「日記」カテゴリーアーカイブ

いちょうステークス

いちょうステークス。

昨年までは東京芝1800mで行われた2歳OPでしたが、今年は距離が1600mに短縮され新設重賞として模様替え。

昨年の勝ち馬は後の皐月賞馬イスラボニータ。


もっとも1800mで行われたのは昨年と一昨年の2回でそれ以前は1600mのレースでしたから元に戻って重賞に格上げ、という見方もできますね。

1600mの頃には勝ち馬にメジロドーベルやエアグルーヴといった名前もあって意外に出世レースとなっていますので重賞に格付けされるのも遅かったくらいかもしれません。

特にエアグルーヴのいちょうステークスは直線で決定的な不利を受けての差し切り勝ち。
レースを見ていた人たちは皆「とんでもない牝馬が出てきた」と思ったのではないでしょうか。


やはりスピードだけでは勝てない府中の芝1600m。
今後もここを勝って名馬として成長していく馬もでるレースになりそうな気がします。

そんなレースに集まった今年の12頭。

人気になりそうなのは外枠に入ったサトノフラム、ネオルミエールあたりでしょうか。
デビューから2戦逃げているミッキーユニバースも展開的には注目されますが1800mからの1ハロン短縮が果たしてどう出るか。

1000m1200mの短距離を3戦して前走は重賞で2着したタケデンタイガーもあまり人気にはならなさそうですが軽視は禁物な気がします。

個人的にはPOGで指名しているマコトダッソーにも頑張ってほしいと思っていますが果たしてどんなレースになるでしょうか。
開幕週だけに内から楽に先行できそうな馬は要注意だと思いますのでやはり中心にはミッキーユニバースかなあ、と今のところは思っていますがこれまでよりはペースが上がるであろう今回は楽に先手が取れるのかどうか。。。

このへんの判断が結果を大きく左右すると思っています。

明日の馬場状態をしっかりチェックして臨みたいところですね。

徐々に近づいている台風が気になるところですがせっかくの3日間開催。
なんとか無事に開催できることを祈って、週末を楽しみたいと思います。

馬主を辞める高須院長

ども、昨日高須クリニックの院長が申請した馬名が通らないから馬主辞める!とツイッターで騒いでた件が、実は共同出資者が申請してなかったという結末に思わず腹を抱えて笑ってしまった ふぉんてんです m(__)m

高須氏、けっこうカッとしやすいみたいですね。
ちょっとかわいそうだけどしっかり確認もしないでツイートしてしまった結果、赤っ恥をかいたのは自己責任ということで。

共同出資してた人から馬の代金を返してもらったそうですし、もう二度と馬主になることもないんでしょうね。

特に競馬が好きというわけではない人が早々に撤退するのは逆に良いことだったのではないかと思ったりします。

***************************

さて、台風19号の中心気圧が900hPaまで勢力拡大中とか。最大瞬間風速は85m/sとか。強烈ですね。。。
予想によると土曜日から日曜日にかけて沖縄に接近と言いますから月曜日の開催はかなり心配です。

月曜日には京都大賞典が予定されていますので雨が降ってしまうのは仕方がないとしてもなんとか無事に開催できるといいのですが。

京都大賞典の登録馬は13頭と少ないですがトーセンラー、メイショウマンボと2頭のG1馬や誰も予想してなかった逃げで京都記念を勝ったデスペラード、京都に良績のあるタマモベストプレイ、昨年の覇者ヒットザターゲットなどなかなか面白いメンバーが集まっています。

京都芝外回りは人気薄の逃げ馬が穴を開けやすいので展開読みの穴党としてはワクワクするレースが多いです。
特に今回もおそらく上位人気に支持されるであろうトーセンラーは追い込みですからね。
有力どころが牽制しあって仕掛けが遅れて逃げ残りというのは十分に考えられるパターン。
ただ本当に美味しいのはトライアルのここは逃げた馬が惨敗して、次のG1で更に人気を落として激走というのがよくあるパターンなんですけどね。

こんなレース↓(2009年エリザベス女王杯)


このレースはクイーンスプマンテとテイエムプリキュアの2頭で決まるわけですが、この2頭は前走の京都大賞典でやはり2頭で大逃げを打って惨敗していたわけですね。

なので本番のエリザベス女王杯でも2頭が逃げていても他馬はまったくマークしてなかったわけですね。
断然人気のブエナビスタが猛然と追い込んでも届かずの3着。
馬連は10万円を超える大波乱。

今年もそんなレース、どこかでないですかねぇ(笑)

 

 

待望の東京開催

待望の東京開催です。
もう首を長~くして待ってました。夏のローカル開催も夏休み感があって好きですが、やっぱり競馬は何といっても東京競馬場!
そう思っている ふぉんてんです。(←あくまで個人の感想です)

今週はG1はありませんが伝統のG2毎日王冠、京都ではやはりG2京都大賞典、そして新設重賞のいちょうステークスがありますね。
いちょうステークスが重賞に格上げになったこと知りませんでした。
・・・そして今週3日間開催だということにも今気が付きました(遅い;;)
まずは毎日王冠。
言わずと知れた天皇賞(秋)のステップレースですが。。。

最近は天皇賞(秋)がジャパンカップの叩き台のような存在になってきてるので毎日王冠にもあまり強力なG1馬などは参戦してこなくなっている気がします。

先日の凱旋門賞に挑戦する馬が毎年続いている、ということもあるんでしょうけれど。

そんなわけで今年の登録馬を見てもG1馬というと近走不振のロゴタイプくらいでちょっと盛り上がりに欠けるような。

ただそれだけに紛れもありそうな気がしますし、馬券的にはなかなか楽しそうなレースになりそうな・・・

穴党としてはとても楽しみな週末です。

こうしてワクワクして週末に向けてアレコレ考えられる競馬ってホントにいいですよねw

 

 

もうすぐ凱旋門賞

あと一時間半ほどで発走になる凱旋門賞。

今年は日本からジャスタウェイ、ゴールドシップ、ハープスターの3頭が参戦ということで注目度も俄然高まっているようですね。
過去、エルコンドルパサーで日本調教馬でもここまで来たかと感慨に耽り、ディープインパクトでこの馬でも勝てないのかと打ちひしがれ、オルフェーヴルでゴール直前まで勝利を確信したあとの落胆を味合わされたなかなか届かない栄冠。

果たして今年はどんな結果が待ち受けているのでしょうか。

個人的にはハープスターが一番栄冠に近いところにいるのではないかと思うのですが、鞍上の経験というのも大きく左右するであろう大舞台。

日本の陣営には悔いのないレースができることを祈りつつエールを送ります。

頑張れニッポン!(オリンピック見ててもこんなこと言わないw)

 

 

早くも週末

枠順決まりましたね。

第60回産経賞オールカマー(GⅡ)

1枠①アスカクリチャン (勝浦)
1枠②エバーブロッサム (石橋)
2枠③ムスカテール   (北村友)
2枠④カレンブラックヒル(秋山)
3枠⑤クリールカイザー (吉田豊)
3枠⑥ラキシス     (川田)
4枠⑦ニューダイナスティ(吉田隼)
4枠⑧サトノノブレス  (和田)
5枠⑨クランモンタナ  (田辺)
5枠⑩アドマイヤギャラン(小牧)
6枠⑪マイネルラクリマ (戸崎)
6枠⑫セイクリッドバレー(エスポ)
7枠⑬フラガラッハ   (高倉)
7枠⑭トラストワン   (松岡)
7枠⑮マイネルメダリスト(蛯名)
8枠⑯フェイムゲーム  (北村宏)
8枠⑰アロマティコ   (三浦)
8枠⑱ナカヤマナイト  (柴田善)

第62回神戸新聞杯(GⅡ)

1枠①シャンパーニュ  (幸)
1枠②トーホウジャッカル(酒井)
2枠③ウインフルブルーム(柴田大)
2枠④トーセンスターダム(武豊)
3枠⑤トップボンバー  (松若)
3枠⑥クロニクルスカイ (川須)
4枠⑦ヤマノウィザード (藤田)
4枠⑧サトノアラジン  (浜中)
5枠⑨ハギノハイブリッド(福永)
5枠⑩ワンアンドオンリー(横山典)
6枠⑪サウンズオブアース(藤岡佑)
6枠⑫マッチボックス  (松田)
7枠⑬スズカデヴィアス (ペロヴ)
7枠⑭ダンディーズムーン(藤岡康)
8枠⑮キネオペガサス  (四位)
8枠⑯ヴォルシェーブ  (岩田)

JRAのホームページで出馬表を見てるとオールカマーはとにかく逃げないとダメというタイプはいないようですね。
この枠順だとどの馬が行くのでしょうか。カレンブラックヒルあたりかな?

神戸新聞杯はトップボンバー、ウインフルブルームといった先行タイプが内目の枠でこの2頭が1番手2番手といった感じでしょうか。

ダービーで自在脚質に転換したワンアンドオンリーは競馬がしやすそうな枠になったような気がします。
秋のGⅠ目前で楽しい時期になってきました。