シルク、第一次募集満口馬のボーダーライン

第一次募集満口馬ボーダーライン
12 アイムユアーズの17 10,618,000
18 アドマイヤセプターの17 7,894,000
46 タイタンクイーンの17 7,712,000
11 ロザリンドの17 5,252,000
36 リアアントニアの17 4,106,000
60 プチノワールの17 3,514,000
62 アンティフォナの17 3,142,000
42 ルージュクールの17 2,780,000
35 ミュージカルウェイの17 2,616,000
25 ウルトラブレンドの17 2,370,000
41 シーイズトウショウの17 1,936,000
1 モシーンの17 1,564,000
3 ピラミマの17 1,464,000
47 ベッラレイアの17 1,452,000
57 レスペランスの17 1,326,000
10 ローマンエンプレスの17 1,312,000
22 ラトーナの17 1,268,000
54 ディープストーリーの17 1,260,000
45 チアズメッセージの17 1,130,000
63 プロミストスパークの17 1,050,000
40 メジロアリスの17 1,048,000
21 スナッチドの17 1,042,000
61 アーデルハイトの17 974,000
65 テーブルロンドの17 968,000
44 シャトーブランシュの17 950,000
5 サロミナの17 906,000
13 ウインフロレゾンの17 902,000
33 ポルケテスエーニョの17 866,000
29 エンプレスティアラの17 766,000
28 ユキチャンの17 718,000
31 シャンボールフィズの17 652,000
56 サダムグランジュテの17 622,000
6 ポーレンの17 596,000
39 マンビアの17 580,000
27 レースウィングの17 574,000
14 ウィズザフロウの17 508,000
51 モンローブロンドの17 412,000

公表されたシルクの第一次募集のボーダーラインを金額の高い順に並べてみた。

今年の募集馬に出資して自分もようやく3世代に出資することになるが、一番低いモンローブロンドの17のボーダーラインにも届かない実績になる予定。

この状態では実績枠で出資馬を取るなどというのは永遠に不可能で、そうかといって年に20万円も30万円も出資するのは無理だ。(家族の許可が下りないw

これではどんなに馬体や血統について知識を深めたところで、これだと思った馬への出資など叶わない。なんとも虚しさを感じる。

【スポンサーリンク】


実績枠300口のボーダーラインがアイムユアーズの場合1061.8万円、ということは過去3世代で1061.8万円以上出資した人が300口分以上いるということだ。
一人で10口まで出資できるのだから少なく見積もっても30人は3年で1061万円以上出資しているということになる。

アドマイヤセプターが789万円、タイタンクイーンが771万円、ロザリンドが525万円・・・

いったい何人くらい3年で500万円以上も出資している人がいるのだろうか。
もちろん一人で何頭も出資している人がいるはずだし、自分が想像するよりもそんなに大口出資者は多くないのかもしれないが、ボーダーラインの金額を見ているとずいぶんたくさんの人がかなりの金額を一口馬主に使っているように思える。

きっとそういう大口の出資者って自分でも馬主の資格を持っていて、自分で買いたかった馬がクラブに持っていかれたから出資しているとか、そういう面もあるんだろうな。

やっぱり馬主ってお金持ちの娯楽なんだと一口馬主をやっていても思わされる。

【スポンサーリンク】


出資しているヴェロニカグレースの次走が新潟の5週目、五頭連峰特別になったというのは前のエントリーで書いたが、それを見て過去の五頭連峰特別がどんなレースだったかを少し確認してみた。

マイル戦になった近5年のレース上がりの平均は33.5、勝ち馬のそれは33.1だ。如何にも直線の長い新潟外回りらしい上がりで、ラスト2F目には10秒台半ばのラップが刻まれている。
先行していても勝ち切るには少なくとも33秒台前半の脚が使えなければダメだろう。中団より後ろの位置取りになったら32秒台が必要になりそうだ。

ヴェロニカグレースのこれまでの6戦で最も早い上がりはフローラSの時の34.1。勝った前走の500万下では最速上がりを使っているがその時計は34.5。
フローラS以外はすべてコーナー4つの中山・福島、距離も1800~2000mだから新潟のマイル戦よりも上りが早くなりにくいのは当然だが、果たして彼女が新潟の直線勝負に対応できるだろうか。
もしここをクリアしてくれれば、勝たないまでも大きな差なく掲示板内に食い込めるようなら今後の展望も広がってくる。

なんとかいい走りを見せてほしいものだ。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

シルク、第一次募集の結果


 
 
シルクの第一次募集の結果が出た。

自分はレスペランスの17とウインフロレゾンの17に申し込み、どちらも落選。抽優馬はレスペランスの17にしたが同馬の抽優馬申込み口数が351口で1.755倍の競争率に負けたことに。う~む・・・。

どちらも申込口数は500口を超えていたので抽優馬にしなかったウインフロレゾンの17は早々に取れないことがわかったがw、レスペランスの17が取れなかったのは実に残念だ。
ちょっと悔しい。
過去3年の出資実績で300口を決めるシルクの募集方法は自分のような弱小出資者には厳しい制度だなあとあらためて感じる結果だった。

