「セントライト記念」タグアーカイブ

セントライト記念(2018)回顧~ジェネラーレウーノ重賞2勝目


 
 
ジェネラーレウーノにとっては絶好の展開になったセントライト記念。

もとより京成杯勝ち、皐月賞3着など中山では[2.0.1.0]と好相性なのにずいぶんレイエンダとの人気の差がついたものだなあ・・・と思っていた。

確かにレイエンダは強いと感じていたが、相手が一気に強化されるここで単勝1倍台は如何にも買われ過ぎだろう。

対して中山では重賞勝ちにGⅠ3着とメンバー中でも実績断然のジェネラーレウーノが2~3番人気の7倍そこそこ(最終的には4番人気7.3倍)でうろうろしてるんだから、これは絶好の単勝勝負の機会。
鞍上もこの馬のことをよくわかっている田辺が引き続き騎乗しているし、レイエンダの強さには脅威を感じつつも、馬券はジェネラーレウーノの単勝だろうと考えた。(一応レイエンダとの馬連も押さえるところが弱気だがw)

レースはジェネラーレウーノが好スタート好ダッシュを決めて(by ラジオNIKKEI 中野雷太アナ)、ハナを取るかに思われたがこれを交わしてタニノフランケルが押して行って先頭。
2コーナー過ぎでは2番手ジェネラーレウーノに5馬身ほどの差をつける逃げを打った。
前が単騎で差をつけて逃げていたのでペースが早そうに見えたが1000m通過は60.9、前半ラップが 12.4 – 10.9 – 12.3 – 12.4 – 12.9 だからそう早いものではなく、そのため向こう正面ではその差は一時2馬身近くまで詰まった。

しかし1000m通過から逃げるタニノフランケルはグッとペースを上げ後続との差を広げる。ここで田辺はすぐには追いかけず、逃げ馬を行かせるままに。そのため3コーナーでその差は10馬身くらいにまで広がっていた。

ジェネラーレウーノは残り800m過ぎくらいから徐々にペースアップ、4コーナーではいっぱいに押して手応えがないかのように見えるいつものパターン。
これで先頭を捕まえられるのか、後続に飲み込まれないのかとドキドキさせられるのだが、そこからしぶとくしぶとく伸び続ける。直線で抜け出すとソラを使う癖があると言っていたのを意識しての追い出しのタイミングだったのか、先頭を捕まえたのは直線残り150mも過ぎた坂上でのこと。
そこから脚色も鈍らず猛然と追い込んできたレイエンダを1馬身1/4退ける先頭ゴール。

パートナーの特徴を見事に活かした田辺の好騎乗だったように思う。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
勝つとしたらこんなパターンだろうなあという想像を具現化してくれたレースだった。

応援している馬がこんなレースをしてほしいという思った通りの運びでキッチリと勝ってくれたのだから、これは本当に嬉しい、楽しい、気持ちいい。

これでスクリーンヒーロー産駒の重賞勝ちは国内外あわせて16勝目。昨年は産駒の重賞勝ちはなかったが、今年はジェネラーレウーノの重賞2勝でまた活気を取り戻してきただろうか。

この勢いを借りて、今週のオールカマーでもゴールドアクターが復活してくれたらこれ以上はない喜びだが。(1週前追い切りを見る限り、まだピーク時には遠い印象だったが。)
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ジェネラーレウーノがセントライト記念を記念を勝ったことで、キタサンブラックとそのステップが似通っていると某掲示板では盛り上がっている。

確かに3歳春に重賞勝ちして皐月賞3着、ダービーで2桁着順の惨敗、そしてセントライト記念勝ちとそのステップは似ているといえば似ているw

スタートも上手いし、すんなり好位につけて終いもしっかりと伸びる姿をキタサンブラックに重ねて期待したくなる気持ちはわかる。

だが、自分のイメージはどちらかというとスタートの上手なゴールドシップだ。

超スロー、馬群一団の瞬発力勝負になってしまっては、たとえ先頭にいてもダービーの時のように惨敗することはこれからもありそうだ。

それよりもロングスパート勝負、消耗戦での凌ぎあいでこそパフォーマンスを発揮できるタイプ、だからこその中山での良績だろう。

GⅠを目標にするなら中山か、阪神内回り。有馬記念、大阪杯、宝塚記念だろう。

このあとは菊花賞に行くのだろうが、長距離戦らしいスタミナを求められるような展開になるなら望みはあるかもしれないが、超スローの瞬発力勝負になったら好走はできても勝ち切るまでは厳しいと感じる。

それでも出走してきたら応援してしまうのだが。

ともかくジェネラーレウーノ重賞2勝目、バンザイ\(^o^)/
(そして何気にオウケンムーンがしっかり掲示板を確保していたことも喜んでいる。オウケンムーンこそ菊花賞に出走して頑張ってほしいし、願わくば親子制覇してくれんか、盛り上がるぞ!と思っている)
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

