もう有馬記念ウィークだ

朝日杯フューチュリティステークス、
クリノガウディー、どうせなら頭で来てほしかったが見せ場十分、馬券的にもありがとうの堂々の2着。グランアレグリアを押さえてのGⅠ・2着だから立派なものだ。ホント、ありがとう。
何やらホープフルSにも登録があるのだが、まさかそこにも出走とかないよね?
ちなみにもう1頭のスクリーンヒーロー産駒、コパノマーティンもホープフルSにも登録してるんだが・・・本気なのか?
もし出走したら実質的には中1週でGⅠを連戦、という形になるがまだ若駒の2歳馬にそんな厳しいローテーションはどうかと思うが。

【スポンサーリンク】


さあ、今週は有馬記念。
今年も例年のように東京競馬場で観戦するつもりだったが事情があって自宅での観戦になりそうだ。残念。
前日も中山大障害とヴェロニカグレースが出走予定のノエル賞を見るため、中山に行きたいと思っていたがやはり行くことは叶わない。自宅でゆっくり、じっくりと応援をしたいと思っている。

自分の事情はともかく。

今年はファン投票の結果、収得賞金では出走が望めなかった障害の絶対王者オジュウチョウサンが参戦。
平地GⅠで果たしてどこまで通用するのか、まったく読めないところが今年の有馬記念をおもしろくしている。

オジュウチョウサンの前走、南武特別のとき、自分はさすがに瞬発力勝負になりやすい東京コースで、しかもクラスも上がって1000万条件となればさすがに厳しいだろうと考えていた。
馬券は買わずにレースをテレビで見ていたが、それでも直線でオジュウチョウサンが伸びてきたときには思わずオジュウ!勝て!と声が出ていた。

1000万条件からいきなりのGⅠでは通用しないと思うのが普通だが、この馬はもしかしたら何かやってくれるかもしれないと思わせるものがある。

競馬の魅力は必ずしも時計勝負にあるわけではない。
先日のジャパンカップ、アーモンドアイの勝ち時計には驚愕し、また感動もしたが、それとは正反対の1990年の有馬記念。あのオグリキャップのラストランも、レース後には当日の1000万条件よりも時計が遅かったからレースのレベルが低いなどとも言われていたが、四半世紀以上がたった今でも感動したレースとして挙げられることの多さを考えると競馬の魅力は時計がすべてではないことがよくわかるというものだ。

そんなことを思うと、今年オジュウチョウサンが有馬記念を勝つ可能性もゼロではないと思うし、もし勝ったらまた一つ感動のレースとして後々挙げられるレースとして記憶されるのだろう。

そしてオーナーがもしいい結果が出たら来年は凱旋門賞に挑戦したい、ということも言っている。それが実現したりしたら本当にロマンがあるなあ、夢があるなあとますます競馬を好きになっていくだろう。

【スポンサーリンク】


だが、しかし。

馬券は別だ(笑)
自分はオジュウチョウサンの馬券はたぶん1枚も買わない。というか買いたくないw
戦う相手は平地GⅠ馬7頭を初めとする重賞勝ち馬ばかり。重賞勝ちのないサウンズオブアースにしても菊花賞、有馬記念、ジャパンカップと3つのGⅠで2着3回という実績がある。
これまでとは戦ってきた相手が違うのだ。如何に障害の絶対王者とは言え、障害と平地競争は似て非なるもの、有馬記念のレベルになればをそう簡単には勝てないだろうと思うのだ。

ならばどう馬券を買うのか。

今年の傾向(というかこの数年の傾向)を考えれば、有馬記念は外国人騎手で買っていれば間違いないように思う。

となると、レイデオロ、モズカッチャン、シュヴァルグラン、サトノダイヤモンド、ミッキーロケット、パフォーマプロミスの6頭、それに日本人騎手を加えるなら川田のキセキの7頭で、あとはどういう組み合わせにするか、軸をどの馬にするか、それに頭を悩ませればいいと思っている。

