さて夏競馬だ


 
 
宝塚記念はパフォーマプロミス本命で相手にノーブルマーズ、ストロングタイタン、サトノクラウン、サイモンラムセス、ワーザー、キセキの6頭を取っての馬連流し、3連複流し。ミッキーロケットはまったくノーマークだった。完敗。
サトノダイヤモンドとヴィブロスは積極的に嫌って万が一来られたら仕方がないと割り切っていて、その通り来なかったのは良かったが、軸馬があえて嫌った人気馬2頭よりも着順が下なのだからお話にならない(笑)

2,3着馬のワイドで71.6倍だったのかと思うと軸馬さえ間違えなければと考えないでもないが、勝ち馬については予想の段階でチラッとも検討しなかったから取りようのない馬券だったのだがw
きっと荒れるし、勝ち馬は宝塚記念らしくここがGⅠ初制覇という予想だけが当たってたというある意味想像通りの結末。

今年前半戦のGⅠ・12鞍で的中できたのは高松宮記念、桜花賞、安田記念の3鞍だけだった。後半戦はもう少し当てられるとイイが。。。。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
宝塚記念が終わって今週からは夏競馬本番。ローカル中心になると特別レースの名前で知らない地方の地名を覚えたりするのが楽しかったりする。
今週は中京で御在所特別とか香嵐渓特別なんてレースがあって、どんなところだろうかと調べてみるのも案外おもしろい。

御在所(ございしょ)特別は御在所岳から来ているようだ。
御在所岳は標高1,212mというからけっこう高い。高尾山のように気軽に登山、というわけにはいかなそうな気がするがロープウェイがあるから案外簡単に山頂に行けたりするのだろうか。

香嵐渓(こうらんけい)というのは愛知高原国定公園の一角にある渓谷。検索して出てくる画像を見ると紅葉がずいぶんと美しい。秋の観光シーズンに訪れるのも良さそうだなあ、しかし中京開催は秋には無いし、新緑の時期も綺麗なんだろうか・・・などとレース名で知った土地を観光するプランを考えるのも夏競馬を楽しむ要素の一つじゃなかろうか

JRAのサイトには特別レース名解説というページもあるので、ここを参考に難読地名を覚えるのも知識欲を刺激してくれて面白いものだ。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
そんな特別レース名に気を取られつつも(?)、日曜日には早くも7月となり重賞はラジオNIKKEI賞とサマースプリント第2戦のCBC賞のGⅢが2鞍。

ラジオNIKKEI賞は去年の記事にも書いたがかつては残念ダービーという俗称もあったレース。

500万以上の条件クラスは古馬との混合戦になっているこの時期に3歳馬限定の重賞レースがあるのにはいったいどういう意味があるのだろう。
ダービー、オークスが終わった後にある3歳限定重賞は秋のGⅠトライアルが始まるまではこのラジオNIKKEI賞とダートのレパードSだけだ。
七夕賞や函館記念、中京記念といった3歳以上混合重賞もたくさんあるのにあえての3歳限定。正直謎である。
菊花賞、秋華賞のトライアルならわかるが、夏のこの時期に組む意味は果たしてなんだろう。

別に番組構成を批判するような意図はないが、この点は少し不思議だなあと思っている次第。
2歳戦もすっかり始まり来年のダービーに向けてスタートが切られているのに、残念ダービーもないだろうという気がするのだが。

そうか!
ラジオNIKKEI賞が残念ダービーならレパードSは残念ジャパンダートダービーということか!

 
 
 

ところでCBC賞って以前は確かGⅡだったよなあ~と確認したところやっぱりそうだった。
1990年にGⅡに格上げされたが2006年にGⅢに格下げとなっていた。
施行時期も当初の12月から6月(1990年)→11月(1996年)→12月(2000年)→6月(2006年)→7月(2012年)とコロコロ変更されている。
来年あたりまた12月くらいに変更されるんじゃないだろうか。

重賞にはレース体系の整備と称して、けっこう施行時期や距離が変更されるレースがあって、目黒記念なんかは今でこそダービーデイの最終レースに定着しつつあるが、以前は2月だった。
鳴尾記念なんかは流浪の重賞の代表のようなレースで、テンポイントが勝ったころは3月の2400mだったし、タケノベルベットやナイスネイチャが勝ったころは12月の2500m。
それがいつの間にか2000mになったと思ったら時期は6月になってるし、あれ?と思ったら12月に1800mで開催されてるし、そうかと思うといつの間にか6月に2000mで行われている。

もう何が何だか(笑)

ま、高松宮記念なんて元々は夏の名物中距離GⅡだったしな。前進の高松宮杯を有馬記念3年連続3着のナイスネイチャが勝ってると聞いたら競馬初めて間もない人はナイスネイチャってオールラウンダーだったのかと思うんだろうな。
 

