「ゴールドアクター」タグアーカイブ

大阪杯(2018) 回顧 ~いろいろ考えてしまう夜


 
馬券は完敗の週末だったな、それが通常営業といえばそうなんだけど。

それはまあ良い。もとより織り込み済みだ。
 

大阪杯のゴールドアクターも完敗、それもブービーから大差をつけられての大敗。
馬体重が発表されたときのマイナス18kgというのはいったい何だったのだろう。
確か調教後の馬体重は前走比マイナス2kgくらいだったと思うが、輸送でそんなに減るものなのか、調教後の飼葉食いが悪かったのか。
普段、馬体重をそれほど気にすることはないが前走から2カ月以上の間隔があいて大幅な馬体重減はさすがにオイオイと思う。

体調が戻っていないという以前に馬自身に生気がないというか、もう競馬したくないという感じになっているのかなと考えてしまう。

このあと陣営はどうするのだろうか。予定通り宝塚記念を目指すのか、休養か、引退か。

個人的には大阪杯では勝負にならないまでも復調の兆しを見せてくれて、調子を上げて宝塚記念で復活をアピールしてくれないものかと思っていたが、AJCCに続いてのシンガリ負け、さすがにもう復活はないとしか思えない。

菊花賞のあと8カ月も休養したように、もともと体調を維持するのが難しいタイプなのだろうとは思うが、もうそれ以前の問題じゃないだろうか。

がんばってもう一度いい走りを見せてほしいとも思うし、もう引退してもいいんじゃないかとも思う。なんとも複雑だ。

ただ不思議と今日のゴールドアクターの敗戦にはそれほどショックは受けていない。大差のシンガリ負けにはそこまで負けるのかよ!とツッコミたくはなるが、心情的にはそれほどダメージは受けていない。一応単複も少し買ってたんだけどな(笑)

AJCCの結果を見たときに、もうさすがに無理なんだろうと心の奥底では思っていたんだろうな、きっと。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
スワーヴリチャードのミルコは見事だった。

直線で内に刺さるなら、直線入り口で先頭に立っていれば無問題とばかりの騎乗。
もちろん馬の力を信じているからこそできることだが、前半速いペースではなかったとはいえ最も遅いところでもハロン12.4と、ドスローというほどでもない中でああいうマクリを打てるのは、ミルコの度胸ゆえだろう。
昨年のダービーでのルメールの騎乗もそうだったが、こういった騎乗は残念ながらまだ日本人騎手にはなかなかできない芸当だし、外国人騎手が重用されるのも仕方がないなと思わされる。

2着のペルシアンナイトを嫌って自分の馬券は外した。アルアイン本命でそこそこ手広く買ったがペルシアンナイトに古馬GⅠで阪神2000mはよくて4~5着と思ったのだが。
どうしてそう思ってしまったのだろうか。マイルチャンピオンシップの時のような切れはここでは難しいんじゃないかと考えたのだが、これくらい人気を落としていたのだから拾ってもよかった。それこそゴールドアクターを買い目に入れるくらいなら、こちらを入れていても良かったじゃないかと。
でも、それができないのが競馬でもあるのだなあ・・・

復活が期待されていたサトノダイヤモンドだが、今の戸崎には難しいんじゃないかと思った通りの見せ場なしの7着。
こちらを切っても良かったな。あまり重視はしてなかったが切りきれなかった。
それにしても戸崎のあの消極的な騎乗はいったいなんなのだろう。何とかしようという気迫がまったく伝わってこない。

シュヴァルグランはやはりここを叩いて次の天皇賞だろう。ボウマンが乗る予定になっているようだし、今日の13着という数字は忘れることにしよう。

天皇賞春はなんとか当てたいものだ。
もちろんその前の桜花賞、皐月賞も当てたいのは当然なのだが。。。

それにしてもゴールドアクター、このあとどうするんだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

今週は重賞2鞍にスクリーンヒーロー産駒が3頭


 
今週末はとても楽しみだ。

土曜日のダービー卿チャレンジトロフィーにはゴールドサーベラスとミュゼエイリアンが出走するし、深夜にはドバイがあるし、日曜日の大阪杯にはゴールドアクター。

久しぶりにワクワクしている。

ゴールドアクターもミュゼエイリアンもゴールドサーベラスも人気がないので単複で応援しててもオッズ的に楽しみがあるし、ドバイは日本馬が人気になるレースでどうやって外国馬を買うかが面白い。

