「日記」カテゴリーアーカイブ

菊花賞 枠順確定

菊花賞の枠順が確定しました。

1枠1番 マイネルフロスト 柴田大
1枠2番 トーホウジャッカル 酒井
2枠3番 サングラス 古川
2枠4番 サウンズオブアース 蛯名
3枠5番 シャンパーニュ 松山
3枠6番 ショウナンラグーン 吉田豊
4枠7番 トーセンスターダム 武豊
4枠8番 ワールドインパクト ブドー
5枠9番 ハギノハイブリッド 福永
5枠10番 ゴールドアクター 吉田隼
6枠11番 アドマイヤランディ 藤岡康
6枠12番 タガノグランパ 菱田
7枠13番 ミヤビジャスパー 池添
7枠14番 トゥザワールド 川田
7枠15番 ワンアンドオンリー 横山典
8枠16番 サトノアラジン 浜中
8枠17番 ヴォルシェーブ 岩田
8枠18番 メイショウスミトモ 武幸

断然1番人気のワンアンドオンリーは15番、トゥザワールドは14番、私が注目しているゴールドアクターは10番となりました。
おそらく逃げるであろうサングラスが3番と絶好の内枠。
ゴールドアクターより内枠には他には前に行くタイプは見当たらないのでおそらくサングラスを行かせてやや離れた単騎の2番手で競馬ができそうです。

ダービーでは好位につけたワンアンドオンリーもこの枠なら中団より後ろから競馬をしそうな気がします。
前哨戦の神戸新聞杯では後方から進み3コーナー過ぎからまくり気味に進出して最後まで押し切りましたので今回も同じような形でレースを進めると思います。
ゴールドアクターとしては出来るだけ追走組からのリードを取って、スタミナでどこまで粘れるかというレースを期待したいですね。

枠順はもう少し内だと良かったのですが並びは悪くないと思いますし、これはなかなか楽しみになりました。
あとはあまり人気にならないことを祈ります(笑)

菊花賞の狙い馬

菊花賞は大好きなレースの一つですが思い返すとディープインパクトの菊花賞以来的中した記憶のないふぉんてんです m(__)m

会心の菊花賞というと単複馬連をきっちり取ったデルタブルースの菊花賞。

img_0

2004年ですからもう10年も前なんですね。。。時の経つのは早いものだ。。。

 

それはそうと。

今年はたぶんワンアンドオンリーが一本被りの断然人気になるでしょうから、これが飛んだら美味しい馬券になるなあ、と穴党は妄想するわけです(笑)

今年の上がり馬でどんな穴馬がいるかなあと物色すると。。。

いました、いました。

ゴールドアクター。

大好きなスクリーンヒーロー産駒。俄然期待してしまいます。

青葉賞を4着に負けたあと、3ヶ月の休養に入り夏の札幌開催で芝の2600mを500万下、支笏湖特別(1000万下)と連勝ししっかりと菊花賞に出走できる賞金を確保すると狙いを完全に菊花賞一本に絞ってきている感じがプンプン。

牝系はよくわかりませんがwスクリーンヒーローと言えばジャパンカップを9番人気でブッコ抜いた成長力に富む馬でしたしその祖母ダイナアクトレスもマイル路線ではありましたが古馬になって牡馬と互角に渡り合った名牝。叔父にはステージチャンプという菊花賞、天皇賞春で2着しているステイヤー。

その血を引いているとなるとゴールドアクターも京都の3000mでその素質が一気に開花!というのが如何にもありそうではないですか。

完全に妄想ですが(笑)

枠順次第ですが先行してスタミナを活かして好走すること必至、と睨んでいます。

・・・単勝40倍くらいつかないかなあ。。。(取らぬ狸w)

私の第2のデルタブルースとしてゴールドアクターを今から指名しておきたいと思います(笑)

 

 

強烈な個性を見せたエイシンヒカリ

もう多くの方が見たと思いますが19日のアイルランドトロフィー。

私も東京競馬場で観戦していましたが、サイレンススズカを彷彿とさせる大逃げから直線での圧倒的なパフォーマンス?

「どこに行くんだ?」という歓声の中、どんどんどんどん外ラチに向かっていくエイシンヒカリ。

それでいて3馬身半差の完勝。

距離は今回の2000mくらいがいっぱいいっぱいな感じはしますがこれでオープンまで無傷の5連勝。

面白い馬が登場しました。

この後はどのレースに向かうのでしょうか。

中一週になるけど天皇賞秋、出てこないかな?(笑)

 

 

秋華賞 出走馬確定

秋華賞、追いきりも終え、出走馬も確定して早くも本番という感じになってきました。
火曜日まで競馬があったのでいつも以上にあっという間です。
関係者は大変だったろうな。

さて、チラホラと面白そうな陣営の話が聞こえてきてます。

マイネグレヴィルの和田道調教師が大逃げ宣言。
「3コーナーで10馬身差」のイメージだそうです(笑)

そしてペイシャフェリスの高橋助手も「スピードがあるから促さなくてもハナに立つと思う」と言ってます。

戦前からこういう話が聞こえてくると展開も面白くなりそうです。
騎手同士の駆け引きもじっくり想像していきたいところです。

枠順次第で展開も大きく変わるコースですから明日の枠順確定が楽しみ。

枠順によってはブランネージュやハピネスダンサーも積極的に行くでしょうから内前有利の芝状態でも意外に差しが決まる展開になるかもしれません。

ブゼンキャンドルとかティコティコタックみたいな穴馬、突っ込んできませんかね?

そして今日はもう一つニュース。

クリストフ・ルメールとミルコ・デムーロがJRAの騎手1次試験突破したそうで。
昨年、ミルコが受験して落ちた時には短期免許であんなに活躍してるやつを落とす試験ってなんなんだ!と物議を醸しましたが今年は無事に突破。
まだ2次試験は残ってますが順調に行けば来年の2月からはミルコとルメールの通年の騎乗が日本で見られるわけですね。

二人とも日本ではお馴染み、大活躍している騎手ですから騎乗依頼もたくさん来るでしょうし、日本人ジョッキーもますます技術を向上させていかなくてはいけないですね。
これはファンにとっては喜ばしいことではないでしょうか。

 

第19回秋華賞・出走確定馬

アドマイヤビジン
オメガハートロック
サングレアル
ショウナンパンドラ
セウアズール
タガノエトワール
ディルガ
ヌーヴォレコルト
バウンスシャッセ
パシフィックギャル
ハピネスダンサー
ブランネージュ
ペイシャフェリス
マイネグレヴィル
マーブルカテドラル
リラヴァティ
レッドリヴェール
レーヴデトワール

京都開催中止

おはようございます、ふぉんてんです。

昨日は久しぶりの東京競馬場を堪能してきました。
アフターもたくさんお酒を飲んで楽しい一日でした。
毎日王冠の振り返りはまたのちほど。

 

今日は京都開催が中止、明日、代替開催となりました。
翌日には追い切りだしトラックマンの方たちや関係者なんかは大変だろうなあ。。。
というわけで今日は東京開催だけなのでのんびりと競馬できそうですね。これから府中も雨になりそうなので自宅でゆっくり家事でもしながらグリーンチャンネルを見ようと思います。

では、皆さんも良い一日を~♪