「フェアリーS」タグアーカイブ

土曜日の予想

ヴェロニカグレースの次走、鞍上が引き続き津村だと知ってがっくりと肩を落としている。
下手な騎手だとは思わないが、ヴェロニカグレースとは手が合わないとしか思えないんだよなあ。
過去3度、いずれもうまく折り合いがつけられず馬と喧嘩しながら道中運んでいるレースばかりだからこれはちょっと期待しにくい。
調子は良さそうだし、なんとか意地を見せて上手く乗ってくれるといいのだが。

津村という騎手は騎手仲間の間では技術は高いという評価だと聞いたことがあるし、他の馬で乗っているときも上手く乗ってるなということもたまにはあるから別に嫌いな騎手ということはないのだが、ことヴェロニカグレースとは相性が良くないように見えてどうにも心配ばかりが先に立つ。

デビュー戦で手綱を取った石橋脩も復帰していることだし、彼に任せてみてもいいんじゃないかと思ったりするのだが。

一口の出資者にローテーションや鞍上について口を出す権利などないのは重々承知だが、ついつい愚痴りたくもなってしまうというものだ。
AJCC当日の中山競馬場だし、もう少し手の合いそうな上位騎手は手配できないもんだったのかなあ・・・と。シルク、なんとかしてくれw

とりあえず今度も口取りは申し込まなくていいか。調子は良さそうだしコースも合ってるからどうせ申し込みも多くて当たらなさそうだし(笑)

【スポンサーリンク】


さて、3日間開催初日のメインはフェアリーS。

1,2戦しかしていない馬も多く、どれが逃げるかもわかりにくいメンバーだけに展開は読みづらい。逃げたいタイプは見当たらないが1200~1400mで先行してきた馬もいるのでハイペースはなくとも極端なスローというのもなさそう。
中山の外回りだし、仕掛けの早い消耗戦になるだろうか。そうなると人気になりそうだが父が皐月賞馬ヴィクトワールピサのアクアミラビリスを中心視するのが無難か。

相手にも人気のレーヴドカナロアやアマーティは押さえざるを得ないが、先週までの中山の状態を考えるとおもしろそうなのはハービンジャー産駒。
最内のフィリアプーラは脚質的にこの枠順がどうかという気はするが、内有利の状態でもあるしうまく好位からの競馬ができれば頭までも狙えそうな気がする。

また、アクアミラビリスと同じヴィクトワールピサ産駒のスカイシアターも押さえたいところ。前走時422kgという小柄な馬体が重賞に入ってどうかだが、そのデビュー戦は同じ中山の1600mで好位から抜け出す味な競馬。メンバー、時計と目立つものはないレースだったが前走と同じように内をロスなくいければ馬券圏内はありそうに思える。

もし厳しい消耗戦になったら面白そうなのはエフティイーリス。
前走は府中の1800m。向こう正面の直線では行きたがる素振りもみせながら3~4番手を追走、内でロスのない競馬をしていたとはいえそんな運びでも直線は力強く伸びてきた。前々走から22kg馬体を増やしての勝利だけに上積みも期待したくなる。対抗評価。

他にはこの並びならスタートさえ決まればハナもありそうなグレイスアン、1ハロン延長がどうかも終いの伸び脚には見所のあるアゴベイも押さえたい。

アクアミラビリスからの流し馬券ではあまり回収は取れなさそうな感じもするが、ヒモ荒れに期待してみたい。

【スポンサーリンク】


土曜日のスクリーンヒーロー産駒の出走は5頭。

中山2R 6枠12番シンソク(16番人気)
中山5R 8枠16番マイネルペンドラム(7番人気)
中山6R 8枠15番キャーントストップ(16番人気)
京都2R 6枠11番テイエムフガエゾ(5番人気)
京都9R 白梅賞 2枠3番マイネルウィルトス(5番人気)

