「クライスマイル」タグアーカイブ

クライスマイル、約2年8か月ぶり勝利


 
クライスマイルが土曜日の白嶺Sで約2年8カ月ぶりの勝利。

内から柴田善臣が積極的に出していって道中は2番手追走。

直線入り口で先頭からは3~4馬身離された2番手だったが、そこからぐいと伸び追いすがる2着ナムラミラクルに3馬身差の快勝!

最初に追っつけて出されても道中は2番手でぴったりと折り合い、直線で抜け出してからもまだまだ余裕のあるレースぶり。
強いじゃないか!と思わせる走りを見せてくれた。

いや、マジ、嬉しかったな。

2年前の同じレースで1番人気(10着)だったのが今回は11番人気。
確かに近走の成績を見るとそれも致し方あるまいとは思っていたが、それでもずっと見ている者としては3走前よりも2走前、2走前よりも前走と徐々にではあるが復調してきている感じを受けていた。

さすがに大きな勝負はしなかったがw、ここは応援の意味を込めて単複馬連ワイドを最少単位で購入。

バッチリと還元してくれたのは嬉しい誤算、それよりも何よりも復活勝利がとにかく嬉しい。

モーリス、ゴールドアクターと同じスクリーンヒーローの初年度産駒。
スクリーンヒーローのダート路線の代表はクライスマイル、プロトコル、ヨヨギマックの3頭が担うし、いずれかがダート重賞も勝ってくれるんじゃないかと期待していた。

ひと足早くオープン入りしたプロトコル、ヨヨギマックはオープンの壁にぶつかっている感じもある。
しかし遅ればせながらここにクライスマイルが加わってきたことで血統に勢いも出てこないだろうか。

現役産駒の代表であるゴールドアクターが調子を落としてしまっている今、一時は引退目前までいっていたこの馬が復活勝利を挙げてくれたことがスクリーンヒーロー応援隊を自認する自分をとても勇気づけてくれた。

 
 
 
これまで2度の大きな怪我で2016年秋から1年余りの長期休養。
 
昨年秋の復帰前も、帰厩して調教の具合を見てから引退か現役続行かを決めるという状況だったようで、そのことを考えると馬主さんや厩舎関係者の喜びはどれほどのものか。
 
自分のように単純にスクリーンヒーロー産駒だからというだけで無責任に応援しているものでさえこんなにも嬉しいのだから、関係者にとってはオリンピックで金メダルでも取ったような喜びなんじゃないだろうか。(無責任な想像
 
 
これでダート路線の代表産駒にも勢いが戻って活躍してくれると嬉しいのだが。 
プロトコルは長い休養に入っていてその後の動向が見えないが、今週の仁川Sにはヨヨギマックがスタンバイ。(登録25頭で除外かもしれないけど。
 
クライスマイルが復活勝利を挙げた勢いをかって、ヨヨギマックにも好走を期待しよう。(ちなみにミュゼエイリアンもここに登録してる。賞金的に確実に除外されそうな気がするがw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

白嶺ステークス 予想

[スクリーンヒーロー] ブログ村キーワード

白嶺ステークスは当然クライスマイルから買うわけですが。

相手はけっこう難しい。単勝オッズ3倍なら単勝にガツン!という手もあるわけですがそれほど自信があるわけじゃなしw

馬連でサノイチ、アルタイル、バーディーイーグル、メガオパールカフェ、ノボバカラ、チェスナットバロン、クラシックメタルへの7点。

マヤノオントロジーまでは印が回らないんだけど、鞍上ルメールを無視してもいいのだろうか。。。

ま、抜けたら仕方が無い。

 
 
 
東京5Rのサトノバレット。
 
出遅れて後方儘のシンガリ負け。
 
馬体重はプラス4キロと少しだけ増やしてきましたが、まだまだ勝ち負けにはなりそうもない感じでした。
ちょっと中央では厳しいのかなあ。
 
なんとか頑張って欲しいんですが。
 
 

白嶺ステークス、クライスマイルは2枠2番

[スクリーンヒーロー] ブログ村キーワード

土曜日の枠順確定、白嶺ステークスに出走のクライスマイルは2枠2番。

田辺くん、包まれずに好位を確保できるだろうか。もしかしたら前走のように逃げる可能性もあるけど、府中のダート1600mを逃げ切るのはなかなか難しいし。

6枠の2頭、特に勝春のアールプロセスなんかが逃げるかなあと思ってるんだけど、そのすぐ後ろの内に位置を取れるといいなと思ったりします。
中団から後ろでは錦秋Sでキレ負けすることがわかったので好位で先行して最後しぶとく差し切る、そんな競馬を希望しますw

 
 
東京5R3歳未勝利芝1800mにはプライムステージ産駒サトノバレットが7枠13番から出走。
 
プライムステージ、もうけっこう高齢だと思うけどまだ3歳の産駒がいたとは!
(と思って調べたら更に下がいたw)
 
ダイナアクトレスの2番仔、サンデーサイレンス初年度産駒でサンデーに一番最初の重賞勝ち(札幌2歳S:当時は1200mでしたね)をプレゼントした孝行娘です。
兄のステージチャンプとは違ってものすごくやんちゃなイメージが強い。
 
産駒ではアブソリュートが東京新聞杯と富士Sを勝ってますね。
 
サトノバレットはその10番目の仔。
 
11月の新馬戦は同じ東京の芝1800mで11番人気で9着。422kgと小柄でまだまだ力が足りないといった感じのレースでした。
 
そこから3ヶ月の間を置いての2戦目。
 
どのくらい成長しているでしょうか。身体、少しは大きくなってるといいんだけどな。
 
 

週末の天気を気にしつつ枠順確定の金曜日

[アメリカジョッキークラブカップ] ブログ村キーワード

もう金曜日。ホントに歳とともに毎日の過ぎていくのが早くなってきたなあ。

というわけで枠順も確定。

東海Sに登録のあったマイネルバイカは川崎記念に回るようで東海Sは12頭立てと少し寂しい頭数ですね。

狙い目じゃないかと思っていた馬がいないとちょっと残念。ラッキーなのかもしれないですが(自嘲)

AJCCは3頭出しのマイネルの馬が最内に1頭と大外に2頭という極端な枠順。これナニかのサインですか?

中山芝2200mは1コーナーまで十分距離があるので位置取り争いがそれほど激しくはならないことが多いですが、このメンツ、この並びならやはり落ち着いた流れになりそう。

内に並んだマイネルフロスト、アップルジャック、ディサイファがじんわりとポジションを探っている間に外からヤマニンボワラクテとスズカデヴィアスがハナを競う。
この2頭が後続を少し離して逃げるような展開を想像してしまいます。

でも、ペースはそれほど早くはない見た目はスローの縦長の隊列、そんな想定。

土曜日の夕方から雪になるかもという予報なので馬場状態には注意しつつ展開を考えたいですね。

 
 
土曜日の中山メイン・アレキサンドライトステークス、クライスマイルは6枠10番。
 
う~ん、中山のダート1800mだけにもう少し内枠のほうが欲しかったけど。
 
内にそれほど逃げたい馬はいなくて、おそらく逃げたい久々のエキマエは8枠13番。
エキマエが熨斗つけてハナを取りにいき、内からリッカルドやバスタータイプあたりが前目のポジションを取りに出していったすぐ後ろ、中団の内につけられればクライスマイルにも勝つチャンスはあるかなあ。
 
鞍上・田辺騎手の手腕に期待します。
 
 
 
 

エキマエ復帰

[アレキサンドライトステークス] ブログ村キーワード

今日(1/20)は雪の影響で栗東トレセンは満足に調教ができない状況になっているようですね。

週末のレースにも影響はありそう。難しくなりそうだなあ。

天気予報では土曜日の中山は曇り時々雪となっていて開催自体にも影響がありそう。この時期は天気に悩まされることが多いですね。

さて、注目アレキサンドライトステークスですがw
(土曜日、中止になったりしないだろうな)

1年8ヶ月ぶりのエキマエの登録があります。
ワンアンドオンリーが勝った2014年のダービー以来の出走。

6枠12番がエキマエ。
果敢に逃げて向こう正面に入ったところでは2番手を6~7馬身も離す逃げを見せていましたが3コーナー手前で故障・競走中止。

長い休養だったので復帰していきなりの好走はなかなか大変だとは思うけど、ダービーを使う前のダート戦3連勝という戦績を見ると、名前のユニークさもあって単勝馬券はけっこう売れそう。

応援したくなるタイプの馬ですよね。

私はクライスマイルがいるのでそちらの応援に回るわけですが、まずは無事に走ってほしいと思いますし、できれば3歳500万、ヒヤシンスS(OP)、兵庫チャンピオンシップ(G2)と連勝した能力を見せてほしいものです。

奇しくも厩舎はゴールドアクターで有馬記念を勝った中川公成厩舎。

クライスマイルとのワンツーとか決めてもらえると嬉しいなあ。

 
 
登録メンバーを見渡すと先行タイプは何頭かいますが逃げにこだわるタイプは不在。枠順によってはエキマエが逃げる展開もありそうです。
 
長期休養明けだからそのうち止まるだろうと他馬がのんびり構えたらまんまと逃げ切り、なんていうケースも無きにしもあらず。
 
楽しみに見たいと思います。