「血統」カテゴリーアーカイブ

クイーンC登録、アルミューテン抽選突破できるかな

今週の土曜東京・クイーンカップ(GIII)にスクリーンヒーロー産駒アルミューテンが登録。

ザーッと登録馬を見てみましたが、1勝馬は9/16の抽選になるのかな?
日曜京都のこぶし賞にも登録があるので、抽選突破できなければ自己条件のこちらに回ることになりそうだけど、いずれにしても今週はレース使うぞという意欲が垣間見えます。

なんとか桜花賞出走にこぎ着けたいと考えているでしょうから、できればクイーンカップで賞金を上積みするか、2勝目を上げてトライアルに向かうかしたいところ。

デビュー戦は中山の芝1800mの混合戦。
これを逃げ切ったのに気を良くしてアイビーS、葉牡丹賞と混合戦を使ったものの歯が立たず、新馬戦はスローの展開利で逃げ切っただけかと思いましたが、牝馬限定重賞のフェアリーSで勝ち馬から0.2差5着。

陣営は牝馬の重賞路線ならそこそこやれそうな手応えを感じていそう。

そうは言ってもアイビーステークスでは勝ったソウルスターリングとは1.1差、GIとなると出走できても参加するだけという感じにはなりそうですが(笑)

ちなみに葉牡丹賞では勝ち馬レイデオロと2.2差w
やはり世代のトップレベルとはかなりの力差があるものと思われます。

ただ応援している身としては、今週クイーンカップに出走できるか、こぶし賞に回ることになるかわかりませんが、何とか賞金を上積みして桜花賞出走に望みをつなげてほしいもの。

スクリーンヒーロー産駒の牝馬ではまだGI出走を果たしている存在はないはず。その第一号に名乗りを上げてほしいものです。
 
 
 

 
 
 
スクリーンヒーロー産駒の重賞勝ち第一号グァンチャーレが土曜京都のオープン、洛陽ステークスに登録。
 
京都は相性がよく[2.1.1.1]、マイル戦なら2戦2勝ですからここは力が入ります。
 
前走ニューイヤーSは2番人気ながら0.8差12着に大敗。この敗戦で人気を落としてくれるようなら馬券にも力が入りますw
 
京都新聞杯勝ちのあるサトノラーゼンが人気になりそうですが、グァンチャーレもこのメンバーでは数少ないもう1頭の重賞勝ち馬。
 
別定斤量もサトノラーゼンより1kg軽い56kg、そして得意の京都のマイルですからここはかなり期待してもいいんじゃなかろうかと。
 
もし、アルミューテンがクイーンカップに出走できるなら東京競馬場に応援に行って、グァンチャーレの応援も府中からしようかな。
 
 
先週はスクリーンヒーロー産駒の出走が1頭もいなかったから今週はちょっと入れ込み気味に力がはいるw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

有馬記念連覇を後押しする血統

ラジオNIKKEIの小林アナが今年の漢字「金」から金→金剛石→ダイヤモンドと言っていて、なるほどなあと感心したふぉんてんですm(__)m

今年の3歳馬は強い!ということなら斤量面でも有利なサトノダイヤモンドは外せないですよね。
2番人気くらいになるのでしょうか。

今年の有馬記念はおそらくキタサンブラックが1番人気になりそうな気配。

ファン投票1位かつ単勝1番人気になったのは過去20年を調べてみると半数の10頭。
ファン投票1位で単勝は2番人気以下だったのは7頭、不出走3頭。

ファン投票1位でも単勝1番人気になることは意外に多くはないんですね。

その上で有馬記念を勝ち切ったのは2000年のテイエムオペラオー、2003年のシンボリクリスエス、2004年のゼンノロブロイ、2006年のディープインパクト、2013年のオルフェーヴル。

10頭中、半分の5頭ということになります。

単勝1番人気馬がレースに勝つ確率はたしか3割ほどと言いますから、有馬記念でファン投票1位かつ単勝1番人気となるとそれよりも確率は上がる、という解釈もできそう。

キタサンブラックには追い風のデータ、とも言えるでしょうか。
 
 
 

 
 
 
ところでゴールドアクターには何か後押しをしてくれる材料はないでしょうか。
 
もし今年ゴールドアクターが有馬記念を勝つと連覇ということになります。
 
過去、有馬記念を連覇したのはスピードシンボリシンボリルドルフグラスワンダーシンボリクリスエスの4頭。
オグリキャップとオルフェーヴルは2勝していますが連覇ではありません。
 
シンボリの冠名を持つ馬が4頭中3頭というのは偶然なんでしょうか。
 
 
シンボリルドルフの母父がスピードシンボリですからこの血統は中山芝2500mは得意なのかもしれません。
 
また◯外2頭のグラスワンダー、シンボリクリスエスはともにヘイルトゥリーズン系の父を持つという共通点もあります。
ヘイルトゥリーズン系はロイヤルチャージャーに遡りますがスピードシンボリの父父もロイヤルチャージャー。
 
もしかしたらロイヤルチャージャー~ヘイルトゥリーズンという血が有馬記念には向いているのかもしれません。
 
 
ゴールドアクターは祖父グラスワンダーが連覇しているというのも心強いですし、父スクリーンヒーローを通じてヘイルトゥリーズン5×5のクロスを持っているというのも後押しの材料になるのではないでしょうか。
 
 
有馬記念連覇に向いた血を持つゴールドアクター、期待が高まります。
 
 
 
もっとも他の連覇していない有馬記念馬の血統はどうなんだ、と言われると検証はしていないのですが。。。
だいたいサンデーサイレンスの父系にヘイルトゥリーズンがいますから、現代の日本馬はたいていヘイルトゥリーズンを持ってるだろ!とツッコまれるのは承知の上なんですけどね。
 
ただパッと見たところ過去20年の有馬記念馬にヘイルトゥリーズンのクロスを持っている馬はゴールドアクター以外にはいないようですし、なかなか良い説ではないかと思っているのですが・・・どうでしょうか。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村