※人気は馬券発売前のnetkeiba.comの予想オッズによる

楽しみなのは白梅賞のマイネルウィルトスだが、フェアリーSを除外されて回ってきたタニノミッションがいるだけに勝つまでは厳しいか。丹内だし。

他にあまり買ってみたいという存在もないが、新馬戦のキャーントストップはこんなに人気がないなら少し買ってみようかという気にはなる。
新馬戦だし、走ってみなきゃわからないから。ただ中山芝1600mの外枠というのはちょっと買いにくいな。

土曜日はあまりスクリーンヒーロー産駒には期待しないほうが良さそうだ。

ところで。

国税庁のホームページに公営競技の払戻金の支払を受けた方へというページができていて、そこに公営競技の払戻金に係る所得の計算書というエクセルファイルがダウンロードできるようになっていた。(自分でも簡単に作れそうなものだがw

試しにこのエクセルで自分の去年の勝ったレースだけをキッチリと入力、計算させてみたら、一時所得の控除額50万円を超えてなくて、何だかな┐(´д`)┌って感じだった。
申告しなくて済むのはありがたいが、その程度の儲けもないのかと思うとちょっと悔しい。

WIN5とかド~ンと当てて、申告してみたいもんだ。いや、今の公営競技の払戻金に対する税制については抜本的に改正が必要だ!とは思っているが。(それ公約に挙げて選挙に出る人いないかな。絶対投票するぞ)

しかし、国税庁、今の税制の内にこのジャンルからも搾り取りたいという意図が透けて見える。もっと妥当な税制に変更してくれたら、ちゃんと申告してくれる人はけっこうたくさんいると思うんだが。JRAの理事長は妙なキャンペーンの企画もいいが、この辺をもっと働きかけてもらいたいもんだ。そっちのほうが大事な仕事じゃないかね?


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

フェアリーS(2018) 予想

2018年の初日は例年と同じように東西の金杯だけ購入して、中山アタリ、京都ハズレ。
京都金杯のダノンメジャー、3着に上がってくれればワイドが取れたが残念だった。

中山の当たりが固かったのでトータルは若干のマイナス収支。初当たりが初戦で出たのは良かったが、せめてトントンくらいでスタートしたかった。

3日間開催の中日のメインはフェアリーS。

中山のマイルだからね、枠順は重要だけど人気しそうなプリモシーンとテトラドラクマが外枠。
その人気2頭にしても現時点ではそれほど力が抜けているとも思えないので、これは荒れるしかないんじゃないの?という雰囲気満載だ。

最内枠に入ったサヤカチャンが出負けしなければこれまでのレースを考えると先手を主張しそう。
前走2~3番の位置取りだった先行タイプはけっこう揃っているが、最内で松岡がハナを主張したらそれに競りかけるのもいなさそうで、すんなりと隊列は決まりそうだ。

ならばペースは平均からやや遅い流れ、隊列もさほど長くはならず、好位からの決め手比べで外を回していては届かない展開になりそう。
外枠の人気馬は押さえ程度の評価でいいのではないだろうか。
 

本命には10番スカーレットカラーを指名する。
前走の白菊賞は直線入り口で外に出したい場面で内に押し込められ思うようなコース取りができなかった。
あれがなければもう少しきわどいレースになったはず。勝ったリリーノーブルが次走阪神JFで3/4馬身差2着なら、スカーレットカラーもこのメンバーに入れば十分に勝負になるだろう。

枠順も中ほどでそれほど外を回されることもなさそうだし、内に閉じ込められることもない位置で運べるのではないか。
スムーズに運んで重賞勝ちを決めてほしい。

対抗には5番ライレローズ。前走・未勝利勝ちの時計も優秀だし、内をロスなく先行して直線で早め先頭に立つ運びで勝ち切る場面もありそう。
3番手に逃げ残りもありそうな1番サヤカチャン。

以下、7番トロワゼトワル、14番プリモシーン、16番テトラドラクマ、13番レッドベルローズ、6番ジョブックコメン、2番デュッセルドルフまで。

少々買い目が多いが馬連8点で。
 
 
 

 
 
 
 
