弥生賞(2018) 回顧


 
ダノンプレミアムの強さばかりが目に付く弥生賞になった。

↓公式発表によるラップタイム

12.5 – 11.0 – 12.5 – 12.8 – 12.7 – 12.4 – 12.8 – 11.7 – 11.0 – 11.6

前後半が61.5-59.5のスローペース。
これを離れた2番手で折り合ってメンバー中2番目の上がりで、しかも4角では大きく内を空けて回ってくるのだから強いなあという感想しかない。

おそらく鞍上の川田は三冠を強く意識しているに違いない。

まだホープフルSを勝ったタイムフライヤーや京成杯のジェネラーレウーノ、共同通信杯馬オウケンムーンなどとの対戦が終わっていないので、そんなことはおくびにも出さないが今年の牡馬クラシックは全部取るつもりだろう、そう思わせるレースぶりに見えた。

父ディープインパクトとの親子2代の無敗の三冠馬が誕生となればおおいに盛り上がるだろう。
父とは違って好位から危なげのないレースができるところはディープインパクトよりもシンボリルドルフに近いタイプにも思える。

そのレース巧者ぶりのせいだろうか、間違いなく世代最強の存在だろうということは認めるが父ディープインパクトの時ほどの興奮は感じない。
冷静に、強いなあ~と認めるだけだ。自分としては競走馬としての魅力はそれほどは感じない。
これはあくまで個人の好み、シンボリルドルフの時も強いなあと呆れはしたが魅力的だとは思わなかったし、馬券が堅く収まるのでむしろ退屈ささえ感じていた。

そういう点ではディープインパクトの時のほうが興奮状態だったし、とても魅力的な競走馬だったと思っている。

しかし、こうしてディープインパクトと当たり前のように比較してしまっている時点でダノンプレミアムの強さは既に名馬の域に達しているということなのだろう。

2着ワグネリアン。

上がり最速でなんとか2着までは追い込んだものの、今回は展開的には仕方がないだろう。
東京なら、ダービーならと思わせるレースではあった。

しかし気性的にあの位置から運ばざるを得ないのは有利とはいえないだろう。これからどの程度の成長を見せるか。
ダノンプレミアムを逆転するためには瞬発力にさらに磨きをかけるか、もっと前の位置でレースを運べるようになるかが必要だとも感じる。

3着ジャンダルム。
ダノンプレミアムをマークするような位置で運んで4角ではダノンが空けてくれた内を通して仕掛けていったが結局ダノンプレミアムと同じ上がりタイム。
世代上位の能力は認めるがやはり勝ち馬とははっきりと能力差を感じさせられた。今後は有力な2~3着候補という存在に思える。

惜しかったのは4着サンリヴァル。

もう少しで優先出走権を手にすることができたがハナ差届かなかった。上手いペースで逃げて、ダノンプレミアムに交わされてからも2着はあるかという粘りも見せていたが。
持っている力は出し切ってのものだけに陣営も残念だと思う。しかし仮にクラシックに出走できても勝ち負け云々というレベルではないだろう。展開が向いて3着までならあるかという存在。
 
 

穴に期待したアサクサスポットはブービーの9着。
スタートは上手く出たが芝の流れにはついていくのが精一杯という感じだった。4角で待避所に向かおうとしたというオブセッションの煽りを食らったにしろ、それがなくても掲示板も無理だったように見えた。
むしろもっとスタミナを必要とされるような流れになって、終いに賭けて運ぶ形になればもう少し上位に入れたかもしれないが、現状、芝ではトップレベルにはまったく力が及ばないようだ。残念w
 
 

そして初出走が話題になったヘヴィータンク。

もう少しまともに走れるのかと思ったが、ブービーからも20秒以上も差をつけられる大差負け。

いや~、森調教師さすがだ。これで出走奨励金108万円をゲットだからね。未勝利戦で4~5着になるよりも高い賞金。
おそらく未勝利戦に出ても断然のビリだろうと思わざるを得ないタイムでしか走れない馬にこんな賞金を稼がせるんだから有能な経営者だ。お見事でした。
あんなに大きく遅れたのは他の馬に迷惑をかけないように走ったためだと信じたいが、スタートしてすぐにかなり遅れていたんだから他馬に迷惑のかけようもなかっただろう。まったく競走馬としてのレベルには達していない。ホントに呆れるほどはっきりとした出走奨励金狙い。

一部に無事に完走して良かったみたいなコメントを見たが、アホかとしか思わない。そもそも平地の競争で完走もできないような馬を出走させるとかありえないだろう。バカバカしいことこの上ない。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

