「スクリーンヒーロー」タグアーカイブ

モーリス持てばスーパースターも夢じゃない

日本の西側半分が梅雨入りしたとのこと。関東もすぐに梅雨入りしそうな様子ですね。
ども、ふぉんてんです。m(__)m

今週末は安田記念ということで。
いよいよスクリーンヒーロー産駒の大将モーリスが登場します。
たぶん1番人気ですよね?楽しみだなあ。

ところでこのモーリスの名前の由来、なんでしょうね?
JRAのサイトを見ると「人名より」としか書いてなくて。どの人ですかね?
100mの元世界記録保持者モーリス・グリーン?アルセーヌ・ルパンを生み出したモーリス・ルブラン?アース・ウィンド・アンド・ファイヤーのモーリス・ホワイト?

私がモーリスと聞いて最初に浮かんだのはギターメーカーのモーリスでしたけどw
「モーリス持てばスーパースターも夢じゃない」なんていうコピーがラジオCMで流れてたんだよなあ。オールナイトニッポンだったっけ。
実際、中学の時にそれに憧れてモーリスのギター買ったし。
おかげで適当にギターは弾けますがもちろんスーパースターになることもなく大学卒業してサラリーマンになりましたけどね。

そんなモーリスと言えばギターな私ですが今をときめく堀厩舎のモーリスは果たして安田記念を勝てるのか。

聞くところによるとスクリーンヒーロー産駒は東京コースとの相性は最悪だとか。
あとでTARGETで確認してみますが今年東京の芝コースでは1勝しかしてないらしい。
確かに現在3連勝中ですが全部中山コースですしね。もしかしたらゴールドシップみたいな阪神、中山専用機である可能性は捨て切れない。いや、もしかしたらマツリダゴッホのような中山専用機なのかもしれない。

でも特別スローというわけでもなかった中山のマイル重賞で上がり3F33.0の脚を使える馬が東京の瞬発力勝負で通用しないかな?

そんなことはない!と私は信じましょう。
穴党を自負しておりますが今度の安田記念ではスクリーンヒーロー産駒初G1制覇を信じてモーリスから勝負したいと思います。

相手には去年のグランプリボスのような人気薄が突っ込んでくるかもしれないし。
人気が割れて単勝が4倍以上つくようなら単勝勝負でもいいし。

ドキドキするなあ。ダービーと同じくらいドキドキする(笑)
週末が待ち遠しい。

[安田記念] ブログ村キーワード

[モーリス] ブログ村キーワード

さあダービーウィークです!by 小林アナ

さて、いよいよダービーウィークとなりました。ワクワクしますね。
ども、ふぉんてんです。m(__)m

競馬ファンにとっては最も幸せな一週間。

あれやこれやとレース展開を想像してみたり、JRAのサイトを見たりCMを見て馬券のサインを探してみたり(←これかなり好きですw)、ダービー当日を迎える前にもイロイロと楽しめることはあるわけで。
いろんな人のブログで予想や展望を読むのも楽しいものです。

昨日、東京競馬場での最終レース終了後の小林アナの「さあ、いよいよダービーウィークです。盛り上がっていきましょう!」という煽りも面白かったです。

そう、どうしたって自然にテンションが上がってしまいますよね。

昨日のオークスは極めて順当な結果だったと思うのであえて回顧はせず。
あ、馬券はハズシましたよ、もちろん。
とても良いレースだったと思います。(でもクルミナルが2着だったら個人的には嬉しかったんだけどなwww)

なので気持ちをサクッとダービーに切り替えて。

一番人気はドゥラメンテでしょうか。
リアルスティール、サトノクラウンが差なく続いてキタサンブラック、レーヴミストラルといったところが上位人気なのかな?
武豊騎手ダービー6勝目がかかるポルトドートウィユもそこそこ人気になるんでしょうか。

応援馬スクリーンヒーロー産駒のミュゼエイリアン、グァンチャーレは無事にスタートゲートに入ることはできるかな?
出走できたらもちろん単勝馬券を買って応援します。
それにしてもあの繁殖のレベルと種付け頭数で2頭もダービーに産駒を送り込むスクリーンヒーロー凄すぎると思いますがそう思いません?

ここでスクリーンヒーローが勝ったジャパンカップをどうぞ(笑)

9番人気で東京の芝2400mを勝ち切ってますからね。産駒にもこの距離に適性が伝わっていることを祈ります(-人-)

結果が出るまでアレコレ夢想することは自由なのでたっぷり楽しみますよ(笑)
皆さんも楽しいダービーウィークをお過ごしくださいませ。

では!

[ダービー] ブログ村キーワード

ダイナアクトレス、そしてスクリーンヒーローへ

ども、皐月賞ウィーク、競馬のことばかり考えてしまって仕事が手につかないふぉんてんです。

私、今は種牡馬スクリーンヒーローをイチオシしてるわけですが今回は何故スクリーンヒーロー推しに至ったかについて。

そもそも競馬をよく見るようになったのは小学校4年生の頃。

当時父親が競馬にハマりだして日曜日になると電話で馬券の注文をして午後3時にはテレビで競馬中継を見るというリズムができました。
あの電話で注文してたのはノミ屋に頼んでたのか馬券を買いに行く友人に頼んでいたのかは定かではありませんが。

あの頃の日曜午後のテレビ番組は子供には酷くつまらないもので(今もツマラナイけどw)父親が競馬中継を見るのに特に異を唱える理由もなく家にいた時には一緒に見ていました。

ちょうど世はハイセイコーブーム。
鳴り物入りで大井から中央に移籍し、弥生賞、スプリングS、皐月賞、NHK杯(当時は東京2000mでしたね。ダービートライアル的な位置づけ)と今では考えられないローテーションで勝ち続けダービーへと駒を進めていました。

その注目のダービー。ハイセイコーは残念ながらタケホープの3着に負けるわけですがその時出走していた芦毛のホワイトフォンテンを見て私ははじめて競馬って面白いなと思いました。

灰色の小さな馬体で外から軽快に逃げながら3コーナーでは馬群に飲み込まれて大敗。

足の遅かった自分は運動会の徒競走ではいつも後方儘だったので負けるにしても途中まで先頭で他の馬を引っ張って逃げていたその姿にちょっと羨ましいなという思いと、途中まで先頭でもあんなに負けるんだと驚いたことが競馬って面白いと思わせたのでしょうか。
ハイセイコーが負けたことよりもホワイトフォンテンの負けっぷり、27頭立ての24着という結果にずいぶんと衝撃を受けた記憶があります。

それからいつも最初は飛ばして逃げられるホワイトフォンテンに憧れのような感情を持って応援するようになりました。
なかなか勝てない馬を応援するのは子供には退屈なような気がするのですが何故か応援し続けました。
とは言っても日曜日のメインレースに出走するときにしか応援していなかったわけですが(笑)

だから古馬になってすっかり白い馬体になって登場し、10番人気で日本経済賞を逃げ切った時は偉く嬉しかったものです。

これがキッカケでホワイトフォンテン引退後も何かしら1頭応援する馬をみつけては競馬を見るようになりそれがとても面白かったのが今に続いている、よく飽きもせずに長いこと見ているなあと我ながら呆れますw

前置きが長くなりましたm(__)m

大学卒業から社会人になりたての頃に1頭の牝馬を応援するようになりました。それがダイナアクトレス。
同期には3冠牝馬メジロラモーヌ。4歳(今の3歳)時にはメジロラモーヌを倒すべく4歳牝馬特別、オークスと対戦しましたがいずれも2着、3着と敗戦。
秋には体勢が整わずそのまま4歳シーズンを終え、メジロラモーヌはその年で引退してしまったので遂に打倒メジロラモーヌの念願叶わずにクラシックシーズンを終えました。

それでも古馬になって牡馬を相手に重賞戦線を戦い、中でもニッポーテイオーをライバルとして勝ち負けを続けたのは応援する気持ちを一層強くしました。

そんなダイナアクトレスが引退し、繁殖牝馬となり初仔ステージチャンプは3冠レースにすべて出走し菊花賞2着、古馬になり日経賞、ステイヤーズステークスと重賞2勝し、2番仔プライムステージはサンデーサイレンス産駒初の重賞勝ち馬として名を刻みました。

繁殖牝馬としてはメジロラモーヌに勝っていると言ってもいいんじゃないでしょうか(^^)v

そのダイナアクトレスからランニングヒロインを経てスクリーンヒーローが誕生。

2歳時と3歳の前半はダートを使っていたのであまり期待はできないのかなと思いながら見ていましたがラジオNIKKEI賞で2着したときに「ん?菊花賞に行けるか?」と秋を楽しみにしていました。
セントライト記念で3着となり出走権を首尾よく取った時にはガッツポーズをしたものです。
が菊花賞は左前脚の故障で出走を断念。このときはガッカリしたなあ。近親にステージチャンプがいるので意外と有望じゃないかと期待してたんですが。

翌年秋、アルゼンチン共和国杯で重賞初制覇しジャパンカップへ。
そう、あのジャパンカップです。当日は競馬場にはいけなかったので自宅で単勝だけ買って応援していましたが直線で抜け出してきた時は狂喜乱舞!
ディープスカイ、ウオッカ、メイショウサムソンなどを下して9番人気の勝利ですからね。
もうミルコ天才!と思いました(笑)

ついにダイナアクトレスの系統から初の平地G1勝ち馬が誕生。(障害ではダイナアクトレス→トレアンサンブル→マルカラスカルというG1勝ちがあります)
社台の馬だしこれは種牡馬入りしてダイナアクトレスの血も残せるなあと喜びました。

ところが種牡馬入り後は母の父にサンデーの血があるせいかあまり繁殖にも恵まれず、これは早々に種牡馬引退かも・・・などと思っていたら今年のこの活躍です。

これは父グラスワンダーの血がいい影響をもたらしているんでしょう。
非サンデー系の良血牝馬が集まってくればもう一弾の活躍も十分できるだけのポテンシャルを秘めていることは明白じゃないでしょうか。

というわけで、皐月賞はグァンチャーレ、ミュゼエイリアンの単勝を買って応援したいと思っています。
(もちろん他にも馬券は買うわけですがwww)

[スクリーンヒーロー] ブログ村キーワード

モーリス初重賞制覇 スクリーンヒーロー産駒バンザイ!