月曜日にはシンザン記念が組まれているが、11頭立てと少々寂しい頭数。
 
あまり触手は動かない。ボンヤリ予想だけして馬券は買わずに見て終わりそうな気がする。
 
それよりも月曜日は中山5Rの3歳500万のヴェロニカグレースだ。
 
残念ながら口取りはハズレてしまったが未勝利馬2頭を含む12頭立てなら相手は楽そうだ。
手強そうなのはオウケンムーンくらいか。
 
スローに流れそうなメンバー構成なので、前走よりはもう少し前目の位置で運べるといいのだが。
 
 
月曜日はドキドキで中山に応援に行く。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

フェアリーS、シンザン記念(2017) 予想

フェアリーSの予想から。

土曜日に芝1600mのレースは3歳未勝利と4歳上500万の2鞍が組まれていましたが勝ち馬はいずれも逃げた馬。
2,3着には中団からの差しが来ていましたが、未勝利戦はいずれも内で脚を溜めていた馬、500万戦の2,3着馬はいずれも外を回して長く脚を使っていましたが、よほど力がないと外からの差し切りは難しそうな馬場になっているようです。

ならばやはり狙うのは内の先行馬。

人気でもアエロリットを中心視せざるを得ないでしょうか。
スクリーンヒーロー教の私としてはメローブリーズに本命を打ちたいところなのですが。。。

おそらく内から逃げるであろうツヅクも力量的には足りないと思っても無視するわけにもいかず、そういう馬が馬券になるのもフェアリーSというレースの特徴ですし。

というわけで印はこんな感じ。

◎3番アエロリット
〇11番メローブリーズ
▲4番ブラックオニキス
☆2番ツヅク
△1番コーラルプリンセス、7番キュイキュイ、16番キャスパリーグ、5番ジャストザマリン
×12番アルミューテン

アルミューテンはさすがに厳しいと思うけど、スクリーンヒーロー産駒を外すわけにもいかないので押さえておきますw
 
馬券はアエロリットからの馬連だと期待値が低すぎるので3連複フォーメーションで。

3-2,4,10-1,2,4,5,7,11,12,16 の18点

メローブリーズの単勝とアルミューテンの複勝も少しだけ買いますw
 
 
 

 
 
 
続いてシンザン記念
 
こちらにはトラストがいて人気もいまだ3番人気と上位の評価なので敢然と本命を打ちたいところですが・・・。
 
京都外回りの1600mというコースを考えると自信を持って買えるというわけでもなく。
 
阪神よりは直線が平坦な分だけトラストには向いていそうな気がしますが、一瞬のキレる脚があるというタイプでもないですし、自ら動いて後続にも早くから脚を使わせ持続力で押し切るというタイプだけになかなか難しいものがあります。
 
やはり人気2頭の瞬発力にはかなわないと思うのでなかなか本命は打ちにくいところ。
 
 
今日は外回り芝1600mのレースは1鞍だけでしたが道中4番手にいた馬が勝ち、2着は逃げ馬。
やはりある程度前につけられるほうが有利な状態のようです。
というわけで印はこうなりました。
 
◎5番ペルシアンナイト
〇14番タイセイスターリー
▲7番アルアイン
☆8番トラスト
△2番ブレイブバローズ、9番キョウヘイ、10番マイスタイル、15番コウソクストレート
 
馬券はやはり3連複フォーメーション
 
5,8-5,7,8,14-2,5,7,9,10,15 で24点
 
アルアインとペルシアンナイトの2頭が来るとトリガミになりそうなので5,7-8,10,14,15の2頭軸流しも追加する形になりそう。
 
トラストの単勝も7倍つくなら買いたいと思いますが、そこまでにどれだけプラス計上できてるかで判断することになりそうw
 
腹をくくってトラストの単勝1本勝負というのも期待値的にはアリなんですけどね。
でも、池江厩舎2頭のどちらかが勝ちそうな気がします。過去5年は1,2番人気のどちらかは必ず馬券になっていますし。
 
馬券の姿勢としては2倍くらいはつきそうなトラストの複勝をそっと買って応援するというのが正解なのかもしれませんw
 
あ、そう思うとホントにそれだけにしてしまいまいそうですw
 
弱気だ・・・(笑)
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村