早くも週末

枠順決まりましたね。

第60回産経賞オールカマー(GⅡ)

1枠①アスカクリチャン (勝浦)
1枠②エバーブロッサム (石橋)
2枠③ムスカテール   (北村友)
2枠④カレンブラックヒル(秋山)
3枠⑤クリールカイザー (吉田豊)
3枠⑥ラキシス     (川田)
4枠⑦ニューダイナスティ(吉田隼)
4枠⑧サトノノブレス  (和田)
5枠⑨クランモンタナ  (田辺)
5枠⑩アドマイヤギャラン(小牧)
6枠⑪マイネルラクリマ (戸崎)
6枠⑫セイクリッドバレー(エスポ)
7枠⑬フラガラッハ   (高倉)
7枠⑭トラストワン   (松岡)
7枠⑮マイネルメダリスト(蛯名)
8枠⑯フェイムゲーム  (北村宏)
8枠⑰アロマティコ   (三浦)
8枠⑱ナカヤマナイト  (柴田善)

第62回神戸新聞杯(GⅡ)

1枠①シャンパーニュ  (幸)
1枠②トーホウジャッカル(酒井)
2枠③ウインフルブルーム(柴田大)
2枠④トーセンスターダム(武豊)
3枠⑤トップボンバー  (松若)
3枠⑥クロニクルスカイ (川須)
4枠⑦ヤマノウィザード (藤田)
4枠⑧サトノアラジン  (浜中)
5枠⑨ハギノハイブリッド(福永)
5枠⑩ワンアンドオンリー(横山典)
6枠⑪サウンズオブアース(藤岡佑)
6枠⑫マッチボックス  (松田)
7枠⑬スズカデヴィアス (ペロヴ)
7枠⑭ダンディーズムーン(藤岡康)
8枠⑮キネオペガサス  (四位)
8枠⑯ヴォルシェーブ  (岩田)

JRAのホームページで出馬表を見てるとオールカマーはとにかく逃げないとダメというタイプはいないようですね。
この枠順だとどの馬が行くのでしょうか。カレンブラックヒルあたりかな?

神戸新聞杯はトップボンバー、ウインフルブルームといった先行タイプが内目の枠でこの2頭が1番手2番手といった感じでしょうか。

ダービーで自在脚質に転換したワンアンドオンリーは競馬がしやすそうな枠になったような気がします。
秋のGⅠ目前で楽しい時期になってきました。

第60回産経賞オールカマー

今週の重賞は神戸新聞杯とオールカマー。

注目はダービー馬ワンアンドオンリーが始動する神戸新聞杯だと思いますが、オールカマーも個人的にはかなり面白いレースじゃないかと。

一応、天皇賞秋のステップレースの一つということでしょうが正直あまり本番との関連性はない印象で、それだけに独特のG2として異彩を放っている感じがしてけっこう好きなレースです。

印象深いところではツインターボの逃げ切りや、オールカマーのレース名そのままに地方馬が参戦していたころにハシルショウグンが8番人気ながら2着に突っ込んできたりと穴党にはワクワクするレースでした。

昨年は9番人気のヴェルデグリーンが勝ったかと思えば、それ以前にはアーネストリーやマツリダゴッホといったG1馬が勝ったりと傾向が掴みにくいレースでもあります。

だからこそ穴党には楽しいレースなんだと思いますが(笑)

今年も出走馬が確定してフルゲート18頭になかなか面白いメンツが揃いました。

今年は前走小倉記念で重賞2勝目を揚げたサトノノブレスあたりが人気になるのでしょうか。
京都の日経新春杯、小倉の小倉記念と直線平坦のコースで重賞勝ちがあることを考えると新潟で開催される今年のオールカマーはチャンスかもしれません。

個人的には条件クラスとはいえ新潟内回りで好走しているマイネルメダリストやトラストワンといったところが面白いかなあ~と思っていますが。

明日の枠順確定が楽しみです。

 

1993年 第39回 産経賞オールカマー

 

ハシルショウグンの名前が「あぁこの頃は本当にオールカマーだったなあ。。。」と(笑)

 

 

愛馬の日 at 馬事公苑

秋分の日。
馬事公苑で愛馬の日のイベントがありジョッキーベイビーズの関東地区予選があるとのことだったのでチャリンコ転がして行ってきました。

080

11時半ころに出発して約40分ほどで到着。

馬事公苑の前には大量の自転車が。。。警備員さんが「こちらに停めてくださ~い」と案内してくれます。

001

近隣にお住まいの方がたくさん来てるんでしょうか。
気軽に馬事公苑に訪れることができる環境って羨ましいです。
もっとも開催がある休日は私は近くに住んでても馬事公苑には来ないと思いますが(笑)

苑内に入った時にちょうど甲冑競馬が行われてました。

DSC00575

一瞬で目の前を通り過ぎましたが迫力満点。幟や甲冑をつけて馬を御すのは大変そうですがまだ10代と思しき女の子も乗ってました。凄いなあ~
縁日のような出店を覗いて回っているうちに馬とのふれあいというイベントがスタートしました。

DSC00581

005

007

DSC00602
親子連れもたくさん来ていてたぶん競馬好きなお父さんがちょっと馬を怖がっている子供に無理やり鼻面を撫でさせようとしてたり。
それってどうなの?

ひとしきりお馬さんとのふれあいを楽しんだあとはばんえい競馬の紹介イベント。

ふだん見慣れた?サラブレッドに比べると倍ほどもあるばんえい馬。
間近に見るとデカイなあとつくづく。

そして走っている姿は予想外に早い(笑)

これはこれでかなり面白いじゃないかと思いました。
これはそのうち帯広にばんえい競馬を見に行かないとな。


その後は神旗争奪戦に向かう馬たちを見たり、馬事公苑で繁用されているマイネルレコルトやサンダルフォンに会いに行ったり。

034マイネルレコルト

029サンダルフォン
そしてお目当てのジョッキーベイビーズ関東地区予選決勝。

 

051

052

053

054

見事優勝して10月12日の東京競馬場で行われる本選に進む権利を獲得したのはウルトラマリンに騎乗した佐藤翔馬くん。
お父さんは川崎競馬の騎手だそうです。

スタートはあえて抑えてゆっくりとスタートさせたそうです。
凄え(笑)

レース後のインタビューもしっかりしていて大したものです。

関東地区代表として本選も頑張って欲しいですね。
その後も苑内をあちこち見て回り十分に楽しんだあとにお土産に格安のジャガイモを買って帰りました。
重かった・・・(笑)

023

077
天気にも恵まれ、気持ちの良い一日でした。
馬事公苑、開催のない休日にはまた遊びに来たいですね。

 

 

関西テレビ放送賞ローズステークス

そしてローズステークス。

こちらはこれまでと変わらず関西テレビ放送賞ですね。
う~ん、安心感(笑)
人気はなぜが⑭レッドリヴェールが現在1番人気、差がなく⑥ヌーヴォレコルトが2番人気。

冷静に考えるとここもヌーヴォレコルト1強だと思うんですけどねえ。。。

馬券は人気が2頭で割れるなら自信を持って⑥ヌーヴォレコルトの単勝を。
馬連の相手に①ヒルノマテーラ、⑤アドマイヤシーマ、⑪サングレアル、⑫ダンツキャンサー、⑬ブランネージュ、⑭レッドリヴェールで。

レッドリヴェールとの組み合わせは元返しの設定で相手が紛れたときの馬連に期待。

ここは3着候補を考えると絞り切れないので馬連だけにしておきます。
さあ!明日も楽しい競馬ができますように♪

 

 

朝日杯セントライト記念

セントライト記念ですね。
今年から朝日杯の冠がついてます。なんだか違和感。

捏造がキーワードか?などと思いましたがそれに該当する馬とか見つからないし(笑)

ども、ふぉんてんです m(__)m
前売りオッズでは⑤イスラボニータが単勝1倍台の断然人気。
続いて⑯トゥザワールドが4倍台で2番人気。
以下は単勝オッズ10倍以上とオッズからは2強の様相です。

が、正直イスラボニータ1強ではないかと。
皐月賞もダービーもイスラボニータから買ってしっかり的中をいただいた私としてはここもイスラボニータから馬券は買うことになります。

ここを大楽勝して天皇賞秋で古馬を楽々と負かす馬だと信じています。

断然人気馬から買うわけですから相手は絞りたいところ。

馬連は内から先行できそうな③ダイワリベラル、秋を見据えたローテーションが魅力の⑩ステファノス、⑯トゥザワールドへの3点。

イスラボニータ1着固定、2着に馬連の相手を置き3着に手広く穴を拾うような3連単フォーメーションも少々買ってみようかなどと考えています。
イスラボニータ頑張れ~~~~♪

ホワイトフォンテンで競馬の虜になった男の日記