新潟2歳ステークスにはマイネルパラディが登録

[新潟2歳S] ブログ村キーワード

新潟2歳ステークスは登録19頭。
未勝利馬の登録が1頭あるので、その他の馬は出走可能のよう。

過去5年でハープスターが勝ち、イスラボニータやジャスタウェイが2着とG1馬も出ている出世レース。

今年はどんな優駿が名乗りを上げるのか、楽しみです。

その新潟2歳Sにスクリーンヒーロー産駒マイネルパラディが登録。

同じマイネルのバールマンはそこそこ人気がありそうですがパラディはまったく人気がないようで、netkeiba.comの予想オッズでは14番人気。

人気薄の馬も馬券にはちょいちょい絡んでくるレースなので、期待を持って単複を買って応援したいところ。

鞍上は前走を勝った柴田未崎騎手になるのでしょうか。バールマンのほうは柴田大知騎手でしょうから、双子のワンツーなんかになったら嬉しいのですが。

登録各馬の前走をひと通り見なおしてみましたが、いい感じの馬だなと思ったのはイブキ、オーバースペック、ヴゼットジョリー、グリトニル、モーヴサファイア。

単勝2桁人気馬が馬券になることがある反面、上位人気馬も堅実に馬券になるレースなのでイブキ、モーブサファイアは馬券からは外せないかな。

JRAのサイトにある今週の注目レースの中のデータ分析

このページ、そもそもデータ派ではないので毎回予想するときにはすっかり忘れるくせに毎回読んでるのですがw、今回はその中に「前走の4コーナーでの位置取りに注目」というのがありました。

過去10年の出走馬について、前走の4コーナーでの位置別に成績をまとめてみると、「10番手以下」組が3着内率でトップに立つなど、前走の4コーナーでの位置取りが後方だったグループほど、3着内率が高くなっている。キャリアの浅い2歳馬のレースとはいえ、最後の直線の長さ(658.7m)が国内最長となる新潟・芝外回りコースでのレースだけに、末脚を生かす競馬を既に経験している馬は警戒すべきだろう。〔表1〕

無題
※JRAホームページより

こういうデータを見ると、前走福島の1800mを4角後方2番手から直線だけで豪快に差し切ったオーバースペックなんかは面白いんじゃないかと思うんですがどうでしょうか。

プリサイスエンド産駒、鞍上・岩部騎手というのがまた泣かせる。

今回、鞍上が乗り替わるとかいうことはないでしょうね?

人気馬を後方から豪快に差し切って岩部騎手感動の初重賞!なんてなったらおもしろいのになあ。。。

 
 
と妄想しつつマイネルパラディの単複を買うわけですがw
 
今年のスクリーンヒーロー産駒は3月26日の日経賞・ゴールドアクター、5月1日のチャンピオンズマイル・モーリス以来、重賞勝ちがありません。
 
今年の2歳馬たちは川崎所属のトラストを含めて5頭が勝ち上がっていますし、ここらで一つ重賞勝ちを決めてくれないだろうかと期待してるのですが。。。キビシイカナ?
 
 

北村宏司騎手、今週8月27日から復帰

[北村宏司] ブログ村キーワード

今週、北村宏司騎手が新潟競馬場で復帰予定とのこと。

昨年12月に戦列を離れ、今年4月に復帰したものの2週乗っただけで再び休養。今回はそこから4ヶ月半ぶりの復帰となります。

4月復帰後に違和感を感じて診察を受けたところ左ひざ軟骨が遊離していることが判明して、その除去手術を受けての休養でした。

ファンにとっては昨年12月以降ずっと休んでいたようなものですし、今度はしっかりと治してからの復帰でしょう。

再びの活躍を楽しみにしたいところです。
 
 

 
 
今週は札幌競馬場でワールドオールスタージョッキーズが開催されます。
 
今年の出場騎手は
 
JRAからは戸崎圭太、内田博幸、蛯名正義、川田将雅、C.ルメール、武豊、M.デムーロ。
 
地方からは永森大智。
 
海外からはC.デムーロ、J.モレイラ、J.スペンサー、C.ウィリアムズ、E.ウィルソン。
 
また、当初海外から出場予定だったV.エスピノーザがパスポートを紛失して来日が不可能となり、繰り上がりで岩田康誠が出場することになりました。
 
今年は重賞勝ちもなく不振の岩田騎手ですが、これを機に復活を狙っていることでしょう。
 
正直、個人的にはあまり好感はないですし、人気にもなりやすい騎手なのでそのまま大人しくしていてほしいものだと思っていますがw、息子さんも競馬学校騎手課程に入学されたそうですし、ここは奮起したいと思っているでしょう。
 
ちなみに岩田騎手はエスピノーザ騎手の替わりの繰り上がりなので、JRA選抜チームではなく、WAS選抜チーム(外国騎手・地方競馬代表騎手)での出場ということになります。
まるで地方代表騎手が2人いるような感じですw
 
 
昨年のWASJではモレイラ騎手の大活躍が話題となりましたが、今年もモレイラの独壇場となるのでしょうか。
 
JRA騎手が地元の意地を見せるでしょうか。
 
こちらも楽しみにしたいですね。
 
 
 

モーリス、年内引退、天皇賞秋から香港遠征へ

[モーリス] ブログ村キーワード

札幌記念は無念の2着。

札幌の2000mだし外枠はちょっと厳しいだろうけど能力の差で何とかしてくれないかと思っていましたが。。。

自分も馬券はちょっと不安はあると考えて頭固定の3連単にはしないで3連複を買い的中はしたのですが、う~んやっぱりそうかぁ~、と。

でも、終始外を回して3角でまだ10番手辺りにいたことを考えると2着まで押し上げてきたのは流石だなと。

追い切り2本だけでまだ緩いところがあったというコメントが出ているので、まだまだ力負けなんかじゃない、秋に期待だ!と思うことにします。
(追い切りVTR見た時は完璧じゃないの?と思ったことは忘れますw)

その秋のローテーションですがどうやら天皇賞秋から香港マイルか香港カップのどちらかを使って年内で引退、種牡馬入りというのが既定路線のようですね。

今、願うのはどうか故障などすることなく無事に種牡馬入りできますようにということ。

モーリスの血統表

モーリス

*netkeiba.comより画像に一部修正をしました

この血統が種牡馬入りするのは感慨深いものがあります。

もちろんスクリーンヒーロー応援隊としてグラスワンダーから父系が繋がるのは嬉しいですし、ダイナアクトレスの血が残ることも喜ばしい事この上ないのですが、牝系のメジロモントレーとその母系にあるメジロボサツ。

メジロボサツの現役時代はさすがに知りませんが、寺山修司さんのエッセイで知ったその生い立ちと強さには不思議と惹きつけられるものがあります。

モーリスの祖母・メジロモントレーは記憶も鮮明な活躍馬。

牡馬を相手にAJCCやアルゼンチン共和国杯などの重賞を勝っているのですが、私は現役時代に牡馬だと勘違いしていた時期がありました(笑)

そんな血統を持つモーリスが種牡馬となればその産駒たちを応援しないわけにはいかないですね。

なのでまずは無事に、そして願わくば2000mのG1勝ちの勲章も加えられたらいいなと。
 
 
 

 
 
 
そしてモーリスの国内ラストランは天皇賞秋となる予定なわけですが。。。
 
 
これエイシンヒカリとの対決になるんでしょうか?
 
香港G1馬2頭の対決!
 
実現したら・・・楽しみ過ぎる。
 
 
何が何でもこれは現地で見なければいけないレースになってしまいますね。
 
 
 

小倉記念(2016) 予想

[小倉記念] ブログ村キーワード

なんとも難解なメンバーになりましたね。

松若騎手だし、人気もないのでメイショウナルトが気楽に逃げて、テイエムイナズマが番手で落ち着いてスローに流れそうな感じはします。

ある程度前で競馬できる馬に有利な流れになると思います。
できれば内からロスなく先行できそうな馬を軸にするのが良いかと。

というわけで本命はエキストラエンドに。

前に行く6枠の2頭を見ながら内でロスなく先行できそう。あまり人気はありませんが浜中騎手もここは力が入るんじゃないかと。

4走前の東京新聞杯2着はなかなか優秀な内容だったと思いますし、このメンバーなら十分に勝負になると思います。

相手はダコール、テイエムイナズマ、アングライフェン、プランスペスカ、ベルーフ、マーティンボロまで。

馬連、3連複で。
 
 
 

 
 
 
レパードSは固そうな気がします。ケイティブレイブ、グレンツェント、ビットボスの3頭かなあ、と。
 
 
今日のスクリーンヒーロー産駒は小倉1Rのヴィグランドサヤカ、新潟4Rのヤマニンパスティユ、札幌8Rのフジノサムライ。
 
あまり期待できそうな感じはないですがw、ヤマニンパスティユは先週好調だった野中騎手なので、その辺に期待しようかと。
 
 
今日も楽しい競馬ができますように。
 
 

札幌日経オープン(2016)はケルンダッシュで

[札幌日経オープン] ブログ村キーワード

今週土曜日のメインの中で一番食指が伸びる札幌日経オープン。

単純に長距離レースが好き、という理由ですがw

札幌の芝2600mはコーナー6回のコースなので流れはゆったりとしたものになることが多いイメージ。
ただスタートから最初のコーナーまでは160mほどしかないので先行したい馬が外枠に入るとなかなか厳しいし、思い切って出していくことになるので長距離戦としてはペースが早くなることもあるコース。

が、今回のメンバーでは逃げ先行にこだわりそうなタイプは1番サムソンズプライド、3番ネオブラックダイヤあたり。

人気になりそうなモンドインテロは先行タイプながら11番と外目の枠になってしまったけど、この並びならすんなり内に寄せて4~5番手くらいにはつけられそう。

ゆったりと流れて仕掛けどころが上手くハマった馬に利がありそうで鞍上の手腕が問われるレースになりそうな気がします。

となると予想は相当に難しいわけですが(笑)

本命は10番ケルンダッシュで。

同じ洋芝の函館2600mで連勝してきた適正に賭けてみたいと思います。
連勝中のハーツクライ産駒は負けるまで買い続けるといい傾向もあることですし。

対抗には内でロスなく進めて最後に上手く差してきそうな2番ツクバアズマオー。

3番手には11番モンドインテロ、以下、13番ホッコーブレーヴ、5番ジャングルクルーズ、1番サムソンズプライド、14番トゥインクルまで。

馬連と3連複1頭流しで買おうと思います。
 
 
 

 
 
 
土曜日のスクリーンヒーロー産駒は札幌9Rの10番ノースヒーロー。
 
降級戦なのでそこそこ上位人気にはなりそうです。
 
未勝利戦で勝っているコースでもあることですし、チャンスは十分にあると思います。
 
 
が、スクリーンヒーロー産駒は穴でこそ狙いたいという面もあるのでw、応援馬券はどうしようかな・・・
 
オッズ次第で妙味があるようなら単勝を買う、といったところでしょうか。
 
 
小倉9Rには3代母・ダイナアクトレスを持つデルマオギンが出走予定で、こちらは全然人気がなさそうなのでちょっと応援馬券を買っておこうかな、などと思っています。
 
 
 
今週も楽しい競馬になりますように。。。