「クイーンステークス」タグアーカイブ

クイーンステークス(2016) 予想

[クイーンステークス] ブログ村キーワード

チェッキーノが回避してどこからでも狙えそうなクイーンステークス。

まぁまぁ先行馬が揃ってペースはそこそこ流れそうな気がしますが、どの馬が逃げるんでしょうね。

マイネグレヴィルが内枠ならハナにこだわるんじゃないかと思ってましたが、この並びだとちょっと厳しいか。

1コーナーまであまり距離のないコースですからねえ。。。

おそらくは内の好位を楽に取れそうな感じがするマコトブリジャールを本命にしてみます。

人気もないですし、馬連総流しと複勝で。

紐に変なのが来てくれれば面白いかなと。
 
 
 

 
 
 
今日のスクリーンヒーロー産駒は札幌5Rのカロスと新潟8Rのキャンディキー。
 
カロスは今のところ2番人気ですが1頭抜けた人気の馬がいますので勝ってくれればそこそこおいしい配当になりそうですがどうでしょうか。
 
キャンディキーはJRA再転入後は2桁着順が続いていることもあって現在10番人気とまったく人気がありません。
 
このメンバーではちょっと厳しいかなあ・・・応援馬券は少しだけで(笑)
 
 
 
朝イチで都知事選の投票は済ませてきたのでのんびり競馬を見て過ごす日曜日になりそうです。
 
 
ではでは
 
 
 

梅雨明けかな

[クイーンステークス] ブログ村キーワード

東京もようやく梅雨明けでしょうか。

北海道では逆に大雨で浦河や新ひだか町では土砂災害警戒情報が出されているとか。
大きな被害が出ないことを祈るばかりです。

クイーンステークスは13頭立てになりそう。

マイネグレヴィル、内枠に入らないかなあ。
で、その少し外にマコトブリジャールとか。

今のところウインプリメーラ、シャルール、チェッキーノ、ナムラアン、マイネグレヴィル、マコトブリジャール、リラヴァティの7頭に絞っていて、どれを軸にしてどういう買い方をするかを枠順を見て決める、という風に思っているのですがどうなりますか。

出走馬の馬柱と鞍上を見ると積極的に行きそうなのはマイネとリラヴァティかなあと思うのですが、ナムラアンが内枠に入って仕方なしに前に行ったりしたら面倒くさい。

皇成だから外枠に入ったら控えてそのままイイトコなしで終わると思うけど、内に入って仕方なく前に行って変に競りかけられると、チェッキーノには願ったり叶ったりだろうからそれだけはやめてほしいなあと穴党は考えるわけです。

できればリラヴァティも大外になってちょっと控えてもらって、内からマイネ、マコトの2頭がノンビリとペース作ってそのままいったいった、なんてなってくれると嬉しいのですが(笑)

ま、枠順決まる前にアレコレ考えても仕方がないですが。
 
 
 

 
 
 
スクリーンヒーロー産駒の新馬勝ちは先週で途切れましたが、重賞・函館2歳ステークスでは8番人気ながらメローブリーズが4着に健闘。
 
願わくば3着に上がって欲しかったですが(複勝持ってたし4倍もついてたw)、重馬場の新馬戦があまり評価されてなかったのを見返すかのような好走、レコードにコンマ4秒差ですから時計勝負でもそこそこいけそうな手応えを陣営も感じたんじゃないでしょうか。
 
次はもう少し人気になるかな。それはそれでちょっと残念なんだけどw
 
 
今週も日曜札幌5Rの新馬戦にカロスがスタンバイしている模様。
 
母父タイキシャトル、父父グラスワンダーと同じ栗毛。
 
池添厩舎で調教も池添騎手がつけているようですから鞍上も池添騎手なんでしょうね。
 
なかなか好調な世代、5頭目の勝ち上がりを決めて欲しいものです。
 
 

チェッキーノ、大外枠にでも入らないかな

[クイーンステークス] ブログ村キーワード

今週から新潟、小倉、札幌へ開催が移り、新潟はアイビスサマーダッシュ、札幌ではクイーンステークスの重賞2鞍。

アイビスサマーダッシュって当てたことあったかな?

あぁ、サチノスイーティーが勝った年とその前年のテイエムチュラサンの年に当てたような気がする。

クイーンステークスなんてもっと当てた記憶が遠いぞ、と思ったら一昨年3連複が当たっていたらしい・・・(笑)

↑コレ、2014年のレース。

勝ったのはキャトルフィーユ、2着にアロマティコ、3着にスマートレイアー。

あまり記憶に無い・・・配当もたいしたことなかったしなあw

今年はフルゲート14頭に17頭が登録。

1000万条件のカルトラポール、ペルフィカと1600万条件で収得賞金が低いノットフォーマルが除外対象、ということになるのかな?

以前は軽量の3歳が活躍している印象があったけど、近3年は4歳5歳が優勢。

今年はオークス2着の3歳馬チェッキーノが1番人気になりそうな感じだけど果たしてどうだろうか。

秋のトライアルを待たずにここを使ってくるというのはそれなりに勝算があってのことと思うけど、藤沢厩舎だし秋に関西へ2度の輸送をして疲労させるよりも、ここを叩いて秋華賞に備えるということなんだろうな。

同じコースで全兄のコディーノが札幌2歳Sを勝ってることだし。。。
(あの頃はまだ横山典と藤沢厩舎も蜜月だったのにねえ・・・トオイメwww)

鞍上・戸崎だし、過去5戦全部上がり最速だし(しかも中山のマイルでも府中2000mの大外枠でも)、軽い印にはできないだろうなあ。

願わくば1コーナーまで距離が200mしかない札幌なので大外枠にでも入ってもらえると穴党としてはガンバロウ!という気にもなるので、JRAさん、その辺よろしくお願いしますm(__)m

sapporoTURF1800
*JRAのサイトより

 
 
 

 
 
 
札幌競馬場は小回りのローカルというイメージはあるものの実際にはコーナーの半径が大きいのでカーブは緩やかで大きい。
 
そのためコースの全長はローカルの中では比較的大きい方なのに、直線部分が短いという特殊なコース形態になっている。
 
イメージとしては他の競馬場よりも円形に近いといえば良いだろうか。
 
 
ということは距離ロスを考えると圧倒的に内が有利ということになる。特に力のある先行馬が内枠に入ると鉄板と言ってもいいほど・・・(と個人的には思っているw)
 
ちょうど中山の芝1600mのイメージ。
 
 
ローカル小回りだから多少外枠でもそんなに大きな不利はない、と考えると痛い目を見ることはよ~く意識しておきたい。
 
 
するとチェッキーノは中団よりも後方から競馬をしてきているので、内に力のある先行馬が入ったらよく追い込んだけど2~3着というのはあると思うんだよなあ。
 
 
マコトブリジャールとかマイネグレヴィルあたり、内に入ってくれないかな。。。
 
 
リラヴァティが1枠か2枠になったらこっちを本命にするかもw
 
 
 

クイーンステークスといえば

ども、クイーンステークスと言えばオースミハルカなふぉんてんです。
逃げ馬好き♪

どうですか、この軽快な逃げ足。
最後までしぶとく脚を使い切り華麗なる重賞制覇。
このレースの前々では中団前目でレースを進めて差してくるレースをすることが多かったのですが川島騎手が彼女の特性を活かす騎乗で能力を出しきりました。

後にはこうしたレース運びで2度、人気薄ながらエリザベス女王杯で2着に食い込んでいます。相手はアドマイヤグルーヴ、スイープトウショウには及びませんでしたが終始先行して最後まで押しきれるかというドキドキのレースを見せてくれました。

大好きな馬だったなあ。。。

と書いていたらエピファネイア引退の報が入ってきました。
ん~、残念。
菊花賞を勝った時は翌年の古馬中長距離戦線はこの馬中心になりそうだなあと思ったこと、
立ち直れないのかと諦めそうになった時のJC圧勝。
どちらも思い出深いレースでした。

きっといい仔を出してくれることでしょう。お疲れ様でした。産駒に期待します。

さて、それはそうとクイーンステークス。

この時期のG3だけに一線級からは現状一枚落ちるメンバーと思われがちな馬たちの戦いですが意外にその後に活躍する馬が出てくるレースでもあります。

先に挙げたオースミハルカもそうですが勝ち馬にはサクラキャンドルの名前もあり、クイーンステークスを人気薄で勝ち、その後のエリザベス女王杯も2桁人気での激走だったのを思い出します。

今年、そんな馬、出ないかなあ。。。

人気はレッドリヴェール、フーラブライドあたりでしょうか。

レッドリヴェールは実績から言えばこのメンバーでは負けていられないレースだとは思いますが昨年のダービー以降はまったく良い所が無いだけに悩ましいところです。
人気になるからオッズ的にも旨味はないでしょうし。

ま、近走不振だから1番人気になってもそれほど抜けた人気にはならず実力を考えると美味しいオッズなのだという見解もあるとは思いますけどね。

好配当を狙いたい穴党としては人気の盲点になっていそうな存在を一生懸命探してみましょう(笑)

[クイーンステークス] ブログ村キーワード