セントライト記念(2017) 回顧


 
セントライト記念、アルアインを1着2着に置いた3連単F36点買いで的中。

久しぶりに重賞が当たった気がすると思って遡って調べてみたら、なんと宝塚記念以来の的中じゃないか。ずいぶん長いことハズシ続けたなあ・・・

しかし結果は2番人気→1番人気→3番人気での入線だから当てて当然じゃね?と言われそうだ。
それでも当てるのはなかなか難しいんだけど。。。
 

レースは想定通りサンデームーティエが逃げて、道中はずいぶんスローに見えたしこのまま押し切ってくれんかなあと思ったが、さすがにそれはなくw
それでも6着に残したのは上々。たぶんもうちょっと後続を離して逃げる方がいいんだろうな。

JRA発表のレースラップを見ると、

12.3 – 11.1 – 12.4 – 13.1 – 12.9 – 12.8 – 12.1 – 12.0 – 11.7 – 11.3 – 11.0

後半5Fずっと加速ラップw

勝ったミッキースワローは上がり3Fが33.4、アルアインが33.8。
着差は1馬身3/4差、決定的にも見えるがミッキスワローは3~4角で内目のコース取りだったのに対し、アルアインは外を回してチャンピオンの競馬。
コース取りがさすがのノリという感じで、その分の差だったように思う。アルアインはダービー以来の競馬だしこれで勝負付けが済んだとは言えないだろう。本番も悩まされそうで楽しみである(笑)

それにしても、、、
3着にギリギリまで残してくれそうだったスティッフェリオ、惜しかった。3,4着が入れ替わってくれてたら141倍だったのになあ。
 
 
 

 
 
 
惜しいといえば、中山最終のマイネルザウバーも惜しかった・・・。
 
こちらは果敢にマイネルザウバーに◎を打って、馬券はザウバーを1,2着に置いた3連単F30点。
 

 
結果は7番→11番→6番の入線。
 
これといった逃げ馬もいないし、スタート決めて先手を取ってくれるといいなあと思っていたら注文通りのハナに立つ競馬。
 
おぉ、これは行けるんじゃないか、とワクワクドキドキ見ていた。
 
直線に入っても手応え十分、これは行けるんじゃないか、そのまま押し切ってしまえ!と自宅テレビに心の中で精いっぱいの声援を送ったが惜しいところで止まってしまってあえなく3着。
 
休み明けとしては良く走ったと思うし、馬体重もプラス22kgと大きく増やしてあの競馬ができるなら次に期待は持てるだろう。
 
でも、次はもっと人気するよなあ・・・せめて2着に残してほしかった。とてもともて残念である。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

セントライト記念(2017) 予想


 
台風一過。

朝の段階では芝は重馬場だが、気温もかなり上がるようだしきっとメインレースのころには良馬場に回復しているのだろう。
昨日の阪神も午後には芝は良馬場になってたもんな。JRAの芝コースどんだけ水捌けが良いんだよ。

さて、朝日杯セントライト記念。
(いまだにセントライト記念に朝日杯という冠がつくのがしっくりこないな。。。)

メンバーを見るとアルアインが馬券園内を外すことはちょっと想像できないのだが、鞍上はテン乗りのルメールに替わってるし、もしかしたら取りこぼしもあるかもしれない。
その辺にちょっと期待したくはなる。

それでも印はアルアイン◎にせざるを得ないだろう。

ただ相手はさほど抜けて上位と思えるのも不在、アルアインを除くとクリンチャーが1歩リードかという程度で他とさほど差があるようには思えない。

あまり速い展開にはなりそうもないし、先行できてそれなりに速い上がりにも対応できそうなのを狙うという感じだろう。

展開的には吉田豊サンデームーティエは狙い目に思える。
休み明けがどうかだが、全体時計では全く評価できない前走だが逃げて上がり34.0。スローで逃げられればそれなりに速い上がりにも対応できる。
何よりも自分でレースを作れるのは魅力だし、中距離の逃げ馬に乗ったときの吉田豊はなかなか上手いし、アルアインの相手筆頭としてはおもしろい存在じゃないだろうか。

人気も現在6番人気とちょうどいい(なにがちょうどいいんだ?w)

3番手にミッキースワロー、4番手にクリンチャー、この辺までをアルアインの相手中心に押さえでサーレンブラント、サトノクロニクル、プラチナヴォイス、スティッフェリオまで。

少々手広くなるが確実に当てたいものだ。

 
 
 

 
 
 
中山最終に出走のマイネルザウバー。
 
8カ月の休養明けだが仕上がりはどうか。デビュー戦はなかなか強い勝ち方だったがその後そこそこ好走はするものの勝ち切るまではできずに未だ500万クラス。
 
そろそろ勝ち上がってほしいものだが。
 
相手はハナレイムーンやサトノキングダム、レッドシルヴィ、オンザロックス、ヴェルラヴニールとかなり手強い。
 
そのぶんあまり人気もなさそうなのはありがたいが果たしてどうか。期待と不安をもって見守る。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