思考は散り散りに飛んでいくw

 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

宝塚記念を世相で読み解く(ことができればいいのだが・・・


 
 
宝塚記念、グランプリだから世相馬券を考えてみる。

今年上半期の重大ニュースはなんだろうか。

・コインチェック仮想通過580億円流出
・平昌五輪開幕、女子カーリングが注目される
・大谷翔平選手、二刀流でメジャーデビュー
・日本サッカー、W杯2カ月前にハリルホジッチ監督解任
・TOKIO山口元メンバー強制わいせつ事件
・11年ぶり朝鮮南北首脳会談
・日大アメフト部悪質タックル問題
・NEWS小山、未成年女性との飲酒報道、NEWS手越も
・成人年齢を18歳とする改正民法が成立
・初の米朝首脳会談
・ロシアW杯開幕、日本初戦でコロンビアに勝利
・大阪北部地震

思いつくところをバラバラと挙げてみたが、やはり大きなニュースというと平昌五輪、米朝首脳会談、大阪北部地震といったところか。W杯で日本がコロンビアに勝ったというのも大ニュースではあるが。(日本はひとつも勝てないだろうと思ってたw

自分が取り上げるとしたらやはり米朝首脳会談。
この後、米朝関係、日朝関係がどのように進展していくかはまだ不明な点も多々あるが、初めて敵対していた米国と北朝鮮の首脳会談が実現したということは大きなニュースだろう。
非核化、拉致問題と日本にとっても大きな課題が解決に向かうターニングポイントになっているかもしれないからだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
というわけで、

米朝首脳会談を世相馬券のネタとして取り上げてみる。

シンガポール・セントーサ島のカペラホテルで、米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長が6月12日に史上初の米朝首脳会談を行った。

ここから連想される馬、陣営はあるだろうか。

馬名から取り上げたいのはパフォーマプロミス。馬名意味は「約束を果たす」。
米朝首脳会談において北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組むと宣言した。ぜひこの約束を果たしてほしいものだ。

血統から取り上げたいのはストロングタイタン。その父はRegal Ransom、直訳すると王の身代金となるがRansomには解放という意味もある。今回の会談が拉致被害者の解放に繋がれば、という連想は穿ち過ぎだろうか。
さらにストロングタイタンの戦歴を見ると1600万条件のマレーシアカップ勝ちがある。マレーシアと言えば首脳会談が行われたシンガポールとはジョホール海峡を挟んだ隣の国。なんとなく繋がりが深いではないか。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
会談会場となったカペラホテルからは何か思い浮かばないだろうか。

カペラというのはぎょしゃ座α星の名前でぎょしゃ座で最も明るい恒星。肉眼では一つの星に見えるが2つの恒星からなる連星が2組ある4重連星とある。

なるほど星の名前か・・・と思って登録馬を眺めたら、星に関係のある馬がちゃんといたw

ノーブルマーズ。
マーズといえば火星。カペラとは関係ないかもしれないが同じ星繋がりで3着くらいに潜り込んでこないだろうか。全然人気もなさそうだし、馬券圏内に入ってきたらかなりの高配当を提供してくれそうだ。
阪神芝2200mでは昨年の三田特別をトップハンデの57.5kgで勝っているし、その時の勝ちタイムは2:11.4。同年の宝塚記念の勝ちタイムと同タイムだ。ま、馬場状態は三田特別が良馬場、宝塚記念は稍重という違いはあるが(笑)

まったくチャンスがないというわけでもないような気がしてこないだろうか。(しないw
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

宝塚記念だが


 
 
宝塚記念、今年はどうにもパッとしないメンバー。

一時は最強と評されていたサトノダイヤモンドも、昨年の阪神大賞典勝ち以降は3,4,15,3,7着と海外遠征2戦があるにしても冴えない成績。
キセキも菊花賞後の2戦はともに9着、サトノクラウンも昨年の宝塚記念勝ちの後は2,10,13,7着。
牝馬のヴィブロスが前走ドバイターフで2着しているのが頑張っているように見えるが、それにしても1年以上勝ち星からは遠ざかっている。

どの馬が勝っても復活と言われるようなそんなメンバー構成。これらのGⅠ馬に並んで重賞勝ちはAJCC1勝だけのダンビュライトが上位人気に支持されそうな状況。

それなら国際GⅠ3勝、香港ローカルGⅠ1勝の外国馬ワーザーがもっと高く評価されても良さそうな気がするが、日本の時計の早い馬場は合わないと思われているのかそれほど人気にはなりそうもない。

