マイネルパラディに中野省吾


 

今週は何といっても札幌競馬場のワールドオールスタージョッキーズが注目。

その第1戦、1000万条件芝1200mにスクリーンヒーロー産駒マイネルパラディが出走する。鞍上は船橋の中野省吾。

中野省吾はWASJ出場権をかけたスーパージョッキーズトライアルの4戦を1着、2着、1着、1着と圧倒的なパフォーマンスで制しての参戦。
ちなみにこの4戦での騎乗馬の人気がそれぞれ5、7、5、4番人気だったのだから特に騎乗馬に恵まれたというわけでもないだろう。
確固とした騎乗技術、展開を読むレース勘、相手関係を見極める力、そして騎乗馬とのコミュニケーション力。
これらいずれにおいても他の騎手より1枚も2枚も秀でているのだろう。

これは期待せずにはいられないではないか。

マイネルパラディは1200m戦は3走前に一度だけ出走して3着。その時の鞍上は柴田未崎。
1000万クラスへの昇級初戦となった前走は6着だがその鞍上は丹内祐次。
今度の中野省吾は柴田未や丹内には言っちゃ悪いが大幅な鞍上強化だ。

もうそれだけで強気で買える要素が満載だと思うのだがどうだろうか。
 
 

WASJの4戦以外にも中野省吾は土曜日に3鞍、日曜日には8鞍もの騎乗馬がある。キーンランドカップにはネロに騎乗。
JRAの関係者も彼には注目し、期待しているということだろう。
 
 

先週、土日で7勝と存在感を示しているモレイラには当然注目が集まるだろう。だが、自分は中野省吾に注目して馬券を組み立てたいと思っている。

 
 
 
 

 
 
 
 
ちなみに日曜日の札幌1Rではスクリーンヒーロー産駒ヒダルマに中野省吾が騎乗予定。
 
ヒダルマはここまで3戦して5着、3着、4着。鞍上は浜中、ティータン、阿部龍(道営)。
阿部も道営期待のホープだが、さらに強力な中野に替わって一変しないだろうか。
 
福永・ラソワドール、三浦・ラティーノヒート、モレイラ・アドマイヤテンプウあたりが人気になりそうだが、ヒダルマがあっと驚く激走を見せてくれないか。
 
 
今週は他にもヨヨギマック、ベストアクター、ウインスラーヴァなどなど、スクリーンヒーロー産駒やダイナアクトレス牝系馬が多く出走する。
 
POGで指名している馬も何頭かいるし、新潟の最終ではラブターボに菜七子が乗る。
ま、菜七子はDrコパの馬でしか走らないからあまり期待はできないがw、応援血統に中野省吾といろいろと楽しめそう。
 
重賞がなくても競馬は楽しめるのだということを実感できそうな週末である。いや新潟2歳とキーンランドがあるけどさ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

残り2週


 

北海道の涼しさが天国だったなと思わせる東京の暑さである。
あ~ぁ、帰って来たくはなかったなあ、と思いながらサラリーマンは会社に向かったのだった。
それでも今週は2日間行けばまたすぐに週末、ちょっとくらい我慢してやろうじゃないか。これだけ暑ければ仕事後のビールもさぞかし旨かろう。
 


 

ルーカスの口取り写真をツマミにビール3杯くらいはいけそうな暑さである。
 
 

くだらない話はさておき。

こんなに暑くても夏競馬も残すところあと2週。早いものだ。

というか、夏のローカル開催、もう少し日数を増やせないものなのか。
確かにJRAとしてはより集客の望める中央開催の日数を増やしたいというのは当然なのだろうが、札幌・函館・新潟・小倉がそれぞれ6週間ずつ、福島・中京に至っては4週しかないというのは何とも寂しい。
それでも福島・中京・新潟・小倉は春や秋の開催があるからまだいい。札幌函館がホントに夏の6週間だけしか開催しないなんて、せっかくの立派な施設がもったいないじゃないか。
札幌は風情ある旧スタンドをわざわざ今風のものに改修しておいて、新装した翌年からいきなり開催日を減らしたではないか。
JRAはそんなにお金が余っているのか。ならば控除率をもっと下げろ。

だいたい東京・春の10週間開催なんて長すぎる。その分を夏のローカルに回してもらえないものだろうか。東京をホームとして10週間もやられ続ける身としては、早めに東京の春開催を切り上げて夏のローカルに移行することを切に願うぞ。
 

もしかしたらローカルは開催が進むと芝の痛みが進んで悪馬場での開催を余儀なくされるという要因もあるのかもしれないが、最近のエクイターフだかシャタリングだか知らないが開催が進んでも全然内が悪くならないというのは、それはそれで馬券的にオモシロくないぞ!ということも主張したいのだ。
開催が進んで先週まで内前が圧倒的に有利だったのに、突然外差しがバンバン決まるというのも中々面白かったのだ、夏競馬は波乱の競馬というのもいいじゃないか!
 
