「キャロットクラブ」タグアーカイブ

キャロットクラブの募集馬リストを見ていた


 
 
キャロットクラブの今年の募集予定馬一覧をぼんやりと眺めていた。

母馬の名前を見てるだけでもさすがのラインナップ、これも抽選でなかなか思ったのには出資できないんだろうなあ、などと考えていたら目に付いたのがジャッキーテーストの2017。

父スクリーンヒーロー、母父カーネギー。

ふむ、モーリスと同じパターンじゃないか。

で、詳しく見てみると、

ジャッキーテーストの2017

モーリス

*画像はJBIS Searchの架空血統表から。画像をクリックするとJBISのサイトに飛びます。

母の血統がジャッキーテーストの2017はアイルランド産でその母はフランス産というヨーロッパ牝系。
一方、モーリスはオールドファンが涙して喜ぶメジロボサツへと遡るバリバリの日本の古い牝系だ。

スクリーンヒーロー産駒は、今のところ母父が日本ではあまり活躍馬のいない地味な血統のほうが目立っている印象。
なにしろモーリス以外のスクリーンヒーロー産駒の重賞勝ち馬は、ゴールドアクターの母父がキョウワアリシバ、グァンチャーレはディアブロ、ミュゼエイリアンはエルコンドルパサー、トラストはエイシンサンディ、ジェネラーレウーノはロックオブジブラルタルだ。
(というかこれまで相手の繁殖牝馬がそういうタイプばかりだったわけだがw)

カーネギー産駒というと菊花賞でデルタブルースの2着したホオキパウェーブくらいしか思いつかないし、日本ではあまり活躍馬を出すことはなかった。まさにスクリーンヒーローが出す活躍馬の母父としてはうってつけの存在と言っていい(意味不明w

そしてジャッキーテーストの2017とモーリスはともに母父カーネギーで、母母がヨーロッパ牝系か日本古来の牝系かという違い。はたしてこの差がどんなふうに産駒の特徴に違いを現すのか、興味津々だ。

出資するクラブを増やすつもりはないが、思わずキャロットクラブの今年のカタログを取り寄せたくなる。取り寄せないけど・・・。

今年キャロットの募集予定馬は86頭のようだがスクリーンヒーロー産駒はこの1頭だけだ。募集価格はどのくらいなのだろうか。場合によっては出資を考えなくもないぞ。

いやいや、そんなに出資馬を増やす余裕はない。ここはじっと我慢、我慢。。。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
キャロット、シルク以外のクラブでは今年の募集馬ではどんなスクリーンヒーロー産駒がいるだろうかと気になって探してみた。

◎ウインレーシング
グレートキャティの17(母父サクラユタカオー)
コウエイソフィアの17(母父フォーティナイナー)
コスモクリスタルの17(母父マイネルラヴ)満口
フリーヴァケイションの17(母父フライソーフリー)

◎ユニオンオーナーズ
ビューティーコンテストの17(母父Singspiel)

◎ラフィアンターフマン
マイネアルナイルの17(母父ロージズインメイ)
マイネエレーナの17(母父ロージズインメイ)
マイネショコラーデの17(母父ロージズインメイ)
マイネヒメルの17(母父ロージズインメイ)
マイネボヌールの17(母父ロージズインメイ)
マイネアクティースの17(母父タマモクロス)
マイネエスポワールの17(母父アグネスデジタル)
マイネソーサリスの17(母父ブライアンズタイム)
マイネソルシエールの17(母父ロージズインメイ)
コスモバルバラの17(母父ロージズインメイ)

◎ニューワールドレーシング
リリアンタイム2017(母父ブライアンズタイム)

◎社台サラブレッド
ウイングドウィールの17(母父シンボリクリスエス)満口
ウォートルベリーの17(母父Starborough)
アイアムルビーの17(母父Saint Liam)

すべてのクラブを見たわけではないがざっとこんなところか。。。

ラフィアンがスクリーンヒーロー産駒やけに多い

昔、岡田総帥はBS11の競馬中継でスクリーンヒーロー産駒は筋肉が重くて、軽さや繊細な運動神経はない、とか言ってたんだけどなw
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
モーリスが最初にGⅠを勝ったのが2015年。ゴールドアクターもこの年の有馬記念を勝利。

なのでスクリーンヒーローの種付け料もあがり、相手の繁殖牝馬のレベルがグッと上がったのは2016年から。
それまでは種付け料もそれほど高くなかったし、正直なところ繁殖牝馬の質はそれほど高いものではなかった。

今年2歳の2017年産の産駒からは繁殖の質も上がってきたし、これ以降の産駒の活躍がスクリーンヒーローの種牡馬としての本当の価値を決めてくるという気はする。

モーリス、ゴールドアクター以降、GⅠレベルで活躍している産駒が見当たらず、今年になってようやくジェネラーレウーノが皐月賞で3着した程度。

そのせいか一時よりもスクリーンヒーロー産駒への期待感が落ち着いている感じはする。だからこそ逆に今がスクリーンヒーロー産駒に一口で出資するいいチャンスなのかも、などと妄想してしまったりもするのだが。

う~ん、だったらシルクでサダムグランジュテの17に抽優馬で申込みしておけばよかったか。抽優馬の申込み口数が77しかなかったから確実に取れてたんだよな。。。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

一口、バブル期なのか


 
今日、キャロットクラブは2次募集を開始したようだけど、あっという間に残りが3頭しかいない模様。確か1次募集が終了した時点で25頭残ってたと思うが。
全盛期の嵐のコンサートチケットかよ(違う

うかうかしているとその余波を受けてシルクで残っているのも売れてしまうかもしれない。
引き落としのタイミングの都合で10月になったらもう1頭申し込もうと思っているのがいるのだが、月末まで残らないだろうか。満口近し、出てるしなあ。

他の一口クラブはどうなんだろうかと東サラ、ラフィアン、ウインのサイトを見てみたがそんなに軒並み満口ということもないようだが、これからどんどん売れていくのだろうか。

それとも単に社台・ノーザンF系ばかりが人気になっているだけなのか。
 

これから募集の始まるノルマンディーがどんな売れ行きになるのかが注目だな。
 
 
 

 
 
 
そういう意味では1万口近くも募集口数のあるバヌーシーはいつでも出資できる安心感はあっていいな。(自分が出資することは間違ってもないと思うがw)
 
 
もう一つ今年始まったワラウカドはどうなのだろうかと覗いてみた。
こちらは6頭募集していてまだどの馬も募集中、満口にはまだまだ余裕がありそうで慌てて申し込みなどはしなくても良さそうだ。2歳馬でも3頭のうち2頭がまだキャンセル待ちを受けてるくらいだし。
 
 
一方、一口といっても高額なサンデーレーシングは93頭中91頭が既に満口、G1レーシングは44頭中29頭が満口だ。
 
同じ社台・ノーザンF系でも良く売れるサンデーR、キャロットとそれほどでもないG1R、シルクといった違いが出ているようだ。
 
まあ、実際にGIレースで実績を出しているのはサンデーR・キャロットだし、シルクやG1Rはまだ実績が出ていないから、その差が反映されているといえばわかりやすいか。
 
 
しかし、シルクの募集馬も自分の気に入った馬に必ずしも出資できる可能性があるわけではなく、むしろ自分のような弱小出資者はその年に自分が一番出資したいと思う馬に出資できる可能性はかなり低いわけで。
 
予想はしていたが最初に自分が出資したいと考えていた募集馬は抽選に外れたので残った中から探すという作業になった。
 
それでも自分は意外とその作業が嫌いではない、というよりもむしろ楽しいかもしれないw
 
残っている中から走りそうな馬を見つける喜び、とでもいうのだろうか。
ま、実際にまだ走った馬を持ったという経験はないわけだが(笑)
 
 
Twitterでたまにシルクは出資実績優先だから自分の希望通りには出資できない不満を見掛けたりする。
 
ま、気持ちはわかる。
 
自分の大事なお金を使って出資するわけだから納得いかない形で出資などしたくない、というのは当然だろう。
 
でも、じゃ、それなら希望通りに出資しやすいクラブで探せばいいじゃないかということになると、それもまた違うんだろうな。
 
なんだかんだ言って大レースは社台系の牧場出身の馬が多く獲ってるから。そういう馬が多く集まるクラブの中から良さそうなのを探したい、ということなんだろう。
それなのに自分の出資したい馬に出資できないんじゃ意味がない、と。
 
 
でも、そんなにいい馬持ちたい!と思うなら、まず仕事頑張ってたくさん稼いでそしてたくさん出資実績作れるようにすることが先だし、それが嫌なら他のクラブに移ればいいだけだ。ネット上でいくら文句を言ってもたぶんクラブは方針を変更したりはしないだろう。
 
だって営利法人だから。
 
 
それができるようになるまでは自分でできる範囲で楽しみながら選んで、稼げるようになるまでに見る目を養うというのもありじゃないだろうか。
 
そうしているうちに社台系じゃない他のクラブで大物を見つけ出せるようになるかもしれない。ロードカナロアとかタップダンスシチーみたいな。
 
 
そのくらいのスタンスでやらないと一口も楽しく続けられないような気がするけどな。
 
 
そしてこんなに一口クラブが人気なのも一時的なものなんじゃないかという気もする。
たぶん、今はちょっとしたブームなんだと。何年かしたら落ち着くんじゃないかな。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

一口馬主の楽しみ方ってなんだろう


 
昨日バヌーシーの記事を書いたら、いきなりアクセス数が普段の7~8倍に増えてて驚いている。
みんなバヌーシーへの関心が高いんだなあw
 

仕事帰りの電車の中でTwitterを見ていたら、昨日はキャロットの1次募集の申し込み状況が発表されていたようでTLに悲喜こもごもの呟きが。

自分はカタログは取り寄せたものの結局1次募集では申し込みはせず、残った馬の中からゆっくりと良さそうなのを探そうかなと思っていたのだが、どうやら相当多くの馬が1次募集で満口になってしまいそうな様子で、今は一口馬主ってブームが到来してるんだなあと感じた。

シルクでは出資の権利が抽選になった場合、過去3年(?)の出資実績が優先されてしまうので自分のような弱小出資者には永遠に自分が本当に出資したい馬への出資が叶わないということもままある。だからキャロットのように過去2年の落選実績(?)で優先権がもらえるというのはなかなかいい制度だなと思う。

それでも予算の面もあるし、キャロットにしてもシルクにしても超良血と言われるような馬は1口20万円とかするわけで、それこそ細々としか出資できない自分にとってはそれとても高嶺の花。

そして高い馬だから走るとも限らないのが競走馬なので、ここは逆に言い方は悪いが売れ残っている中から良さそうなのを探すのも一口馬主の楽しみ方ではないか、などとも思い始めてきた。

初めて出資したヴェロニカグレースなんかはまさにそんなパターンで、今年に入ってまだ残っていた中から出資した2歳馬。
それが夏にはデビューして初戦3着。少し休養を挟んだが2週間後には2戦目に向かうし、勝ちも意識できる程度の状況になっているのは嬉しい限り。

人気ですぐに満口になる馬が必ず大活躍するというわけでもないし、売れなかったから走らないというわけでもない。(もちろん、確率的には人気の血統馬のほうが走るんだろうが)
それなら抽選が当たるかどうかで一喜一憂したりする(それはそれで楽しいのだろうが)よりも、残っている中から良さそうなのをじっくりと探すのも良いじゃないかと。

馬券を買うときに穴馬を見つける楽しみと同じ感覚なのかもしれない。ハズレたときは馬券以上に残念な感じになるが(笑)

そんな感じでシルクの今年募集になっている馬も最初の申込みはもちろんしたが、当然のように落選したので残ってた中からのんびり良さ気なのを検討し、まずはサトノジュピター2016に出資した。
他にまだ残っている中であと1頭くらいは出資したいと考えて、日々あれこれ検討している。
 
 
 

 
 
 
基本、一口馬主は儲かるものではないだろうし、自分が出資した馬が走ってくれるだけでも十分に嬉しかったりするものだろう。
 
あまりリターンなんかは期待しないほうがいいものなのだと思う。
 
そういう意味ではリターンを得る喜びにはバッサリと目をつぶったバヌーシーというのは面白い試みだとは思う。
 
 
それにしても、、、1頭の募集総額が高すぎると思う。
一度出資してしまえば会費などは一切かからないとはいえ、最初にかかる費用の運用管理預託金の内のシステム利用料とか情報料ってなんだろう。
 
それと別にクラブを運営していくうえで必要であろうクラブ法人ファンド運用管理費は取られているし、別途ファンド運用管理費預託金とかファンド運用監査預託金などもしっかり含まれているのになんとも解せない。
 
 
こういったところが皆にはイマイチ理解されにくくて販売が伸びてないのだろう。
 
もっともその前に単純に募集総額3億円とかG1を1つ2つ勝った程度じゃペイしない、というのが問題なんだと思うが。
 
キタサンブラックの全弟に至っては4億円超えだ。
それこそキタサンブラック並みに活躍しなきゃ旨みはないとなると、なかなか出資してみようかという気にはならないだろう。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!