これはかなり荒れるんじゃないのか?という気はする。穴党の出番だぞ!と言われそうだがあまり興味がわかないなあというのが正直なところ。

メンバーがいまいちと思っていてもレースが面白いものになることは珍しくはないと思うのだが、どうして今年の宝塚記念はこうも気持ちが盛り上がらないのだろうか。
仮にもGⅠ、今年前半戦を締めくくるグランプリレースだというのになんともつまらない。

これはどっちが強いんだ?と注目してしまうようなライバル関係がないことが原因だろうか。
しかし宝塚記念は時期的なこともあってあまりメンバーが揃わないことも珍しくないレース。それでも今年ほど興味の沸かないのはあまり記憶にない。
注目せざるを得ないスターホースが不在というのが大きいのか。
頭数が揃わなくてもキタサンブラックやゴールドシップといった人気馬がいた年はどんなレースになるだろうかと楽しみだった。

今年はせめて3歳馬の挑戦があればもう少しは注目度も高まっただろうに。アーモンドアイとラッキーライラックが出走してくれば面白かったのになあ、と無責任に思ったりする宝塚記念である。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
それでもやはり馬券は買ってしまうのが競馬好きのオッサンである。いや、競馬好きではなく馬券好きなのだと言ってしまってもいい。

今年はきっと宝塚記念伝統のパターン、GⅠ級と言われながらなかなか勝てなかった馬が初GⅠ制覇を飾る、そんなレースになるような気がしている。

宝塚記念でGⅠ初勝利となったのはパッと思いつくだけでも10頭以上はいる。
ラブリーデイ、アーネストリー、ナカヤマフェスタ、エイシンデピュティ、ダンツフレーム、メイショウドトウ、マーベラスサンデー、メジロライアン、オサイチジョージ、スズパレード、カツラギエース、、、

今年もそんな年になるんじゃないだろうか。

混戦と言われる年の宝塚記念はそんなパターンにハマっているような気がする。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ならば今年はダンビュライトということになるだろうか。
しかし、香港で行われたQE2世Cから2カ月余り、体調はどうなのか。海外遠征帰りの疲れは残っていないのか、その辺が心配だ。

それよりもステファノスやスマートレイアー、ミッキーロケット、ストロングタイタンといったあたりが面白いんじゃないか。

ありがたいことにいずれも全然人気はない。

これらから手広く網を仕掛ける、どうせ買うならとにかく当てることを目的にするのじゃなく、大穴を狙って高額配当を手にする、そんなことを目標にする今年の宝塚記念といきたいものだ。

じゃないとホント、馬券を買う気にならないのだw
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

アカウントが乗っ取られた


 
 
昨日の帰宅途中、友人から「mixiで俺にメッセージくれた?」というLINEを貰った。

は?もう何年もmixiなんてログインしてないけど、と思ってログインしてみたら見事に乗っ取られてスパムをまき散らしてた。申し訳ないm(__)m

しかし、もうほんの一握りの人しか使っていないであろうmixiで、長らくログインされてないアカウントを乗っ取り、スパムをまき散らしていったい何の利益があるのだろうかとググってみたら、どうも5月くらいから乗っ取りが流行しているらしい。
メッセージのリンクを踏んでしまうとそのアカウントも乗っ取られてスパムメッセージをまき散らしたりしてしまうとのこと。
5月11日にはmixi運営からも注意喚起の通知が出されているから大丈夫だと思うけど、今でも使っているマイミクには迷惑かけちゃったな。ホントに申し訳ない。

ずっと使ってないのでアカウントはすぐに退会、削除した。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ちょうど乗っ取られてたのがまさにこれから関東オークスの予想を決めて馬券を買おうかどうしようかというタイミングだったので、結局馬券は買わずにレースだけテレビで見ることに。

その前までクレイジーアクセルを3連複1頭軸にララブリムヴェール、プリンセスノンコ、ゴールドパテック、ミスマンマミーア、エグジビッツの5頭を相手に買おうか、3連単はどうしようか、それとも馬連だけで地方馬を応援しようかなどと考えていた。
勝ったハービンマオは抜けだったので結果買わずに済んだのは良かったが、なんとも微妙な気分の関東オークスだった。

そして、あの展開ならゴールドパテックに勝ってほしかったし、もっと言えばクレイジーアクセルに逃げ切ってほしかったなあ、と。負けて強しとは思わせてくれたが。

地方競馬はたまに交流重賞を見るくらいだが、これからはもっと他のレースもたくさん見ておきたいなあと思わせる先週の東京ダービーと昨日の関東オークスではあった。

地方、中央を問わず競馬はやっぱりおもしろい。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
JRAのほうは今週から函館開催が始まり、開幕の重賞が函館スプリントステークス。
登録メンバーを見ると今年は3歳馬もいないし、なんだかこの路線の常連メンバーばかりだなあという印象。