やっぱり配当的に妙味がありそうなレースがあると思うと俄然やる気が湧いてくるというものだ。

先週は土曜日にPW東京競馬場のゲストルームで飲み放題付きレース観戦に行って、さんざん酔っぱらって馬券をやっていたのですっかりやられて、その勢い(?)で日曜日も大敗を喫した。

今週末はきっちりと取り返さねばならぬのだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
それにしてもゴールドアクターのnetkeiba.comでの予想オッズ、火曜日午前中の段階で11番人気75倍。グランプリホースも舐められたものだ。

確かに日経賞の惨敗をみるととても買えたものではないが(笑)、ウインブライトやヤマカツエースよりも人気がない。
まあ、ウインは阪神は初めてだが内回りはこれまでの戦績を見ても合っていそうだし、ヤマカツは昨年の3着馬だから仕方がないのか。

ゴールドアクター陣営のコメントも弱気一辺倒だし(どうしてそれで出走させるんだとさえ思うw)、これだけ人気を落とすのも仕方がないことだろう。

しかし、だからこそ、こういう時にこそ応援して好配当にありつきたいではないか。

前走、ミュゼエイリアンが7番人気で3年ぶりの勝利を収めたように、
前走、ゴールドサーベラスが昇級初戦を8番人気で差し切り勝ちしたように、
前走、ウインオスカーが10番人気で前々走大敗から巻き返したように。

人気のない時にこそやってくれるのがスクリーンヒーロー産駒だ。今まで人気でGⅠを勝ったことがある産駒はモーリスだけだ。
ゴールドアクターが有馬記念を勝った時も8番人気。あの時のようにあっと言わせるかもしれないじゃないか。
(そもそもスクリーンヒーロー産駒でGⅠ勝ったのはその2頭しかいないだろうというのは内緒でw)

そう信じてゴールドアクターの単勝を買おう。

もちろん、ダービー卿チャレンジトロフィーのゴールドサーベラスとミュゼエイリアンの単勝も。

ちなみにウインオスカーの次走は皐月賞デーの京葉Sになりそうな気配。

もしかしたら皐月賞デーにウインオスカー、ジェネラーレウーノと2頭の産駒が勝ち名乗りを挙げるかもしれない、そんなことを思うとますますワクワクしてきた。(その可能性はかなり低いだろうがw

GⅠシーズンに本格突入したのに先週はあまり気分も盛り上がっていなかったが、今週はかなり楽しくなってきた。

これからたっぷり春競馬を堪能しよう。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

ゴールドアクター、大阪杯は再び吉田隼人鞍上で


 
大阪杯でゴールドアクターの鞍上に吉田隼人が戻るとのこと。
4戦ぶり、昨年の日経賞以来のコンビになる。

ゴールドアクターの戦績はここまで22戦9勝、うち8勝は吉田隼人とのコンビによるもので2015年の有馬記念をはじめ重賞4勝はすべて吉田隼人鞍上だ。
これは通常、横山典→武豊と来ていてた鞍上が吉田隼人となると鞍上弱化と評価されそうだが、ゴールドアクターに関しては逆の評価になりそう。

ゴールドアクターのファンにもおおむね好評のようだし、これで奇跡の復活劇を見せてくれたりしたらおもしろいのだが。

大阪杯には昨日の金鯱賞を勝ったスワーヴリチャードや復調を見せたサトノダイヤモンドの出走が見込まれるし、他にもアルアインやペルシアンナイト、シュヴァルグランといったところが出走してくるとみられる。

ゴールドアクターはさすがに前走の大敗を見ると鞍上が吉田隼人に戻ったところで人気にはならないだろう。
単勝馬券を買って応援したい。
 

今週のスプリングSにはルーカスも出走するし、その前の10R・千葉S(ダ1200)にウインオスカーもスタンバイ。
先週はミュゼエイリアンが3年ぶりに勝ち星を挙げたし、ここからスクリーンヒーロー産駒の大攻勢が始まらないだろうか。

