トーホウジャッカルは回避ですか・・・

ども、決算期末を迎えてかなり仕事に忙殺されてきたふぉんてんです。
しばらくは土曜日の競馬ができそうもありません。う~む。。。

今週末は土日で4つも平地の重賞があるんですね。春だなあ。

今日は阪神大賞典に登録のあったトーホウジャッカルの回避が発表されたようで。
久しぶりに菊花賞馬が阪神大賞典に出走すると楽しみだったのですが。
菊花賞→阪神大賞典→天皇賞春、というステイヤーの王道ローテンション。
今はあまり重視されない3000m超のレースで活躍する強い馬が競馬界を引っ張る、なんていうのは
メジロマックイーンの頃の競馬をリアルタイムで楽しんでいた世代としてはなかなか楽しいんですけどねえ。

トーホウジャッカルが回避となると近走不振のゴールドシップがやはり断然人気になってしまうんでしょうか。
そうなると馬券的には全然買う気がなくなってくるんですけどね。
ゴールドシップって近走不振で多少人気を落としている時にこそ買いたい馬だけに・・・
まあ、今回はデニムアンドルビーやフーラブライドという牝馬もいることですし、牝馬好きのゴールドシップ君にはレースに集中できなさそうな条件もありますし、静観しておくのが賢明なのかもしれません(笑)
個人的にはラブリーデイがどんな競馬するかを楽しみに観戦したいと思います。

一方、日曜日のもう一つのメイン、スプリングステークス。
こちらも少頭数とはいえハイレベルなメンバーが揃いました。
というか今年は3歳のトライアル重賞がどのレースもハイレベルな印象。
やっぱり世代レベルが高い、ということでしょうか。
それとも2歳重賞が増えたせいで重賞勝ち馬も増えて(重賞を連勝する馬もいなかったですしねw)、そのせいでレベルが高い世代と勘違いしているのでしょうか(笑)

でも共同通信杯や弥生賞も時計的にはなかなかのレベルだったと思いますし、やっぱり強い世代なのかもしれません。

スプリングステークスでは2戦2勝の馬が3頭も出走してきます。弥生賞より1頭増えたw
3頭のうち2頭は新馬→重賞を連勝ですからね。これはなかなか凄いのではないかと。
更には3連勝で2歳チャンピオンとなったダノンプラチナもいますし、ハービンジャー産駒初の重賞勝ちを決めたベルーフもいるし。
やはりこれは相当のレベルではないかと。ワクワクしますね。

土曜日には中京でファルコンステークス、中山でフラワーC。
それぞれNHKマイル、桜花賞・オークスを目指す馬が鎬を削るレース、になるのかな?
こちらはまだ全然出走馬もチェックできてません。当日はたぶん仕事してるし。
でも金曜日に予想はしておきたい(笑)

この番組を眺めてると春のG1もすぐそこ!という感じになってきますね。

もう少しじっくりと競馬のことを考えられる時間が欲しいものですwww
これ今の時期は毎年のことなんですけどね(笑)

[阪神大賞典] ブログ村キーワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA