「ジェニアル」タグアーカイブ

ジェニアルが仏GⅢを勝ったことの含む意味


 
 
前記事でモーリスドゲスト賞に登録したと記事にしたジェニアルが仏メシドール賞(GⅢ)を勝った。
これで大手を振ってモーリスドゲスト賞(GⅠ)かジャックルマロワ賞(GⅠ)に向かうという。
メシドール賞を勝つ前は日本では500万条件馬だったが今回の勝利で日本では1000万条件馬に昇級ということになる。

1000万条件馬がもしフランスのGⅠで好走したら、これはとても良い前例になるんじゃないだろうか。

母系や父系に欧州血統を持つ良血で日本ではもう一つ上のクラスに上がれないでいる馬にとっては新しい戦略を示してくれることになる。

輸送費や現地での滞在費、スタッフにかかる費用といった問題もあるが、ただただひたすら日本で活躍するGⅠ馬がやみくもに凱旋門賞に挑戦しているだけよりは、ずっと多くの展開を考えることができる。新しい可能性が広がる端緒になったのではないか。

今回の英断をし、まず一つの結果を出した馬主のキーファーズと松永幹夫調教師に賛辞を送りたい。

それにしても・・・フランスのGⅢって賞金安いのね。1着賞金が525万円ほどだとか。JRAだと未勝利戦の賞金と変わらないもんな。。。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
それにしても、自分が競馬を見るようになってまだ間もない頃、日本が種牡馬の墓場と言われていたことを思うと隔世の感がある。

今年の春にはディープインパクト産駒のサクソンウォリアーが英2000ギニーを勝利し、英ダービーでも1番人気に推された(結果は4着)。
きっとサクソンウォリアーは欧州で種牡馬となるだろうし、日本馬からの系統が世界に広がる始まりになるかもしれない。

また近年はオーストラリアに移籍したトーセンスターダムが現地でGⅠを勝ち、他にもアンビシャスやブレイブスマッシュなどが種牡馬として期待されてオーストラリアに移籍している。

1991年、サンデーサイレンスが日本に輸入されてから日本馬のレベルは確実に世界に肩を並べるようになってきたが、それから四半世紀が過ぎ、ようやく日本で発展してきた血統が世界にも広がろうとしていると思うと何とも誇らしい気持ちになる。

これまでの国内の競走馬生産に携わってきた人たちの努力を思うと大きな拍手を送りたいところだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
血統論の書籍などを読むと、また血統から馬券へアプローチしている人の話を聞くと「こういう馬場は欧州血統が向く」とか「スピードを要求される馬場なので米国血統を持つ馬が有利」といったことを聞くことが多いが、これからは日本血統、アジア・オセアニア血統に向く馬場、といった言葉が出てくるようになるかもしれない。

そんな日がすぐ近くまでやってきているのかもしれない。
そんな想像を膨らませてしまうジェニアルの仏GⅢ勝利。

これまで世界の名馬を輸入するばかりだった日本から、日本から世界に血統を広げる本格的な始まり、ジェニアルの仏GⅢ勝利はその端緒となったのではないだろうか。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

今週のスクリーンヒーロー産駒とか、被災地支援とか、モーリスドゲスト賞とか


 
 
今週のスクリーンヒーロー産駒の出走は土日で9頭。

【土曜日】

福島2 3歳未勝利ダ1700m イーリス
福島6 2歳新馬芝1200m ヴィジョニア
福島9 3歳上500万ダ1700m ウインドオブホープ(三陸特別)
福島12 3歳上500万ダ1150m ウサギノダンス
中京12 3歳上500万芝1400m サンクララ
函館3 3歳未勝利ダ1000m ヴェルヴェット

【日曜日】

福島1 2歳未勝利芝1200m ロシアンブルー
福島11 3歳上OP芝1800m ミュゼエイリアン(福島テレビオープン)
中京5 2歳新馬芝2000m マイネルデーゲン

前走2着のウサギノダンスは条件・コースも同じだしちょっと人気するだろうか。
三陸特別のウインドオブホープも前走と同じコース、同じ条件で2着しているがこちらは人気にならなさそう(なぜ?)
確かに好走しているのはいつも道悪だし、今度は良馬場になりそうだから狙いにくいのかもしれないが、調子は上がってきているように見えるが。

ミュゼエイリアンも人気はしないと思うが案外狙い目じゃないかと思っていて、ちょっと期待している。馬券はぜひ買ってみたい。

新馬は土曜福島芝1200mのヴィジョニアと日曜中京芝2000mのマイネルデーゲン。
ヴィジョニアは母父タイキシャトル、マイネルデーゲンは母父フサイチコンコルド。スクリーンヒーローは割と地味な印象のする牝系の産駒のほうが走ってるから、案外こういったタイプのほうが走るんじゃなかろうかと思ったり。

全馬無事に完走を!
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
今週末から競馬場やウインズで平成30年7月豪雨の被災地支援のため、募金を開始するとか。
JRAや調教師会、騎手クラブも義援金を送るというし、自分らも平和に競馬を楽しめることに感謝して、少しでも協力したいね。

東日本大震災のときのようにまたレース売り上げのほんの少しでもいいから募金に回すようにしてくれるといいのに。
そうしたらいつもより多めに馬券を買おうという動機にもなるよ。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
8月5日フランス・ドーヴィル競馬場で行われるモーリスドゲスト賞にジェニアルが登録したとのこと。

ジェニアル?と思って確認すると松永幹夫厩舎で現時点の戦績は7戦2勝の4歳牡馬、2015年のセレクトセールで1億6000万円で落札された期待馬。
父ディープインパクト、母サラフィナ(父Refuse To Bend)
母サラフィナはフランス産で仏オークスやサンクルー大賞などGⅠ3勝、凱旋門賞でも3着がある。通算11戦6勝。主戦ジョッキーはC.ルメール。
血統的な面からフランスの馬場に可能性を求めた、といったところか。
1億6000万円ものお金を出して購入したんだから、なんとか回収したいという馬主・調教師の気持ちも伝わってくる(笑)

実際に遠征するかは不明だが、本当に結果を出すことができれば改めて日本馬のレベルの高さを証明することになる。楽しみだ。

モーリスドゲスト賞ってシーキングザパールが日本馬で初めてヨーロッパのGⅠを制したレースだったが、当時は確か日本ではモーリスドギース賞と呼んでいた記憶。
いつの間にかモーリスドゲスト賞と呼ばれるようになってたねえ。

ところで、国内のセリで1億円以上の高額で落札された競走馬で、GⅠレベルで活躍したのって実際にどのくらいいるんだろうか。
高額落札馬に限って期待外れに終わってしまっているという印象も強いのだが、それはたぶん高額で落札されたのにこれだけしか走らなかったというニュースが印象に残るからだろうが・・・

今度調べてみよう。。。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!