょっと悩みそう。

パドックの雰囲気なんかもチェックしてから検討する予定です。

人気があまりなければアルミューテンの単複はかならず買うと思いますが(笑)
 
 

 
 
富士Sのミュゼエイリアンは7枠9番。
 
ちょっと外目の枠になってしまいました。
 
 
他に逃げ馬も見当たらずおそらく先手を取るレースになると思いますが、果たして府中のマイルを逃げてどこまで、、、
 
 
逃げ切りは難しいコースですからね。
 
願わくば開催も3週目になって先行馬断然有利の馬場に変わってきてくれることを祈ります。
 
 
人気のロードクエスト、ダノンプラチナが後方からなので牽制しあってる間にスタコラサッサと逃げ切り~♪となってくれるといいのですが。
 
 
そう上手くはいかないでしょうがここは横山典騎手の手腕に期待しましょう。
 
 

土曜東京の2鞍、富士SとアイビーSが楽しみです

今週の土曜東京メインは富士ステークス・GIII

我らがミュゼエイリアンが菊花賞以来1年ぶりの出走となるわけですが、相手は皐月賞馬イスラボニータ、朝日杯FS勝ちダノンプラチナ、マイルはNHKマイル2着を含む[3.1.0.0]のロードクエスト、マイル重賞2勝のヤングマンパワー、前走で初重賞勝ちガリバルディと13頭立てながら相当に骨っぽい相手。

1年ぶりの実践で初のマイル戦、さすがにここは厳しいでしょうね。

ま、それでも応援の単複は買いますが。
 
 
ミュゼエイリアンが好走する可能性があるとすれば、おそらく人気になるであろうロードクエストとダノンプラチナは後ろからの競馬になると思われるので、スタートを決めて単騎逃げに持ち込み、後ろの人気馬が牽制しあっている間に何処までリードを広げられるかでしょう。

初めてのマイル戦でもあり、そう簡単に楽に行かせてもらえるとは思えませんが、息さえ出来ていればなかなか渋太い脚を使えるタイプなのでその点に期待です。

イメージとしては昨年のヴィクトリアマイルのミナレットのような感じ。
 
 
などと考えてたら3連単マルチ買っておいたほうがいいような気がしてきた(笑)

ま、次に繋がるようなワクワクするレースをしてほしいですね。
 
 

 
 
同じ日のアイビーステークスにはアルミューテンが出走。
 
デビュー戦は6番人気ながら楽々逃げ切り。
 
1000m通過が1:05.4という如何にも新馬戦というスローの逃げ切りなのであまり評価はされていないだろうが、逃げて上がり最速の34.7。
 
直線では後続を突き放し2着に3馬身差の完勝。
 
再度同じようなレースはできないか。
 
 
ただここはフランケル産駒の評判馬ソウルスターリングがいるんですよね。
 
そのデビュー戦はこれは強いなと思わせるレースぶりだったし、なかなか厳しいだろうなあ(笑)
 
 
アルミューテンには一つでも上の着順で無事に帰ってきてほしいなと。
 
ただ今回は福永騎手を起用しているので陣営もけっこう期待してるんじゃないかなあ。
そこに願いを掛けます。