エルムステークス 回顧

さて、エルムステークスも回顧してみます。

自分の馬券としてはムリめの穴狙いだったので万が一来たら面白いなあと思って見てましたが。

さすがに狙い過ぎでした。本命ヒラボクプリンスは7着。中団からそのまま流れ込むだけのレースでした。

もう少し楽しませてほしかったけどなあ、とボヤいてもそんな狙い方する自分が悪いわけで(笑)

反省すべきは相手の上位と考えたソロル、クリノスターオーが5着、4着。
3番手、4番手と考えていたジェベルムーサ、グレープブランデーのワンツーでした。

もう少し真面目に考えていたら絞って買っても取れないこともないパターンだったかな、という気がします。

まあ、終わってから考えるとそんな気がする、というだけですが。

勝ったジェベルムーサ。
さすが岩田騎手だなという騎乗でした。
2番人気馬に乗ってるのにこれで負けたら仕方がないという腹をくくった向こう正面捲り。

こういう騎乗ができるからやはり岩田は凄いなと思うし、調教師や馬主からの信頼も厚いんだろうなと思わせる騎乗でした。

これで5連続重賞勝利。今週末は何に乗るんでしょうか?週刊競馬ブックを見ると札幌記念のダービーフィズに名前が乗ってますが。。。

ま、それはさておき。

何度もレースを見てるとジェベルムーサ、ここでは力が違ったのか?と思うような勝ちっぷりですがやはり向こう正面で行ききって3コーナーでは逃げるエーシンモアオバーを捉える位置まで上がったのが良かったんでしょうね。

中途半端な捲りになると札幌のコーナーはけっこう大回りですから距離ロスがけっこうありますが、3コーナーで2番手にまで上げたことでそれほど大きなロスなく直線を迎えることができました。

もちろん力があったということもありますが2着に内々でまったくロスなくレースができたグレープブランデーが入り、逃げたエーシンモアオバーが3着に残ったことを考えると少し仕掛けが遅れて外を回したら届かなかったと思います。

6.8 – 11.0 – 11.8 – 12.3 – 12.1 – 11.8 – 11.9 – 12.0 – 13.3

ペースが落ち着きそうになった向こう正面に入ったところから進出を開始して、中団を行く馬にもなし崩しに脚を使わせて、ラスト1Fは13.3までラップが落ちるような我慢比べに持ち込んだことが最大の勝因だと思います。

能力を最大限に引き出した好騎乗だったと思います。

クリノスターオーも自分の脚は使っていると思いますが、ジェベルムーサが上がったところで一緒に上がっていけなかったのが痛かったですね。

外枠から最初の1コーナーまでに好位につけるために脚を使い、そのまま外を回した距離ロスも大きかったと思います。
枠順がもう少し内だったらもっと違う競馬ができたかもしれません。

エルムステークスはただただ岩田、強いな、肝が座ってるなと感心するレースでした。
もちろんジェベルムーサの力が強いということがあってのことではありますが。

福永くんにはなかなかできないレースだろうなあと(笑)

[エルムステークス] ブログ村キーワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA