「ゴールドシップ」タグアーカイブ

有馬記念回顧とゴールドシップ引退とスクリーンヒーロー

[スクリーンヒーロー] ブログ村キーワード

遅ればせながら歓喜の第60回有馬記念回顧。

7.0 – 11.7 – 12.2 – 12.5 – 12.7 – 12.8 – 12.6 – 12.6 – 12.0 – 11.9 – 11.5 – 11.3 – 12.2

6枠の2頭が前に行くというのは大方の予想通り。
その2頭の鞍上がノリとルメールだったので極端な瞬発力勝負になるようなスローには落とさないだろうと思っていました。

全体の走破時計が2:33:0が示すように、昨年のように13秒台のラップが続くようなところはなかったものの大きくは緩まないゆったりとしたスローな展開。
先行して最後までしっかり脚を使える馬に有利な展開になりました。

勝ったゴールドアクターはテンから出していきスタート直後はハナに立ったものの、キタサンブラックがハナを主張するやすんなりと先頭を譲り、3番手の内にポジションを確保。

内心この場面で「よし、行ける」と思いました。あとは吉田隼人騎手が落ち着いて騎乗してくれれば少なくとも馬券にはなるだろうと。

やはりまだG1勝ちの経験はないジョッキーだけにその点だけが不安でした。

しかしそれも杞憂でした。
隼人騎手はゴールドアクターのことを本当によくわかっていて、スタート後も自信を持って出していきましたし、指示に素直に動いてくれることについて何の不安もなかったようです。

ゴールの直後、蛯名騎手と横山典騎手の二人が吉田隼人騎手に祝福の声を掛けていたシーンが関東の両ベテランが同じ関東の中堅を労っているようでとても良いシーンに見えました。

2着のサウンズオブアースは1周目のスタンド前で引っ掛かるような仕草を見せ、勝負どころのペースが上がったところでは前が詰まるなどあまりスムーズな競馬は出来なかったように見えましたが、最後はクビ差まで迫っているのですからやはり強い。

あの厳しい菊花賞の後、今年春から日経賞、天皇賞春と使われて今年5戦目。
菊花賞を勝ったトーホウジャッカルがまだ立ち直りを見せていないことを考えるとよく頑張っていると思います。
春まで休養してしっかり疲れを取れば来春の天皇賞ではやはりゴールドアクターの強力なライバルになるんでしょうね。

3着キタサンブラック。
自らペースを作り、終いもしっかりと粘りきっての3着。
菊花賞のレースはロスなく進めたからという理由からかリアファルよりも人気は下でしたがこちらもさすがは中山巧者、これで中山では重賞ばかりを使って[2.0.2.0]の成績ですから不当に低い評価だったような気がします。

1番人気8着と引退レースを飾ることはできなかったゴールドシップ。

それでも向こう正面では最後方から捲って3コーナーでは3番手の外まで押し上げました。場内盛り上がりましたね。やっぱりスターホースだなあと。
3番手集団の外にいたマリアライトがゴールドシップに並ばれたところで簡単には捲くり切らせないとばかりに動いていったところでついていけなくなってしまったのは往年の力には足りなくなっていた、ということでしょうか。
それでも最後までしっかり走り切って勝馬とは0.3秒差での入線ですから力は出し切ったように思えます。

来春からはビッグレッドファームで種牡馬入り。同じような個性的な産駒の登場を待ちたいと思います。

単勝1番人気はゴールドシップに譲りましたが連勝馬券では1番人気だったラブリーデイ。

秋4戦目、天皇賞秋を勝ち、ジャパンカップでも3着好走と疲れがあって当然と思われる状態で人気も背負うでしょうから馬券的にはノーマークにしたかった1頭ですが、枠順があまりにも良すぎたので押えてしまいました(笑)
掲示板確保の5着はよく走ったとも思えますが、あの枠順で今年G1を2勝、重賞6勝の実力を考えるとやはり余力はあまりなかったと考えるのが妥当でしょう。

有馬記念はどれだけ余力が残っているか、というのが大きなポイントだというのは今年も変わらなかったということだと思います。

3番人気リアファル。
3コーナーからずるずると後退したので何かあったのかと心配しましたが当日の発表では左肩跛行とのこと。
能力は高い馬だけに大きな怪我になっていないことを祈ります。

