キャロットクラブ、1次募集中間発表


 
 
先週もしかしたら3重賞全部シルクが勝ってしまうんじゃないかとなどと思ったが、結局勝ったのは新潟記念のブラストワンピースだけ。小倉2歳Sのシングルアップは6着、札幌2歳Sのウィクトーリアは7着に終わった。

そうは問屋が卸さない、といったところか(笑)

それでも先週のシルクはブラストワンピースの新潟記念勝ちを含めて3勝を積み上げて今年79勝。馬主リーディング2位の座をキープ、首位のサンデーRは99勝なので差はずいぶんあるがw
 
 

キャロットクラブ、18/9/4現在の2018年度1歳馬募集・申込み状況の中間発表を覗いてみた。

<母馬優先対象馬>
33番 ディアデラノビアの17 357口 10口 25口 182口
60番 アヴェンチュラの17 264口 34口 2口 134口
61番 ディアデラマドレの17 216口 37口 12口 68口
76番 トゥザレジェンドの17 332口 33口 19口 71口

※口数は左から「総申込」「母馬優先+最優先」「母馬優先(一般)」「最優先」となります。

<母馬優先非対象馬>
05番 アディクティドの17 217口 114口
16番 シーディドアラバイの17 211口 80口
24番 ジャッキーテーストの17 273口 120口
44番 シンハリーズの17 316口 226口
52番 リリサイドの17 227口 142口
58番 アルテリテの17 201口 91口
65番 サトノジュピターの17 533口 306口
72番 ソラコマチの17 246口 90口
78番 スネガエクスプレスの17 473口 234口

※口数は左から「総申込」「最優先」となります。

キャロットクラブのサイトより

9月4日の時点で前年比17%の申込みとのこと。

単純に総申込数を見るとサトノジュピターの17が533口で最も多い。

去年シルクで募集されたサトノジュピターの16(ジュピターズライト)は自分が出資しているが、すぐに満口にならずに余裕で出資できたのだが。。。

募集総額は17のほうが倍近いのだが、父がハービンジャーからルーラーシップに、厩舎が金成貴史厩舎から池江泰寿厩舎になっただけでこんなに違うもんなのか。

それとも初仔と2番仔の違いなのか、はたまた馬体の見た目の違いか。

募集時の馬体画像を比べてみよう。

サトノジュピターの16(ジュピターズライト)

サトノジュピターの17

なるほどこうして並べてみると、サトノジュピターの17のほうがジュピターズライトより胸前もトモもボリュームがあって走りそうに見える、ような気がする。

ジュピターズライトはまだデビューしていないが、そしてデビューまでもう少し時間が掛かりそうだが(なにしろまだ入厩時期の目途さえたっていない)、デビューして一つでも勝ち上がるようなことがあれば(そうあってほしいものだが)、サトノジュピターの17への期待も高まるのだろう。

申し込んでみればよかっただろうかw
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
シルクでの募集だったら申し込みをしていたかもしれないジャッキーテーストの17も総申込数273口となかなかの人気。

やはりモーリスと同じ父スクリーンヒーロー、母父カーネギー、堀宜行厩舎預託というのが注目されたか。

まだ既会員の人は中間発表の様子をうかがいつつ、どの馬に母馬優先枠・最優先枠を使おうかと作戦を練っているのだろう。今週末の締め切り間近に申込数はどっと増えるのだと思う。
キャロットもあっという間に満口馬続出になるんだろうな。
 
 

ちなみにシルクで現在も募集中なのは残り4頭。自分の出資したベッライリスの17もまだ募集中である。
自分の知り合いも追加募集の馬が発表されたら考えるけど、今はもう出資を検討しているのはないと言っていた。全体的にも雰囲気は次の追加募集でどんな馬が出てくるか、それを待ってみようという感じなのでベッライリスはこのまま満口にならなさそうな気がする。これはどう考えるべきだろうか。う~む。

自分の出資した馬があまり評価されない、人気がないというのもちょっと哀しい。

実際には走るかどうかなんてデビューしてみないとわからない、とは思っているのだが。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
キャロットといえばリスグラシューの鞍上がモレイラに替わるとか。武豊からモレイラへの乗り替わり、ちょっとしたニュースではある。

