「一口馬主」カテゴリーアーカイブ

五頭連峰特別(2018) 回顧


 
 
1000万条件のレースの回顧を書くとは思ってなかったがw、出資馬ヴェロニカグレースの試金石の一戦だったから。。。

ちょっと期待して単勝とヴェロニカグレース1頭軸相手6頭の3連複流しを買ってたのだが、無念の7着。
新潟外回りであのスローでは何もできなかったという感じだった。(本当は何かはできたんじゃないだろうかね?

JRAによるレースラップは、

13.0 – 11.8 – 12.0 – 12.2 – 11.9 – 11.0 – 10.6 – 12.0

残り2F目の10.6のところまではなんとか食らいついていた。さすがにその後はいっぱいになったが勝ち馬との差は0.5、よく頑張ったと思う。

前半行きたがりながら自身の推定上がり3Fが33.9、おそらくこの辺が限界なのだろう。掲示板に乗った5頭がいずれも推定32秒台後半~33秒台前半。
無理に押さえずに思い切って気持ちよく行かせてやればもう少し違った結果もあっただろうか。
だがレース中の津村にその判断を求めるのは無理というものだろう(それができるならもっとリーディング上位にいるはずだし)。ただせめて直線でもっと外に出すだけの判断はできなかったのだろうか。そこだけは騎手に対しておおいに不満を感じる。

レースが瞬発力勝負になるか、消耗戦になるかはメンバー構成や枠順、その時の天候などによっても大きく変わるから一概に直線の長いコースは合わないとは言い切れないと思うが、今回のレースで少なくとも適性がコーナー4つの消耗戦になりやすいところにあることは、今回のレースでわかっただろう。

今後のレース選択は誤らずに進めてほしい。(正直に言えば転厩しないかなあと思ってるがw)
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ヴェロニカグレースは回りに馬がたくさんいると行きたがるように見える。
前半4Fを過ぎて前にいるのが1頭だけになったところでようやく少し落ち着いて自分のペースで進めるようになっていたようだった。

デビュー戦では出遅れて何をやっているのか良くわかっていないような前半の運びだったことを考えると、ずいぶんと変わったものだなあと思うw

ただその時の、スタート後しばらくして自分が何をやっているかを理解したあと(?)の鋭い追い込みは期待を持たせてくれる走りだった。
もしかしたら府中みたいな直線の長いところでこそ持ち味が活きるんじゃないか、オークスとか良いかも、などと考えてしまったのが懐かしい(笑)
きっとその頃から回りにたくさん馬がいると前に出ようとする性格だったのだろう。

レースを覚えるにつれて行きたがるようになったのは、きっと自分が何をしているかが理解できるようになってきたということじゃないだろうか。

今度は道中は折り合いをつけて、自分の脚をどこで使うのがいいのかということを憶えてくれればいいのだが。
その辺は調教師の手腕によるところだと思うが、果たしてどうだろうか。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
今回のヴェロニカグレースのレースを見ていて一番感じたのは、もっと気持ちよく行かせてやればいいのに、ということだ。

スタート自体は抜群に早いというわけではないが、周りに馬がいるとどうしても力んで前に行きたがるところがあるので、気分良く行かせて1頭になればソラを使うくらい力も抜けて、またラストにいい脚を使えるようになるんじゃないだろうか。

あくまで素人考えだからまったく的外れな感想かもしれないが、直線のラスト2F目、ラップが一番早くなった10.6のところでも食い下がっていたところを見ると、前半の喧嘩していたところをもっと気分良く行かせていれば、なんなら少し後続を離して逃げるくらいすれば、直線の長いコースでも対応できたのじゃないか、少なくとも掲示板に乗ることくらいはできたんじゃないか、そんなふうに思えてならないのだ。

だからまた、次のヴェロニカグレースの走りに期待したい。

できれば鞍上ももう少し何とかしてくれると更にありがたい・・・。たぶん津村は手が合わないような気がするから。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ウインゼノビア、ヴェロニカグレース、キャロット募集開始間近


 
 
ウインゼノビアの次走は札幌2歳Sではなく、アルテミスSらしい。netkeiba.comの次走情報に騙された..orz
netkeibaのウインゼノビアの掲示板によると、ウインの記事に次走は松岡騎手でアルテミスSと書かれているらしい。どこから札幌2歳Sって話になったの(笑)
で、今後はアルテミスSから阪神JFという予定らしい。ついにスクリーンヒーロー産駒の牝馬で活躍馬が出るか、ちょっと楽しみ。無事に行ってほしいものだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
来週末からキャロットの2017年産馬の募集が始まるらしい。
キャロットで一口をやっている人たちが自分のTwitterでもたくさんいるが楽しい時期だろうな。

キャロットの募集予定馬の中で人気なのはどの馬だろうか。

個人的には父エピファネイアのアヴェンチュラの2017や父ジャスタウェイのヒカルアモーレの2017、父キングカメハメハのディアマイベイビーの2017あたりが気になるが。それともちろん父スクリーンヒーローのジャッキーテーストの2017も。
ま、ちょっと気になるだけでキャロットで出資することはないがw

シルクはあっという間に良さげなところは満口になってしまって残りは4頭しかいないし、そちらで思うような出資ができなかった人が大挙してキャロットに向かったりしそうな気がするがどうなんだろうか。

ま、それでなくても元々競争率は高いんだろうけど。。。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ヴェロニカグレースの武市康男調教師のコメントが昨日の更新でシルクホースクラブのサイトに載っていたが、前走時に比べるとけっこう自信あり気なコメントで。。。

武市康男調教師「22日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は後方を追走していき、直線で内に入れて追い出すと最後はしっかりと同入してくれています。道中の折り合いに問題はありませんでしたし、トモに力が付いてきたからか、ハミに乗っかることなく走れていました。モタれたりということもなかったですし、動きも良かったですよ。昇級初戦になりますが、能力的には十分通用するものを持っていると思いますし、今の状態でどれだけの走りを見せてくれるのか楽しみにしています」

シルクホースクラブのサイトより

負けた時にがっかりするからあまり大きな期待を持たずにレースを見ようと思っているが、こういうコメントを見ると否が応でも期待してしまうじゃないかw

あらためて募集時の写真と直近のトレセンでの写真を見比べてみるとずいぶん馬体も大きくなって迫力が出てきたなあと思うし、もし軽量を利してすんなり1000万条件を勝ち上がったりしたら次は準オープン!
来年あたりは本当に重賞を使えるようになってるかもしれない、などと考えるとやっぱりワクワクするのだ。

口取り申し込んで新潟行くべきだったかなあ・・・
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

出資馬近況


 
 
今週は出資馬ヴェロニカグレースが日曜新潟の五頭連峰特別(1000万・芝1600)に出走する予定。
鞍上は津村。

戸崎じゃないのかよ、と思うが今週は札幌でWASJがあるから戸崎が新潟にいないことはわかっていたわけで、それを承知でここに出走を決めたのだからハナから鞍上は戸崎以外にするつもりだったわけで。
マイルを使いたいのなら中山1週目の木更津特別でも良かったんじゃないか?と思ったりもするが陣営の決めたことだから、これがベストだと判断したのだろう。

ま、それがどういう結果になるかはわからないが、登録メンバーをみるとなかなか骨っぽいメンツ。
頭数こそ11頭と少ないが、エイシンスレイマン、エルビッシュの2頭はこのクラスはいつ勝ち上がってもおかしくないし、リカビトス、ルタンデュボヌールも然り。マサノヒロイン、クインズサンも相当手強い。
このメンバーで好勝負できるなら1000万クラスでも期待が持てそうだが果たしてどこまでやれるか。

ノーザンファームなのか、はたまたシルクホースクラブなのか、それとも武市調教師の推しなのかわからないが、どうしてここを選んだのかw

ま、1000万クラスになればさすがにどのレースを選んでも楽じゃないのだろうとは思うが・・・。

頑張ってほしいところだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
2歳の出資馬ではマイタイムオブデイがそろそろ脱北も視野に入ってきた感じ。
先週の所属馬情報の更新では次のような記載が。

担当者「この中間は坂路で週に2回だったところを3回に増やし、乗り込みを強化しています。調教量を増やした後も飼い葉食いが悪くなることもなく、前回より馬体重が増えているぐらいなので、それだけ体調が良いということなのでしょう。ハロン15秒のペースなら最後まで余裕を持って登坂してくれるようになりましたし、動きも力強さが見られるよういなりました。今後は本州への移動に備え、馬体を引き締めるとともに、動きを良くしていきたいと思います」馬体重474kg

シルクホースクラブのサイトより

「今後は本州への移動に備え」の一文が嬉しい。
秋にはデビューにこぎつけられるだろうか。馬体もずいぶん増えてきて成長を感じるし、日本ではあまり見ないAustralia産駒がどんな走りを見せてくれるか。

もう1頭の2歳馬ジュピターズライトはもう少し時間が掛かりそうだ。

担当者「この中間も本馬なりに順調にきており、前回と同じペースで運動を継続して行っています。ハロン15秒で登坂していますが、まだ最後の1ハロンに差し掛かるとフォームにバラつきが出てきてしまいますね。課題はまだ完全に解消したわけではないですが、良いフォームを維持して走る時間は徐々に長くなってきていますから、焦らず運動を継続していけば良化してくるものと考えております。集中力があるのは本馬の長所ですね。疲れてきていても気持ちは前向きで、登りきるまで騎乗者とのコンタクトはしっかり取れています。今後も焦らず、このペースを維持しながら基礎体力をつけてフォームを維持できるよう鍛えていきます」馬体重454㎏

シルクホースクラブのサイトより

まだ基礎体力をつけているという段階。調教量もまだマイタイムオブデイほどは強い負荷はかけられていないし、もう少し時間は掛かりそうだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
今年出資した1歳馬はまだまだこれからだがw

