兄弟同日勝利が掛かる神戸新聞杯

いまだに神戸新聞杯というと2000mのイメージが残るふぉんてんです。

過去の神戸新聞杯で記憶に残るのはキョウエイボーガンの勝った1992年。

この年の春のクラシックではミホノブルボンが皐月賞、ダービーの二冠を逃げ切り、秋は果たして本質はスプリンターのブルボンが三冠馬となれるかが注目されていた年。

そこにキョウエイボーガンが神戸新聞杯を逃げ切り勝ちして菊花賞に名乗りを上げたので展開的に面白いのが出てきたな、と思ったものです。

実際、菊花賞でも大逃げを打ってミホノブルボンの三冠の邪魔をした、という評価をされて批判されたりもしてましたね。

でも、これはその前の京都新聞杯でミホノブルボンにハナを譲って完敗していたので、本番でああいう作戦を取るのは陣営としては当然だろうと思ったりもしましたけどね。

中長距離になると序盤スローに流れるレースが多いので、キョウエイボーガンのようにレースをいいペースで引っ張る馬がいると見る立場としては面白いと思うんですけどね。

ツインターボとかメジロパーマーとかサイレンススズカとかホワイトフォンテンとかタップダンスシチーとかカブラヤオーとかアイネスフウジンとか。。。

ディープインパクトのように豪快に追い込む姿もカッコいいですが、ハナから緩いペースにすることなく逃げて持てる能力をすべて出し切るレースをしてくれる馬が好きです、はい。

エイシンヒカリなんかもっと強くなってワクワクさせてほしいなあ。。。

さて、前置きが長くなりすぎ、しかも横道に逸れてしまいましたが。

今年の神戸新聞杯はリアルスティールが注目を集めますが脚質は差しタイプ。

直線の長い阪神外回りでもありますし、前に行く人気薄の馬が穴を開ける展開になりませんかね?セントライト記念のように。

実績的にはリアルスティールで断然だと思いますが、他はあまり差のないメンバーのような気がします。

他に上位人気に支持されそうなのはキロハナ、アルバートドック、ティルナノーグ、マッサビエルといったところでしょうか。

前に行きそうなところだと内枠のサンライズセンスやレッドソロモン、リアファルなんかが先行しそうです。

各馬の前走を見るとリアファルが逃げるんでしょうか。

それにしても各馬ともガリガリ先行したいタイプでもなさそうなのでさほどペースは上がらないような気がします。

リアファルが逃げてそのまま押し切り、異父姉のマリアライトもオールカマーに出走しますし東西で同日姉弟重賞制覇なんてないですかね?

ちょっと期待したいところです。

できれば人気薄のサンライズセンスとの行った行ったで。

人気のリアルスティールが骨折休養明けだけに波乱の結末、というのも十分に可能性はあるんじゃないかと。

まあ、リアルスティールのほうは同日に中山で全兄弟のブロディガルサンが芙蓉ステークスに出走するので同日兄弟オープン勝ち、というほうがずっと可能性は高そうな気がしますが・・・穴党はそれではツマラナイわけで。

そんな金曜日の予想とも言えない希望的展開予想でした。

[神戸新聞杯(GII)] ブログ村キーワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA