「予想」カテゴリーアーカイブ

CBC賞、ラジオNIKKEI賞の予想

今週は難解なハンデ重賞が2鞍。

まずはCBC賞。

逃げそうなのは3歳ベルカントか。
内からルナフォンターナ、外からトーホウアマポーラも先行しそうな並び。
開幕週の逃げ先行有利の馬場状態だとは思うが上位人気馬が逃げ先行となると厳しいペースになるのではないか。

ならば不利は承知で先行馬を睨みながら行けそうな⑫マヤノリュウジン本命◎で。
対抗◯は⑧エピセアローム、単穴▲に⑨スギノエンデバー。

以下、先行粘りこみを考えての押え△に③ルナフォンターナ、⑦ベルカント、⑪トーホウアマポーラ。
内枠でコースロスなく進められそうな①リアルヴィーナスも軽ハンデだけに押えておきたい。
ラジオNIKKEI賞。
こちらはコース形態からも逃げ先行が圧倒的に有利。
ここは前走逃げて勝ち上がった④クラリティシチーに本命◎を。
おそらくは⑥トシザキミが軽ハンデを活かして逃げるだろうがクラリティシチーはこの枠なら逃げ馬を見ながら好位でレースができそう。

対抗◯はコース実績のある③ウインフェニックス。単穴▲に好位の内をロスなく進めそうな①カウニスクッカ。

以下押え△には手広く⑤ベストドリーム、⑥トシザキミ、⑧ブレイヴリー、⑩ハドソンヤード、⑪ラリングクライ、⑬ピオネロ。

CBC賞、ラジオNIKKEI賞ともに人気どころで決まったら元返しの設定で◎からの馬連流しで人気薄が2着に来てくれることを期待する馬券を買ってみたい。