 

などということを考えながらJRAの年間スケジュール表を眺めていたが、現在開催中の新潟、小倉、札幌って開催期間がまったく同じなのだが、新潟と小倉は一開催で12日間なのに札幌は二開催に分けて合計12日間になっていることに気がついた。

この違いはいったい何なのだろう?

競馬法の関係でこうなってるのだろうか?

同じ一開催が6日間だったり8日間だったり12日間だったり紛らわしいことこの上ないのだが。
 

シンプルに一開催8日間で統一できないのか。そうすれば札幌、函館も以前のように16日間ずつの開催になるだろうし・・・

とにかくもっとオールドファンにも理解しやすい開催を求める、断固求めるのだ。( ← ムダ
 
 
 
 

 
 
 
 
話は変わって
 
ダービー後、休養中のトラストは来週の丹頂Sで復帰の予定らしい。芝2600m。札幌だから鞍上は前走に続いて丹内か。
 
こういう距離を使うというのは長い距離のほうが合っているという判断なのか、単に菊花賞に向かいたいから長い距離を使うのか。
 
ここまで全部で11戦も使われているけど、3歳牡馬三冠レースにすべて出走させたいと最初から考えていたのだとしたら、朝日杯FSとNHKマイルCを使ったのは余計だったんじゃないかなあ~と素人ながら思ってしまう。
 
3カ月の休養明け、春の疲れはちゃんと取れているだろうか。心配だ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

牧場巡りと札幌競馬場とルーカス その2


 
8月20日、日曜日。
実家を6時半に出る。始発のバスで駅へ。地元の最寄り駅から札幌競馬場へ最も近いJR桑園駅までは約40分ほどで、競馬場には7時45分頃到着した。


 

既に開門待ちの長蛇の列、如何に多くのファンがこの日を待っていたのかがよくわかる。
夏、北の大一番だもんな。
札幌に宿泊していて7時20分頃に到着していたという馬友と合流。

勝手知ったる東京競馬場であれば、列のこの辺に並んでいればだいたいどの辺りの席なら確保できるなとわかるのだが、残念ながらここは不慣れな札幌競馬場(元々は自分の地元のはずなのだがw)

指定席はとっくにないし、もし一般席を確保できなければどうしようかと話しながら開門を待っていた。

開門は8:00。

入場ゲートをくぐってからは気合いで走って、なんとゴール前20mほどの地点に一般席を確保。
いい席じゃないか、良かった、良かったと喜んでいたが、この日は見事な青空が広がる好天。
午前中の間は直射日光が厳しく、すっかり日焼けしてしまった。既に3日経っているがいまだに顔や腕が痛い。

席を確保したところで、しばらくは場内散策。

3年前の札幌記念以来の札幌競馬場、当時ももの凄い人の数だったが、この日もかなりの盛況で朝から混雑具合はなかなかのものだった。
3年前の入場人員は確か4万人ほどだったと思うが、この日はそれよりは少ないものの最終的に総入場人員は29,459名。

札幌記念発走時には一般席の横通路にも人が立っていて、我々も立ち上がらないとレースを見られないような状況で、東京競馬場であればダービーやジャパンカップの時のような雰囲気だった。みんなこの日をホントに楽しみにしてたのね。

話がそれたが場内散策中に「もいわテラス」に行ったら、なると屋がトラックを乗り入れて出店しているではないか。
小樽名物、なると屋の若鶏半身揚げ980円なり。大好物である。
しかし、既に北海道入りした2日前に実家で振る舞われている。これは連れにごちそうするしかないなと1つ購入。
これから札幌競馬場に行く方はぜひご賞味あれ。ホント、美味しいから。手がベタベタになるけどねw



 
そんなことで喜んでいるうちにレースがスタート。
1レースにはスクリーンヒーロー産駒のスタートレインが出走していたので、応援を兼ねて馬券購入。
とはいっても、たぶん上位人気馬にはかなわないだろうと踏んでパドックの雰囲気が良かったルメール騎乗のラスエモーショネスから馬連3点だけ購入したが、スタートレインはそのうちの1点として100円だけ押さえる応援馬券。