ども、ふぉんてんです。

日曜日の東西の重賞は面白かったですねえ。
馬券はハズしたものの凄くテンションの上がるレースを見せてもらった、そんな感想をもちました。

まずはなんといってもダービー卿チャレンジトロフィー。
自分の馬券は素直にモーリス軸で買うべきだったと反省点は多い結果でしたが、モーリスのパフォーマンスはそんな小さなことなんかどうでもイイと思わせてくれる素晴らしいものでした。

レースの流れはテンの3ハロンが35.6とマイル戦としては早くはなかったものその後の2ハロンが11.1-11.3で1000m通過が58.0。
ここは2コーナーの頂点から4コーナーに向かって下りが続いているので勢いがつくとなかなかペースが落とせないところ。
先行勢はここで脚を使ってしまって直線ではバッタリ。
4コーナーからモーリスは外を回って追い上げ体勢。
直線で前を行くクラリティシチーがいい手応えで抜け出しに掛かった時にはこれにヤラれたかと思いましたが、その後方から外を回してきたモーリスが並びかけると一瞬で突き放す圧倒的な力の差を魅せつける3馬身半の着差。
もうね、シビレました(笑)

これはもう何が何でも安田記念に向かってほしい。
そして返す刀で宝塚記念までブッコ抜いてほしい。そう思わせるレースぶりでした。

これでスクリーンヒーロー産駒は2週連続の重賞勝ち。
今年3頭目の重賞勝ち馬を出しました。
これ、そうとう凄いと思いますよ。

グラスワンダーの血を継承し、ダイナアクトレスの牝系から初めて種牡馬になったスクリーンヒーロー。

どうしても贔屓目に見てしまうので冷静に冷静にと思ってましたがこれはもう冷静ではいられません(笑)

再来週の皐月賞にはグァンチャーレとミュゼエイリアンの登録もありますし(そのまま出走するかはわかりませんがw)、これは楽しみな春のG1シーズンになります!

[モーリス] ブログ村キーワード

歓喜の毎日杯回顧w ミュゼエイリアン

ども、いまさらかもしれませんが大阪杯の好メンバーっぷりに驚愕したふぉんてんです。
イスラボニータ、カレンブラックヒル、キズナ、ショウナンパンドラ、スピルバーグ、ラキシス、ロゴタイプ。G1馬6頭。宝塚記念かと思ってしまう。
今年だけG2からG1に格上げしてください、というようなメンバーです。登録馬チェックして驚きました、ホントに。

ま、それだけ現在の中距離戦線が中心馬不在とも言える混沌とした状況だとも考えられるわけですが。

名前だけ見て馬券を考えるとキズナ、イスラボニータ、スピルバーグの3頭でいいかな、などと思ったりもしますが阪神内回りだしそんな簡単でもないでしょうね。。。

さて、先週末は土曜日も日曜日も朝に当日の重賞だけチョロっと投票して仕事してたり、家族サービスしてたりしたわけですが、あらためて歓喜の毎日杯の回顧を。
他の重賞は全然当たらなかったですからwww
高松宮記念なんてリプレイ見てびっくりしましたよ。中京あんなに馬場が悪くなるなんて聞いてない(笑)

それはそうと毎日杯。
スローに流れました。テンの3Fが35.9、1000m通過が60.5で上がり3Fが34.7という後傾ラップ。
これを好スタートから逃げるテイエムクロタカを見ながら2番手追走。川田は人気を背負ってない時は落ち着いた競馬ができますね(普通みんなそうだと思うけどw)。

残り400mを過ぎたあたりでテイエムを捕まえたところでこのレースで一番早いラップを刻み後続を突き放しました。最後はさすがにいっぱいになってダノンリバティに詰め寄られましたが何とかハナ差凌ぎ切りました。

このハナ差は大きい。これで収得賞金を2250万円として皐月賞、ダービーに向かえそうです。
これでスクリーンヒーロー産駒がグァンチャーレとミュゼエイリアンの2頭、クラシック出走となりそう。

昨年の菊花賞にゴールドアクターが出走し3着にきた時も嬉しかったですが、皐月賞、ダービーとなるとまた気分も盛り上がります。
おそらく人気にはならないでしょうから馬券になるようなことがあれば狂喜乱舞してしまいそうです(笑)

ちなみに毎日杯の自分の馬券はミュゼエイリアンからの馬連6点だったのでなかなか美味しい馬券でした。

無題

今週のダービー卿チャレンジトロフィーにはモーリスも控えていますし、スクリーンヒーロー産駒のブームが起きそうな気配。

ワクワクする春になってきました。

[スクリーンヒーロー] ブログ村キーワード