今週のトライアルはどちらもスローになるかな


 
なにやら台風18号が3連休に日本列島直撃みたいな予報円になってるんだが今週末の競馬は大丈夫なのだろうか。

台風で中止、火曜日や水曜日に代替開催なんかになったりしたら関係者、特に競馬雑誌・新聞系の人たちは死亡フラグが立ちそうだが。だから3日間開催なんかやめろとあれほど・・・

しかし、中止になるかどうかはまだわからないので日曜のローズSや月曜のセントライト記念の事前準備はしておこうかと。

日曜のローズS。
阪神芝外回りの1800m。秋華賞トライアルでありながら求められる能力は本番とは真逆だろと思わせるコース設定。
それでも一昨年まではローズS組が秋華賞では優勢だったのは、やっぱりトライアルの重賞がこれしかなかったからなのだろう。
もうひとつのトライアルがオープン特別ではやはり有力どころがローズSに向かうというのが自然な流れだったのだと思う。

紫苑Sを重賞にしたのと同時にローズSも内回りコースに変更してもよかったのにと思っているのは私だけだろうか。

それでも同じ関西圏のレースだからなのか、それともG2とG3の差なのか、やはり今でも紫苑SよりローズSのほうにメンバーは揃う印象だ。

今年の登録馬にもカラクレナイ、ファンディーナ、モズカッチャン、リスグラシュー、レーヌミノルといった春のクラシックを賑わせた面々が揃っている。(アドマイヤミヤビが屈腱炎発症で回避となったのは非常に残念だ)
本番の秋華賞でもこちらを好走した馬から人気上位になっていくのだろう。
 
 
そんなことはさておき、このメンバー。
上記に挙げた他にも古馬混合1000万条件を勝ち上がったミリッサやメイショウオワラなんかもいるし、それらと春にOP戦を勝っているハローユニコーンやブラックスビーチなどの力関係はどうなのか、それらと春の実績馬との間に逆転はあるのか。見極めるのは難しそうだ。

カワキタエンカが抽選を突破して出走できればハナを切りそうだが、他には逃げ馬も見当たらず阪神外回りコースということを考えるとペースはスローになる可能性が高そうだ。

そうなると好位からの先行押し切り、または中団から終いの切れ味で勝負できるタイプが浮上してきそうなメンバーではある。

そうするとファンディーナ、モズカッチャンあたりが有力だろうか。

人気のなさそうなところでは隊列が長くならなければブラックスビーチなんかが面白そうな気がする。
今日、ツイートで台風が近づいているから波浪(ハロー)ユニコーンだろう、というのを見かけたが、それも案外ありそうな気がするw

 
今のところはオークスのような流れになりそうなイメージを持っている。ファンディーナ、モズカッチャン、ブラックスビーチ、ミリッサあたりがいいんじゃないだろうか。
 
 
 

 
 
 
セントライト記念には皐月賞馬アルアインがエントリー。
 
3連勝でラジオNIKKEI賞を制したセダブリランテスもいるが、このメンバーならアルアイン中心の相手選びで良いだろうか。
 
こちらもあまり速い流れにはならなさそうなメンバー、先行馬を中心に展開がハマりそうな人気薄を拾いたいところだが、あまり荒れるイメージは沸かない。
 
やはり今週はレースよりも天候の方が荒れそうで、そちらの方が心配だ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

セントライト記念、ローズステークス(2016) 予想

セントライト記念は人気でもディーマジェスティ軸で。

やっぱりこのメンバーでは負けるわけにはいかないでしょう、。

問題は相手。

逃げ馬が揃ってペースはかなりタイトな展開になると思います。
ならば狙うのは中団から後方で進めそうなタイプ。

マウントロブソン、プロディガルサンを本線にメートルダール、ノーブルマーズ、ネイチャーレット、キークラッカーまで。ディーマジェスティの頭固定の馬単6点で。

重賞騎乗機会連続連対中の戸崎ゼーヴィントの前走ラジオNIKKEI賞はいかにもスムーズにロスなく回って、直線でもぜんぜん不利なく抜け出てこられた100点満点のレース。

もう一度同じようなレースというのは難しいだろうという予想で馬券からは切ります。
 
 

 
 
ローズSは4枠の人気馬2頭軸の3連系馬券で。
 
相手には前に行きそうな人気薄を狙って、クィーンズベスト、ラベンダーヴァレイ、フロムマイハート、バレエダンサー、ヘイハチハピネス。
 
6,7→6,7→2,8,9,10,15の3連単フォーメーションを2,3着マルチで。
 
それと万が一、ジュエラーかシンハライトのどちらかが馬券圏外に飛ぶことも期待して
6,7-6,7,8,15-2,8,9,10,15の3連複フォーメーションも。
 
 
両レースともヒモ荒れに期待する馬券を少~しだけ買って観戦します。