で、常連メンバーなのに力関係があまりはっきりしてなくてなんとも難解でもある。

一応、前走高松宮記念3着のナックビーナスが1番人気になるのかなあという感じだが、函館の馬場は果たしてどうなのだろうか。
時計の掛かる馬場が向いている印象だが、昨年は1:06.8という高速決着。北海道シリーズは洋芝コースということもあり、時計の掛かる決着というイメージが強いが去年あたりからずいぶん時計も早くなっている。今年も同じような馬場になったとしたら果たしてそれに対応できるだろうか。

近5年は1番人気馬が馬券圏内はおろか掲示板に乗ったのも昨年のセイウンコウセイ4着のみというレースだし、軸馬を決めるのも難しいレースになりそうだ。

しかし、北海道シリーズくらいは時計の掛かる力のいる馬場でのレースでもいい、というかそちらの方が中央開催とはまた違った能力を要求されるレースになって面白いと思うだがなあ・・・

エリモハリアーのような函館記念は任せろ!みたいな巧者が現れるのも競馬の面白さだし、そういう要素をあまり失くさないようにしてほしいなと思う。
何でもかんでもスローの瞬発力勝負というレースばかりじゃつまらないぞ、と思ったりするのだ。

 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

今年の夏は旅打ちついでに地方競馬にも行ってみたい


 
 
春のGⅠシリーズも残すところ宝塚記念のみ。

ところが今年はワーザーの参戦が注目されてしまう程度のメンバー、と言ってしまうと少々語弊があるかもしれないが、昨年の阪神大賞典以降勝ち星を挙げられていないどころか連対すらしていないサトノダイヤモンドが押し出されて1番人気になりそうなメンツである。正直あまりワクワク感はない。

このメンツならゴールドアクターが出走してもそこそこいい勝負になったんじゃなかろうか、などと思ってしまう。(今、どうしてるんだろうなあ・・・
 
 

ま、そんな感じなので今は宝塚記念よりも夏競馬のほうが楽しみだったりする。

今のところ旅打ちに出る予定はないが、4~5月に休日出勤した代休も溜まっているしなんならJRAだけじゃなくて地方競馬場まで回る旅に出るのも良いではないか、などと考えてしまっている。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
そんなことを考えながら地方競馬情報サイト「KEIBA.GO.JP」を覗いてみたw
 

現在、全国には地方競馬場は15か所。

そのうち自分が行ったことのある競馬場は南関の4場だけだ。
昔、今は廃止されてしまった高崎競馬場や三条競馬場には行ったことがあるが、普段はあまり地方競馬をやることもないし平日開催が多いということもありなかなか訪れる機会もない。

せっかくだから土日に代休を絡めて夏のローカル開催のついでに近くの地方競馬場にも行ってみようかなどと考えだしたら、考えただけで楽しくなってくるw

まずどこで休みを取ろうか。今月中に消化しようと思っていた代休は取れそうもなくなったので7月に取ることになったのも好都合だ。
7月は福島、中京、函館開催があるが地方競馬場にも行くことを考えるなら名古屋競馬場も近い中京開催が候補になる。

となると7月6日の名古屋と7,8日の中京あたりか、もしくはそのあとの20日の名古屋と21,22日の中京。この組み合わせならなかなか行くことのないJRAの中京と、これまた今まで行ってみようと思ったこともない名古屋競馬場に行くことができそうだ。

それとも福島で8日の七夕賞を観て、翌9日の盛岡競馬場に脚を伸ばすというのもありか。
こちらは福島から盛岡に新幹線を使うことになるが、それはそれで旅打ちというムードがより高まって楽しそうだぞ。

う~ん、旅費と馬券代、どうやって捻出しようか。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
できれば旅打ちの旅費くらいは馬券で稼ぎたいものだが、それほどの馬券力があるわけでもなくw

とりあえず関東オークスで稼げないだろうかなどと思いながら出走表を見てみると、交流重賞だが意外に人気は割れている。
一応JRAのララプリムヴェールやプリンセスノンコが上位人気だが、大井のクレイジーアクセルが前日オッズでは2番人気、川崎のゴールドパテックも5番人気とそれなりに支持されている。
単勝の前日オッズを見る限りはけっこう混戦模様だ。

ならばここはここはクレイジーアクセルの逃げ切りに期待してみようか。
1着固定の3連単ならば相手が上位人気馬でも好配当になりそうだし。御神訓騎手に旅打ちの旅費を捻出してもらえないだろうか、、、などと根拠もなく妄想してみたりするのであった。

とりあえず馬券を買うかどうかはともかく、仕事が終わったら川崎競馬場に立ち寄ってみようw
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ホワイトフォンテンで競馬の虜になった男の日記