「回顧」カテゴリーアーカイブ

オークスの余韻と、ダービー前のワクワクと


 
オークスが終わって2日経つが、何度も感動をもって見返してしまう。

いや~アーモンドアイ、ホントに強かったなあ。
間違いなくジェンティルドンナ級、いや3歳春の時点としてはもしかしたらそれ以上のインパクトがあったかもしれない。
(ジェンティルドンナがオルフェーヴルを蹴散らしてジャパンカップを勝った時のインパクトも相当のものだったがw

リリーノーブルだって例年であれば十分に樫の冠を手にしていたであろう時計で走っているし、3着のラッキーライラックも然り。
その2頭をあっさりと赤子の手をひねるように負かすのだからその強さたるや・・・

秋は3冠目の秋華賞が目標となるのだろうが、そのあとはぜひジャパンカップか有馬記念で牡馬に立ちはだかってほしい、そんなことを思わせる強さだった。

こういうレースを観られることが馬券を超えて面白いと思わせる競馬の魅力だよなあとつくづく。

それにしても一年前にロードカナロア産駒が2400mのGⅠでこんな強さを見せてくれるとは考えもしなかったし、一時はフサイチパンドラは繁殖としてはもう一つだったかと考えはじめていたが全然そんなことはない思い知らされた。

あぁ、フサイチパンドラの仔だからエリザベス女王杯で母娘制覇という記録も掛かるのか。三冠のあとは陣営はどこを使おうかといい意味で頭を悩ませるのだろうな。

 
 
【スポンサーリンク】



 

アーモンドアイが直線で何度も手前を替えることについては色々と見方もあるようだが、自分はアラシさんの言っている「競るときに手前を替える」という見解が一番当たっているように思う。

【参考動画】アーモンドアイが頻繁に手前を替える理由が判明

逆に言うとアーモンドアイが直線であまり手前を替えられないほど利き脚手前ばかりを使っているときは相当手強い相手と戦っているということなのだろう。

そんな場面を是非見てみたいものだ。

 
 
【スポンサーリンク】



 

今週はいよいよダービー。早いものだ。
皐月賞を挫石のためパスした今年のクラシック戦線の大本命・ダノンプレミアムが満を持して登場する。今年はいったい東京競馬場に何万人が集まるのだろうか。

ダノンプレミアムは果たしてアーモンドアイのような強さを見せるのか、それとも順調に来ている皐月賞組が一矢報いるのか。

天才と言われた父・福永洋一も果たせなかったダービー制覇を夢見ているであろう福永祐一のワグネリアン、

ダービーと同じ府中2400mのジャパンカップを勝ち種牡馬入りしたスクリーンヒーロー産駒のジェネラーレウーノは同じコースで快走を見せられるか、

自身3連勝中で、それに同じシルクレースホースのアーモンドアイの勢いも乗せて一気の頂点取りを狙うブラストワンピース、

同様にアーモンドアイと同じ国枝厩舎のオウケンムーンも僚馬の勢いを借りて巻き返したいところ、

そして唯一2冠の権利を持っているエポカドーロも皐月賞馬ながらあまり人気がなくファンを見返してやりたいと虎視眈々だろう、
 

ダービーに集う18頭にはそれぞれここにたどり着くまでのドラマがあったはずだし、多くの想いを秘めてこの場に登場してくる。

どうか全馬が無事に、そして先週のように心震えるレースを見せてほしい。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

大阪杯(2018) 回顧 ~いろいろ考えてしまう夜


 
馬券は完敗の週末だったな、それが通常営業といえばそうなんだけど。

それはまあ良い。もとより織り込み済みだ。
 

大阪杯のゴールドアクターも完敗、それもブービーから大差をつけられての大敗。
馬体重が発表されたときのマイナス18kgというのはいったい何だったのだろう。
確か調教後の馬体重は前走比マイナス2kgくらいだったと思うが、輸送でそんなに減るものなのか、調教後の飼葉食いが悪かったのか。
普段、馬体重をそれほど気にすることはないが前走から2カ月以上の間隔があいて大幅な馬体重減はさすがにオイオイと思う。

体調が戻っていないという以前に馬自身に生気がないというか、もう競馬したくないという感じになっているのかなと考えてしまう。

このあと陣営はどうするのだろうか。予定通り宝塚記念を目指すのか、休養か、引退か。

個人的には大阪杯では勝負にならないまでも復調の兆しを見せてくれて、調子を上げて宝塚記念で復活をアピールしてくれないものかと思っていたが、AJCCに続いてのシンガリ負け、さすがにもう復活はないとしか思えない。

