「回顧」カテゴリーアーカイブ

第150回天皇賞・秋 回顧

レースラップ
12.9 – 11.7 – 11.8 – 12.2 – 12.1 – 12.1 – 12.3 – 11.4 – 11.3 – 11.9

1000m通過が60.7秒。
天皇賞・秋としてはスローに流れました。
スピルバーグは後方5番手辺りを進んでいましたが3コーナーから外に持ち出すと
そのまま大外を豪快に差し切る勝利。

毎日王冠で前が詰まり脚を余した経験を活かした鞍上の好判断。
いつも確実に上がり33秒台の脚を使えるその能力をフルに発揮できました。

普通スローに流れると後方に位置する馬には展開不利と思われますが、今回は
馬群が一団で進んだことで典型的なキレ味勝負になったこともスピルバーグには
向きました。

ディープインパクト産駒らしいレースぶりでの勝利。
馬券を取れたこともあって何度見ても嬉しいレースになりました(笑)

1番人気に推されたイスラボニータは好位から力を出しきるレースぶりだったと
思いますが、最後わずかにジェンティルドンナに交わされたのは枠順の不利も
あったように思います。
3歳馬の勝ち馬は12年も出ていませんが距離適性を睨んで菊花賞ではなく天皇賞を
選んで上位人気に支持される馬はやはり馬券対象からはハズしてはいけないと
思わせるレースぶりでした。

そしてジェンティルドンナ。
昨年に続いての2着ですがやはり東京コースは走ります。
今年に入ってからの国内2戦は負け過ぎな感じもありましたがまだ能力は衰えていない
ところを見せてくれました。
ジャパンカップは人気になるんでしょうね(笑)

上位人気では見せ場なく惨敗したフェノーメノ。
最終追い切りが軽かったので調子落ちかという話も聞こえてきていましたがその通り
だったのでしょうか。
天皇書春を連覇しているのですから力はあるでしょうし、もしかしたら距離適性なのか
もう少しスタミナを要求されるような展開にならないと合わないのかもしれません。
ジャパンカップに向かった時の取捨にはちょっと悩みそうです。

今週はG1も一休みですが日曜日のアルゼンチン共和国杯はかなり好きなレース。
現場参戦の予定です(^O^)/

菊花賞回顧

なんだか久しぶりにステイヤーの資質が求められる菊花賞らしい菊花賞だったような気がします。

道中のラップは

前半1000m 13.0 – 12.0 – 12.0 – 12.0 – 11.9 = 60.9
中盤1000m 11.7 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 12.4 = 61.3
後半1000m 12.2 – 11.7 – 11.7 – 11.6 – 11.6 = 58.8

例年中盤の1000mには12秒台後半から13秒台のラップを刻む場面があるのですが今年は緩んでも12.5まで。
全体に平均ラップが持続した上で最後の2Fが最速ラップというスピードの持続力を求められる展開になりました。

こういう厳しいレースはやはり見応えがありますね。

勝ったトーホウジャッカルは強い競馬でした。
ここまでのローテーションを考えると疲れが出てもおかしくないと考えて抑えの評価でしたがここは素直に賞賛したいと思います。
軽く見てしまってゴメンナサイ、という感じです(笑)

2着のサウンズオブアースは蛯名騎手の好騎乗が光りましたね。
人気でまったく見せ場のなかったワンアンドオンリーやトゥザワールドが外を回して最後まったく伸びなかったのとは対照的に終始内でコースロス無く進め、溜めに溜めた脚を最後も内から鋭く伸ばしました。

それだけにトーホウジャッカルの強さも光る結果となりましたが上位2頭は素晴らしいレースをしたと思います。

期待したゴールドアクターは2着からは離された3着。

直線に入ったところでは2着あるかと思ったのですが最後は完全にキレ負けでした。
道中もスムーズに中団の前目で進めましたし大きなロスもなく十分に力は出し切ったように思います。
もう少し前の位置で最内から早めにスパートを賭ける持久力比べに持ち込んだらどうだったんだろう?とも思いますが、すぐ前を進んでいたトゥザワールドや向こう正面で隣にいたワンアンドオンリーが惨敗していることを考えると、現状での能力はフルに発揮したと考えていいでしょう。