ゴールドシップ引退ということで多くの観客が集まった中山競馬場。
引退式にもとてもたくさんのファンが残って、最後の勇姿を見送ったようですね。

いつ走るかわからない気分屋と言われましたが、いつも自身の力を出しきる走りは見せてくれていたと思います。

要はレース展開が彼の出せる能力にハマるかハマらないか、ということだけがポイントだったと思います。

実際、阪神・中山が得意で京都・東京が苦手という評価になっていた時期もありましたが、阪神・中山のほうが彼の得意な展開になることが多かったというだけで、G1は阪神、京都、中山の3場でそれぞれ2勝しているわけですし、東京でも重賞勝ちはありました。

本当に強い馬だったと思いますし、愛されて然るべき馬だったなあと。ファンが多いのも頷けます。

 
 
4歳になってモーリスがマイルG1を3勝し、ゴールドアクターも有馬記念を制覇。
 
春には3歳馬のミュゼエイリアンとグァンチャーレが重賞制覇してクラシック出走を叶えました。
 
ダート路線には重賞を狙えそうなプロトコルやクライスマイルという馬も出てきていますし、今年の2歳戦最初の勝利もウインオスカーが決めてくれました。
 
繁殖牝馬に恵まれていたとは言えないスクリーンヒーローがこんなに活躍馬を出してくれるとは正直想像していませんでした(笑)
 
まだ牝馬路線には活躍馬は出ていませんが、今年のモーリスやゴールドアクターの活躍を見ると成長力の高さを感じますし、いつか牝馬路線でも活躍馬は必ず登場してくれると思っています。
 
 
来年の2歳世代からは種付け頭数も増えているのでだんだんと全馬追っかけるのは厳しくなっていきますが、これも嬉しい悲鳴。
 
長く応援している血統が活躍してくれることの嬉しさを堪能した一年でしたし、来年以降もこれはきっと続いてくれるんだろうなあととても楽しみにしています。

こんなに愛すべき存在だったとは・・・ゴールドシップw

ども、昨日の宝塚記念ですっかりゴールドシップに魅了されてしまったふぉんてんです。m(__)m

東京競馬場で観ていたのですがあのスタート時の騒然とした雰囲気。
失望している人よりもこれで穴馬券になると喜んでいた人のほうが多かったように感じたのは気のせいでしょうか。
私の前の席に陣取っていた推定20歳くらいの若者3名は最初にゴールドシップが前脚を大きく上げた時に「今だ!早くゲート開けろ!」などと叫んでいて、まあ気持ちはわからないでもないがそれは口にすべきじゃないだろうと。
そして2度めに大きく前脚を上げた瞬間にゲートが開いた時には「バンザイ!\(^o^)/」と。
私も内心「ヨシ!」とは思いましたがwゴールドシップを信じて買っている人もたくさんいるはずでもう少し控え目にしたほうがいいのになあと思ったものです。

それにしても。

逃げ馬不在で前半スローに流れるであろうことは衆目の一致するところではありましたが、向こう正面からゴールドシップがロングスパートを掛けて後半はけっこうタフな持久力勝負の流れになるんじゃないか、などと思っていた人たちには真逆の瞬発力勝負になってしまいました。

私もそんな想定をして、でもゴールドシップから買うのは彼の個性を考えてもリスクにリターンが見合わないと考えゴールドシップが今日はきっとあまり走る気がしないはずという勝手な設定で馬券を買いました。

昨日の阪神の芝は逃げ先行に有利な状態のようだったので、馬連フォーメーションで⑤カレンミロティック、⑦ワンアンドオンリー、⑪ヌーヴォレコルトを1列目に置き、2列目には上記3頭に②トーセンスターダム、⑥デニムアンドルビー、⑧ディアデラマドレ、⑬ラキシス、⑯ラブリーデイを置いたフォーメーションで臨みました。

というわけで馬券はまったくハズレてしまったわけですが、それでもこんなに楽しいというか面白い競馬を見られたのはもうそれだけでも満足。

回顧として道中のラップとか各馬の位置取りとかそんなものの確認なんてどうでもいいという気になります。

スタートのあの大出遅れはきっと人をちょっと困らせてやろうという彼の悪戯心にも思えますし、今日はホントなんかヤル気ないという強烈な意思表示にも思えますし。

今までゴールドシップという馬に対しては能力はとても高いけど馬券を買う身としてはなんとも扱いに困る悩ましい馬だなという認識でしたが、昨日のあの彼のパフォーマンスにはホントに魅了されてしまいました(笑)
レースであんなに笑わせてくれるG1・6勝のスーパーホースってなんだか凄すぎますよw

きっとこの後は少し休養して秋には有馬記念あたりが目標になるタイプだと思いますが海外に挑戦しようが、ジャパンカップに出走しようが、天皇賞秋に出走しようが心から応援したいなと。

