「回顧」カテゴリーアーカイブ

フェブラリーS(2018) 回顧

土曜日から東京のダートは前に有利な状態。
これが騎手の先を急がせる心理に強く影響をしただろうか。
ある程度早いペースで流れるんじゃないかとは思っていたが、想像以上のハイペースになった。

公式ラップによるとテンの3F34.1、4F45.8、5F58.3、ちなみにやはりハイペースだった昨年の安田記念の公式ラップは3F33.9、4F45.5、5F57.1。
さすがに5ハロン目は1秒以上の差があるが3F目で0.2、4F目で0.3の差しかない。これはさすがに前に行った組には厳しい流れだった。

ニシケンモノノフとケイティブレイブが押してハナ争い、そこにノボバカラとテイエムジンソクが絡んで直後にララベル。
前残りの馬場を利して何とか流れ込もうとする伏兵に、人気のテイエムジンソクが自分の競馬をしようと掛かり気味に前に行ったためにできた厳しい流れだったと思う。

前有利の馬場に加えて、内で詰まると定評のある福永が2番枠だったことも影響したんじゃないか。福永が前が詰まることのないポジションを取りに行ったこと、1200mを使ってきたニシケンモノノフも内からハナを取りに行ったこと、そこに逃げて底力のあるテイエムジンソクが絡んできたことで想像以上のハイペースになってしまった。

後方から進めるサンライズノヴァ、ゴールドドリームが中心と考えていた自分には内心しめしめと思う絶好の展開、これで本命に取ったサンライズノヴァは4着に負けたのだから明らかに力負け。
これだけ厳しい流れになってしまっては、現状で上位馬には差し比べでも敵わないということはハッキリとわかった。しかしまだ4歳、これからの成長に期待したい。

いつもテンの出足がつかず、じりじりとしか脚を延ばせないノンコノユメにはまさにうってつけの流れ。
縦長の隊列になったおかげで外を回してくるしかない同馬にはロスも最小限に抑えられてドンピシャの展開となった。

去勢してしばらく不振が続いたが、これですっかり3歳時の輝きを取り戻した。長く活躍できるダート戦線、後方一気の脚質ゆえ展開に注文は付くが当分は上位争いを続ける存在になると思われる。

そして一番強い競馬をしたのはやはりゴールドドリーム。
意外に前(=テイエムジンソク)が早く止まってしまったために先頭に立つのも早くなってしまったのが痛かった。
それでもノンコノユメに並ばれたときに一瞬は差し返そうと抵抗をみせ、後ろから迫るインカンテーションを押さえて2着確保。
結果的に早仕掛けになってしまい、ああいった形になってしまったにも関わらずあの場面で差し返そうという根性を見せるのはさすが最優秀ダートホース。
今後もダート路線の中心馬という評価は変わらない。

3着インカンテーションも調子の良さは伝えられていたが、それを証明する好走。

予想ではもう少し前で競馬をするかと思っていたが、流れが早過ぎたからあの位置になったのか早いと見てあの位置に抑えたのかはわからないが出せるパフォーマンスはきっちりと発揮した3着に思う。三浦皇成の好騎乗だと思う。
 
 
 
 
テイエムジンソクは初めての東京で持っている力をまったく発揮できなかったように見えた。
力んで走ってしまい道中の消耗が大きかったようでなすすべなく12着。
 
能力的にこんな馬ではないだろうし必ず巻き返してくると思う。
できればマイペースでハナを切ったほうがより能力が活きるのかもしれない。
 
 
勝ったノンコノユメについては正直まだ疑っていた。根岸Sでは強いレースぶりだったが馬場と展開が上手く嵌ったという印象が強かったので人気通りの評価しかできなかった。
 
もっと馬を見極められていれば、本命に取ることもできただろうか。自分には到底そんな眼力がないのはわかっているのだが。
 
 
2018年最初のGⅠは見応えのある迫力あるレースになったと思う。
スローの瞬発力勝負もおもしろいが、厳しい流れの消耗戦での力比べはやはり他には代え難い迫力がある。
馬券はハズレてしまったがこういうレースを見せてもらえる僥倖に一日くらいは浸っていたい。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

東京新聞杯(2018) 回顧

馬連、3連複をサトノアレスから流してW的中、馬券は当たったが。

グレーターロンドン、なんで前に行ったんだろう?
きっとダイワキャグニーがこんなレースするんだろうと思うような位置でグレーターロンドンが運んでいて「は?」というレース。

これで前に行ってもこの馬の良さは出ないということは陣営もよくわかっただろうが、こんな運びにしてしまったのは何故だろう。
この馬としてはスタートが良すぎて前に馬を置けずにやや掛かり気味に前に行ってしまった感じはあるが。
何とか抑えて前に馬を入れることができていればまた結果は違っただろうか。
この辺は鞍上がテン乗りの川田だったこともあったのかもしれない。