ベッライリスの17は数少ない残口のある1頭。

シルクの今年の募集馬はすでに残口のあるのは4頭しかいないが、そのうちの1頭がベッライリスの17だ。人気ないのね(笑)

ヒカルアマランサスの17はすでに満口。
洗い馴致も済み、これから鞍付け馴致に移行するそうだ。どんなふうに成長していくのか。

ヒカルアマランサスにはちょっとした思い出があって、ヒカルアマランサスが勝った京都牝馬S、自分はベストロケーション(ダイナアクトレス産駒)を応援していて、その単勝をガッツリ買っていたのだが、ベストロケーションが先行して勝てるかと思ったところをヒカルアマランサスにきっちりかわされて2着に甘んじたのだ。
ベストロケーションの単勝15倍以上付いてたんだけどなあ。。。

そんな記憶があるのでヒカルアマランサスはちょっと気になっていた1頭ではあった。ぜひ活躍してほしいものだ。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

売れ行き好調、、過ぎじゃないか


 
 
いや~、びっくりだ。
8月14日の夕方の段階で満口近しになってたシルクの募集馬。8月16日21時22分現在、1頭を除いてすべて満口になってる。
残口があるのは5頭だけ。

24 マザーロシアの17
37 ブラックエンブレムの17
55 ベッライリスの17
59 テルアケリーの17
64 ティフィンの17

う~ん、自分の選んだベッライリスの17がまだ残口があるのがちょっと複雑w
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ブラックエンブレムの17はきっと牝馬で一口120,000円、募集総額6000万円というのが引っ掛かってるのだろう。
実際兄弟にブライトエンブレムやアストラエンブレムがいるとはいえ、6000万円を回収できる馬かどうか、という視点に立てばなかなか勇気はいるような気がする。

他の4頭は一口36,000円が3頭に一口30,000円が1頭。
マザーロシアこそゴールデンバローズを出してはいるが、テルアケリー、ティフィンの産駒には勝ち星はないし、ベッライリスは初仔。父はそれぞれゴールドアリュール、トーセンホマレボシ、ヘニーヒューズ。
一口としては売れにくい血統というところだろうか。

自分はその中でもベッライリスの17、父ヘニーヒューズを良しとして出資したわけだが(笑)

しかし、これも残り5頭となるとすべて売れてしまうのだろうか。ブライトエンブレムは残り40口を切っているようだし、他の4頭はまだ余裕はありそうだがいずれ完売しそうな気がする。

こんなことを書いている間にも・・・(笑)
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
シルクのような500口のクラブがこんなに売れてしまうのは、もしかしたらDMMの効果じゃないだろうかという気もしなくもない。

DMMの一口1万円からという入りやすさがこれまで一口馬主に興味のなかった人が関心を持つキッカケになったが、1万口だと分配もそれなりでつまらないが他の400口とか500口のクラブならもう少しおもしろそうと考えた人が流れ込んできた、、、
そんなことはないだろうか。

弱小出資者としては・・・あまり一口がブームになるのも、なかなか辛いものがあるなあ、などと思ってしまう。

ま、自分もブームに乗ってる新参者なのかもしれないが。。。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

シルク募集馬、残りは11頭


 
 
昨日一日でシルクの募集馬がどのくらい満口になっただろうと確認したら・・・

もう残口があるのはわずか11頭。
募集馬は全部で65頭。第一次募集で満口になったのが37頭。だから残っていたのは27頭。
つまり昨日一日で17頭がさらに満口に。

一口馬主バブルと言う感じさえするが、いつまでこのブームは続くんだろうか。

昨日自分が申し込んだヒカルアマランサスの17は既に満口になっていたが、ベッライリスの17はまだ募集中。

気になっているサンドミエシュの17は満口近し。う~ん・・・誘惑されるw
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
参考までにまだ残口のある募集馬をリストすると、

募集馬 募集状況
16 アコースティックスの17 満口近し
20 シェアザストーリーの 満口近し
24 マザーロシアの17 募集中
34 エクセレンスⅡの17 満口近し
37 ブラックエンブレムの17 満口近し
43 サンドミエシュの17 満口近し
53 シーズインクルーデッドの17 満口近し
55 ベッライリスの17 募集中
58 レイズアンドコールの17 満口近し
59 テルアケリーの17 募集中
64 ティフィンの「17 募集中

残りの11頭中7頭が満口近し。

自分が初めてヴェロニカグレースに出資したのは募集開始されてから年も明けた3月だった。
あの時はまだもう少しゆっくりと検討する選択肢が多く残っていた気がするのだが。
その当時に比べると売れ行きはずいぶんと良くなっているんじゃないだろうか。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
やっぱり今年はアーモンドアイの活躍が大きいのだろうか。

他の一口クラブも同じような状況なのだろうか。これから今年の募集が行われる同じノーザンファーム系のキャロットクラブはどのくらい売れるんだろうか。

以前の競馬ブームとはちょっと違った形で競馬ブームが起きているように思える。

ま、競馬が注目されるのは楽しいことだが。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!