といってもクラブを増やせばそれだけ月々の会費が増えることになるので、他のクラブで出資するほど一口馬主に使える余裕もない。
ここはじっと我慢して引き続き満口になっていないシルク馬で適当なのがないかを検討している。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
結果が発表になるとともに実績枠で出資するために必要だった過去3年の出資実績も公表されているが・・・

アイムユアーズの17のボーダーラインが1061万8000円、アドマイヤセプターの17が789万4000円、ロザリンドの17が525万2000円だ。
いったいどれだけ一口につぎ込んできているのか。持ってる人は持ってるんだなあとつくづく格差社会を目の当たりにしている気分w

自分が出資したかったレスペランスの17のボーダーラインがが132万6000円、ウインフロレゾンの17は90万2000円だった。
1年半ほど前から始まった自分の出資実績などまだ10万円ほどだから、そこから見れば遥かに高い山々だw
シルクで一口馬主をやっている限りは出資実績で自分の欲しい馬を取ることなど永遠になさそうだ。これはなかなか哀しいことだなあ。

今年のシルクの募集馬は全体にちょっと募集価格が高めな印象もあるし、他のクラブを検討してみるのもアリなのかもしれない、などとも思う。

しかし、、、ある程度はそこそこ走ってくれる馬を出してくれるクラブじゃないと意味がないし、どのクラブを選ぶのかというのも募集価格と所属馬の成績をじっくり見比べて検討しないといけないだろう。なかなか難しいような気がする。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
来週の火曜日、8月14日の午前10時から第一次募集で満口にならなかった募集馬の出資申込みがネットで受付けられるようになる。

それまでに出資する馬を決めて、初日にすぐに申し込もうと思っている。ちょうどお盆休みでアクセスする人も多いだろうから、残口数の少ない馬はすぐに満口になりそうだ。

自分は今のところヒカルアマランサスの17とベッライリスの17を考えているが、ヒカルアマランサスは残り150口以下と表示されているのですぐに満口になってしまうかもしれない。
今度はうまく取れるといいが。。。
 
 

と、このところ今年の募集馬のことばかり考えていたが愛馬ヴェロニカグレースの次走が新潟5週目の五頭連峰特別に決まった。
新潟外回りのマイル戦。これまでフローラS以外はコーナー4つのコースにこだわるような使い方をされてきたが、果たして高速上がりを要求される新潟外回りに対応できるのだろうか。
今週中には帰厩する予定のようだ。期待半分、不安半分。

デビューが待ち遠しい2歳馬の2頭、マイタイムオブデイとジュピターズライトはともにまだノーザンファーム早来にいる。

マイタイムオブデイもジュピターズライトも週2回坂路コースで15-15を1本ずつ消化しているようだ。
どちらかといえばマイタイムオブデイのほうが順調に調教が進んでいるような印象。
ヴェロニカグレースは2歳の3月には15-15をやっていて、デビューが7月だったからマイタイムオブデイもジュピターズライトも早くて11月から12月くらいのデビューになるだろうか。
いずれにしても入厩まではもう少し時間が掛かりそうだ。秋ぐらいにはデビューのめどが立ってきてくれるといいのだが。

クラシック路線で活躍できる馬はほとんどが2歳の秋にはデビューを果たしているし、晩成タイプよりも仕上がりの早いタイプのほうが出資していて楽しいのはダビスタと同じだ(笑)

理想はやっぱり2歳の秋くらいにデビューできて、それでいて4歳秋から5歳春くらいまで成長を見せてくれるようなタイプだよなあ・・・などと贅沢なことを考えてしまうw

ま、デビューしたからといって勝てるというわけでもないわけだが。
今年はアーモンドアイの活躍が目立つシルクだが、そのアーモンドアイの世代も勝ち上がり率は55.4%。募集馬74頭で1勝以上を挙げたのは41頭に過ぎない。

そう考えると一番最初の出資馬がヴェロニカグレースで2勝してくれたのはかなりラッキーだったんだなと。。。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

2018年7月の収支


 
 
7月は全部で50レース購入、購入金額79,800円、回収金額41,750円、回収率は52.3%にとどまった。う~ん・・・酷い。

的中できたのが8レースだけで的中率も16%と目を覆いたくなる惨状w

これで今年に入っての回収率は82.8%、的中率も23.3%まで落ちてきた。この月間の収支を振り返る意味は果たしてあるのだろうか。

正直、収支をつけていることもだんだんと嫌になってくる。が、これをキッチリ続けていかないときっと馬券も続けていけなくなる気がするのだ。

ここまでで今年の収支がマイナス84,420円、7か月間の趣味に費やす金額としてはそんなに多いとも思わないが、単純に博打で8万円以上負けてると思うとやはりもう少し何とかしたいところだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
そもそも馬券で生活しているわけではないしあくまで趣味の範囲ではあるが、ハナから勝ち組に入る可能性を自ら捨ててしまうのは、せっかく競馬を趣味としているのに勿体ないと思うのだ。

