「きさらぎ賞」タグアーカイブ

今週の重賞


東京新聞杯

東京新聞杯出走予定馬の馬柱をしげしげと眺めているのだが。

荒れることの多いレースではあるが今年も如何にもあれそうなメンツ。
なにしろ前走好走馬は2頭だけ。それも1頭は準オープン勝ちでもう1頭はオープン特別2着。それ以外はすべて掲示板を外している。前走重賞好走というのが1頭もいない。
前走着順は気にしないで内容や現在の状態、枠順から考えられる展開による有利不利を重視したほうが良さそうな感じがする。

JRAのサイトに載ってる今週の注目レースのデータ分析を頼りにするということはほとんどないが、そのデータを今年の出走馬に当てはめてみると残るのはテトラドラクマ、リライアブルエース、レッドオルガ、ロードクエストの4頭。
この4頭だとどれもこれも人気がない。netkeiba.comの予想オッズだと順に8番、11番、6番、10番人気だ。これは馬連ボックスくらい100円ずつ買っておいてもいいかもしれない。

過去5年の結果を見ると3番人気か5番人気から馬連買っておけば当たりそうな気がする。そんな傾向は気づいたとたんに機能しなくなるのが常だが、3番人気、5番人気の2頭からデータで残った4頭に馬連で流す、というのでもいいかもしれない。

あるいはその6頭の馬連・3連複ボックスというのもありだろうか。(3番人気5番人気の馬連ではガミるかもしれないが)

きさらぎ賞

きさらぎ賞はとにかく上がり3Fで上位の脚を使える馬から買えばいい。過去5年、1~3着馬はすべて上がり1~3位の馬で占められている。

京都外回り1800mの3歳戦、キャリア2~4戦くらいの若駒の一戦なので各馬折り合い合戦という感じの上りだけの勝負というレースになりやすいのだろう。

単純に前走の上がりタイムの早い順に並べると、
1位ダノンチェイサー、2位アガラス、3位ランスオブプラーナ、4位エングレーバー、5位メイショウテンゲン。

ただしランスオブプラーナの前走上がりタイムは出走馬中5位と高い評価はできない。

※前走上がりタイム順位

これを参考に印を打つと

◎ダノンチェイサー
〇アガラス
▲エングレーバー
△メイショウテンゲン、タガノディアマンテ、ヴァンドギャルド

という順番になる。

あとはこの印でオッズがどのくらいつくか、買えるオッズの券種があるかといったところだ。

菜七子、GⅠ騎乗

根岸Sを勝ったコパノキッキングは藤田菜七子鞍上でフェブラリーSに向かうというニュースがやたらと盛り上がってはいるが。

私の友人曰く
「根岸Sの前にカペラSでコパノキッキングの脚質に幅を広げてあげることのできた柴田大知もいると思うんだがなあ・・・」と。
彼はマイネル軍団と柴田大知を応援しているので、昨年からの柴田大知の成績不振をとても嘆いている。

しかし、菜七子がGⅠに乗るとなるとどうしたって話題になるし、コパさんも競馬が盛り上がるためにどうするのがいいか、って考えてる結果だから仕方がないよね。
大知のキャリアならもっと勝ってないと当然注目もされないし。個人的には自分も大知にはがんばってほしいと思ってるのだが。。。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

東京新聞杯、完敗

きさらぎ賞は予想は当たってたのに馬券を買ってませんでした。
馬連、案外ついててちょっと後悔。馬連2点買いで9.6倍つけばまずまずの結果ですよねえ、買えば良かったw

東京競馬場に行って見ていましたが、友人がアメリカズカップと誕生日が一緒という理由で応援の単勝を買っていて大喜びしておりました。単勝1720円は美味しいですよね。
 
 
 

 
 
 
東京新聞杯は全然でこちらは馬券を買っていましたが2着のプロディガルサンは無印だったのでまったく手も足も出ない結果。
 
スローになるとは思っていましたが古馬のマイル重賞でテンの3ハロンが37.2ってスローにも程があるかと。
 
究極の上がり勝負でレース上りが32.7ってなんなのw
 
馬券になった3頭はいずれも上がり32秒台の脚を使っていますが、逃げたブラックスピネルもそんなキレッキレの上がりを使ってるわけですから後続には厳しいレースになりました。
 
2着プロディガルサンが32.0、3着エアスピネルが32.3の上がりですから結果論ですがもう少し前でレースができればという内容かと。
 
エアスピネルは気性的にある程度前に行って押し切るというレースがいいと思っていましたが、今日のレースを見る限り折り合いがつくようなら押さえて終いのキレを活かすというレースもできるのだなあと少し見解を改めました。
 
それとプロディガルサンは完全に甘く見過ぎてました。この馬もマイルくらいならディープインパクト産駒らしいキレを使えるんですね。ちょっと意外だった。
 
なんにしても完敗の東京新聞杯でした。
 
マイネルアウラートにもう少し流れるペースで後続に脚を使わせる流れを作ってほしかったなあと思うのですが、今週の柴田大知騎手はもう一つリズムが良くなかったような感じです。
 
ま、こんな週もある。というか珍しくないw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

きさらぎ賞、東京新聞杯(2017) 予想

きさらぎ賞は8頭立てとちょっと寂しい頭数。

頭数が揃わないのは時期的なものもあるのか、クラシックを狙う勢力が本格始動するのは3月になってからが多いので仕方のない面もあるのか。

これで5年連続で10頭を切る頭数。それ以前も12頭前後の頭数になることが多く元々フルゲートで争われるというのが少ないレース。

それでも勝ち馬にはサトノダイヤモンド、トーセンラー、リーチザクラウン、ネオユニヴァース、ナリタトップロード、スペシャルウィークなどなど、GI級がゴロゴロ。

今年はサトノアーサーが断然人気になりそうだけど、ここで強い勝ち方をするようならクラシック路線でも俄然有力馬の1頭になりそう。

きさらぎ賞は馬券的にはあまり好配当は望みにくいかもしれないけど、少頭数だしあまり買い目を広げずに当てたいところ。
できれば馬単馬連各1点で、といきたいところだけどそこまでは絞れないかw

展開はこのメンバー・並びなら、スタートを決めればタガノアシュラが逃げて番手にプラチナヴォイス、3番手集団にエスピリトゥオーゾやマテラレックス、アメリカズカップといてその内に人気のサトノアーサー、あまり流れが早くなるイメージはなく隊列も一団で進みそう。

となれば前走500万条件とはいえ上がり32.7で楽々突き抜けたサトノアーサーで仕方がないか。

京都1800mは2戦2勝のプラチナヴォイスも捨てがたいが、スローのキレ味勝負ならサトノアーサーに分がありそう。

3番手には少しひねってアメリカズカップを取り上げたい。同厩のダンビュライトよりも朝日杯では着順が上回っているにもかかわらず人気はコチラが下となればオッズ面で妙味はありそう。

◎1番サトノアーサー
◯5番プラチナヴォイス
▲7番アメリカズカップ

断然人気馬から入る以上あまり手を広げても仕方がないので印はこの3頭で。

◎→◯▲の馬連2点、◎→◯→▲の3連複3連単を各1点。
 
 
 

 
 
 
東京新聞杯も10頭立てとやや寂しい出走頭数。
 
こちらは京都金杯を勝ったエアスピネルがやはり抜けた一番人気になりそう。
京都金杯での着差はなかったものの抜かれる雰囲気はなかったし、今回斤量増は0.5kg。
前走2着のブラックスピネルは1kg増なので、ここで逆転というのは前走以上に展開に恵まれる要素がほしいところ。
 
展開的にはおそらくマイネルアウラートの単騎逃げでやはりスローペースになりそう。
 
ならばエアスピネルの連軸は揺るぎないとして相手は前々で進められそうなところを中心に。
 
◎7番エアスピネル
◯3番マイネルアウラート
▲10番ヤングマンパワー
△2番ブラックスピネル
 
エアスピネルからの馬連3点で。
 
 
きさらぎ賞も東京新聞杯も全然穴党らしくない予想に落ち着いてしまうので、レースは楽しみだけど馬券はあまり気合が入らない重賞2鞍です。
 
今週はスクリーンヒーロー産駒の出走もないしなあ・・・
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

5億円対決

[きさらぎ賞] ブログ村キーワード

先週日曜日は久しぶりの東京競馬場でした(とは言っても有馬記念以来だけどw)

2ヶ月ぶりの東京開催。
ホームに競馬が帰ってきた!と気分も高まります。寒かったけど。
朝方は日差しもあって気持ちの良い天気だったのですが、日が陰るとグッと寒くなりました。2月開催はそういうものだと覚悟を決めての競馬場参戦ですが寒いものは寒いw

馬券の結果はというと平場のレースがさっぱり当たらず、シルクロードステークスは馬連が取れたものの、根岸Sは期待のプロトコル6着では手も足も出ません。

東京の最終レースで3連複が取れたのでなんとか少しは回収したものの厳しい一日でした。

今年の累計回収率は前週より4.6ポイントマイナスの62.8%。せめて80%くらいには戻したいものですがいつになることやら・・・

今週は東京で東京新聞杯、京都ではきさらぎ賞が組まれていますね。

きさらぎ賞の登録は11頭と少ない頭数ですが、毎年あまり頭数が揃わないのはやっぱり季節的なものなのでしょうね。

翌週に組まれている同距離の共同通信杯も例年それほど頭数が揃うレースではありませんし。

もう少し暖かくなってこないと、という感じでしょうか。

そのきさらぎ賞。
出走頭数は少ないもののサトノダイヤモンドvsロイカバードという新馬戦で5億円対決と騒がれた2頭が再び顔を合わせますね。

サトノダイヤモンドは新馬・500万と連勝。ロイカバードも2戦目には勝ち上がり続く福寿草特別を連勝と共にさすが高額で取引された素材と思わせるレースぶり。

ここも2頭が抜けた人気になると思われます。

馬券的な焦点はこの2頭に割って入ってくる馬はいるのか、それとも2強が強さを見せつけるのか。

どちらも中団から好位でレースを進めそうなタイプなのでどちらか一方に展開が向くということはなさそう。
となると2頭が1,2着の馬券で3着にヒモ荒れを狙うというパターンになるのかもしれません。

頭数も少ないので2頭を1,2着固定の3連単流しなら総流しでも18点。

う~ん、3着に何がきてもあまり好配当は期待できなさそうな気がしますがw

前走ダートの4頭を切れば相手5頭になるので10点。これなら3連単均等買いでも悪くても元返しにはなるでしょうか。

そんな感じでw

 
 
東京新聞杯は14頭が登録。
 
注目は東京マイル3戦3勝のダノンプラチナ。
 
香港マイルでは7着に負けているものの0.4秒差。アジアのトップマイラーを相手にこの着差ならここに入れば上位の評価も当然でしょうか。
 
 
ただ登録メンバーをみると上位人気しそうなのはすべて後方からの差し追い込み。
狙うなら前に行きそうなタイプという気になるメンツではあります。
 
京都金杯を人気薄で2着したテイエムタイホーのもう一丁、とかないかな。
またはマイネルアウラートの一発とか。
 
 
そんなことを考える東京新聞杯。