「ダービー」タグアーカイブ

オークスの余韻と、ダービー前のワクワクと


 
オークスが終わって2日経つが、何度も感動をもって見返してしまう。

いや~アーモンドアイ、ホントに強かったなあ。
間違いなくジェンティルドンナ級、いや3歳春の時点としてはもしかしたらそれ以上のインパクトがあったかもしれない。
(ジェンティルドンナがオルフェーヴルを蹴散らしてジャパンカップを勝った時のインパクトも相当のものだったがw

リリーノーブルだって例年であれば十分に樫の冠を手にしていたであろう時計で走っているし、3着のラッキーライラックも然り。
その2頭をあっさりと赤子の手をひねるように負かすのだからその強さたるや・・・

秋は3冠目の秋華賞が目標となるのだろうが、そのあとはぜひジャパンカップか有馬記念で牡馬に立ちはだかってほしい、そんなことを思わせる強さだった。

こういうレースを観られることが馬券を超えて面白いと思わせる競馬の魅力だよなあとつくづく。

それにしても一年前にロードカナロア産駒が2400mのGⅠでこんな強さを見せてくれるとは考えもしなかったし、一時はフサイチパンドラは繁殖としてはもう一つだったかと考えはじめていたが全然そんなことはない思い知らされた。

あぁ、フサイチパンドラの仔だからエリザベス女王杯で母娘制覇という記録も掛かるのか。三冠のあとは陣営はどこを使おうかといい意味で頭を悩ませるのだろうな。

 
 
【スポンサーリンク】



 

アーモンドアイが直線で何度も手前を替えることについては色々と見方もあるようだが、自分はアラシさんの言っている「競るときに手前を替える」という見解が一番当たっているように思う。

【参考動画】アーモンドアイが頻繁に手前を替える理由が判明

逆に言うとアーモンドアイが直線であまり手前を替えられないほど利き脚手前ばかりを使っているときは相当手強い相手と戦っているということなのだろう。

そんな場面を是非見てみたいものだ。

 
 
【スポンサーリンク】



 

今週はいよいよダービー。早いものだ。
皐月賞を挫石のためパスした今年のクラシック戦線の大本命・ダノンプレミアムが満を持して登場する。今年はいったい東京競馬場に何万人が集まるのだろうか。

ダノンプレミアムは果たしてアーモンドアイのような強さを見せるのか、それとも順調に来ている皐月賞組が一矢報いるのか。

天才と言われた父・福永洋一も果たせなかったダービー制覇を夢見ているであろう福永祐一のワグネリアン、

ダービーと同じ府中2400mのジャパンカップを勝ち種牡馬入りしたスクリーンヒーロー産駒のジェネラーレウーノは同じコースで快走を見せられるか、

自身3連勝中で、それに同じシルクレースホースのアーモンドアイの勢いも乗せて一気の頂点取りを狙うブラストワンピース、

同様にアーモンドアイと同じ国枝厩舎のオウケンムーンも僚馬の勢いを借りて巻き返したいところ、

そして唯一2冠の権利を持っているエポカドーロも皐月賞馬ながらあまり人気がなくファンを見返してやりたいと虎視眈々だろう、
 

ダービーに集う18頭にはそれぞれここにたどり着くまでのドラマがあったはずだし、多くの想いを秘めてこの場に登場してくる。

どうか全馬が無事に、そして先週のように心震えるレースを見せてほしい。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ダービーと、ヴェロニカグレースと、阪神競馬場と

ダービーは想像した展開とは違ってスローのまま直線勝負になり、位置取りが結果を左右する形。
向こう正面で早くから動いたルメールと動けなかった他のジョッキーとの度胸の差?ペースを読む判断力の差?が明暗を分けた。

自分が思っていたのとはちょっと違った展開だったが、なんとか的中、今年最初の国内GI的中となった。
個人的には快勝とは言えないがw、何にしても的中したのはありがたいし、ルメールも藤沢和調教師もダービー初制覇、特に藤沢和調教師は定年までもうそれほど時間はないので勝てて良かったなと。