菊花賞のあと8カ月も休養したように、もともと体調を維持するのが難しいタイプなのだろうとは思うが、もうそれ以前の問題じゃないだろうか。

がんばってもう一度いい走りを見せてほしいとも思うし、もう引退してもいいんじゃないかとも思う。なんとも複雑だ。

ただ不思議と今日のゴールドアクターの敗戦にはそれほどショックは受けていない。大差のシンガリ負けにはそこまで負けるのかよ!とツッコミたくはなるが、心情的にはそれほどダメージは受けていない。一応単複も少し買ってたんだけどな(笑)

AJCCの結果を見たときに、もうさすがに無理なんだろうと心の奥底では思っていたんだろうな、きっと。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
スワーヴリチャードのミルコは見事だった。

直線で内に刺さるなら、直線入り口で先頭に立っていれば無問題とばかりの騎乗。
もちろん馬の力を信じているからこそできることだが、前半速いペースではなかったとはいえ最も遅いところでもハロン12.4と、ドスローというほどでもない中でああいうマクリを打てるのは、ミルコの度胸ゆえだろう。
昨年のダービーでのルメールの騎乗もそうだったが、こういった騎乗は残念ながらまだ日本人騎手にはなかなかできない芸当だし、外国人騎手が重用されるのも仕方がないなと思わされる。

2着のペルシアンナイトを嫌って自分の馬券は外した。アルアイン本命でそこそこ手広く買ったがペルシアンナイトに古馬GⅠで阪神2000mはよくて4~5着と思ったのだが。
どうしてそう思ってしまったのだろうか。マイルチャンピオンシップの時のような切れはここでは難しいんじゃないかと考えたのだが、これくらい人気を落としていたのだから拾ってもよかった。それこそゴールドアクターを買い目に入れるくらいなら、こちらを入れていても良かったじゃないかと。
でも、それができないのが競馬でもあるのだなあ・・・

復活が期待されていたサトノダイヤモンドだが、今の戸崎には難しいんじゃないかと思った通りの見せ場なしの7着。
こちらを切っても良かったな。あまり重視はしてなかったが切りきれなかった。
それにしても戸崎のあの消極的な騎乗はいったいなんなのだろう。何とかしようという気迫がまったく伝わってこない。

シュヴァルグランはやはりここを叩いて次の天皇賞だろう。ボウマンが乗る予定になっているようだし、今日の13着という数字は忘れることにしよう。

天皇賞春はなんとか当てたいものだ。
もちろんその前の桜花賞、皐月賞も当てたいのは当然なのだが。。。

それにしてもゴールドアクター、このあとどうするんだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

スクリーンヒーロー産駒は人気のない時にこそ買うべきなのかもしれない


 
先週の4重賞は結局フラワーCしか的中せず、3月の重賞は今のところ弥生賞とフラワーCの堅い決着しか的中できていない。
今週からGⅠが始まるのに大丈夫だろうか。まったく自信がなくなってきたぞ。
 

日曜日のトピックは中山の幕張Sと千葉Sのスクリーンヒーロー産駒連勝。

幕張Sのゴールドサーベラスは8番人気の単勝オッズ28.5倍、千葉Sのウインオスカーは10番人気の単勝オッズ23.2倍。

自分が馬券で取れたのはゴールドサーベラスの方だけだったが、こちらは単勝と馬連が的中できてこのレースだけで先週の勝ちを確定。ありがたや、ありがたや。

千葉SはWIN5で指名していた3頭のうちの1頭がウインオスカー。馬券はウインオスカーからWIN5で指名した他の2頭へのワイドを少しだけ買ったのだが、こちらは相手も大荒れに荒れて的中できず。単複買っておけばよかったなと後悔したのは言うまでもない。
しかし、WIN5の2レース目で3頭指定で10番人気を当てられたのは上出来だろう。ワクワクして3レース目をまったが、そこでハズシてしまった。残念・・・(そのあとの阪神大賞典もハズシたのでどうしようもなかったがw
 
 
スポンサーリンク




 
 
9R、10Rとスクリーンヒーロー産駒が連勝して、ルーカスにはいい流れで迎えられたと思ったスプリングSだがまさかの9着大敗。

道中、引っ掛かるようなところもなかったし、いい感じで中団の後ろを追走しているように見えたが、直線ではまったく脚を使っていない感じだった。
まったく走る気が感じられなかったのかミルコも残り150mくらいからはあまり追うようなところもなく流れ込むようにゴール。