私の馬券は単複馬連流しでしたからなんとか複勝が引っ掛かりました。

菊花賞

1,2番人気馬が飛んでくれたおかげで複勝もなかなかの好配当だったのでラッキーでした。

今週末は天皇賞秋。

ダービー馬ワンアンドオンリーは残念な結果でしたが、皐月賞馬イスラボニータは果たしてどんな競馬をしてくれるでしょうか。

東京芝2000mも枠順の影響はかなり大きいですから内目の枠を引けるといいのですが。

枠順が決まるまでアレコレ楽しく悩みたいと思います(笑)

秋華賞 回顧

第19回秋華賞は浜中騎手の好騎乗。

これに尽きると思いますねえ。

 

ハープスター不在となるとヌーヴォレコルトがこのメンバーでは頭一つ抜けて強いとは思っても単勝1倍台は少々人気がかぶり過ぎでしたね。

そう考えて無理矢理の穴馬から入った私の狙いもどうかと思いますが(笑)
私の狙ったオメガハートロックは後方から良いところなく11着。
まあ仕方がないでしょう。
惨敗覚悟の馬券でしたから(笑)

 

勝ったショウナンパンドラ。
前売りの段階で3番人気って何故?と思ってましたが、皆さん競馬をよく知っていらしゃるなと(笑)

 

レースは逃げ宣言のマイネグレヴィルは逃げられずペイシャフェリスが引っ張る展開。
1000m通過が58秒ジャストですからやはりちょっと早めのペース。

 

勝ったショウナンパンドラは中団の内々、ヌーヴォレコルトの2馬身前を楽に追走していました。
そのまま直線に向いても先行していたリラヴァティを内から交わしてそのまま押し切りました。
勝つためにはここしかない、前が詰まって抜けるところがなければ仕方がないと腹をくくった浜中騎手の好騎乗でした。

 

断然の1番人気で2着となったヌーヴォレコルト。
やはりあれだけの人気を背負っては外に出すしかなかったんでしょう。
勝ったショウナンパンドラの後ろで抜け出すタイミングを図っていたんでしょうが4コーナーで外に出さざるを得ず、その分届かずの2着。

 

馬場を考えるとこのコース取りでは2着も仕方がない結果だったでしょう。
むしろ2着を確保する地力は流石です。
3着タガノエトワール
ショウナンパンドラの1馬身後ろの外目を追走していましたが4コーナー手前でペースが上がってきた時にショウナンパンドラがそのまま内を突いたのと対称的に外を上がっていきました。

 

ここではかなり目を見張る手応えで上がっていきましたがやはりコース取りの差でそのまま勝ち馬には引き離されてしまいました。
ワンテンポ遅れて仕掛けたヌーヴォレコルトにもキレの差で3着。
能力は出し切っていると思いますが勝ち馬とはコース取りの差、前走の2着も決してフロックではなくこの世代では上位の能力を示したと思います。

 

今日は午後2時前くらいに競馬場に行って、東京8R、10R、秋華賞と馬券を買ったのですが的中できず、東京最終で何とか馬連をゲットして回収することができました。

005

人気薄で勝ってくれた池添騎手にウィナーズサークルに激励に行きました。

008

たまにはいい仕事をしてくれることもあります(笑)

しかし、池添騎手、今日はなんで東京にいたんだろう?

 

来週は菊花賞ですね。大好きなGⅠの一つ。

また楽しみにじっくり予想していきたいと思います。

京都大賞典 回顧

第49回京都大賞典

http://youtu.be/expfJB9oEZE

道中のラップ
12.6 – 12.2 – 11.5 – 12.0 – 12.4 – 11.9 –
12.0 – 12.5 – 12.0 – 11.7 – 11.6 – 11.8(JRA発表による)

前半6ハロンが72.6、後半6ハロンが71.6。
スローではありませんが極端に早くなることもなかったため、後半持続して伸びることを求められる長距離戦らしい展開になったと思います。

トゥザグローリーが逃げるとは思いませんでしたが福永騎手は極端なスローを嫌ったのか2番手以下を大きく離して逃げてくれたおかげで、タマモベストプレイも単騎スローで逃げているような形になりました。

概ね想像した通りの展開(笑)

トゥザが3コーナーに入った段階でコレは貰っただろ、と思いました( ̄^ ̄)
願わくばタマモ→トゥザ→ラスパクで決まってくれれば良かったのに。ヨクバリw

無題

馬場は良まで回復していたのでトーセンラーにやられるか、と心配してましたが前に行った組も脚が溜まっていてラストインパクトの上がりは33.8。
ヒットザターゲットやトーセンラーも33.5、33.6ですから33秒台前半の上がりは使えない程度の平均ペースというのがラストインパクトには向いたのでしょう。