それにしてもこの惨敗は本命にはしていなかったもののこの馬のファンとしてはショックだ。GⅠはともかく重賞は勝てる馬だと信じているだけに巻き返しに期待したい。
次にどこに出てくるのかはわからないが、その時は願わくば真ん中から内目の枠に入ってくれることを祈る。

勝ったリスグラシュー。
追い切り時計を見たときはやり過ぎだろうと思ったが、完全に本格化ということだったのねw
道中馬なりで先行馬を見る中団に位置取り、直線も残り400mを切ったところで前が開くと軽く仕掛けられるだけですんなりと抜け出してきた。
鞍上との息もぴったりで文句のつけようがない完勝。とても上手な競馬ができていたと思う。
GⅢとはいえ牡馬混合でこんなレースができるのだからヴィクトリアマイルに向けて展望は明るいだろう。

本命のサトノアレスは2着。
道中は後方3~4番手。枠順を利して内をロスなく進み直線も最内を突くレース。こちらは完璧なレースをしての2着だけにここからGⅠとなると少し厳しい気はするがペースにかかわらず末脚は確実に使ってくれる。
そういう脚質もあってか意外に人気にならないので、馬券的には今後も狙いたい1頭になりそう。

3着ダイワキャグニーは3番手評価にはしていたものの正直ここまで走るとは思っていなかったw
この馬もホントに強くなっている。今回は外枠が厳しかっただけだろう。
 
 
 
 

 
 
 
 
4着デンコウアンジュも人気はなかったが中団後ろから終いは間を縫うようにしっかりと脚を使っている。だいぶ成長しているように感じるし、アルテミスSを勝っているようにこのコースは得意なのだろう。
府中のマイルなら侮れない存在に思う。
 
 
そして今年も東京新聞杯は1番人気は勝てなかった(グレーターロンドン9着)
こういうことが言われ始めると得てしてそうしたジンクスは破れるものだが。。。
 
ハンデ戦でもないのにこんなに1番人気馬が勝てない重賞と言うのはもしかしたら珍しいのだろうか。
暇があったらちょっと調べてみようか(やる気なしw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

シルクロードS(2018) 回顧

自分への覚書用の記事。

内枠、先行有利のシルクロードSに敢えて外枠、追い込み脚質のロードクエストで立ち向かってみたが見事に玉砕。(キングハートは枠順もまあまあいいし、人気ないけど京都ならなんとかしてくれるんじゃないかと思ったがさすがに無理筋だったw)

結果は逃げた4枠7番セイウンコウセイが2着に粘り、好位で折り合った1枠1番ファインニードルが距離ロスを利して早め抜け出しの2馬身差勝利。
3着には後方から運んだがやはり内枠の2枠4番フミノムーンが15番人気をあざ笑う快走。

フミノムーンだけは内枠だったが4角では外目に持ち出していたし、どうしてここまで末脚が切れたのかよくわからなかったが、上位2頭はやはり内々でうまく先行できているし、そういうタイプに向くレースなのだろう。
きっと来年以降もこんな展開になるのだろうし、人気に左右されずに当てに行くならこれは覚えておこう。

それと。

上位3頭、全部がアドマイヤムーン産駒。内、1着、3着馬はノーザンダンサークロス持ち。
よほどこの条件に適性が高いのか。血統はよくわからないが、特に15番人気馬を持ってきたミスプロにノーザンダンサークロス持ちに注意というのも記憶にとどめたい。
 
 
 
 

 
 
 
 
内枠、先行有利のレース。これを逆に考えれば。
 
ここで外枠で中団より後ろからの競馬を余儀なくされ、能力を発揮できなかったような馬は次走以降に注意しておきたい。
 
今回ならカラクレナイやロードクエストといったあたり。
 
ちょっと先になるが高松宮記念に出てきたりしたら検討材料に覚えておきたいところ。
 
 
 
更に逆に。
 
このレースで内枠から中団あたりで運んで掲示板にすら乗れなかったグレイトチャーターやセカンドテーブルなんかはこのクラスではよほど恵まれないと馬券圏内は厳しいのだろう。
ちょっと穴に狙って見たくなるタイプでもあるのでこれも覚えておきたい。
 
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

根岸S(2018) 回顧

予想を事前にアップする間もなかったが、根岸Sはサンライズノヴァからアキトクレッセント、カフジテイク、キングズガード、サイタスリーレッド、ブルドッグボス、ノンコノユメへの馬連流しを買って的中、シルクロードSは思いっきり穴狙いのロードクエストとキングハートからの馬連流し2本立てで撃沈だった。