シルクのサイトに掲載されているコメントを見ても脚元に故障があるといったこともないようで、鞍上も調教師も原因がサッパリわからないようだ。

いずれにしてもルーカスはこれで皐月賞出走は厳しくなった。
おそらく様子を見て、特に故障などがなければダービートライアルを目指すような形になるのだろうが、全兄モーリスと同じようにやはりもう少し時間が掛かる血統なのかもしれない。

さすがに次は人気も下がるだろうし、人気がない時にこそ発奮するスクリーンヒーロー産駒の特徴を見せてなんとか巻き返してほしいところだ。

 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

弥生賞(2018) 回顧


 
ダノンプレミアムの強さばかりが目に付く弥生賞になった。

↓公式発表によるラップタイム

12.5 – 11.0 – 12.5 – 12.8 – 12.7 – 12.4 – 12.8 – 11.7 – 11.0 – 11.6

前後半が61.5-59.5のスローペース。
これを離れた2番手で折り合ってメンバー中2番目の上がりで、しかも4角では大きく内を空けて回ってくるのだから強いなあという感想しかない。

おそらく鞍上の川田は三冠を強く意識しているに違いない。

まだホープフルSを勝ったタイムフライヤーや京成杯のジェネラーレウーノ、共同通信杯馬オウケンムーンなどとの対戦が終わっていないので、そんなことはおくびにも出さないが今年の牡馬クラシックは全部取るつもりだろう、そう思わせるレースぶりに見えた。

父ディープインパクトとの親子2代の無敗の三冠馬が誕生となればおおいに盛り上がるだろう。
父とは違って好位から危なげのないレースができるところはディープインパクトよりもシンボリルドルフに近いタイプにも思える。

そのレース巧者ぶりのせいだろうか、間違いなく世代最強の存在だろうということは認めるが父ディープインパクトの時ほどの興奮は感じない。
冷静に、強いなあ~と認めるだけだ。自分としては競走馬としての魅力はそれほどは感じない。
これはあくまで個人の好み、シンボリルドルフの時も強いなあと呆れはしたが魅力的だとは思わなかったし、馬券が堅く収まるのでむしろ退屈ささえ感じていた。

そういう点ではディープインパクトの時のほうが興奮状態だったし、とても魅力的な競走馬だったと思っている。

しかし、こうしてディープインパクトと当たり前のように比較してしまっている時点でダノンプレミアムの強さは既に名馬の域に達しているということなのだろう。

2着ワグネリアン。

上がり最速でなんとか2着までは追い込んだものの、今回は展開的には仕方がないだろう。
東京なら、ダービーならと思わせるレースではあった。

しかし気性的にあの位置から運ばざるを得ないのは有利とはいえないだろう。これからどの程度の成長を見せるか。
ダノンプレミアムを逆転するためには瞬発力にさらに磨きをかけるか、もっと前の位置でレースを運べるようになるかが必要だとも感じる。

3着ジャンダルム。
ダノンプレミアムをマークするような位置で運んで4角ではダノンが空けてくれた内を通して仕掛けていったが結局ダノンプレミアムと同じ上がりタイム。
世代上位の能力は認めるがやはり勝ち馬とははっきりと能力差を感じさせられた。今後は有力な2~3着候補という存在に思える。

惜しかったのは4着サンリヴァル。

もう少しで優先出走権を手にすることができたがハナ差届かなかった。上手いペースで逃げて、ダノンプレミアムに交わされてからも2着はあるかという粘りも見せていたが。
持っている力は出し切ってのものだけに陣営も残念だと思う。しかし仮にクラシックに出走できても勝ち負け云々というレベルではないだろう。展開が向いて3着までならあるかという存在。
 
 

穴に期待したアサクサスポットはブービーの9着。
スタートは上手く出たが芝の流れにはついていくのが精一杯という感じだった。4角で待避所に向かおうとしたというオブセッションの煽りを食らったにしろ、それがなくても掲示板も無理だったように見えた。
むしろもっとスタミナを必要とされるような流れになって、終いに賭けて運ぶ形になればもう少し上位に入れたかもしれないが、現状、芝ではトップレベルにはまったく力が及ばないようだ。残念w
 
 