ただ枠順も重要なレース。特に1、2枠に入った先行馬の成績が特に良いレースなので木曜日の枠順発表は注目だ。

オジュウチョウサンが内枠に入って、キセキが外枠に入ったりしたら・・・悩みそうだw

武豊は瞬発力勝負にしたらおそらく勝ち目はないと考えているだろう。逃げ、もしくは番手での競馬を、それも後続に息を入れさせない淡々とした流れを作ろうとするように思う。
キセキもジャパンカップや天皇賞の走りを見ると早めのペースを逃げる形はどんとこいというタイプ。
オジュウチョウサンがすんなりハナを取れそうな内枠、そこにキセキが最初から少し仕掛け気味にハナ争いをしてくるような大外枠なんかになったりしたら、この2頭が後続を大きく引き離しての逃げ先行ということも考えられる。

2頭の枠順次第では皆が思っている以上の早い流れになるんじゃないだろうか。となると中団の内で死んだふりしてるような差し馬が台頭する流れ、今のところはそんな展開にならないだろうかと想像しているがどうだろうか。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ターコイズS(2018)予想

ヴェロニカグレースの次走が22日のノエル賞というのは決まっていたが、今度の鞍上は誰になるのだろうと思っていたら、どうやら津村に決まったようだ。

う~ん。。

津村は過去2回ヴェロニカグレースに騎乗しているが、最初は500万の平場でオウケンムーンの2着、2度目は新潟の五頭連峰特別で7着。

五頭連峰特別は如何にも合わないコースでのものだけに仕方がないかとも思うが、オウケンムーンの2着の時の騎乗がどうにもいただけないものだったので、できれば違う騎手のほうがいいなあと思っていたが。
津村が下手だとは思わないが、ヴェロニカグレースとは手が合わないような気がしてならないのだ。

当日は阪神で重賞の阪神Cがあるから戸崎とは言わないが、せめて前走と同じ石川裕紀人は手配できなかったのだろうか。

決まってしまったものは仕方がないが、調子が良さそうなところでたぶん一番合っているコースだけに期待をしているのだが少々不安になってきた。

【スポンサーリンク】


ま、先のことはともかく。

土曜日は牝馬のハンデ重賞ターコイズS。
人気はプリモシーン、フローレスマジック、フロンティアクイーンといったところのようだが、ここは荒れる前提でリナーテから攻めてみたい。
半兄はサトノダイヤモンド。父がディープインパクトからステイゴールドに替わって出世に時間は掛かったが、近2走で1000万、1600万を連勝しようやく本格化してきたように思う。
特に前走の最速32.4の上りはモノが違うという脚だった。1600mへの距離延長がどうかだが折り合いに難のあるタイプでもなく逆に追走が楽になるというメリットに目を向けたい。
枠は絶好の2番枠、ハンデも53kgと軽量、鞍上も12月の開催替わりとなって5勝を挙げている好調の三浦皇成。中団前の内をロスなく行って直線抜け出す競馬に期待したい。

対抗はこのコースで重賞フェアリーSを勝っているプリモシーン。関屋記念も勝ち、マイルは得意の舞台。今回は55kgと3歳馬としては見込まれたがこの実績なら仕方がないだろう。

3番手には中山マイルは3戦2勝3着1回と得意としているハーレムライン。近2走は不得意の舞台で2桁着順に沈んでいるが、さほどペースが早くなるとも思えないメンバー構成。2枠4番から楽に好位追走ができればそのまま粘り切る場面も期待できないだろうか。

以下、フロンティアクイーン、フローレスマジック、ミスパンテール、レッドオルガを押さえに。

リナーテからの馬連、3連複で。

【スポンサーリンク】


日曜日の朝日杯については明日考えるが、クリノガウディが最内に入った。
うまいこと先行したら、そのまま押し切る場面はないだろうか?相手が強いのは承知しているがちょっと単複で応援しようという気になってきた。
どうやら人気もまったくないようだし。