それにしても大外枠から後方待機、あの流れで3着に押し上げたアドミラブルの能力の高さは間違いない。
もう少し速いペースでレースを引っ張る存在がいれば、青葉賞馬初のダービー馬になっていたんじゃなかろうか。

ハナを取ったのが横山ノリ・マイスタイルだったのがアドミラブルには残念だったというべきか、自分でレースを動かすことができない点がダービー馬になるにはもう一つ足りないところだったというべきか。
 

とにかく2016-2017シーズンの競馬が終わり、今週からは2017-2018シーズンの競馬が始まる。
 
 
 

 
 
 
 
そんな来年のダービーを目指す一年が始まる今週5月30日(火)、愛馬ヴェロニカグレースが北海道のノーザンファーム空港から福島のノーザンファーム天栄に移動した模様。
 
夏競馬デビューに向けて動き出した。
 
牝馬だから目指すはダービー、ではなく桜花賞・オークスが大目標ということになるのだろうが、まずはデビュー、そして願わくば1勝を挙げられるように頑張ってくれるといいな。
 
できれば札幌記念の日に札幌競馬場に行く予定なので、その日に札幌でデビューしてくれたりなんかすると最高なんだがw
 
ま、一歩一歩着実に進んでいただければ。。。
 
 
 
話変わって。
 
今週末、初めて阪神競馬場に行く。
 
土曜日の昼ころ、新幹線で大阪入り。
鳴尾記念には十分間に合う時間に阪神競馬場に到着する、はず。(迷わなければw)
 
ミュゼエイリアンが登録してるから、出走することになれば気合い入れて応援!
 
で、土曜日はそのまま尼崎あたりに泊まって、日曜日も阪神競馬場に。
前半のレースを楽しんだら、その後は安田記念の馬券だけ買って有馬温泉に向かうという豪華な休暇を堪能する予定。
 
そのまま遅めのGWにひとり突入する。もし馬券が当たったら月曜日にはUSJにでも行こうかと思ったりw
 
阪神競馬場周辺で何か旨いもの、あるかなあ・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

ダービー(2017) 予想

アドミラブルが大外枠になったこともあって意外に人気は割れそうなダービー。

金曜の前売りスタート時点では枠順が好感されたのかダンビュライトが2番人気だったりする。
アドミラブルが頭一つ抜けた形の人気になりそうだが、2番手以下は超混戦で連、3連系の合成オッズは更に混沌とした人気になりそう。

この枠順、並びだとどの馬が先手を取るのだろうか。

トラスト、クリンチャー、マイスタイル、あるいは外からダイワキャグニーがハナに立つだろうか。
皐月賞では後方からの競馬になり良さのなかったアメリカズカップもきさらぎ賞のように早めの競馬をするかもしれない。ダービー初騎乗の松若が若手らしい積極的な競馬をしないだろうか。
 

オークス同様のスローになりそうなメンバーではあるが、高速馬場と前に行かないと厳しい流れを各ジョッキーが意識すれば、3コーナーの下りから早めに動きがないか。
もしかしたら前走・NHKマイルCで3F 34.5、1000m 57.9を掛かり気味に2番手追走したトラストが一気の距離延長で飛ばしていくかもしれない。

皐月賞馬アルアインも先行してしぶとく脚を伸ばすタイプだし、皐月賞4着のクリンチャーも前走は4角早め先頭に立って0.3差。
一瞬のキレよりも長く脚を使う有力馬がいる点を考えれば、スローの流れを予想している騎手たちが早め抜け出しをはかる形で想定外の消耗戦、ということにならないだろうか。
(もう願望のような展開予想になってるw)
 

ならば中団の後ろ、内ロスなくでじっくり脚を溜めて直線で爆発力を見せることができる馬に重きを置きたい。

枠順確定前には印を回すつもりのなかった武豊の1枠1番ダンビュライトはやはり怖いし、いつの間にか内に潜り込むのが得意な岩田のベストアプローチも警戒が必要な気がする。