この秋は府中牝馬Sからエリザベス女王杯に向かうらしい。なんとなくマイルCSのほうが向いてそうなイメージだが。

しかし、4000勝目前の武豊を降ろすキャロット、なかなかの英断、のような気がするが、これ調教師主導?それともノーザンファーム?きっとノーザンファームなんだろうな。。。

それにしても武豊からモレイラへの乗り替わりって、なかなかの豪華リレーだ。

できればルメール・アーモンドアイvsモレイラ・リスグラシュー、なんていう対戦も見てみたいがアーモンドアイはジャパンカップに行くんだっけ?

こういう話題が出てくるといよいよ秋競馬なんだなとつくづく。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

夏の活躍騎手についてと2018年8月の収支


 
 
4000勝まで残り10勝となりカウントダウンのサイトが公開されたと思ったら、その週末すぐに5勝の固め打ちをして残り5勝とした武豊。
リーディング争いからは離れていてもここぞというところでキッチリと勝ちを積み上げるあたり、さすがレジェンドと呼ばれるだけあるなあと思うし、的場文男のようにとは言わないがあと5~6年は最前線で頑張ってほしいなと思ってしまう。

最近、藤田菜七子が牧原由貴子の女性騎手勝利記録を更新したことでやたらとクローズアップされているが、記録自体は他の若手騎手と比較して突出したものでもないし、本人もそれでこんなに取り上げられるのは忸怩たる思いでいると思う。

ここは武豊にあっさり4000勝を達成してもらって、はやくマスコミの目がそちらに向いてほしいと思ってるんじゃないだろうか。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
この夏の札幌開催ではJ.モレイラが4週間で31勝という圧倒的な強さを見せて札幌リーディングを獲得したことが目立ったが、2回小倉では机こと北村友一が19勝でリーディングを獲得、2位にも14勝で松山弘平がつけた。

また2回新潟では石橋脩がM.デムーロを2着の回数でわずかに押さえてリーディング獲得した。

こうした若手・中堅騎手の活躍は、ルメールやデムーロだけが騎手じゃないぞという気概を感じてなんとなく嬉しい。

それでも今週から中央場所に開催が移り、しかも5週間は2場開催となる。過去の実績に乏しい騎手にとってまずは騎乗機会の確保が先週までより厳しくなるし、そのうえで勝ち負けできるレベルの馬に乗れるチャンスを作るとなると若手にはいっそう大変な時期となるだろう。ここが真価を問われる時期と前向きに捉えてもう一段成長してほしい。

夏の活躍が評価されて、若手・中堅騎手により質の高い騎乗馬が回ってきて騎手同士の競争も熾烈になってくれると、さらにレースも面白いものになってくるはず。

9月の最終週には再びモレイラが短期免許で参戦してくるし、より高いレベルで競い合う緊張感の高いレースを期待したい。

それにしても。。。

6月に藤田菜七子がGI騎乗が許される31勝を挙げた時もけっこう話題になったが、デビューからそこに到達するまで2年3カ月と少し。

その31勝を騎乗馬の質が全然違うとはいえわずか4週間で挙げてしまうJ.モレイラという騎手はいったい何が他の騎手とは違うのだろうか。
札幌開催6週間のうちの2/3の期間でフル参戦している他の騎手に圧倒的な差をつけてのリーディング獲得。

今秋、日本の通年免許を取得するための受験をするが、言葉の壁を乗り越えて免許を取れば若手中堅どころにとっては大きな脅威になる。

是非モレイラには一発で合格してもらって、若手騎手に刺激を与えてレベルアップにつながるような活躍をしてもらいたいものだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ここで思い出したように8月の収支を確認w

29レース購入して的中は6レース。購入金額は49,600円に対し回収金額は22,080円。
的中率24.1%はまあこんなもんだろうが、回収率44.5%はいただけない。。。

的中しても十分な回収が取れてないことがよく分かる。

もっと期待値の高いレースに集中するようにしないとなあ・・・
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!