だからこそ勝ちたいと思っているし、そのためにアレコレと検索して役に立ちそうなブログを読んでみたり、たまには書籍に目を通してみたりもする。

つい先日は馬券師バイブルのKindle版を購入して読んだりした。

定期的にブログを拝見している小倉馬券師Tさんの著書だが、読んでみると長く馬券を続けるためには必須の、しかしそれでいてよく考えれば実にごくごく当たり前のことがわかりやすく書かれている。

しかし思うのは、知ったからできるというわけではないこと。

知識は分かっていてもそれを実践するのはまた別の難しさもある。ここを一つ乗り越えて行けば馬券成績も向上するはずだと思っているのだが。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
そしてつくづく思うのはやはり競馬は記憶のゲームだなと。

日曜日のレースが終わると翌週の特別競争の登録馬が発表されて、次の週末のレースの予想をあれやこれやと考えてしまいがちだが、それよりも終わったレースの復習をしっかりすることが大事なんだよなあと。

前走、前々走のレースぶりを憶えていることが大事という点で印象に残っている馬が1頭いる。
それはシャーベットトーン。

強く印象に残ったレースが1000万条件の中山ダート1800m戦。単勝オッズ2倍台前半の1番人気に推されていた。

3番手くらいのインを良い手応えで回ってきたが直線では前が壁になってまったく追えずに人気を大きく裏切る敗戦。確か8着とか9着だった。
着順はかなり悪かったがまったく疲れを残さない、ただコースを回ってきただけという競馬だった。

次走、やはり1番人気で今度は逃げて上がり最速、後続を1秒以上千切る大楽勝。こんな競馬ができるなら準オープンでも相当いい勝負になりそうだと思って見ていた。

そしてその次のレースが正月の準オープン、アレキサンドライトS。
前走1000万条件とはいえあれだけの圧勝をしたのだから今度も1番人気かと思いきや単勝5倍台の2番人気。
1番人気は同じ1000万からの昇級馬、しかもその脚質は差し追い込み。中山ダ1800mなら先行できるシャーベットトーンのほうが有利だと思ったが、2走前の着順の悪さが人気を抑えたのだろうか。

このメンバーなら能力は十分に足りるはずと踏んで自信の本命。
相手はけっこうどんぐりの背比べのように思えたので人気薄も交えて馬連を6点ほど買ったら、12番人気馬を連れてきて万馬券的中。自分としてはけっこう張ってたのでかなり美味しい配当になった。

各馬のレースぶりを憶えているのは大事だなと強く印象に残ったレースだった。

そんなことも馬券師バイブルを読んでいてあらためて思い出したりして、やはり終わったレースの復習、大事だよなと思っている。

8月はちょっとその辺を意識して競馬に取り組みたいところ。

ただボンヤリとレースを見るのじゃなくて、しっかり各馬の動きをチェックしたい・・・が、それがなかなかできないんだよなあ。。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ミルファーム特別


 
 
あっという間に週末である。

今週は月末月初もあったので仕事に追われている間に週末を迎えてしまった。

今週の小倉記念にはJRA10場重賞制覇にリーチの蛯名がストーンウェアで挑戦するという競馬サイトの記事を読んだが、そうか、まだ達成してなかったのか。がんばってほしいものだがメンバー的にはちょっと厳しそうにも思える。

鳴尾記念勝ちのストロングタイタン、その鳴尾記念で1番人気2着のトリオンフ、GⅡ・GⅢでは[1.2.1.1]のサトノクロニクルとハンデ戦とはいえ相手はなかなか手強い。

ステージチャンプの主戦だったので応援している騎手の一人だが。頑張ってほしい。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
土曜新潟の2Rはこの時期の2歳戦では恒例の実況泣かせの同一馬主の大量出走、ミルファーム特別が行われる(違w

2歳未勝利の芝1000m、こういうレースにミルファームが多数出走させるのは珍しくないが今回は18頭立てで9頭がミルファーム。赤と白の格子柄に赤い袖の勝負服が9頭、加えて同じデザインの勝負服に袖に白一本輪が加わっただけの清水敏オーナー(ミルファーム代表)の馬も1頭出走している。

ラジオNIKEIの実況は大関隼アナ。こちらも頑張っていただきたい。

小倉1Rの九州産馬限定戦もカシノとテイエムだらけで大変だと思うが、紛らわしさとなら断然ミルファームだらけのほうだろう。

染分け帽は4,5,8枠、そして7枠にはミルファーム馬1頭に清水敏馬1頭。

事前に塗り絵をして覚えるんだろうが覚えきれるもんだろうか。実況に注目してしまうレースである意味楽しみでもある(性格悪いw
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
新潟の重賞は3歳ダートのレパードS。

上位人気馬が強いイメージがあるが、今年はどうだろうか。

グレートタイムにドンフォルティス、アドマイヤビクター、グリム、アルクトスといったところで無難に決着しそうな気がする。

3着に人気薄が突っ込んでくることに期待するような馬券になるだろうか。

上位人気馬が比較的中団くらいからの競馬をするようなタイプが多いので、穴をねらうなら前に行く馬だと思うが先行馬で残せそうなのはいるだろうか。

狙うならビッグスモーキーかイダペガサスといったところか。

正直なところ馬券的にはあまり食指の動かないレース。

 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!