新馬戦の時と同じ1番枠。同じような競馬ができればけっこう見せ場くらいは作れるんじゃないかと期待しているのだが・・・


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

グランアレグリア、災、有馬記念

グランアレグリアってそういえば牝馬だったっけ、と今さらながら再確認。
これがたぶん朝日杯で一番人気になるんだよな。

アーモンドアイが牝馬3冠に加えてジャパンカップもあっさりと勝ってしまったので、もはやトップホースのレベルになると牡牝の差はないと考えてもいい時代になったのだと、あらためて思う。

エアグルーヴ、ウオッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナといった牡馬と伍して戦い、そしてGⅠを勝ってきた牝馬が既に何頭もいたことを思うと今頃気づいたのかという話だが。

朝日杯でグランアレグリアが勝ったら最優秀2歳牝馬は当然グランアレグリアになるのだろうが、そうするとダノンファンタジーはどういう評価になるのだろうか。
また、グランアレグリアとダノンファンタジーはデビュー戦も同じだったが、同じデビュー戦を走った2頭がそれぞれ2歳GⅠを勝つなんてことは過去にあったのだろうか。
そういう点でも朝日杯の結果は注目される。

そのグランアレグリアが出走する朝日杯にはスクリーンヒーロー産駒が2頭出走できそうだ。

クリノガウディーとコパノマーティン。

ま、どちらもそうとう厳しいとは思うが阪神JFに続いての2週連続でGⅠにスクリーンヒーロー産駒が2頭出走するなんてこともかつてないことだ。
来年のクラシック戦線が楽しみになるというもの。いい走りを見せてほしい。

【スポンサーリンク】


暮れの恒例行事、今年の漢字が今日発表になった。
2018年、清水寺で書かれた漢字は「災」

去年の漢字が「北」で有馬記念を「キタ」サンブラックが勝ったから、今年は「サ」トノダ「イ」ヤモンドかなんて考えてしまうのは単細胞な競馬好きの性だ。

ちなみに2004年にも「災」が今年の漢字とされた。
この年の有馬記念はファン投票1位でペリエ鞍上のゼンノロブロイ(藤沢和雄厩舎)が1番人気で勝っている。

となると今年はやはりファン投票1位でルメール鞍上のレイデオロ(藤沢和雄厩舎)が1番人気になったら頭は固いということになるだろうか。

こちらの方が如何にもありそうな気はする。これから1週間半、たっぷり悩もうじゃないかw

【スポンサーリンク】


有馬記念のことを調べていて気がついたんだが、今は日本がパート1国になったことで有馬記念も国際競争、外国馬の出走枠は6頭ある。

ならば今年オジュウチョウサンがファン投票で出走できることになったように、来年はみんなでエネイブルに投票して、なんとかエネイブルに有馬記念を走ってもらえないもんだろうかと。

なんならジャパンカップに呼んで、そのまま日本に滞在してもらって有馬記念にも出走してもらうとかできたら凄く盛り上がりそうな気がするんだが。

それに今年のジャパンカップのようにアホのように早いタイムが出ると、今後ますます外国馬のジャパンカップへの参加は見込みにくくなってくるだろう。だが中山なら東京ほどは早いタイムにはならないし、時にはなにそれ?ってくらい遅い時計での決着ということもあるんだから外国馬陣営も少しはやってみようかな?という気にもなるんじゃなかろうかと思ったり。

アーモンドアイとエネイブルの対戦、見てみたいよなあ。

ま、アーモンドアイが来年凱旋門賞に行ったら実現しそうではあるが、やっぱり目の前で見たいし、なかなかフランスはロンシャンまで競馬を観に行くというのも時間的、経済的にいろいろと大変だしさ。

ホント、エネイブル、来年の有馬記念で来日してくれんか。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

シルク第1回追加募集馬

シルクの第1回追加募集は5頭中2頭(メジロルバートの17、ミステリアスオーラの17)が口数を大幅に超える申し込みがあったらしく満口。

満口にならなかった追加募集馬3頭については今週金曜日12月14日の午前9時30分から受付けを開始するようだ。
残口の少ないのはミオリチャンの17が残り80口以下、エリモアクアポリスの17が150口以下とのこと。
この2頭はすぐに満口になってしまいそう。