大阪杯で戦前の評価を覆してゴールドアクターが善戦すれば、その後に控える皐月賞でジェネラーレウーノもあっと驚く逃げ切りを決めたりしてくれないだろうか。

妄想はどんどん広がる(笑)
 

ヨヨギマックが登録抹消してしまったのでスクリーンヒーローの初年度産駒でJRAで現役を続けているのはゴールドアクター、プロトコル、クライスマイルの3頭。
晩成、古馬になってからの成長力があるという評価はあるが、さすがにこの世代も現役として残っている時間はそれほど多くはないだろう。

3頭のうちGⅠを使えるのはゴールドアクターだけだ。AJCCの惨敗はいったいなんだったのか?と考えさせられるような快走を見せてほしい。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

ゴールドアクター、最下位に惨敗

AJCCはまさに心配していた結果になった。

ゴールドアクターは勝ったダンビュライトから2.7秒離された最下位。
調教を見て今の状態ではとても勝負にならないとは思ったが掲示板に乗るくらいの格好はつけてくれるんじゃないかと期待していたのだが。

3角で横山典ミッキースワローが動いた時も武豊はまったく動かなかった。
まだ動くタイミングじゃないと思ったのか、既に動けるほどの手応えがなかったのか。
とにかくグランプリホースがこれほどの惨敗をするとはあまりにも悲しすぎる。

このままではあまりにも情けなさすぎるから何とか巻き返し意地を見せてほしいと思うが、もしかしたらアクター自身がもう競馬をしたくないと思っているのかもしれない。

このあとは予定通り大阪杯に向かうのか、また休養に入るのか、はたまた引退か。
陣営としては真剣に考えなくてはいけないだろうな。

レースを見た感想はそんなところ。
一昨年、天皇賞春で12着に負けたときよりもずっと悲しい結果だった。

個人的にはもう引退でいいじゃないかとも思っている。

 
 
 
 

 
 
 
 
東海Sはやはりテイエムジンソク、逃げて圧勝。このメンバーなら負けようがないという結果。
 
本命に期待したクインズサターンは5着。AJCCも東海Sもどちらも本命馬は5着というなんとも微妙な結果だった。
 
ま、どちらも納得の結果ではあったが。
 
 
来週からはホームの東京開催。あっという間に2月になってしまうなあ・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

AJCC、調教ではゴールドアクターは厳しそうに見えた

中山の外回りは小回りとはちょっと違うと思う ふぉんてん です。

どーも。

ショウナンバッハ、回避って話はどこから来てたんだよw
某netkeibaサイトの掲示板の噂を真に受けた私がバカだった。早とちり情報を流してしまい申し訳ない。調教もかなりよく見えたぞw
 

で、ゴールドアクター。

調教見たが、なんとも悩ましい。

一応その日の一番時計らしいけど、合わせた相手がほとんど追ってないのにアクターは一杯に追っての併入。

美浦 南W 6F 79.8-66.0-52.5-39.2-13.6

序盤から13秒台で追ってのものだからラストが掛かるのは仕方がないとは思うがあれだけ追ってラスト13.6はちょっとどうなのか。

過去の追い切りタイムでラスト1Fが13秒台後半というのは見たことがない。
全体時計が早いといっても一昨年の16年ジャパンカップや15年有馬記念の時にも6F79.3の追い切りをこなしているがそれでもラスト1Fは13.2や12.8で上がっている。

年齢のせいもあるだろうがやはりどうにか間に合わせたという感じが強い。
 
 
 
 

 
 
 
 
正直なところあの調教では本命に推すのはちょっと憚られる。
 
予想をするうえで調教を重視するスタイルではないが、やはり調子がいいかどうかというのは気にしてしまう。
 
能力的にはこのメンバーでは1枚上だと思っているが、枠順に恵まれるなどがないと買いにくいところだ。
 
そうはいっても少頭数だし、7~8枠でなかれば無視するというわけにもいかない。
 
難しくなったなあ~と思う。
 
 
調教を見て中心にしてもいいかもしれないと思ったのはトーセンビクトリー。
 
人気はないだろうし、枠順次第では軸に据えて最低金額で遊んでもいいかもしれないと感じた。
 
明日の枠順確定でまた悩むんだろうなあ、、、楽しいなあwww
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!