それでもダービーで本命にするのはスワーヴリチャードだ。

断然人気に支持されながらハナ差2着に敗れた新馬戦が忘れられない。

内の先行馬が圧倒的に有利な阪神内回りで、とても届きそうもない位置から交わしたかとみせたあの脚はやっぱりダービー馬としての資質を備えているものだと信じる。
(相手が弱かっただけかもしれないが、そこは目をつぶろうw)

幸い内目の2枠4番。それほど無理することなく内を進めるだろう。

消耗のないコース取りでデビュー戦で見せたような強烈な差し脚を東京の長い直線で余すところなく発揮してほしい。
 
 
 

 
 
 
 
相手は難しい。
 
なんとなくこれまでのステップからそれほど人気にはならないようだが皐月賞を勝ったアルアインは軽視できない。
 
藤沢厩舎が青葉賞経由ではなく、王道でダービーに向かうレイデオロも当然本気でダービーを取りに来ていると考えるべき存在。
 
最内の武豊で俄然不気味さを増すダンビュライト。
 
この馬でダービーを勝てなければ、永遠に青葉賞勝ち馬はダービー馬にはなれないのではないかと思わせるほど強い勝ち方をしてきたアドミラブル。
 
トライアルとしては軽視されがちなプリンシパルSだが、今年のラップはかなり優秀だと思えるダイワキャグニー。内枠に入っていれば本命候補の1頭だった。
 
人気にならない分、福永が気楽に臨めそうなカデナ、皐月賞の粘りが府中でこそ活きてきそうなクリンチャー。
人気の盲点になりそうなベストアプローチ。
 
そして信仰上の理由で無視できないトラスト(笑)
 
相手に取り上げたい馬はたくさんいる。
 
 
9頭の名前を挙げたが今のところオッズ的には馬連9点流しでも十分に回収はできそうだ。
 
他にも間を割られそうなサトノアーサー、ペルシアンナイトなどいるがキリがないのでこのくらいにとどめておくw
 
スワーヴリチャードには自信をもって賭けたいがヒモ抜けは如何にもありそうな馬券になってしまいそうだ。

 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

ドゥラメンテよ、信用しなくてゴメン

2日経ってようやくダービー疲れが抜けてきました。
ども、ふぉんてんです。m(__)m

遅ればせながらダービー回顧。

当日は京王線の始発に乗って府中駅下車、少々歩きますが東京競馬場西門に5時50分頃に到着。
武蔵野線で先に府中本町駅から来ていた友人に合流します。もう数年続けているパターンw

開門は7:20。
恒例の開門ステークスとなりましたが今年は一般席確保がなかなか大変でした。
8時過ぎに他の友人も来るので全部で7人分の席をキープするために頑張りましたがほとんど1コーナーよりの西門からほど近いスタンドに陣取ることになりました。
去年はもう少しゴールよりを確保できたんだけどなあ。。。
開門前に並んでいた位置が去年よりもちょっと後ろだったのが敗因かと。

結局1日の総入場人員は129,579名、前年比92%と1万人ほど少なかったのですが、開門ステークス後の体感としては昨年以上の人が開門前から集まっていた気がします。

それにしてもやはりダービーデーは独特の雰囲気ですね。
ダート1600m未勝利戦の第1Rから重賞かと思うような大歓声。
みんな朝からそんなに入れてるのか、と思ったりしながらの観戦になります(笑)

この日は私の馬券はサッパリで軸馬は1着か2着に来るもののヒモ抜けばかり。
的中しても収支はトントンという程度で苦戦が続きました。

そして迎えたダービー。
前日予想の印は◎サトノクラウン、◯リアルスティール、▲サトノラーゼン、☆ドゥラメンテ、注タンタアレグリア、△グァンチャーレ、レーヴミストラル、ミュゼエイリアン、ミュゼスルタン。