弥生賞、大阪城S(2018) 予想


 
土曜日は6鞍の馬券を買って全敗。今日は少しは回収できるだろか。

弥生賞の印は◎ワグネリアン、〇ダノンプレミアム

やはりこの2頭が馬券圏内を外すとは思えない。朝の段階でその馬連が3.0倍、ワイドは1.6~1.8倍だ。これではさすがに馬券は買えない。
3連単でどう工夫するかというレースになる。

狙いは昔このレースで最低11番人気で3着になったステージチャンプの近親、アサクサスポット。
ダートで1勝を挙げただけで皐月賞の出走権を取るべく弥生賞に出走してきたところも似ている。
現時点で到底かなう相手ではないということは承知しているがダイナアクトレスの血を引く一族として応援する。この馬が3番手。
 

以下はサンリヴァル、ジャンダルム、オブセッションを押さえる。

馬券は3連単Fで8,9→8,9→1,3,6,10と8,9→1,3,6,10→8,9の計16点。
均等買いではガミの目もあるのでオッズを見ながら濃淡をつける。
 
 

阪神のメインは大阪城S、昨年このレースの配当で一口を始めるキッカケができた思い出深いレースw
そこにグァンチャーレとトラストが出走してくる。
昨年のトルークマクトほどではないがあまり人気はないので頑張って馬券園内に来てほしいものだ。

展開が読みにくいがトラストがハナを切るだろうか。内からバンドワゴンあたりが前に行くということもありそう。いずれにしてもあまりペースが上がりそうなメンバーではない。

あまり隊列が長くなるようだと前に行った馬で決まる波乱もありそうだが、ここはバルジューのハクサンルドルフに期待する。

馬場状態を問わず上がりは上位の脚を使えるし、阪神コースは3.2.1.1と得意。極端に後ろの位置取りにならなければ堅実に馬券圏内に入ってくると考える。

ハンデ戦でもあるし相手は手広く3連複で。プラチナム、アストラの人気馬も押さえてトリコロール、バンドワゴン、フェイマス、それにグァンチャーレ、トラストも加えての1頭軸流し21点。これもオッズを見ながら濃淡をつける。

 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

チューリップ賞、オーシャンS(2018) 予想


 
チューリップ賞、ラッキーライラックが人気にこたえて勝っちゃうんだろうなあと思うが。。。

阪神JF→チューリップ賞→桜花賞、全部同じコースだもんね。

その最初の2歳GⅠを中団前目の位置から上がり最速で差し切っているんだから、ここでも不必要に印を下げる理由はない。
よほどの調整遅れで調子がいまいちだとかならまだしも、調教も順調のようだし(映像とか見てないけど)

しかし単勝1倍台の大本命馬に◎を打って馬券を買ってもおもしろくないわけで。
そうなると阪神JF2,3着のリリーノーブルかマウレアってことになるのかもしれないが、この2頭は勝負付け済んでるだろってことであくまで押さえ、◎は1戦1勝のサラキアにしようかと思う。

1回中京の芝1600mで上がり34.9を繰り出して後続に0.3差の完勝。馬場と展開がハマった感もあるが、ここは未知の魅力に賭けてみよう。

馬連でサラキアからラッキーライラック、マウレア、リリーノーブル、シグナライズ、レッドランディーニへの馬連5点。

万が一にも石橋脩がへぐって3着くらいに負けてくれたら嬉しいなあ、という馬券。
ま、堅く収まりそうな気がするのであまり額は入れずに臨みたいところ。
 

一方、中山のオーシャンS

こちらは混戦模様。

何が勝ってもおかしくないメンバーなのでここは人気のなさそうな馬を中心に買いたい。

デビューからの3戦以来のスプリント戦に戻るリエノテソーロを狙ってみたい。
イイ感じで人気を下げているがGⅠ・NHKマイルCを2着し、2着時にはGⅠ・全日本2歳優駿を勝っている。
重賞での格ならレーヌミノルにも負けていないし、それでいて斤量は1kg軽い。こういう時にこそ買いたい馬のように思う。ほぼ直感w
それほどガリガリ行くタイプも見当たらないし、先行できるのは向いているだろう。
人気のレーヌミノルやナックビーナスは外枠なのであまりハナから押していく展開にもならなさそうだし、先行なだれ込みに期待。

相手はやはり人気薄の田辺・エポワス、やはりこちりも人気薄ジューヌエコール、他はレーヌミノル、ナックビーナス、ビップライブリー、アルティマブラッド。

馬連流し6点に3連複流し15点。うまいこと引っ掛かってくれないものか。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!