そして大きく期待を裏切ったとしてもそれを含めて彼の強烈な個性なんだと認めてあげられるそんな馬になってしまいました。

今までずっとゴールドシップを応援してきた皆さんもきっと昨日のあの出遅れも「それでもゴールドシップが好きだ!」と思わせるに過ぎない出来事なんだろうなとつくづく思います。

秋に再び私達の前でその勇姿を見せてくれるのを楽しみに今週からの夏競馬も楽しみたいなと思います。

いや~、ほんとゴールドシップ最高だわ。

本当なら勝ったラブリーデイが主役なんだけど、良くも悪くも「ゴールドシップ劇場」だった強烈に記憶に残る宝塚記念。

そして一言だけ他馬にも言及。
2着のデニムアンドルビー。
自分の競馬に徹して道中は実質最後方wからの追い込み。スローの一団で進んだらホントに切れるなあ。
一応ヒモには入れていたけど最後まで切ろうかと思っていたのですが牝馬限定戦よりもむしろ牡馬一線級とのレースでこそ買わなくちゃいけない馬なんですね。これはしっかり覚えておきたいと思います。

しかし金子真人オーナーの馬運ってつくづく強力ですね。他の馬主さんたちは羨ましいだろうなあとつくづく。

[宝塚記念] ブログ村キーワード

荒れてほしいとも思うし、ゴールドシップの勝ちも見たいし。。。

ども、ふぉんてんです。m(__)m

日曜日はそれほど降らないですかね?晴天とまではいかなくても雨は降らないでほしいなあと思ってますがどうなりますか。

宝塚記念

注目のゴールドシップは8枠15番。
どの枠に入っても先入れは確定してますし、過去2度の宝塚記念ではいずれも8枠でしたから(しかもいずれも今回と同じ大外の1つ内枠w)彼にとっては良い枠に入ったと考えて良さそうですね。
もともとテンは行き脚がつかないですし包まれて動けなくなるよりは外から好きなタイミングで動ける方が好都合ではあるのでしょう。
多少外を回してもそれを補って余りあるスタミナはありますしね。

ただおそらく抜けた1番人気になるでしょうからゴールドシップから馬券を買うとしたら3連単で相手を絞らないとあまり妙味はないのかなと思いますが。

出走メンバーを見渡すと先行タイプはいるもののハナを主張したい馬は不在。
前半はスローに流れること必至。
もしこのスローの流れが残り4Fくらいまで続いて瞬発力勝負になった場合に取りこぼさないとも限らない。昨年の有馬記念や今年のAJCCのように。
そうすると序盤から好位で進めつつ脚を溜めて最後に早い脚を使える馬、ただ馬場はそれほどいい状態ではなさそうなのでスタミナは問われずともある程度パワーは必要か。

ワンアンドオンリーがダービーみたいなレースをすれば勝ち目はあるんじゃないかと思ったりもするんですが今年の4歳牡馬はもうひとつパッとしないですしね。
あ~、イスラボニータがいたら(笑)

前にいそうな馬の中から選ぶならカレンミロティック、ヌーヴォレコルト、ラブリーデイあたり。でもこれらも上位人気だろうし。

調教を見た印象ではあまり人気にならなそうなところではディアデラマドレとレッドデイヴィスがいいなと思いましたが位置取りに難がありそうでなんとも悩ましいところ。

ただメジロマックイーンでさえ達成できなかった同一G1・3連覇。
そう簡単に決められるとも思いたくないんだけど。1番人気でもあっさり負けるゴールドシップのことだけに尚の事。

日曜日まではまだまだ時間がありますがなかなか買い目は決められそうにない宝塚記念です(笑)

それにしてもゴールドシップ、ここを勝てば同一G1・3連覇にG1・7勝、重賞12勝、おまけにグランプリ4勝とかグラスワンダーだって出来なかった偉業。
けっこう負けてる印象の強い馬なのに挙げた勝ち鞍凄いことになってしまうから勝ってほしいという気持ちもかなりある。

取りたい馬券との間で揺れますなあ。

[宝塚記念] ブログ村キーワード

ゴールドシップは3連覇できるのか

夏ですね。ども、ふぉんてんです。m(__)m

昨日は夏至だったそうで一年で一番日照時間の長い日でしたが、夏至の時期って季節は梅雨なので実はそんなに日照時間が多くないんじゃなかろうかと思ったり。
あ、北海道以外の日本限定の話ですが。北半球の梅雨のない地域・国では日照時間はやっぱり1年で一番長いわけですもんね。晴れてれば。