 

2番人気に推されたメイショウマンボは馬体重+16kgでの出走。
3コーナー過ぎから早めに動きましたが結局伸びるところなく10着惨敗。

やはり太め残りだったのか、牡馬相手では力が足りないのか、昨年の疲れが抜け切っていないのか。
判断に迷うところですがこの後また牡馬との混合戦に使ってくるようであれば軽視したいと思います。
今週は毎日王冠も京都大賞典も取れたし、月曜日最終の万馬券も取れたので上々の競馬になりました。

来週は秋華賞。またG1が始まります。

頑張りましょう♪

毎日王冠 回顧

ども、ふぉんてんです。

今日は京都開催が中止、明日の代替開催となったのでまだ今週は競馬が終わってないわけですが気分的には休日も終わって競馬もすっかり終了感たっぷりです(笑)

12日(日)は馬友と共に久しぶりの東京競馬場に臨場。
8時半には東京競馬場正門の開門の列に並びました。
あとから今日一日一緒に馬券と格闘する友人たちが6人ほど来るため府中をホームとする私と三鷹に住む馬友とで一般席確保のために開門Sに臨んだわけです(笑)

頑張った甲斐あり無事にゴール前のまずまずいい席を確保して一日楽しく遊ぶことができました。

さて毎日王冠の回顧。

道中のラップは以下
12.9 – 11.0 – 11.5 – 11.7 – 12.0 – 11.8 – 11.2 – 11.3 – 11.8

1000m通過が59秒ジャスト。
レースを見ていた時は縦長のに隊列になっていたのでちょっとペースが早いのかな?と思いましたが開幕週の良好な馬場状態を考えるとたぶん平均ペースだったのだと思います。
最初の1Fを除くとハロン毎のラップはすべて11.0から12.0に入る平坦なラップ。
淡々と持続して脚を使えるタイプの馬に恵まれるレースになりました。
11番人気のサンレイレーザーが逃げ残れたのは鞍上が思い切ってハナを取り切った好判断によるものでしょう。

特に逃げ馬らしい逃げ馬もいなかったこと、人気薄がハナを切り、しかもスローではないそこそこのペースで逃げていたことで上位人気の差し馬がライバルの出方を待ちながら仕掛けどころを探っていたことでサンレイレーザーには力をフルに出しきるレースをできたような気がします。

勝ったエアソミュールは8番人気と低評価でしたがやはり3F目以降はラップの落差のなかった鳴尾記念を後方から差し切っていましたから、こうしたペースが向いたのでしょう。

極端に早い一瞬の脚はなくてもこうした平均ペースになれば安定して上位に来る力をつけていると感じました。

私の馬券は事前予想でも▲評価でしたがこれは良い判断だったと自画自賛してます(笑)

さて実際の馬券ですが。。。

013ver2

はい、的中できました\(^o^)/

事前予想ではまったく馬券対象となっていなかったサンレイレーザーを拾えたのは馬友の一言。

「ノーベル賞馬券、気にならない?青帽の4枠にサンレイ「レーザー」。青色発光ダイオードでノーベル賞を日本人が取ったんだからここは抑えておいてもいいんじゃない?」

やられました。

しかもこの日、ここまで枠連の出目で4枠は一度も出てなかったんですよね。
ここで出ても不思議じゃないよなあ・・・というのが後押しをして抑えました(笑)

当初はスピルバーグからの流し馬券、と思っていましたが今回のような平坦なラップになったら追い込み届かず3着、4着というのも十分考えられるなと思い、◎◯▲の3頭から流すという馬券に切り替えました。

買い目が増えてしまったのでトリガミもあるなあと思いつつ、けっこう荒れる気がしていたので思い切ってこんな買い方をしたのが正解でした。

タカモク式馬券も悪くない、そんなことを思う一日になりました(笑)
京都開催が中止になった今日も節操のないボックス馬券で最終レースの万馬券を取れましたし嬉しい3日間開催でした。

明日の京都大賞典は、、、仕事なので朝のうちに投票だけしようか、、、でも馬場状態がよくわからないしなあ~と逡巡しています。

それよりも来週の秋華賞に集中しようか、などと思ったりwww

こんな楽しい週末、久しぶりでした。

やっぱり東京開催、バンザイ\(^o^)/です。

今週末も東京競馬場で秋華賞を見ようかと思ってます。

勝つぞ~!!!!(笑)