10月26日 京都3R

京都3Rはあのアッシュゴールドがいますね。

初戦、オルフェーヴルの全弟ということで注目されましたが見るべきところなく敗退。
間を開けて立て直してきたましたが初戦の内容でまだ1番人気ならここは蹴飛ばしたいところです。

狙いは◎メイショウワカアユ、◯センターピース、▲ブライトボイス、△オデッタ、ヴェルステルキング。

3から4,6,7,12への馬連流しで。

菊花賞の予想

菊花賞、ちょっと意外な前売り人気になってると思っている ふぉんてん ですm(__)m

金曜日のトーホウジャッカルへの大口投票は驚きましたね。
てっきりワンアンドオンリーが1倍台の断然人気になると思っていたのですが。
先週ヌーヴォレコルトが負けたことも影響してるのでしょうか。

展開はサングラスが逃げ、並行してシャンパーニュ、その後ろにゴールドアクター。外からトゥザワールド、サトノアラジン。
そこそこ逃げ先行で競馬をしてきた馬が揃っているので長距離としてはペースは流れるのではないかと思っています。

ワンアンドオンリーは外枠に入ってしまったので後方から内に寄せていくスペースを探すような感じになるでしょうから中団よりも後ろの位置取りになるのではないでしょうか。
それを見るようにトーホウジャッカルやサウンズオブアースといったところが仕掛けどころを図る、ショウナンラグーンは更にその後ろから終いにかけるそんな感じでしょう。

あれこれ考えましたがやはり本命はゴールドアクターに期待します。

スタミナは十分。
展開的にスローは想定していないので一瞬のキレを求められることはなくゴールドアクターのような持続して早い脚を使えるタイプに向くレースになると思います。

相手にはワンアンドオンリー、タガノグランパを本線にトーホウジャッカル、サウンズオブアース、ショウナンラグーン、マイネルフロスト、トゥザワールド、ハギノハイブリッド、ヴォルシェーブ、サングラスまで手広く。

馬券は単複をしっかり買って、あとは馬連で。

では今日も一日、楽しい競馬になりますように!

富士ステークスの展望

ども、ふぉんてんです m(__)m

菊花賞は金曜日の前売りオッズで2番トーホウジャッカルに大口の投票があって1.4倍の1番人気。
面白いですね~。
最終的にはワンアンドオンリーが2倍前後の1番人気になると思いますが、金曜日の段階で伏兵と目される馬に200万円近くの大口投票があるというのは何かしらの根拠があるはずと考えてしまいます。

これを見るまでは軽視していましたがトーホウジャッカルにも注目せざるを得ません。ん~~~

さて、菊花賞はひとまず置いておいて。

富士ステークス。
サウジアラビアロイヤルカップという冠がついてますが、来年からはいちょうステークスがサウジアラビアロイヤルカップと名称を替えて2歳新設重賞となりますのでそれに何か関係した結果になるんじゃないだろうか、などと思っているのですが馬柱を見ても何も思いつきません(笑)

なので普通に展開から考えてみます。

おそらく人気はダノンシャーク。
それでも抜けた人気にはならずオッズでは混戦模様という感じがします。

ダノンシャークは比較的楽に先行できそうですが特に逃げを主張する馬がいないだけに周りの出方を見ながら各馬仕掛けが早くなってしまうパターンのように思えます。

前半のペースとしてはややスローが予想されながら案外こういう時は終いに掛けるタイプにハマる展開になることが多いんですよね。

東京コースで終い確実に早い脚を使ってきた実績のある馬に注目したいと思います。

本命は4番ロサギガンティア。
東京コースを使った前2走(NHKマイルカップ、毎日王冠)は後方からの競馬で4着、7着にとどまっていますがいずれも上がり最速で差を詰めてきていますし一団のスローで進む展開なら内から差してくることができると見ました。

対抗には8番ダノンヨーヨー。
8歳馬ですが前走の毎日王冠も上がり3Fはメンバー中3番手の脚を使っていますし、馬群が固まる展開なら十分に届くのではないかと。

単穴に3番インパルスヒーロー。
この馬も東京で終いに徹すれば確実に切れる上位の上がりを使える馬。
内々で脚を溜めて前が開けば十分勝ち負けになるのではないかと思います。オッズ的にも狙いたいタイプだと思います。

そして抑えに14番ダノンシャークを加えて4番ロサギガンティアから3番、8番、14番への馬連3点流しで考えています。

水曜、木曜の雨がどの程度影響があるかを見極めつつ馬券を買いたいと思います。

ホワイトフォンテンで競馬の虜になった男の日記