ま、そんなことはどうでもいいんですけど。

上半期の総決算、宝塚記念。
私は昨年同様東京競馬場のターフビジョンで観ることになります。
今年はゴールドシップの3連覇なるか、というのが最大の注目点となっているわけですがエピファネイアも回避しちゃいましたし、複数回G1を勝っているのはゴールドシップ以外にはいないわけで牝馬が2番手候補に顔を並べるというメンバー。
牡馬のG1馬は他にはトーホウジャッカルとワンアンドオンリーしかおらず共に長い休み明けだったり海外遠征帰りだったりという不安点あり。

もう阪神芝では[6.1.0.0]のゴールドシップ1強で決まりでしょうか。
もし勝てばJRAの同一G1・3連覇は史上初ですし、G1・7勝目となりトップタイ、重賞勝ちも12勝目でトップタイとなりますからこれはもう大記録と言っていいでしょう。
(交流G1はJBCクラシックでアドマイヤドンとヴァーミリアンが、マイルチャンピオンシップ南部杯でブルーコンコルドが達成していたと思いますが)

ただ、同一G1・3連覇というのは過去、メジロマックイーン(天皇賞春)、デュランダル(マイルCS)、アドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯)などが挑戦し阻まれています。
特にメジロマックイーンは当時の芝中長距離路線では間違いなく最強と思える存在でした。そのマックイーンでも3連覇は難しいチャレンジなんだと強く印象づけられたので、今回のゴールドシップにも期待はしますが不安も感じずにはいられません。

もとより穴党としては馬券的にもゴールドシップが負けたほうが美味しい配当にありつけるチャンスもあるわけで(笑)

ここが念願の初G1勝利、という馬に期待してみたいなあとう気持ちもあったりします。
カレンミロティックとかデニムアンドルビー、ディアデラマドレあたりの。

なんて言ってるとガチガチにゴールドシップ→ラキシス→ラブリーデイなんて決着かなという気もしますがw

[宝塚記念] ブログ村キーワード

天皇賞春 回顧

ども、連休中ですが会社に来ているふぉんてんです。静かだ。。。
朝から黙々と溜まってる仕事をやっつけてましたが飽きてきたので休憩がてら更新を。

今年の天皇賞は娘と二人で出掛けていたので結局参加せず。
レースも帰宅後にレーシングビュアーで見ました。
事前に自分が考えていたのはゴールドシップからの馬連とラブリーデイからの馬連。
でもフェイムゲームは相手には考えてなかったので残念ながらハズレでした。

ゴールドシップ横山典騎手はおもしろいレースを見せてくれました。
まるで菊花賞の時を再現するようなレース運び。

2015天皇賞春

2012菊花賞

スタートは行き脚がつかず最初の4コーナーでは後方ポツン。
距離ロスができるだけ少なくなるようにコーナーでは可能な限り内を走れるように意識して
向こう正面では外目からジワジワ進出。
2度めの4コーナーでは先団に取り付いて最後の直線で先頭に立ち押し切る。

東京コースでよくある一瞬でトップスピードになることを求められるような瞬発力を要求される
レースでは取りこぼしの多いタイプだけれどこのようにジワジワとスピードを上げて伸び続ける
走りが活きる展開になれば無類の強さを発揮しますね。

なんとも掴みどころのないというか買い時と切り時の難しい馬ではあるけれど好きだなあ。。。
これでG1は6勝目。
次は宝塚記念に向かうんだろうけど是非勝ってG1勝ち星を積み重ねてほしい。
まだ誰も実現していない同一G1三連覇、彼なら実現できそうな気がする。
そして本人も念願の種牡馬入りに勲章をたくさん持って行ってほしい(笑)

ところでキズナは全然いいところがなかったですね。
昨年、このレースで故障した記憶があるんでしょうか。
賢い馬だと聞きますから、このコースはもう走りたくないと身体が拒絶するのかも。

そしてウインバリアシオン。
競争能力喪失の故障だそうですが予後不良には至らず良かったと思います。
オルフェーヴルに何度も食らいつき、2度の屈腱炎にもめげず復帰し好走してくれたレースぶりは
強く記憶に残る馬です。
管理していた松永昌調教師の「命があっただけ本当に本当に良かった」という言葉が泣かせます。

いつも思うことだけどとにかく全馬無事に。G1も未勝利戦も。そうあってほしいですね。

[天皇賞春] ブログ村キーワード