ちなみに日曜日は東京開催だったのでさっそく東京競馬場へと向かったが本当に寒かった。
「こんな寒い中に競馬場に来るファンこそ本当にコアなファンだよな」と友人が言っていたが、その理屈だとコアなファンってけっこうたくさんいるぞって話に・・・w
 

それはともかく。

ダートは午前中はまだ不良で、午後から重。
午前中もそれほどひどい不良馬場というふうには見えなかったが、先週はずっと気温が上がらなかったのでなかなか馬場の中で水分がなくならなかったのだろう。

根岸S以前のダートのレースで特に時計が早いという印象はなかったが根岸Sがレコード決着となったように時計の出やすい状態ではあったのだろう。

公式ラップはテンの3Fが33.9、1000m通過57.8。

テンの1Fを除いて最も遅かったのが5F目で12.1、サイタスリーレッド以外に逃げ馬らしい存在もなく、有力馬には後方から運ぶタイプが多かったので緩いペースになるかと思ったが短距離重賞らしいラップになった。
上り3Fが35.8とテンの3Fより1.9も掛かり、人気上位のサンライズノヴァ、カフジテイクにはおあつらえ向きの展開。

もしかしたら逃げ残りもあるんじゃないかと思っていたサイタスリーレッドが最下位に沈んだし、キングズガードは如何にも1400mベストというタイプでかなり有力じゃないかなどと考えていたのだが、これだけ時計が早くなると厳しかったか。馬券は的中したもののやはり競馬は難しいなあと感じた。

勝ったノンコノユメは最後に相手に拾った1頭。

正直なところ去勢後はさっぱりいいところがなかったし、近走わずかに復調の兆しがあるかもしれないと思わせる程度の存在。
軸に取ったサンライズノヴァにハマる展開なら、いい頃に戻りつつあるならノンコノユメももしかしたら追い込んでくるかもしれないと考えただけ。
まさか勝ち切るとは思わなかった。
少頭数でストレスなく4コーナーから追い出すことができたし、追わせるウチパクも手があったのだろう。

2着のサンライズノヴァは完全に勝ちパターンだと思ったが、最後の直線で競り合いになったときになんだか追いづらそうに見えた。
あれがなければ勝てたような気がするが、何か嫌気を差すようなことがあったのだろうか。本番のフェブラリーSでそういうところが出なければ有力な一頭じゃないかと思う。
 
 
 
 

 
 
 
 
3着カフジテイクは1,2着馬にははっきりと差がつけられた。
もう少しスタートダッシュ良くいい位置取りで運べなければこの先は厳しい。前年と同じローテーションでフェブラリーSに向かうが、一連の成績は前年以下であり本番ではそうとうの巻き返しがないと勝ち負けに持ち込むのは難しい印象だ。
 
 
 
フェブラリーSに向けては東海S組との比較ではやはりテイエムジンソクに軍配が上がってしまうか。
何より自分でペースを作れる強みがあるし、早め進出で3着以下を6馬身ちぎった2着のコスモカナディアンともどもそちらを上位に取りたい。
 
その間に根岸Sの1,2馬がどこまで割って入るか、そんなイメージになった。
 
 
 
と今は思っているが、これが本番を迎えると全然違う見解になってたりするから我ながら困るんだよなあ・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ゴールドアクター、最下位に惨敗

AJCCはまさに心配していた結果になった。

ゴールドアクターは勝ったダンビュライトから2.7秒離された最下位。
調教を見て今の状態ではとても勝負にならないとは思ったが掲示板に乗るくらいの格好はつけてくれるんじゃないかと期待していたのだが。

3角で横山典ミッキースワローが動いた時も武豊はまったく動かなかった。
まだ動くタイミングじゃないと思ったのか、既に動けるほどの手応えがなかったのか。
とにかくグランプリホースがこれほどの惨敗をするとはあまりにも悲しすぎる。

このままではあまりにも情けなさすぎるから何とか巻き返し意地を見せてほしいと思うが、もしかしたらアクター自身がもう競馬をしたくないと思っているのかもしれない。

このあとは予定通り大阪杯に向かうのか、また休養に入るのか、はたまた引退か。
陣営としては真剣に考えなくてはいけないだろうな。

レースを見た感想はそんなところ。
一昨年、天皇賞春で12着に負けたときよりもずっと悲しい結果だった。

個人的にはもう引退でいいじゃないかとも思っている。

 
 
 
 

 
 
 
 
東海Sはやはりテイエムジンソク、逃げて圧勝。このメンバーなら負けようがないという結果。
 
本命に期待したクインズサターンは5着。AJCCも東海Sもどちらも本命馬は5着というなんとも微妙な結果だった。
 
ま、どちらも納得の結果ではあったが。
 
 
来週からはホームの東京開催。あっという間に2月になってしまうなあ・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!