今年はもう出資する気はないがどんな馬が残っているのかを見てみると・・・

ラッドルチェンドの17(メス)
父ディープインパクト、母の父デインヒルダンサー、美浦・和田正一郎厩舎所属で一口112,000円(総額5600万円)。いいお値段ですw

母のラッドルチェンドは南関東で1勝、祖母はラヴズオンリーミーでその産駒はリアルスティール、プロディガルサン、ラングレーとオープン馬がズラリ。この値段も仕方がないところだろうか。自分はもう値段だけでパスだがw

現在はノーザンファーム空港で週3回屋内坂路コースでハロン19~17秒のキャンター2本をこなしているという。4月20日生まれ。

【スポンサーリンク】


エリモアクアポリスの17(牡)
父ノヴェリスト、母の父ダンスインザダーク、美浦・田中剛厩舎所属で一口28,000円(総額1400万円)。こちらはお手頃感あるな。

母エリモアクアポリスは中央で2勝、曾祖母ボールドレイディの系統にタイムパラドックス、タイムフライヤー、サクラローレルといったGⅠ馬がおり、他にもカポーティスターやエピセアロームといった重賞勝ち馬の名前もある。

現在はノーザンファーム早来で週3回屋内坂路コースで軽めのキャンター、週1回周回コースで軽めのキャンター2,250mという調整。4月1日生まれ。

ミオリチャンの17(メス)
父マジェスティックウォリアー、母の父スウェプトオーヴァーボード、美浦・黒岩陽一厩舎所属で一口24,000円(総額1200万円)。今回の追加募集馬の中では一番安い。

母ミオリチャンは中央4勝、STV賞などを勝つなど1200m戦で活躍。曾祖母マガロの仔にダービー馬タヤスツヨシ、北米でオーキッドH(G2)など9勝のクーラウインがいる。

現在は騎乗馴致を終え、ノーザンファーム空港で週3回ハロン20秒のキャンター2本を週3回こなしている。5月5日生まれ。

【スポンサーリンク】


ついでに最初の募集でまだ満口になっていないテアルケリーの17(メス)
父ゴールドアリュール、母の父タピット、栗東・武幸四郎厩舎所属で一口36,000円(総額1800万円)。ダート血統の牝馬でこの価格はどうなの?ということで売れ残ってるのか。案外こういうのが当たりだったりするのも一口の面白さじゃないかと思ったり。知らんけど。

母テルアケリーは北米で2勝、デビュータントSというオールウェザーのGⅠを勝っている。産駒のプリズマティコ(3歳)は現在4戦1勝、シティーオブスター(2歳)は3戦、いずれも芝で使われているが本馬は血統的にダートを主戦場にするんだろう。

現在はノーザンファーム空港で週3回屋内坂路コースでハロン18~20秒のキャンター2本という状況だ。3月9日生まれ。

第1回追加募集となっているということは第2回もあるのかな。確かに昨年度は第2回もあったと思うけど。
しかしもうこれ以上はね。零細一口馬主ではとても手が出せるものではありませんw

今、検討している人の参考にでもなれば・・・

そうそう、我が出資馬はどうしているかというと2歳のジュピターズライトは先月末に美浦トレセンに帰厩して昨日までで3本の時計。
タイム的にはまだまだじゃね?という感じだが一応28日の中山芝2000mを目標にしているらしい。
とりあえずデビューさせて、それから上手いこと成長してくれればいいね、って感じがするのがなんだかちょっと残念だw

で長女の3歳ヴェロニカグレースは12月6日に帰厩して9日(日)に坂路で時計を1本。あとは今週、来週と追い切って22日の中山・ノエル賞へ。
天栄でおおむねできてるのでトレセンではレースに向けての気合を整えるという感じかと。こちらは期待してます、はい。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ロンギ場ってなんだろう


