「オークス」タグアーカイブ

オークスの余韻と、ダービー前のワクワクと


 
オークスが終わって2日経つが、何度も感動をもって見返してしまう。

いや~アーモンドアイ、ホントに強かったなあ。
間違いなくジェンティルドンナ級、いや3歳春の時点としてはもしかしたらそれ以上のインパクトがあったかもしれない。
(ジェンティルドンナがオルフェーヴルを蹴散らしてジャパンカップを勝った時のインパクトも相当のものだったがw

リリーノーブルだって例年であれば十分に樫の冠を手にしていたであろう時計で走っているし、3着のラッキーライラックも然り。
その2頭をあっさりと赤子の手をひねるように負かすのだからその強さたるや・・・

秋は3冠目の秋華賞が目標となるのだろうが、そのあとはぜひジャパンカップか有馬記念で牡馬に立ちはだかってほしい、そんなことを思わせる強さだった。

こういうレースを観られることが馬券を超えて面白いと思わせる競馬の魅力だよなあとつくづく。

それにしても一年前にロードカナロア産駒が2400mのGⅠでこんな強さを見せてくれるとは考えもしなかったし、一時はフサイチパンドラは繁殖としてはもう一つだったかと考えはじめていたが全然そんなことはない思い知らされた。

あぁ、フサイチパンドラの仔だからエリザベス女王杯で母娘制覇という記録も掛かるのか。三冠のあとは陣営はどこを使おうかといい意味で頭を悩ませるのだろうな。

 
 
【スポンサーリンク】



 

アーモンドアイが直線で何度も手前を替えることについては色々と見方もあるようだが、自分はアラシさんの言っている「競るときに手前を替える」という見解が一番当たっているように思う。

【参考動画】アーモンドアイが頻繁に手前を替える理由が判明

逆に言うとアーモンドアイが直線であまり手前を替えられないほど利き脚手前ばかりを使っているときは相当手強い相手と戦っているということなのだろう。

そんな場面を是非見てみたいものだ。

 
 
【スポンサーリンク】



 

今週はいよいよダービー。早いものだ。
皐月賞を挫石のためパスした今年のクラシック戦線の大本命・ダノンプレミアムが満を持して登場する。今年はいったい東京競馬場に何万人が集まるのだろうか。

ダノンプレミアムは果たしてアーモンドアイのような強さを見せるのか、それとも順調に来ている皐月賞組が一矢報いるのか。

天才と言われた父・福永洋一も果たせなかったダービー制覇を夢見ているであろう福永祐一のワグネリアン、

ダービーと同じ府中2400mのジャパンカップを勝ち種牡馬入りしたスクリーンヒーロー産駒のジェネラーレウーノは同じコースで快走を見せられるか、

自身3連勝中で、それに同じシルクレースホースのアーモンドアイの勢いも乗せて一気の頂点取りを狙うブラストワンピース、

同様にアーモンドアイと同じ国枝厩舎のオウケンムーンも僚馬の勢いを借りて巻き返したいところ、

そして唯一2冠の権利を持っているエポカドーロも皐月賞馬ながらあまり人気がなくファンを見返してやりたいと虎視眈々だろう、
 

ダービーに集う18頭にはそれぞれここにたどり着くまでのドラマがあったはずだし、多くの想いを秘めてこの場に登場してくる。

どうか全馬が無事に、そして先週のように心震えるレースを見せてほしい。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

2強に割って入るのはディープインパクト産駒か


 
さて今週はオークス。
一時はヴェロニカグレースも出走するんじゃないかと夢を見ていたのが遠い昔のようだw

そのヴェロニカグレースと同じシルクレースホースのアーモンドアイが一番人気になりそうだが、はたしてどんなレースになるだろうか。

例年オークスはみんな2400mという距離を意識して極端なスローペースになる。
そのため直線に入ってからの瞬発力比べになるケースが多く近5年の馬券圏内の15頭のうち半数近くの7頭がディープインパクト産駒だ。

過去5年のディープインパクト産駒の出走頭数と馬券圏内頭数は以下の通り。


※クリック、タップで拡大
 
4頭以上出走した年は2頭が馬券圏内に。オークスという舞台はディープインパクト産駒には向いている舞台なのだろう。

今年は登録馬には7頭のディープインパクト産駒がいる。いずれも出走馬決定順では出走可能な状況。そうなるとやはり無視するというわけにはいかないだろう。
 
 
【スポンサーリンク】



 
人気のアーモンドアイ、ラッキーライラックは世代の中では相当強いと思うし、そうなると人気2頭からの相手にディープインパクト産駒を何頭かピックアップして3連系馬券で勝負というのが馬券的にはまっとうな臨み方だろうか。

人気2頭はさておき、ディープ産駒の中から選ぶとすればサトノワルキューレ、マウレア、オールフォーラブあたり。手を広げてもトーセンブレスくらいまで。
これではなんだからしくない極めて堅い馬券になってしまいそうだが。
 

それとも昨年ディープ産駒が馬券にならなかった流れを受けて、今年もディープ産駒は健闘するも圏外という結果に賭ける馬券で勝負するか。

そういう狙いならリリーノーブル、ランドネ、ロサグラウカといったところか。それでもリリーノーブルで決まったら桜花賞と同じ3頭でこれまた堅い決着だがw

【スポンサーリンク】



 
 
アーモンドアイ、ラッキーライラックの2頭にサトノワルキューレかリリーノーブルの3頭で決まったらオッズ的には相当つまらない。
かといって3歳牝馬のレースでガチガチの一点or二点で勝負するのもどうかと思うし。悩ましいところではある。

どれか見落としている穴馬はいないだろうか・・・

展開的にはおそらくサヤカチャンがハナを切って1頭大逃げ、離れた2番手集団にトウホウアルテミス、ランドネ、ロサグラウカあたりがいてその後ろにラッキーライラック、アーモンドアイは中団より後ろに位置するような隊列だろう。

3コーナーあたりからサヤカチャンのスピードが鈍って後続が差を詰めていく流れ、各馬それぞれ手応えは十分なまま4コーナーから直線へ。

東京の長い直線で末脚比べなのであまり位置取りにとらわれることはないと思うが、穴党として期待したいのは思いのほか縦長の隊列になること。
先頭、2~3番手がポツポツと離れて進んで、それでいて全体がスローな流れ。そうなれば前にいる馬が有利になるから意外な先行馬が逃げ残りというケースも考えられる。
それに賭けてヒモ穴としてランドネ、トウホウアルテミス、ロサグラウカあたりに期待してみようか。

どんな枠順になるだろうか。枠順と並び次第では2強や有力3番手候補に割って入る穴馬が登場するんじゃないだろうか。
それでもアーモンドアイ、ラッキーライラックの2頭が馬券圏外に消えるとういのは想像しがたく、3頭目に人気薄の台頭というケースでなんとか好配当をゲットできないかと今の段階では妄想している。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

オークス

[オークス] ブログ村キーワード

仕事に追われてすっかり更新が途絶えていました。

ご無沙汰しております、ふぉんてんですm(__)m

オークスの登録馬を見ていて「あれ?ジェラシーって回避じゃなかったっけ?」と思いましたが、それはジュエラーの勘違いでした。

すっかり競馬に疎くなっています(そうなのか?w

桜花賞馬ジュエラーが回避し、メジャーエンブレムがNHKマイルにまわり(強かったですね)、自動的に桜花賞2着のシンハライトが有力馬の筆頭となりました。

桜花賞2着馬のオークス制覇というとシーザリオ、メジロドーベル、アドラーブルなんかを思い出します。

メジロドーベル、アドラーブルのときは桜花賞馬も出走していましたが、そのときの桜花賞馬キョウエイマーチ、ニシノフラワーはともに短距離タイプだったことが桜花賞2着馬がチャンスをものにした面があるでしょう。

シーザリオの時は桜花賞馬ラインクラフトが桜花賞後NHKマイルに向かったということで、今年はなんだかシーザリオの年に近いのでしょうか。
ジュエラーは故障による回避ですが、一番人気だったメジャーエンブレムがNHKマイルカップに向かったという点で何か似た雰囲気を感じます。

ちなみにシーザリオが勝った時は1着シーザリオ(1番人気)、2着エアメサイア(2番人気)、3着ディアデラノビア(3番人気)で入線し、馬連630円、3連単3,330円という穴党には手も足も出ない結果でした(笑)

今年はやはりシンハライトでガチガチの結果になるのでしょうか。

個人的には430kgという馬格の無さが気にはなるのですが、長距離は得てして小さい馬も活躍できることが多いですし、それで評価を下げるというのはやめたほうがいいのでしょうね。

当然馬券圏内には来るだろうと考えて、ヒモ荒れを期待するしかないでしょうか。

上位人気になりそうなフローラS勝ちチェッキーノ、桜花賞3着アットザシーサイド、忘れな草賞勝ちロッテンマイヤーのうち馬券から外すとすれば母ルミナスハーバーのアットザシーサイドでしょうか。

穴に面白そうなのはどれでしょう?

出走できればフローラSで人気を裏切ったビッシュなんかは人気を落としそうで狙い目じゃないか、ストレイトガールでヴィクトリアマイル連覇した藤原英厩舎のエンジェルフェイスも波に乗って好走するんじゃないか、などと思ってしまいますが。
 
 

 
 
オークスといえば幾つも思い出深いレースはありますが、今回は1991年イソノルーブルが勝ったオークス。
 

 
 
5戦5勝で迎えた桜花賞では単勝2.8倍の1番人気に押されながらレース中落鉄して5着敗退。
 
迎えたオークスでは一気に人気を落として単勝12.8倍の4番人気に。
 
それまで1000mから1600mで逃げて勝っていただけにスピード型と見られたのか距離が持たないだろうと考えた人が多かったんでしょうね。
 
かくいう私もそうでしたw
 
しかしそんなファンを嘲笑うかのように大外20番枠から逃げ切り勝ち!
 
鮮やかでしたねえ。鞍上は現調教師の松永幹夫騎手。当時は甘いマスクで女性ファンも多かった。
 
 
イソノルーブルと一緒にクラシックを走ったのは桜花賞馬シスタートウショウやスカーレットブーケ、タニノクリスタルなどがいます。
 
スカーレットブーケは現役時にはG1勝ちこそありませんでしたが母となってダイワメジャー、ダイワスカーレットを出していますし、タニノクリスタルも重賞勝ちこそありませんがタニノギムレットを産みました。
 
今思うとなんとも豪華なメンバーだったなと。
 
 

オークス予想

ども、ふぉんてんです。今日土曜日は久しぶりに朝から競馬を見られる状況だったのでポチポチ馬券を買ってましたがサッパリ当たりませんでした┐(´д`)┌ヤレヤレ

明日は朝イチから東京競馬場の開門に並ぶので今からオークス予想をしておきます。

桜花賞がかつてないほどのスローペースだったので桜花賞自体の評価にみんな悩んでいる感じですよね。
確かに評価は難しい桜花賞になってしまったのでここはレースレベルはあまり考えずに展開面から優位に運べるのはどの馬か、というのを重視して予想をしたいと思います。

桜花賞もそうでしたがオークスも逃げ馬不在。
各ジョッキーとも桜花賞の超スローペースは記憶に鮮明にあるとは思いますが、このメンバーではやはりスローは免れないかなと思います。

そんな前提で考えるなら・・・

本命は5番シングウィズジョイ。
この枠の並びならスムーズに先行できそうですし、後続からプレッシャーを掛けられることもなさそうな気がします。
相手には1番レッツゴードンキ、4番ココロノアイ、13番アンドリエッテ、2番マキシムドパリ、10番ミッキークイーン、14番ルージュバック、18番ディアマイダーリン。

他にもクルミナルやローデッドといった辺りは気になりますがどこまで買うかはオッズ次第ということで(笑)

馬群は一団で進みそうな気がするので極端な瞬発力勝負になりそうな気もするのでアンドリエッテを中心にした馬券も買いたいな、とは思っています。

実際に買うのは明日競馬場で決めますが、今のところシングウィズジョイとアンドリエッテの2頭をそれぞれ軸にした馬連流しで買い目は多めに少額で遊ぶ感じかなあと思っています。

・・・朝は何時ころに並べば一般席確保できますかねえ。。。

[オークス] ブログ村キーワード