予想上手の馬券下手とはよく言いますが

オールカマーはショウナンパンドラが勝って「自分の予想もなかなかだね」と思いつつ、馬券的には全然ダメダメだったふぉんてんです。

なんで?前の記事ではこんなこと書いてるのに。

オールカマーは展開を考えるとショウナンパンドラかな~と

展開は想像していた並びとは少々違っていましたがショウナンパンドラの差し脚が活きるパターンに嵌ったにも関わらず馬券はハズしてしまいました。

なんで直前になってマリアライトを軸にしてしまったのか。
外枠はちょっと難しいよなあと思ってたくせに。バカバカ。

3着にも面白いんじゃないかと思っていた7番人気のミトラが入ってヌーヴォレコルトが2着に入って3連複5,030円なんてメチャクチャ美味しい配当だったのに。

精神的にダメージの大きな結果となりました、ハイ。

前半1000m通過が60.8とそれほど早いペースにも思えませんでしたが離して逃げたマイネルミラノは11着惨敗。

見かけ以上にキツイ展開だったんでしょうか。内を通れる先行馬に有利な馬場だったと思うんですけどね。

勝ったショウナンパンドラは秋華賞とは対称的に外から豪快に差してきました。

2着のヌーヴォレコルトは先行集団を見る中団からの競馬で、ミトラはそれと並ぶ位置からレースを進めキレでは1枚劣るとみた柴山騎手が早めの仕掛けに行ってこれが功を奏しての3着。

なんかペースや隊列は想像してたのとは違いましたが上位馬のレース展開は金曜日の予想にドンピシャでハマってたのに。

途中で軸馬を変えて上手くいくことってないなあと改めて思い知らされました。

神戸新聞杯はこんな予想してましたが(兄弟同日勝利が掛かる神戸新聞杯)、馬券はリアファルからの馬連流しで一番安いところで決まって一応の的中。
まあトリガミにはならない程度の回収でした。

直線に入ったところではバイガエシやレッドソロモンが一瞬イイ脚で伸びかけたのでその3頭で決まらないかとドキドキしたんですけどね。

なかなかそううまくはいかないものです。

今週は早くもG1スプリンターズステークス。

外国馬もいてまたまた難しそうな一戦です。
ビッグアーサーは現状だと除外になりそう。出られれば面白い1頭なんですが。

それと前走で惨敗したハクサンムーン。人気を大きく落とすようなら人気がない時の逃げ馬は要注意なので狙いたいところ。
また逃げずに番手に控えるようなら用無しだと思いますけどね。

どうなりますか。

[レース回顧] ブログ村キーワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA