「オジュウチョウサン」タグアーカイブ

もう有馬記念ウィークだ

朝日杯フューチュリティステークス、
クリノガウディー、どうせなら頭で来てほしかったが見せ場十分、馬券的にもありがとうの堂々の2着。グランアレグリアを押さえてのGⅠ・2着だから立派なものだ。ホント、ありがとう。
何やらホープフルSにも登録があるのだが、まさかそこにも出走とかないよね?
ちなみにもう1頭のスクリーンヒーロー産駒、コパノマーティンもホープフルSにも登録してるんだが・・・本気なのか?
もし出走したら実質的には中1週でGⅠを連戦、という形になるがまだ若駒の2歳馬にそんな厳しいローテーションはどうかと思うが。

【スポンサーリンク】


さあ、今週は有馬記念。
今年も例年のように東京競馬場で観戦するつもりだったが事情があって自宅での観戦になりそうだ。残念。
前日も中山大障害とヴェロニカグレースが出走予定のノエル賞を見るため、中山に行きたいと思っていたがやはり行くことは叶わない。自宅でゆっくり、じっくりと応援をしたいと思っている。

自分の事情はともかく。

今年はファン投票の結果、収得賞金では出走が望めなかった障害の絶対王者オジュウチョウサンが参戦。
平地GⅠで果たしてどこまで通用するのか、まったく読めないところが今年の有馬記念をおもしろくしている。

オジュウチョウサンの前走、南武特別のとき、自分はさすがに瞬発力勝負になりやすい東京コースで、しかもクラスも上がって1000万条件となればさすがに厳しいだろうと考えていた。
馬券は買わずにレースをテレビで見ていたが、それでも直線でオジュウチョウサンが伸びてきたときには思わずオジュウ!勝て!と声が出ていた。

1000万条件からいきなりのGⅠでは通用しないと思うのが普通だが、この馬はもしかしたら何かやってくれるかもしれないと思わせるものがある。

競馬の魅力は必ずしも時計勝負にあるわけではない。
先日のジャパンカップ、アーモンドアイの勝ち時計には驚愕し、また感動もしたが、それとは正反対の1990年の有馬記念。あのオグリキャップのラストランも、レース後には当日の1000万条件よりも時計が遅かったからレースのレベルが低いなどとも言われていたが、四半世紀以上がたった今でも感動したレースとして挙げられることの多さを考えると競馬の魅力は時計がすべてではないことがよくわかるというものだ。

そんなことを思うと、今年オジュウチョウサンが有馬記念を勝つ可能性もゼロではないと思うし、もし勝ったらまた一つ感動のレースとして後々挙げられるレースとして記憶されるのだろう。

そしてオーナーがもしいい結果が出たら来年は凱旋門賞に挑戦したい、ということも言っている。それが実現したりしたら本当にロマンがあるなあ、夢があるなあとますます競馬を好きになっていくだろう。

【スポンサーリンク】


だが、しかし。

馬券は別だ(笑)
自分はオジュウチョウサンの馬券はたぶん1枚も買わない。というか買いたくないw
戦う相手は平地GⅠ馬7頭を初めとする重賞勝ち馬ばかり。重賞勝ちのないサウンズオブアースにしても菊花賞、有馬記念、ジャパンカップと3つのGⅠで2着3回という実績がある。
これまでとは戦ってきた相手が違うのだ。如何に障害の絶対王者とは言え、障害と平地競争は似て非なるもの、有馬記念のレベルになればをそう簡単には勝てないだろうと思うのだ。

ならばどう馬券を買うのか。

今年の傾向(というかこの数年の傾向)を考えれば、有馬記念は外国人騎手で買っていれば間違いないように思う。

となると、レイデオロ、モズカッチャン、シュヴァルグラン、サトノダイヤモンド、ミッキーロケット、パフォーマプロミスの6頭、それに日本人騎手を加えるなら川田のキセキの7頭で、あとはどういう組み合わせにするか、軸をどの馬にするか、それに頭を悩ませればいいと思っている。

ただ枠順も重要なレース。特に1、2枠に入った先行馬の成績が特に良いレースなので木曜日の枠順発表は注目だ。

オジュウチョウサンが内枠に入って、キセキが外枠に入ったりしたら・・・悩みそうだw

武豊は瞬発力勝負にしたらおそらく勝ち目はないと考えているだろう。逃げ、もしくは番手での競馬を、それも後続に息を入れさせない淡々とした流れを作ろうとするように思う。
キセキもジャパンカップや天皇賞の走りを見ると早めのペースを逃げる形はどんとこいというタイプ。
オジュウチョウサンがすんなりハナを取れそうな内枠、そこにキセキが最初から少し仕掛け気味にハナ争いをしてくるような大外枠なんかになったりしたら、この2頭が後続を大きく引き離しての逃げ先行ということも考えられる。

2頭の枠順次第では皆が思っている以上の早い流れになるんじゃないだろうか。となると中団の内で死んだふりしてるような差し馬が台頭する流れ、今のところはそんな展開にならないだろうかと想像しているがどうだろうか。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ヴェロニカグレース2着とか、JRA賞発表とか

ヴェロニカグレースは2着。

序盤後方に構えたがスローの流れにちょっと行きたがる。
2コーナーから向こう正面に入ったところで耐え切れず前に進出し、ハナに行き切るのかと思いきや4番手に控える。
そのまま外を進めばいいものを内に入れて、4コーナーから直線に入るところで外から被せられ追い出しを待たされる。

なんともチグハグなレースをさせられる形になってしまった。

それでも直線は伸びてきたが先に抜け出したオウケンムーンは捕まえられずの2着。

あまり鞍上に文句は言いたくはないが、もうちょっとうまく乗れなかったのかなあとは思ってしまうレースだった。

それでも3着馬には1・3/4馬身差をつけての2着だから、このクラスはメンバー次第で勝ち上がれそうだ。

このあとはまだトモに緩いところもあるということでリフレッシュ放牧。
おそらく次走は2回中山開催あたりになるのだろう。2200mの水仙賞か、2日目の平場・牝馬限定の1800mかもう少し間をあけて6日目の平場2000mか。

できれば東京の2000m、7日目のフリージア賞あたりを使ってくれないだろうか。
直線の長い府中でどんなレースをしてくれるか見てみたいものだが。
 
 
 

 
 
 
 
今日はJRA賞が発表された。
 
年度代表馬がキタサンブラックなのは納得、当然の結果だと思うが、オジュウチョウサンにも3票入っていたという。これは嬉しい。
 
昨年のベストレースは自分の中では間違いなく中山大障害だし、東京ジャンプステークスもとても心震わされるレースだった。
 
投票している人にもその辺が評価されての3票だろう。
 
オジュウチョウサンのおかげで障害レースの魅力が見直されて、これからもっとファンの注目を浴びるようになってきたら更に評価は高まるだろう。
とかいいながら自分はあまり障害レースの馬券は買わないのだが(^^;) ヨソウノシカタガワカラナイ;;;
 
今年も現役を続けてくれるオジュウチョウサンがどんなレースを見せてくれるのかがとても楽しみだし、中山大障害でアップトゥデイトが見せてくれたように絶対的な王者を倒すには何かをしてやる!という存在がもっと出てきてくれれば、競馬はもっと、もっと、もっとおもしろくなる。
 
2018年はそんなレースがもっとたくさん見られることを期待しよう。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

中山大障害(2017) 予想

キタノコマンドール優勝!
バヌーシーは初勝利、おめでとうございます。
審議になってヒヤヒヤものでしたが、きっとたくさんの人が喜んでいるのでしょう。これで競馬ファンが増えてくれればいいことだと思う。うんうん・・・
 

さて、中山大障害。
金曜日の前売りオッズ、オジュウチョウサンが断然人気過ぎてなんだかおもしろいことになってた。最初のころは単勝2番人気以下はすべて万馬券というw

自分もただ見ているだけじゃなんなのでオジュウチョウサン1着固定の3連単を少しだけ買って観戦しようと思う。

残念ながら現地に行くことはやっぱりできなかったが、所用の手を止めて発走時刻にはテレビの前に鎮座しよう。

オジュウチョウサンの相手にアップトゥデイト、サンレイデュークを2列目に、
3列目には2頭にプラスしてスズカプレスト、シンキングダンサー、ミヤジタイガ、マイネルフィエスタ、クランモンタナ、ルペールノエルを置いた3連単フォーメーション。

サンレイデュークが2着に来てくれたら嬉しい馬券。

この馬券を観戦料に、オジュウチョウサンがどれほど強いのかをしっかりと見届けたい。
 
 
 

 
 
 
 
有馬記念もあれこれ考えているが・・・
 
やっぱりゴールドアクターが出走してないのは残念。
出走してれば馬券も悩まずに決められるのになあ、などと考えても仕方がないので今はしっかり悩むことを楽しもうと。
 
今日のメインのグレイトフルステークスは同じコースだし、しっかり馬場状態や展開をチェックだな。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

中山大障害、オジュウチョウサンが楽しみ過ぎる

土曜日は今年の障害レース総決算、中山大障害。
魅力的なレースだよなあ。子供のころは平地のレースよりも障害レースのほうが好きだった。子供の目にはこちらのほうが断然おもしろく見えたものだ。

大人になり、馬券を買えるようになっても障害レースはあまり馬券を買うことはないが(自分が買うと軸馬が第1障害で落馬するというトラウマがw)、大障害くらいはいつも買おうという気になる。

今年は何と言ってもオジュウチョウサンがどれほど強いレースを見せてくれるか。

前走の東京ハイジャンプは圧巻のレースだった。またあんなレースを見せてくれるだろうか。
ぜひとも何とか現地に赴いてレース観戦をしたいものだ。そしてレース写真の一枚も撮ってみたいものだ。一眼レフカメラがあればなあ(物欲w
 

相手はどれだろう。

アップトゥデイト、サンレイデューク、ミヤジタイガ、ルペールノエルあたりだろうか。
障害は何を基準に予想をしていいかがよくわからないので、とりあえず中山や阪神、あとは小倉や福島なんかのたすきコースのある競馬場で良績のある馬をピックアップしてみよう。

馬券はオジュウチョウサン1着固定の3連単を買おうと思っているが、馬券よりもそのレースぶりが楽しみだ。

昨年の中山グランドジャンプから大障害、今年のグランドジャンプを含む重賞7連勝。稀代の名ジャンパーであることは間違いない。
その雄姿をしっかりと目に焼き付けたい。
 
 
 

 
 
 
 
歴代の名障害馬というとグランドマーチスの名前が挙がるが何故かそのレース姿はよく覚えていない。
ぎりぎり競馬を見始めた子供のころに走っていたはずで、そして平地のレースよりも障害レースのほうを喜んでみていたはずなのだが。
 
1974~1975年に春秋の中山大障害を4連勝。その他のレースを含めるとこの2年間で22戦16勝という成績だ。いったいどんな強さだったのだろうか。
 
見てみたかったなあ・・・
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

秋華賞(2017)回顧と東京ハイジャンプ


 
秋華賞は東京競馬場で観戦していた。

予想は◎ディアドラ、○モズカッチャン、▲アエロリット、☆リスグラシュー、△ボールヴァンドル、ラビットラン、ファンディーナ。

ただし馬券はディアドラから印を打った6頭に加えて、ブラックスビーチ、ハローユニコーン、レーヌミノル、リカビトス、ミリッサまで押さた馬連。

結果、◎→☆→○での決着。

手を広げ過ぎである。一応印に合わせて濃淡をつけたので回収率は250%ほどにはなったが自分の的中率を考えると負けたようなものだ。う~む。。。

しかし、本命と睨んだ馬がきっちりと勝ってくれたのは嬉しかった。

今年はまだイメージ先行なのか紫苑S組はそれほど高く評価されていたなかった感じはあるが、おそらく来年以降はもっと本番でも買われるようになるだろう。

そういう意味では今年は大きく取るチャンスだったのだが相手が絞り切れずにぼんやりとした馬券になってしまったのはとても残念だ。

キッチリ絞ってせめて相手6点に絞れていたらもっと大きな回収が取れたのに。反省点の多い秋華賞だった。

しかし。

やはりこいつだ!と睨んだディアドラが勝ってくれたのは本当に嬉しい。
そういう意味ではとても満足な秋華賞だった。

レースもルメール、武、デムーロがそれぞれが能力を最大限に引き出すレースを見せて、ただほんのちょっとした仕掛けのタイミング、コース取りの差が明暗を分けた実に見ごたえのあるレースだった。

その辺については数多あるブログでレース回顧されているので拙い自分の見方は割愛する。とにかくいい秋華賞だったなあと。
 
 
 

 
 
 
いいレースと言えば当日の東京ハイジャンプ。
 
 

 
 
現場にいたこともあり普段は買わない障害だが珍しく馬券も買った。
オジュウチョウサンの強さは認めるが、骨折休養明けだし、斤量も他馬より重い62kgだし、もしかしたら馬郡に沈むことも考えての3連複馬券を買ってみたが3着に粘ったタマモプラネットが買えずにハズレ。
 
しかし。
 
いいレースを見せてもらったし、オジュウチョウサンは本当に名馬だなあと思わせる圧勝。
あんなに大差をつけられていた3番手から4角で一気にスパートして、直線で大きく突き放すレースぶりはまさに王者のレース。
 
場内から自然に大きな拍手が起こったのは当然だ。
 
競馬好きならあんなレースを見せられたら、自分の馬券に関係なく拍手を送りたくなるだろう。
 
オルフェーヴルやオグリキャップの有馬記念でのラストラン、アイネスフウジンのダービー、ディープインパクトやナリタブライアンの菊花賞、ナリタブライアンとマヤノトップガンが叩き合った阪神大賞典、もっと古いところならトウショウボーイとテンポイントが終始デッドヒートを繰り広げた有馬記念。
 
それらの名レースに負けない印象深いレースだった。
 
あのレースを現場で見ることができたのはまた、一つ自分の競馬歴に自慢できる記憶が刻まれたなあと嬉しく思う。
 
 
こういうレースが見られるから、競馬はやめられない。競馬に出会えて本当に幸せだと思うし、そのキッカケを与えてくれた父親に感謝だ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!