 
 
チャンピオンズカップは悶絶の1着、3着、4着だったw

残り100mあたりでは「よし!そのまま決まるだろ!」と思ったんだが。3角であんな後ろにいたウェスタールンドに間を割られるとは。

ちなみに買った馬券はルヴァンスレーヴ1着固定の1頭軸3連単流し。
相手はサンライズソア、ケイティブレイブ、アンジュデジール、オメガパフュームの4頭で12点。

なかなかいい狙いだったと思うが、残念...
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
今週は阪神ジュベナイルフィリーズ、ウインゼノビアの登場だ。
netkeiba.comの予想オッズだと10番人気で単勝オッズ70倍ほど。そんなに人気ないかね?
ダノンファンタジー、シェーングランツ、クロノジェネシスあたりに差をつけられるのは仕方がないとしても、グレイシアやタニノミッションあたりにそんなに差をつけられるかね?ま、確かに鞍上が乗り替わりで松若というのはちょっと心配ではあるが・・・

抽選待ちのトロシュナともどもがんばってほしいものだ。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
出資馬のジュピターズライトが11月30日に帰厩して日曜日には時計を出していた。
坂路でいっぱいに終われて 56.9- 40.4- 26.0- 12.9。
こんなもん?今開催中に出走の予定だがどこまで通用するのだろうか。期待半分、不安半分。

もう1頭の2歳出資馬、マイタイムオブデイは引き続きノーザンファームしがらきで調整中。
トレッドミルで軽めの運動。皮膚病とスクミの症状が見られ、硬さも窺えるとのこと。しばらくは内面のケアを重点的にして、その後の乗り運動に備えるようだ。

ヴェロニカグレースは今週中に帰厩させる方向とのこと。22日のノエル賞までもう2週間を切ってるからこれまでどおり天栄で仕上げて、厩舎ではほんの調整程度でレースに臨むといういつものパターン。
今度はきっちり勝ってほしいところだが、どんなメンバーになるだろうか。

1歳馬はヒカルアマランサスの17が周回コースで軽めのキャンターを週に6回こなすという運動。基礎体力強化のステップに進んできたという感じか。先月の更新では馬体重420kgだったのが今月は432kgとなっているから馬体も成長期に入ってきたか。順調に行ってほしい。

もう1頭ベッライリスの17はロンギ場でキャンターを開始。少しずつ少しずつという感じの進捗。馬体重が先月の404kgから390kgへ減っているのは気になるところ。
成長が遅いタイプなのかなという気はするがヘニーヒューズ産駒だしどちらかというと短めの距離に向いた血統に思えるので馬体はもっとガッシリと成長してほしいところだが。
 
 

と書いておいてなんだが、ロンギ場ってなんだ?と思って調べたら丸馬場のことのようで。

↑こんなやつ(へたくそかよwww
グリーンチャンネルの馬産地通信とかで見そうな、鞍付け馴致とか騎乗馴致をやる場所だよね?ここをロンギ場っていうのを初めて認識した。

なんとなく競走馬の育成っていうと外厩の長いコースでじっくり乗り込んで、みたいなイメージを想像しがちだったけど、こういうところでまずは人を背中に乗せること、それから人を乗せて走ることを教えていくっていうところから始めなきゃいけないんだよなと当たり前のことに気づいたのだった。

だからベッライリスの17が今はこのロンギ場でようやく鞍付け馴致を終えて、騎乗馴致を進めてキャンターに入ったところだと。
でそれが済んだらヒカルアマランサスの17みたいにコースに出て体力強化、そして次はスピード強化という部分に入っていくんだなとそんなことに気づいたのだ。

天栄やしがらきのスタッフさん、どうぞこの仔たちをよろしくお願いしますという気持ちにもなるというものだ。

最初のうちはきっと凄く大変なんだろうなあ・・・
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ホワイトフォンテンで競馬の虜になった男の日記