アイビスサマーダッシュといえば

ども、勤務先にやっとエアコンが入って一息ついているふぉんてんです。m(__)m
昨日までは全然仕事する環境じゃなかったな、ホント。ま、だからそれに合わせて一足早く夏休み取ってたという面もありますが(笑)

今週から夏競馬も後半戦、という認識でいいのかな。
新潟、小倉、札幌に開催が移りますね。

例年は8月に帰省して札幌競馬場に行っていましたが今年は函館開催中に帰省してしまったのでもうこの夏はひたすらウインズ自宅かパークウインズ東京競馬場で秋競馬を待つ体勢です。
小倉に行ってみたいけどなあ。。。

さて開催替わり最初の重賞は新潟がアイビスサマーダッシュ、小倉が小倉サマージャンプ、札幌がクイーンSの3鞍。

小倉サマージャンプはオースミムーンとアップトゥデイトの一騎打ちでしょうか。
ま、障害はあまりやらないので置いといて。

まずはアイビスサマーダッシュ。新潟名物の直千の重賞。
個人的には札幌記念のように夏の名物G2に格上げしてほしいなと思うくらい好きなレースです、はい。

印象深いのはカルストンライトオ。勝ったのは2002年と2004年でしたっけ。
両年ともテンからダッシュよく逃げて上がり31.9でまとめての逃げ切り勝ち。

特に2004年は内目の3枠5番から行けるのか?とちょっと不安に思いつつ観ていたのですが楽に先手を取って最後は3馬身突き放す圧勝。強かったなあ
ちなみに第1回の2001年にも出走していて、その時は1番人気でしたがメジロダーリングの3着に負けています。

如何にも良馬場が合いそうな快速で鳴らしたカルストンライトオでしたが2004年のスプリンターズステークスではドロドロの不良馬場でもアイビスSDの勢いそのままに快勝して皆をあっと言わせました。
デュランダルやイギリスのケープオブグッドホープを負かしたんですよね。ああ、懐かしい。。。

今年の登録馬を見ると昨年の覇者セイコーライコウはいるものの既に8歳、近走も堅実に掲示板に載る走りは見せているが馬券圏内になるかというと微妙。
他の重賞勝ち馬というとアースソニック、エーシントップ、ベルカント、リトルゲルダの4頭。

アースソニックこそ前走の函館SSで2着してるので有望と思えるが、他の3頭はいずれも近走不振でちょっと狙いにくい。

ならば条件クラスを勝ち上がってきた馬や未知の魅力の3歳馬を狙ってみたい感じですがどうでしょうか。

niigata-corse

コースの特徴は言うまでもなく直線なわけですがw
スタートから240m程度の高低差1mほどの上り、その後200mほど下った後に再び高低差0.5m程度を100mほど上り、その後下りながら内回りとの合流点を迎えて平坦になるというコース形態。

比較的、逃げ先行馬が前半の勢いでそのまま押し切りやすい形態といえ、開幕週ということもありますし前に行く馬で穴っぽいところを探してみたいところです。

[アイビスサマーダッシュ] ブログ村キーワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA