「ジェネラーレウーノ」タグアーカイブ

今週のスクリーンヒーロー産駒


 
 
今週は盛りだくさんな感じがする。

土曜日は富士Sにゴールドサーベラス、室町Sにプロトコル、萬代橋特別にナムラマル、新潟の平場500万にエースロッカー、東京の平場1000万にウサギノダンス。

日曜日は菊花賞にジェネラーレウーノ、十日町特別にシンボリティアラ。

スクリーンヒーロー産駒が特別戦のあちこちに。他にも条件クラスや今週デビューの2歳馬なんかがいたりするんだろうか?

期待できそうなのはジェネラーレウーノくらいかもしれないが、人気はなさそうだけどゴールドサーベラスも重賞出走だし、プロトコルだって土曜京都のメインレース。

がんばってほしいねえ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
菊花賞、枠順が決まるまでは展開の予想などしようもないが、出走予定馬の馬柱を見てボンヤリと隊列の長短や有力馬の位置なんかを想像してみる。

まず前に行きそうなのは逃げ宣言のジェネラーレウーノ、エポカドーロ、メイショウテッコンにアイトーン。

中団にブラストワンピース、フィエールマン、コズミックフォース、グローリーヴェイズ、アフリカンゴールド、グロンディオーズ。

後方にエタリオウ、グレイル、オウケンムーン、シャルドネゴールド、タイムフライヤーといったところか。(15頭しか挙げられてないけどw
 
 

上位人気馬3頭は先団にエポカドーロ、中団にブラストワンピース、後方にエタリオウと綺麗に分かれそうな感じ。
各馬初めての距離だけに折り合い重視であまりペースが上がるとは考えにくいが枠順しだいでは皐月賞の時のように前が競り合う形もあるか。

並び次第では逃げ宣言のジェネラーレウーノにアイトーンかメイショウテッコンあたりが多少競るようなこともあるかもしれない。
1コーナー手前あたりでは平均ペースの長い隊列になるんじゃないだろうかと想像している。

中盤の1000mでどの程度ラップが落ち着くか。
ジェネラーレウーノを応援する身としては後続が早めに動き始めてくれるような展開のほうが理想的だと思っているが、中盤はしっかりと息の入る流れであってほしい。

そうすればスクリーンヒーロー産駒、初のクラシック制覇も夢ではないと思うが。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
過去スクリーンヒーロー産駒の菊花賞といえばゴールドアクターの3着とミュゼエイリアンの8着。
ゴールドアクターは500万、1000万を連勝しての参戦、ミュゼエイリアンはダービー10着のあと休養、休み明けのセントライト記念を2着しての参戦。

ジェネラーレウーノは産駒としては3頭目の出走となる。ダービー16着敗退後、セントライト記念を勝っての菊花賞挑戦はローテーションとしてはミュゼエイリアンと同じだが、ミュゼエイリアンが2着したときのセントライト記念勝ち馬は言わずと知れたキタサンブラック。

そのキタサンブラックがダービーを14着のあとセントライト記念を勝って菊花賞に向かっていることから、ジェネラーレウーノのステップがキタサンブラックと似ているので期待しているファンも多いようだ。
春に中山で重賞勝ちがあったのもキタサンブラックと同じということで期待を膨らませることにもなっている。

本当にそんなにキタサンブラックのように上手くいくとは思えないのだが、期待はしてしまうのが人情(笑)

関東馬は圧倒的に成績が悪いがジェネラーレウーノは先週から栗東入りしているし、ゴールドアクターは関東馬ながらこの10年で唯一3着と馬券圏内に入っているので同じスクリーンヒーロー産駒として今度は勝ち切るところまで行ってほしい。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ジェネラーレウーノとかヴェロニカグレースとか


 
 
今週は菊花賞だ。ジェネラーレウーノが出走予定。
そして出資馬ヴェロニカグレースが菊花賞当日の東京競馬場で第8R・1000万芝1600mに出走予定だ。

もっとも今回のヴェロニカグレースにはあまり期待はしていない。
故障しないで無事に回ってきてくれればいいと思っている。狙うべきは次の中山、12月1日の芝1600mか12月8日の霞ヶ浦特別(芝2000m)、もしくはノエル賞(牝・芝1800m)だろう。

万が一、東京で好走するようならさらに成長しているのだと喜ぼう。そんな心づもりでいる。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ジェネラーレウーノは重賞2勝が京成杯とセントライト記念ということもあるのかゴールドアクターのように中山専用機といった評価もあるようだ。

淀の3000mは向かないんじゃないか?という見方もあるようで、さほど人気にもならなさそう。4番人気くらいか。
netkeibaの予想オッズでは同じ馬主のエタリオウが現在は1番人気になっている。1勝馬なのに・・・。

登録メンバーを見るとメイショウテッコンやアイトーン、それにエポカドーロといった先行馬がいるし、菊花賞にしてはけっこういいペースで流れそうな雰囲気はある。
同じく前に行くジェネラーレウーノにとっても楽なペースにはならないだろうが、そういった後続にも脚を使わせるような消耗戦でこそ強みが活きるとも思うので自分はけっこう期待している。

願わくば内枠が当たりますように・・・
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ところでモレイラは第一次試験で落ちたとか。

もう来年は試験を受けないかもしれないというような雰囲気もある。

もしこのままモレイラが日本での通年免許を断念したら、日本は優秀なジョッキーを一人取り損なったことになる。
それはとても勿体ないことだ。

来年もモレイラが試験に臨んでくれることを願うが、はたしてどうなることか。

しかし、短期免許であんなに高い勝率で勝ち星挙げ続けている騎手を試験で落とすって、やっぱりなんかおかしくないか?と思ってしまうのだが・・・
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

セントライト記念(2018)回顧~ジェネラーレウーノ重賞2勝目


 
 
ジェネラーレウーノにとっては絶好の展開になったセントライト記念。

もとより京成杯勝ち、皐月賞3着など中山では[2.0.1.0]と好相性なのにずいぶんレイエンダとの人気の差がついたものだなあ・・・と思っていた。

確かにレイエンダは強いと感じていたが、相手が一気に強化されるここで単勝1倍台は如何にも買われ過ぎだろう。

対して中山では重賞勝ちにGⅠ3着とメンバー中でも実績断然のジェネラーレウーノが2~3番人気の7倍そこそこ(最終的には4番人気7.3倍)でうろうろしてるんだから、これは絶好の単勝勝負の機会。
鞍上もこの馬のことをよくわかっている田辺が引き続き騎乗しているし、レイエンダの強さには脅威を感じつつも、馬券はジェネラーレウーノの単勝だろうと考えた。(一応レイエンダとの馬連も押さえるところが弱気だがw)

レースはジェネラーレウーノが好スタート好ダッシュを決めて(by ラジオNIKKEI 中野雷太アナ)、ハナを取るかに思われたがこれを交わしてタニノフランケルが押して行って先頭。
2コーナー過ぎでは2番手ジェネラーレウーノに5馬身ほどの差をつける逃げを打った。
前が単騎で差をつけて逃げていたのでペースが早そうに見えたが1000m通過は60.9、前半ラップが 12.4 – 10.9 – 12.3 – 12.4 – 12.9 だからそう早いものではなく、そのため向こう正面ではその差は一時2馬身近くまで詰まった。

しかし1000m通過から逃げるタニノフランケルはグッとペースを上げ後続との差を広げる。ここで田辺はすぐには追いかけず、逃げ馬を行かせるままに。そのため3コーナーでその差は10馬身くらいにまで広がっていた。

ジェネラーレウーノは残り800m過ぎくらいから徐々にペースアップ、4コーナーではいっぱいに押して手応えがないかのように見えるいつものパターン。
これで先頭を捕まえられるのか、後続に飲み込まれないのかとドキドキさせられるのだが、そこからしぶとくしぶとく伸び続ける。直線で抜け出すとソラを使う癖があると言っていたのを意識しての追い出しのタイミングだったのか、先頭を捕まえたのは直線残り150mも過ぎた坂上でのこと。
そこから脚色も鈍らず猛然と追い込んできたレイエンダを1馬身1/4退ける先頭ゴール。

パートナーの特徴を見事に活かした田辺の好騎乗だったように思う。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
勝つとしたらこんなパターンだろうなあという想像を具現化してくれたレースだった。

応援している馬がこんなレースをしてほしいという思った通りの運びでキッチリと勝ってくれたのだから、これは本当に嬉しい、楽しい、気持ちいい。

これでスクリーンヒーロー産駒の重賞勝ちは国内外あわせて16勝目。昨年は産駒の重賞勝ちはなかったが、今年はジェネラーレウーノの重賞2勝でまた活気を取り戻してきただろうか。

この勢いを借りて、今週のオールカマーでもゴールドアクターが復活してくれたらこれ以上はない喜びだが。(1週前追い切りを見る限り、まだピーク時には遠い印象だったが。)
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ジェネラーレウーノがセントライト記念を記念を勝ったことで、キタサンブラックとそのステップが似通っていると某掲示板では盛り上がっている。

確かに3歳春に重賞勝ちして皐月賞3着、ダービーで2桁着順の惨敗、そしてセントライト記念勝ちとそのステップは似ているといえば似ているw

スタートも上手いし、すんなり好位につけて終いもしっかりと伸びる姿をキタサンブラックに重ねて期待したくなる気持ちはわかる。

だが、自分のイメージはどちらかというとスタートの上手なゴールドシップだ。

超スロー、馬群一団の瞬発力勝負になってしまっては、たとえ先頭にいてもダービーの時のように惨敗することはこれからもありそうだ。

それよりもロングスパート勝負、消耗戦での凌ぎあいでこそパフォーマンスを発揮できるタイプ、だからこその中山での良績だろう。

GⅠを目標にするなら中山か、阪神内回り。有馬記念、大阪杯、宝塚記念だろう。

このあとは菊花賞に行くのだろうが、長距離戦らしいスタミナを求められるような展開になるなら望みはあるかもしれないが、超スローの瞬発力勝負になったら好走はできても勝ち切るまでは厳しいと感じる。

それでも出走してきたら応援してしまうのだが。

ともかくジェネラーレウーノ重賞2勝目、バンザイ\(^o^)/
(そして何気にオウケンムーンがしっかり掲示板を確保していたことも喜んでいる。オウケンムーンこそ菊花賞に出走して頑張ってほしいし、願わくば親子制覇してくれんか、盛り上がるぞ!と思っている)
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

マイタイムオブデイが脱北


 
 
北海道胆振東部地震から一週間、自分の実家は大きな被害は受けなかったようだが、停電で丸々2日間は不便な暮らしを余儀なくされたようだし、被災された方たちのことを思うとやはり心は痛む。一日も早い復興を願わずにはいられない。

平成30年北海道胆振東部地震災害に係る義援金の受付について

ばんえい競馬や門別競馬場は開催にも影響を受けているが、JRAにとっては札幌開催が終わった直後だったのは不幸中の幸いか。
秋競馬の始まりとなった先週の開催も無事に行われ、今週は土日月の3日間開催。(正直なところ3日間開催はやめてほしいんだがw

月曜日のセントライト記念にはスクリーンヒーロー産駒のジェネラーレウーノが出走予定、そこそこ上位人気に支持されそうだ。
しかし、ここには大本命のレイエンダがいる。故障による長い休みを挟みながらも3戦3勝、それも新馬戦で1馬身1/4差、夏木立賞(3歳500万)で1馬身3/4差、松前特別(3歳上1000万)では2馬身差とクラスが上がるごとに着差を広げてきている。
ここはやはり本命にせざるを得ない力量を感じさせる。

ジェネラーレウーノは皐月賞3着の実績でこれにどこまで対抗できるか、こちらはダービー16着以来のレース。ダービーは東京競馬場での瞬発力勝負が如何にも合わないというレースだったが、3戦2勝3着1回と得意にしている中山コースなら巻き返しも可能か。
逃げ先行タイプが揃って、先行タイプのジェネラーレウーノに楽な展開になるとは思えないが持ち前のしぶとさで菊花賞に向けていいレースをしてもらいたいものだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
今日、シルクのサイトを見たら、マイタイムオブデイが17日(月)にノーザンファーム天栄に移動し、近々ノーザンファームしがらきに移動する予定だとあった。

ようやく脱北!けっこう待たされたなあw
でも、これで年内にはデビューしてくれるか。だいぶ体もしっかりしてきたように見えるし、楽しみだ。

 
 

もう1頭の2歳、ジュピターズライトはもう少し時間が掛かるだろうか。乗り込みは続けつつ体重が大きく増減することもないとのこと。こちらも早く脱北してデビューに目途をつけてほしいところだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
1歳のヒカルアマランサスの17は11日にノーザンファームYearlingからノーザンファーム早来へ移動。
育成厩舎に移動したことでこれから本格的に競走馬になるべく調教が始まるのだね。母ヒカルアマランサスのように活躍してくれるといいが。

ベッライリスの17は変わらずノーザンファームYearlingに。
残120口以下となり詳細ページの表示が「募集中」から「満口近し」に替わったのでやがて満口になるだろうか。
8月の1ヵ月ほどのあいだに10kgほど体重が増えたというし(とは言ってもまだ400kgに満たないが)、これからグッと成長してくれるのを楽しみに待とう。

ヴェロニカグレースはノーザンファーム天栄の周回コースで軽めのキャンターを開始しているとのこと。
それほど長い休養にはならなさそうな雰囲気はあるが、そうなると次走は東京?それとも11月の福島だろうか。
東京は合わなさそうだから福島になるのかな。しかし11月の福島には適鞍がないし・・・
まさかの年内休養?

できれば11月の東京を叩いて、12月の中山で勝ち上がりを狙って、年明け1月の中山・初富士Sでオープン入りを狙うとかしてくれるといいのだが(その前に9月の中山使ってほしかったけどw)

しかし、そんな使い方しないだろうな。一走しては休み、一走しては休みの繰り返しだし、何も考えてなさそう・・・
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

京成杯(2018) 予想

ここはスクリーンヒーロー産駒のジェネラーレウーノが出走。
しかも前走同コースの葉牡丹賞を逃げ切って勝ち、ここでも上位人気に推される存在。

そうなるとスクヒロ応援隊としては本命に推さざるをえないところだが、展開派としてはなんとも悩ましい。

大外枠というのはあっさりとハナを取れるメンバーであればそれほどの不利にもならないことが多いが、内の2番枠に4戦連続で逃げてしかも2勝を挙げているコスモイグナーツがいる。
決して楽なレースになるとは思えない。

冷静にジャッジするなら本命はコズミックフォースかデルタバローズ、あるいはイェッツトだろう。

枠順を考えるとコズミクフォースあたりが浮上してくるが、、、
鞍上・戸崎に先週ほどの良さが見えない。昨年暮れの調子の悪い戸崎に戻ってしまったような感じだ。

今日の成績は10鞍騎乗で未勝利。1番人気馬には4回騎乗し3着、9着、6着、2着。2番人気でも4着と3着、さらに2度の3番人気ではともに10着に沈んでいる。

こういう騎乗を見せられてはこちらも本命には取りにくい。
 
 
 

 
 
 
 
ならば。
 
スクリーンヒーロー産駒応援隊としてジェネラールウーノに期待をかけようか。久しぶりの産駒重賞勝ちを信じてみよう。
 
 
相手はコズミックフォース、サクステッド、イェッツト、デルタバローズ、コスモイグナーツ、ライトカラカゼ。
 
ジェネラーレウーノからの馬連、3連複流し。
 
印の回らなかったロジティナとかエイムアンドエンド、あるいはダブルシャープあたりに勝たれて、上位3頭1枚も馬券買ってないぞ、というパターンにハマりそうな気もするのだが・・・
 
 
信じる者は救われる、となってほしいものだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!