そして初出走が話題になったヘヴィータンク。

もう少しまともに走れるのかと思ったが、ブービーからも20秒以上も差をつけられる大差負け。

いや~、森調教師さすがだ。これで出走奨励金108万円をゲットだからね。未勝利戦で4~5着になるよりも高い賞金。
おそらく未勝利戦に出ても断然のビリだろうと思わざるを得ないタイムでしか走れない馬にこんな賞金を稼がせるんだから有能な経営者だ。お見事でした。
あんなに大きく遅れたのは他の馬に迷惑をかけないように走ったためだと信じたいが、スタートしてすぐにかなり遅れていたんだから他馬に迷惑のかけようもなかっただろう。まったく競走馬としてのレベルには達していない。ホントに呆れるほどはっきりとした出走奨励金狙い。

一部に無事に完走して良かったみたいなコメントを見たが、アホかとしか思わない。そもそも平地の競争で完走もできないような馬を出走させるとかありえないだろう。バカバカしいことこの上ない。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

阪急杯、中山記念(2018) 回顧


 
中山記念はサクラアンプルール本命、阪急杯はヒルノデイバロー本命で少しだけ馬券を買った。

サクラアンプルールは4着、ヒルノデイバローはブービーの17着w

サクラアンプルールの4着はともかく、ヒルノデイバローの17着はいただけない。無理な狙いにも程があろうというものだ。やや出負け気味だったというのはあるが、それにしても負け過ぎだろう。いったい何を考えて予想をしていたのか。我ながら意味が分からない。
 

普通に考えたら中心はモズアスコットかレッドファルクス。負担重量と位置取りを考えるとモズアスコットに軍配が上がるが開幕週で外枠はどうなのか。
一方レッドファルクスは後方からの追い込み一辺倒。これも開幕週では勝ち切るまでは想像しにくい。
3番人気のカラクレナイが阪神の芝1400mは2戦2勝、父ローエングリンの母カーリングというのもちょうどオリンピックで日本が銅メダルを取ったところで盛り上がってるし、なかなかいいんじゃないかとも思った。しかしこちらも外枠からでは後方からのレースになりそうでどうも軸には推しにくい。

ならば軸は思い切った人気薄からワイドで遊ぶのがおもしろいんじゃないか、そう考えた。

候補に考えたのはニシノフラッシュ、ミッキーラブソング、ムーンクレスト、ヒルノデイバローの4頭。
枠順と脚質でいいと思うのはニシノラッシュだが準オープンからの昇級初戦で別定GⅢではちょっと厳しい。ミッキーラブソングは位置取りが心配、
残った4枠の2頭、ムーンクレストとヒルノデイバローのどちらにするかという段階で前々走のスワンS2着が光った。
この時と同じようにうまく先行できれば逃げ残りが期待できないか。ありがたいことに人気は9番人気、ワイド流しでもそこそこの期待値だ。

結果、ニシノ4着、ミッキー14着、ムーン13着、ヒルノ17着だからどうしたって的中しようがない予想だったのだが、このとき何故ダイアナヘイローも候補に取り上げられなかったのか。

近2走は2桁着順だが前走は道中ずっと引っ掛かっていたし、前々走はスプリンターズS。こういう逃げ先行タイプは負けるときは大敗は珍しくないのに、全然軸候補には考えることができなかった。

18頭立てということもあって、全出走馬を丁寧に見ることができていなかったのが原因に思える。雑な予想で的中できるほど競馬は簡単ではない。
 
 

中山記念はもう少し厳しい流れになると思ったのだが、終わってみれば4角1~3番手が1~3着。

決して緩い流れではなかったがいわゆる後続がなし崩しに脚を使わされるミドルペース。

こういう展開だとウインブライトは能力を十分に発揮できるし、中山の芝1800mというのはそういう展開になりやすいコースということなのだろう。

マルターズアポジーが逃げてテンの3Fが36.2で1000m通過が59.2。
公式ラップの2F~5F目の11.7 – 11.7 – 11.5 – 11.5という辺りは善臣先生絶好調じゃないかという運びに思える。
そんな流れで番手につけているのが横山ノリ。
松岡は4番手追走から3角過ぎから早めに押し上げてよく押し切ったなと感心するくらいだ。この馬のことはホントに手の内に入れているということだろう。

こんな流れで蛯名・サクラアンプルールはよく頑張ったように思う。4着も仕方なし。

スタートでマイネルハニーが出負けした時点で自分の予想は終わっていたということだ。これは納得のハズレ。もう一度予想してもサクラアンプルールから入るしだろうし、マイネルハニーがちゃんと出てくれていればもっと違った結果になったはず。

逃げ先行馬が出負けするところまで予想しないといけないんだからホントに競馬は難しい。
なんでこんなに難しいことをずっとやっているのかと思うが、それでも惹きつけられるんだから競馬は素晴らしい。
(完全に負け惜しみw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!