結果は上位人気2頭の固い決着でたいして儲かりはしなかったものの的中スタート、スタートレインは最低人気だったが5着に健闘してくれて気分よく札幌競馬が始まった。

その後2レース、4レースと馬券を買うもハズレ、昼休みをはさんでいよいよこの日、自分にとってはメインレースといってもいい5レースの新馬戦。

ルーカスは単勝2倍台の2番人気。もっと人気が被るかと思いきや祖母エアグルーヴのリシュブールが僅差で1番人気。

ここは大きく馬券勝負をしても仕方がないと判断。
元々あまり新馬戦は買わないので今回は的中しても払戻しをする気のない記念の単勝馬券、それと記念馬券代を回収できればいいなとルーカスからの馬連を3点だけ購入。

レースはルーカスがスローをの流れを後方に構えていて果たして大丈夫なのかと見ていたが、早めに外を捲っていく運び、直線ではさらに人気の良血馬を突き放す強い内容。
実際のところどうなんだろうと思いながら応援に行ったが、これは楽しみができた。
今年のスクリーンヒーロー産駒2歳世代では間違いなくエースとなるだろう。

馬券も1、2番人気の固い決着だったが記念馬券代も回収できたので良かった。
 
 
 
 

 
 
 
 
ルーカスのパドック
 

 
本馬場入場に向かう花道で
 

 
口取りでモレイラ騎手と堀調教師、厩務員さん
 

 
そして記念に持ち帰った単勝馬券
 

 
 
新馬戦が終わった後は個人的にはもう帰ってもいいくらいの気分だったがw、札幌記念もあるし北九州記念はちょっとおもしろい穴馬がいるなと思っているし、最終レースまで当然遊んだ。
 
結果は札幌記念はハズレ、北九州記念は直前まで考えすぎて〆切られてしまうというw
特に北九州記念はおもしろいと思っていたナリタスターワンが2着したのでこれは痛恨だった。
だいたい締め切られて買えなかったときって締切グッジョブ!と思うもんなんだが、珍しいパターン。
 
それでも新潟最終と札幌最終を取れたので、収支はトントン。
全部で10レース馬券を買って、5レース的中だからもっと儲かっていて然るべきなのだが・・・。
 
 
しかし、十分に楽しい札幌遠征ではあった。記憶に残る夏である。
 
 
競馬終了後は、馬友たちと札幌駅近くの四季・花まる PASEO店で打ち上げ。
回転寿司チェーン、根室花まる系列の回転していない寿司屋だが非常に旨い。北海道の回転寿司のレベルの高さは今さら伝えるまでもないことだが、やはりリーズナブルに美味しい酒と旨い食事ができるというのはありがたいことだとつくづく思う。
 

 
府中や中山の近くにもこんな旨い店があれば良いのになあと思いながら帰路に着いた。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

牧場巡りと札幌競馬場とルーカス その1


 
 
ちょっと遅ればせながらの夏休み。

北海道の実家へ帰省という名の競馬旅をしてきた。

府中でよく顔を合わせる馬友3人が札幌記念に合わせて札幌競馬場へ旅打ちに出るというので、それに合わせて自分も夏の帰省をすることにしたのだ。

世間の人がそろそろお盆休みを終えて東京に戻り始める8月17日の木曜日、自分は成田からLCCで妻子と北海道へ。

翌日はさすがに家族サービスで実家の近くの牧場に馬に乗りに行ったり、餌をやりに行ったり(結局、馬なのかw)

↑引馬での乗馬体験や餌やりにご満悦の娘
 

そして、土曜日。

馬友のうちの1人がせっかく北海道に行くのだからビッグレッドファームに行きたいと言っていたので札幌でレンタカーを調達して日高へ。
私は私でせっかく日高まで行くのならレックススタッドでスクリーンヒーローに会いたいとレックススタッドとビッグレッドファームを訪れることに。

JR札幌駅近くのニッ○ンレンタカーで8時に車を借り、北郷ICから道央自動車道に乗り、苫小牧東JCTで日高自動車道に入り、そのまま国道235号線へ。
途中新冠にあるサラブレッド銀座駐車公園に立ち寄り、休憩を交えつつレックススタッドに10:30頃の到着。
確か行程130kmほどだったと思うが予想していたよりも早く着くことができた。

受付で名前を記入している間に係の人に「明日は札幌記念ですか?」などと訊かれ「はい、もちろんです」などと答えて気分よく見学スタート。

最初の馬房にスクリーンヒーローが!

残念ながら外には顔を出してはくれなくて、それでも近くにずっといてくれたのでじっくりと眺めることができた。
やはりレックススタッドの中では一番の稼ぎ頭、人気もあるようで公開している間は常に見学している人がいるような状況。
「明日のルーカス、頑張ってくれるといいなあ」と話してみたがもちろん返事はなくw

しかし、元気そうで何より。まだまだこれからも頑張っていい仔を出してくれよと声を掛けて他の馬房に回った。

この日、他に見ることができたのはタニノギムレット、ネオユニヴァース、マツリダゴッホ、コパノリチャード、ショウナンカンプ、シルポート、オーシャンブルー、パドトロワ、ハクサンムーンなどなど。

特にハクサンムーンはなんだかとてもファンサービスが良く、カメラを向けると必ず目線をくれたりしていて、どんだけ慣れてるんだよと(笑)

↑目線をくれるファンサービスたっぷりのハクサンムーン

たっぷり1時間近くも種牡馬たちを眺めて、次はビッグレッドファームへと向かった。
 
 
 
 

 
 
 
 
レックススタッドからビッグレッドファームへは20分ほどだったろうか。
 
地図で見るとそれほど遠いとは思えないのだが、距離にして約12km、思ったよりも時間が掛かった。やはり北海道は広い。
 
 

 
ビッグレッドファームでは特に受付に人はいなく、訪問者が名前を記入して入場者カードを首にぶら下げて自由に場内を見学できるようになっている。
見学時間も10:00~16:00という長さ。レックススタッドでは見学時間を10:00~12:00に限定していたし、他の牧場もそれほど長く自由に見学できるところはほとんどない。
 
なんと懐の深い牧場なのだろうかとちょっと感心する。
そのせいもあってか、見学者の車もレックススタッドよりも3~4倍は多かったと思う。
 
広い場内をのんびり歩いて、北海道の風景を堪能しつつまずはゴールドシップの馬房を目指す。
 
やはりスターホースだけあって、馬房を取り巻くファンの数も多い。
 
馬房の中でおとなしくしているはずなのに、なんとなく威厳を感じてしまうのは見ている我々の思い込みだろうか。
 
馬房から首を出してたっぷりファンにその姿を見せてくれたりするのも、やはりスターホースゆえの立ち居振る舞いというやつだろうか。
 

 

 
 
ビッグレッドファームには他にもアグネスデジタル、アドマイヤマックス、ジョーカプチーノ、ダノンシャンティ等々こちらも有名馬は多くいるが、やはり気になるのはグラスワンダーだろう。
 
我々が行ったときにはファンサービスなんかやる気ありませんオーラ満載で馬房にどっかと座り込んでいたグラスワンダー。寝てたのか?w
 

 
というわけでこんな写真しか撮れなかったw
 
 
1995年生まれだからグラスワンダーももう22歳?
スクリーンヒーローという後継もできたし、さらに血を繋ぐモーリスもいるし、もうのんびりと余生を送ってもいいよなという年齢に差し掛かってきたかもしれない。
 
これからも長く元気でいてくれよ、そして明日は期待の孫ルーカスがデビューするから応援してくれよ!と声を掛けてビッグレッドファームをあとにした。
 
 
他にも幾つか回ってみたい牧場はあったが、翌日のことを考えるとあまり帰りが遅くなるのも嫌なので、早々に日高から札幌への帰り道に着いた。
 
途中、食事をしたりしながら札幌に帰り着いたのは17:00前。意外に2つの牧場だけで満足して帰ってきたのだった。
 
 
そして翌日はいよいよ札幌記念を見に、というよりもルーカスのデビューを見に、札幌競馬場へ向かったのだが、長くなったので続きは次回に。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

北海道上陸

久しぶりに北海道の実家に来ている。

実家にはインターネット環境がないのでパソコンは持ってきていない。なのでこのブログもスマホからの更新、ちゃんとできるだろうか?

今週末の出馬も確定して土日の競馬を待つだけだが、せっかく北海道まで来たのだからと土曜日は日高の牧場を訪ねようと予定している。

とはいっても実家からはなかなかの距離なのでそう幾つも回れるというわけではないが..

とりあえずレックススタッドに行ってスクリーンヒーローには会いたいなあ。

日曜日にはルーカスの出馬が確定した。楽しみだなあ。

他にも日曜日は小倉の新馬戦にカノウムスビというスクリーンヒーロー産駒がデビュー。荻野極が鞍上だ。どのくらいの人気かわからないが、人気薄でも上位に持ってきてくれる騎手なので期待してしまう。

札幌では2歳未勝利にスタートレイン、3歳未勝利にピティヴィエ、新潟のNST賞に久々のプロトコルがスタンバイ。

札幌記念もあるが、個人的には他にたくさん注目したいレースがあって、忙しい日曜日になりそうだ。馬券、あまりやられないように抑えめにがんばろう。