結局当日に買った馬券は応援馬券のグァンチャーレ、ミュゼエイリアンの単複と3連複フォーメーション◎◯-◎◯▲注-◎◯▲☆注△(24点)。

ドゥラメンテは強いよなと思いつつ、激走した皐月賞の疲れが残ってて馬券圏外に飛ばないかな、もしかしてジャパンカップを勝ったスクリーンヒーロー産駒が同じコースでダービー勝ったりしないかなと期待する馬券でした。

なので直線でドゥラメンテが抜け出してきたときには「あ、やっぱり普通に強いw」と静かに見守ることに(笑)
3連複が意外に付いたので幸いトリガミにもならず僅かではありますがそこまでのマイナスを少し埋めてくれたのはありがたかったです。

でも気分的にはやっぱり完敗という気分で見届けました。

皐月賞を1分58秒台で走った皐月賞馬はその後不振に陥るというパターンに賭けてみたわけですが、ドゥラメンテは共同通信杯から皐月賞に直行というローテーションを取り(皐月賞に出走できない可能性があったことを承知で)しっかり間隔を空けたことが良かったんだろうなあと素人ながらに思っています。

3歳馬の頂点に立ち、ファンの期待も一層背負うことになるわけですから夏をしっかり休養して秋の一段の飛躍に期待したいです。
ダービーで信用しなくてゴメンナサイ、と謝りつつ・・・(笑)

セントポーリア賞を見たときは「こいつダービー最有力だな」と思ったし、共同通信杯もあれだけ引っ掛かって3着以下は離してたので負けて強しと思ったし、皐月賞だって3~4コーナーの位置取りでこれは無理かと思い目を離した直後にぶっ飛んできて衝撃を受けたはずなのに、それでも信用できない穴党という悲しい性をつくづく感じました、はい。

秋、菊に行くのか天皇賞秋に行くのかはたまた渡仏するのかわかりませんが国内で戦ってくれるなら現地に応援に行きたいものだと思いますね。

こんなこと思わせてくれるのはディープインパクト以来だな。

いや、ホントに素晴らしいダービーだったし、ドゥラメンテ最強だと思います。

菊に向かうなら1着固定の3連単フォーメーションにしたい。
ちなみにディープインパクトの菊花賞の時は1着固定の3連単を買ったつもりで3連複に買い間違えていたという苦い経験が。。。的中してたけど、この時も敗北感あったなwww

[ダービー] ブログ村キーワード

日曜の雨は気になります

ども、ふぉんてんです。m(__)m

日曜日は雨になりそうなのがちょっと残念です。
去年みたいにやたらと暑いのも困りモノですが雨に降られるのもちょっと興が削がれます。
一般席、ちゃんと屋根のある雨の当たらないところを確保しないといけませんね。開門ダッシュは例年以上に厳しい戦いになるかもしれません(笑)

東京は今週はBコースからCコースへ。内がカバーされてまた内の先行馬に有利な状態になるでしょうか。
土曜日は晴れて気温も上がりそうですが日曜日の東京競馬場は曇のち雨で降水確率50%(金曜日の午後14:30、Yahoo!天気による情報)
雨がどの程度降るかも気になるところ。馬場状態の変化には注意したいですね。

ところで、今朝は口永良部島で噴火がおきて大変なことになっています。幸い全島民の方の無事が確認されたとのこと。
今後被害が甚大にならないことを祈り、住民の皆さんには一日も早い日常生活が取り戻せるといいですね。

ここは口永良部島のある鹿児島県出身者の関係者がダービーで活躍し鹿児島県民を勇気づけてくれるんじゃないだろうか、などと調べてみると小牧太騎手(ダノンメジャー)と和田雄二調教師(コスモナインボール)が鹿児島出身。
どちらも人気は無さそうですが、一発やってやろうじゃないか!と気合も入ってるんじゃないでしょうかね。
応援したいと思います。

[ダービー] ブログ村キーワード